体験会のお知らせ!

荏田南イーグルスは、今週末の4月21日(日)に体験会を行います!
Tチームは、区大会リーグ戦で2連勝中!
一緒に野球しましょう!

飛び込み参加も大歓迎です!
ぜひ、遊びに来てください!
お待ちしております。

カテゴリー: Cチーム, Tチーム | 体験会のお知らせ! はコメントを受け付けていません。

【Aチーム】 高円宮杯1回戦

4月13日(土) 於:台町公園
●4-12vs 大岡藤ノ木スワローズ

全国大会への出場をかけた高円宮杯の1回戦の相手は南区の強豪の大岡藤ノ木スワローズさん。
少々緊張していたか?いきなり初回表に上位打線からの先制攻撃で2点を失う。
その裏、追いついて波に乗りたいイーグルスは二死からシンノスケの四球、リュウタロウの2塁打で2、3塁のチャンスを作るが得点できない。
2回裏も二死からケイジの2塁打、ルイトの内野安打でチャンスをつくるがまたも得点できず流れをもってこれない。

逆に3回表は簡単に二死まで行ったが、3ランを浴び0-5のビハインド。
4回表は、3回途中から先発タクマから引き継いだソウタ、ケイジが四球で貯めたランナーをクリーンナップに返され4失点で0-9。
4回裏イーグルスも粘りをみせる。一死後にセイヤの2塁打、ケイジの四球で貯めたランナーをルイトが一塁線への3ベースとソウタの内野ゴロで3点を返し、3-9。
しかし5回にまたも簡単に二死までいったが守備の乱れもあり3失点し、3-12。
時間的に最終回の5回裏に最後の粘りを見せる。二死ながらヒットで出たリュウタロウをケンシンが内野ゴロを全力疾走で出塁とし、セイヤがライト前ヒットで先ず1点!尚も1、3塁のチャンスだったがケイジのレフトフライで万事休す。

控えめなガッツポーズのルイト

早朝からのダブルヘッダーお疲れ様でした。二試合目は体力的に、また精神的にももたなかったかな?
相手には二死から得点され、我々は二死からのチャンスをなかなかものにできなかった差が流れをもってこれなかった要因かな。

次の目標に向かってAチーム17人一丸となりましょう

全国大会出場はできなかったけど、この予選大会に出場できたことは素晴らしいことだよ。
今年のAチームはこれで終わったわけじゃない。次の目標に向かって投手力、守備力、走力、判断力、攻撃力を上げるべく皆で頑張っていこう!
そしてキツイ時こそ声を出して奮起できるチームになろうね。
Practice makes perfect! 練習はうそをつかない!(by Tコーチ)

カテゴリー: Aチーム | 【Aチーム】 高円宮杯1回戦 はコメントを受け付けていません。

【Aチーム】 YBBL2回戦

4月13日(土) 於:子供甲子園
○8-6(タイブレイク)vs 永田オックス

1回戦は不戦勝で迎えた初戦となる2回戦は、昨年上級生チームとは対戦したが同級生チームとは初対戦となる永田オックスさん。
先攻のイーグルスは初回表、ソウタの2塁打で先制のチャンスにバントミス、シンノスケのヒットで一死2,3塁のチャンスを作るが4番、5番が凡退して無得点。
その裏、1番、4番の2本のヒットで簡単に先制されてしまう悪い流れ。
しかし3回表相手のミスでもらったチャンスとタクマのタイムリーで2-1と逆転する。
先頭から始まるその裏にまたも相手の1番、4番に打たれ2-3と逆転されてしまう。

打ちまくったセイヤ

このままでは終われないイーグルスは4回表は先頭のセイヤがヒットで出て同点に追いつき、5回表は二死満塁からまたもセイヤのタイムリー2塁打で5-3と勝ち越す。
先発のタクマから引き継いだシンノスケが粘りの投球で無失点に抑えていたがエラーもあり1失点。
リリーフしたソウタも4番に一発を浴び5-5に追いつかれ、一死1,3塁のタイブレイクへ。

タイブレイクを最少失点で抑えたソウタ


6回表、ルイトのタイムリーで先ず1点、そしてソウタの内野ゴロで2点奪取。
その後のアイルのセンターオーバーの2塁打でもう1点追加し8-5で迎えたその裏をバッテリーエラーの1失点に抑え8-6。

ダメ押し2ベースヒットを打ったアイル

勝つには勝ったが、二死2、3塁あるいは3塁で3度もチャンスをものにできないのは痛いね。チャンスに強いバッターになろう!
バッテリーは同じバッターに3度も長打を打たれるのは工夫がない証拠だよね。
どのコースを打たれたのかはしっかり覚えて投げるコースを決めよう。
そして次の3回戦をしっかり勝ち取ろう!(by Tコーチ)

カテゴリー: Aチーム | 【Aチーム】 YBBL2回戦 はコメントを受け付けていません。

【Tチーム】地区大会ブロック戦2試合目

4月14日(日) 於:つづきの丘小学校
〇3-2 vs 球友会T2

本日2試合目の相手は球友会T2さんでした。
初回1OUT1,3塁から相手の4番にツーベースを打たれ1点を献上し、1試合目同様先制点を奪われた。裏の攻撃はツーアウトになってから、ダイキが出塁し、サダハルが前の試合から数え4本目のツーベースを放ち2、3塁のチャンスを作ると、やはり前の試合4打点と大活躍のイツキがここでもヒットを打って2打点を上げた。

2回は相手の下位打線を3者凡退に抑え、攻撃では相手のミスも有り1OUT満塁のチャンスとなるが、走塁ミスがあり無失点に終わる。

3回にまた試合が動き出す、相手の攻撃は1OUTからヒット2本打たれ1,3塁