<Aチーム>ベイサイドカップリーグ

●0-15   vs  戸塚アイアンボンドス(戸塚区)

5月5日(祝 )於:  牛ケ谷グランド 

連休最終日、強豪戸塚アイアンボンドスさんを牛ケ谷に迎え、どのくらい通じるか今の実力を計る一戦だったが完敗。
 投手陣は立ち上がりから真っ向勝負を挑んだが、初回センターオーバーの3塁打と、左中間2塁打で先取点奪われる。その裏、ユウセイ負けるものかと右中間3塁打するも後続を絶たれる。 

 2回以降、相手打線上位から下位までの鋭い打球が塁間、外野手間をことごとく抜けて得点を積み重ねられる。その後、本格派投手にユウタとダイキのヒットだけに抑え込まれ点を奪えない。4回からユウトがリリーフするも流れは変わらず、守備の乱れもあり敗北。

戸塚アイアンボンドスさんは圧倒的な打撃だけでなく、バッテリーを中心に鍛えられた守備は、内外野ともに打球に対する一歩目の動きが早い。同時に球際に強くエラー無しで付け入るすきを与えてもらえなかった。また、『野球以前の挨拶などにも学ばねばならない』との声が反省会で選手達から上がった。

〈byMコーチ〉

カテゴリー: Aチーム | <Aチーム>ベイサイドカップリーグ はコメントを受け付けていません

<Aチーム>小泉杯1回戦

5月4(祝 ) 於:新横浜グランド
○12-7  vs  綱島リバース

小泉杯は港北区を中心に横浜市北部のチームが参加する伝統ある大会で今年は35チーム出場。
イーグルスはAチーム、Bチーム2チームが参加している。

1回戦は奇しくもYBBLで2回戦った綱島リバースさん。ここまで1勝1敗。絶対に負けられない。

1回の表裏ともに1点ずつ取って譲らない。3回表四球や長短連打を許してあっという間に4点を奪われる。重苦しい展開を4回裏に突き破ったのは、今日ライトに入ったユウキ。リクトの安打などで作った好機に目の覚めるようなライナーでレフト線を破って2打点。この勢いが相手に圧力となり、たまった走者をユウトが返すなどしてこの回7点で逆転。5回にもコウヘイのタイムリーなどで加点し、その後、尻上がりに調子を上げたユウトが完投で1回戦を突破した。

目立たないが、サダハルの体を張った捕球、慣れない守備位置でのリノとミクモの守りが投手を助け、ユウセイの見極めによる2四球、ユウタの丁寧な2犠打が大量点に結びついている事を覚えておこう。

〈byMコーチ〉

カテゴリー: Aチーム | <Aチーム>小泉杯1回戦 はコメントを受け付けていません

<Aチーム>YBBL春季大会予選ブロック第二代表決定戦

5月3日(祝 )於:海釣り公園グランド
○11-8 vs 笠間タリューズ

1回戦に敗れてから敗者復活戦に回り今日で5試合目、粘り強く勝ち上がって第二代表決定戦に駒を進め6度目の中区海釣り公園グランドへ。相手は栄区の強豪笠間タリューズさん。

初回から攻め立てて4点先取。しかし2回、3回とジリジリと追い上げられ3回を終えて5対3となかなか突き離せない嫌な展開。

4回裏に相手連打の猛攻を受け一挙4点奪われ、5対7と逆転された。すかさず先発リクトからユウトにスイッチしてなんとかしのぐ。

ここで今までなら意気消沈していたのだがベンチに戻ってきた選手達の瞳は輝きチームメイトを応援する声を絶やさない。

5回表一死2、3塁からリクト、ダイキの適時打で再逆転、6回表にはショウの安打やサダハル、シユンスケの四球で塁を埋めてユウセイ、ユウトがしっかり返して3点を加え、勝負を決めた。

勝ちたい気持ちを前面に出して苦しみながら、つかんだ第二代表の座、選手、ベンチ、応援の保護者全員で勝ち取ったもので、皆で喜びを分かちあった。

YBBL大会参加198チームから本部大会に進む32チームの中に入れたのでさらにレベルアップして強豪チームに向かって行こう。

〈byMコーチ〉

カテゴリー: Aチーム | <Aチーム>YBBL春季大会予選ブロック第二代表決定戦 はコメントを受け付けていません

<Aチーム>都田リーグブロック

○13-3 vsいぶき野メッツ

5月1日(土)於:十日市場グラウンド

都田リーグブロック初戦はいぶき野メッツさん。初回表 エース リクトが三者凡退に抑え流れを作ると、裏の攻撃でユウト、ユウタのタイムリーで5点を先制。二回裏には四球を絡めて7点を奪う。三回表に3点を返されるがその裏に1点を取りコールド勝ち。都田リーグ初戦を見事勝利を納めた。この勢いで次の試合に臨もう。

(by Yコーチ)

カテゴリー: Aチーム | <Aチーム>都田リーグブロック はコメントを受け付けていません

【Tチーム】ATM大会

5月3日(月)長坂谷公園

●0-6 vs鴨居ファイターズ

本日は予定どおり快晴でスタート相手は強豪の鴨居ファイターズです。
選手たちの朝の顔は緊張が伝わってくる感じで、うまく試合に入れるか、少々不安がありました。
本日はATM大会で、みんな出場で楽しんでもらう試合です。大会には体験のしゅうたくんが参加してくれました。
試合は久々に後攻スタート。緊張していた選手を心配していたコーチの不安をかき消すように、ショートせいじ、サードこうきがきっちり抑え、初回を0点で抑えることができました。
1回裏の攻撃はりくから始まる打線で、バットがいつもと違うのか、スイングに迷いがあり、打線は沈黙。バットが変わると難しいよね。でも相手も条件は一緒。これからはもっと力をつけるためにしっかり練習頑張ろうね。
鴨居ファイターズの攻撃で、2、3、4回とも2点ずつ失点。守備は苦しみながらもお互いを励まし合い、バッターのスイングを見て守備位置を変えるよう声掛けできていました。とてもよかったです!!
最後は6対0で敗北。とっても悔しいけど、まだまだTチームの試合はあるからね。試合は結果。練習の積み重ねが大事。吉本代表の言葉を忘れず、上手になる練習を続けて、今度は勝とうね。しゅうたくんもこれから練習参加して、活躍を期待しています。
鴨居ファイターズさん、ナイスゲームをありがとうございます。また改めて挑戦させてください。(by Mコーチ)

カテゴリー: Tチーム | 【Tチーム】ATM大会 はコメントを受け付けていません

【Tチーム】地区大会リーグ戦 2試合目

5月2日(日)おちあい公園

〇13-4 vs 茅ヶ崎エンデバーズ戦 

本日2試合目の茅ヶ崎エンデバーズ戦朝から練習をしてきた選手の疲れを心配しましたが、選手はやる気満々。
今回もじゃんけん勝っての先攻。けんごはじゃんけんが強い。
この試合まで打順をほぼ固定していましたが、打順を変えることによって、選手の特徴の確認をしてみました。キャプテン、副キャプテンから始まる打線で盛り上げ、緊張しいのせいじ、りく、こうきの三人をクリーンナップに。
1試合目の流れをそのままに、打線は好調。1試合目で課題が残った走塁も少しずつ改善。アウト覚悟で前を見て走ることができました。
3年生が塁に出ることで、とうま、ひろと、たつやの2年生トリオも連続ヒットで初回は4点をゲット。
次の回も上り調子のせいじ、りくが外野を抜けるヒットで3点を追加。良い流れをつかむことができました。

最終回。ひろとのヒットから始まり、きっぺいも打点をゲット。三年生も最後までフルスイングでき、6点を追加。けいも最終回キャッチャーを頑張っていました。
試合は13対4で勝ちました。チームの目標の20点にはまだ届いていませんが、一日よく頑張りました!
茅ヶ崎エンデバーズさんの内野はしっかりしていて、ナイスプレーが度々ありました。
お互い良い経験を積むことができたのではないかと思います。ナイスゲームをありがとうございます。またよろしくお願いします。

(by Mコーチ)

カテゴリー: Tチーム | 【Tチーム】地区大会リーグ戦 2試合目 はコメントを受け付けていません

【Tチーム】地区大会 リーグ戦3試合目

5月2日(日)おちあい公園

〇17-10 vs佐江戸少年野球部

地区大会2試合目となる佐江戸少年野球部戦でした。これまでで試合が流れていましたが、本日は晴天。選手たちもやる気に満ち溢れていました。
今日の目標も20得点。しっかり振って、二つ先のベースを目指して走る野球を目標に、試合が始まりました。
初回はじゃんけん勝っての先攻。練習でしっかり振ってきたのが良かったのか、せいじ、こうきの連打のあと、4番けんごが二人を返すヒットで先制。その後もとうまのヒットで追加点。幸先の良いスタートを切りましたせんたー手たちの攻撃。しっかり振ってくる打線され、選手たちも及び腰となりましたが、一つ一つ確実にアウトをとり、1回2回は一進一退の攻防となりました。
ビックイニングとなったのは3回の表。調子の上がってきた3年生の打線が火を噴き、りく、せいじのセンター方向へのヒット、ツーベース。守備位置をよく見たけんごのセンターを抜けるツーベース。そう、とうまもしっかりバットを振りぬき得点。この回6得点。
試合も慣れてきたのか、守備に余裕が出てきて、お互いのポジション確認、バッターのバットの向きなどしっかり選手たちが声をかけあっていました。きっぺいもキャッチャーを頑張っていました。
最終回もたつや、けいもヒットで塁にでて、ひろとがダメ押しのツーベースで2打点。
試合の結果は、17対10で勝てました。しっかりバットを振ってくる打線の佐江戸少年野球部さん。

ナイスバッティング、ナイスゲームでした。また試合をお願いします。(by Mコーチ)

カテゴリー: Tチーム | 【Tチーム】地区大会 リーグ戦3試合目 はコメントを受け付けていません

【Tチーム】地区大会リーグ戦 1試合目

4月17日(日)東山田公園

●3-10 vs山田バッファローズ

初の公式戦。

前回の練習試合ではジャンケンで勝って先攻で、

バッティングも良く、幸先の良いスタートだったので、今回も先攻を期待しつつも後攻でスタート。

雨が降りながら、相手のホームグラウンドで慣れない状況で初回は3点を追いかける展開。

2番りくがレフト前ヒット、4番けんごも続き、そう、とうまがレフトにヒットで2点を取る。

相手は2回に3点、4回に4点と着実に得点を重ね、最終回を迎える。

とうまが先頭バッターで出塁し、1番の年下のけいが内野ゴロの間に1点追加。反撃も及ばず、ゲームセット。

今回は雨の中で難しい守備を選手は一生懸命声を出して、自分たちが何をすれば良いか考えて、頑張っていました。

山田バッファローズの選手は上手でした。次は負けないように、フルスイングで外野に飛ばし、今回よりもさらに良い試合ができるよう頑張ろう!

コーチも頑張るからね!

(by Mコーチ)

カテゴリー: Tチーム | 【Tチーム】地区大会リーグ戦 1試合目 はコメントを受け付けていません

【Bチーム】小泉杯一回戦

5月5日(祝)於: 通信隊G
●5-6 vs 上柏尾コンドルズ

ゴールデンウィーク4連戦の最後は小泉杯。

前日の敗戦を活かせるよう強い気持ちで臨んだトーナメント初戦です。

先発タイガの立ち上がり、ヒット一本打たれたものの後続を抑え無失点。

〈仲良しバッテリー〉

裏の攻撃、先頭ユウジロウがヒットで出塁しすぐに盗塁を決めチャンスを作る。

カイも相手エラーで出塁。

パスボールでそれぞれ進み、タイガ倒れた後ワイルドピッチで先制点を貰う。

イツキフォアボールで繋ぎ、相手が落ち着かない中リョウヘイが2ランスクイズを決め、初回3点を挙げる。

〈スクイズを成功させたリョウヘイ〉

タイガは3回にツーアウトから3連打を浴び2点を失うものの、そのまま5回途中まで踏ん張る。

〈粘り強く投げたタイガ〉

打線は3回にイツキのタイムリー、5回にはタイガのタイムリーツーベースと効果的に加点。

終盤を迎え5-2とリードし優勢に進める。

〈イツキのタイムリー〉

〈タイガのタイムリーツーベース〉

5回からリリーフしたユウジロウが最終7回のマウンドへ。

足場が合わず終始苦労していたが、1アウトから死球、連打、四球、で1点差としてしまう。

再びマウンドへ上がったタイガも流れを止められず、暴投で同点、キャッチャーの送球エラーの間に勝ち越しを許してしまう。

しかし次の打者をダブルプレーにとり、裏の攻撃に望みを繋ぐ。

〈守備でも息の合ったプレーを見せる〉

最終回は1番ユウジロウからの好打順。

期待に応えヒットで出塁し盗塁を決める。

2番カイの送りバントで三塁に進み、同点機をつくる。

3番タイガは追い込まれてから意地でセンターにフライを上げるが、これは浅くタッチアップはできず。

4番イツキに期待するが快音は生まれず、非常に惜しい敗戦となった。

〈3安打3得点3盗塁のユウジロウ〉

初回から相手ベンチは良く声が出ていたが、最終回は更に力が入っていた。

ベンチの選手全員で諦めない雰囲気を作り出していた。

負けたのは悔しいが、この敗戦から学んだ事は沢山ありました。

日頃から口酸っぱく言ってきた全力プレー。

コレを怠ってどうなったか。

声を出し続けないとどうなるのか。

随所に良いプレーは見せてくれました。

勝つ為に足りないものを教えてくれたこの試合を糧に、次の目標に向かってみんなで成長していこう!!

〈白星を掴め!〉

野球漬けのゴールデンウィーク、

お父さん、お母さん、コーチの皆様、ご協力本当にありがとうございました!

(by Sコーチ)

カテゴリー: Bチーム | 【Bチーム】小泉杯一回戦 はコメントを受け付けていません

【Bチーム】都田リーグ①

5月4日(祝)於:赤田西公園
●6-12 vs 長津田クラブ

ゴールデンウィーク4連戦中の3戦目、この日はA2として参加の都田リーグ初戦です。

先攻イーグルス

相手エラーで出た先頭ユウジロウをカイがタイムリーで返し幸先良く先制。

その後も相手守備が落ち着かないうちにスクイズなどで4点を挙げる。

〈スクイズを決めるハユマ〉

ところが先発カイの制球定まらず、初回4つの四球にエラーが絡み3失点。

その後は毎回エラーで出したランナーにことごとくホームを踏まれ毎回の12失点。

あえなく敗戦となった。

〈躍動感あるフォームで投げ込むカイ〉

イーグルスは守備からリズムを作っていくチームです。

バッテリーのリズムが悪ければ当然守備に影響していきます。

四球6、暴投などバッテリーエラーも6。

それに引っ張られ、内野エラー4、外野エラー2。

完全な自滅であり、相手と勝負できていません。

守備の時間を短く、攻撃を長く。

その為にリズム良く守る。

バッテリーとバックの関係を良くしていける様に、もう一度しっかり練習していきましょう!

〈強肩イツキ〉

〈センターリョウタ〉

(by Sコーチ)

カテゴリー: Bチーム | 【Bチーム】都田リーグ① はコメントを受け付けていません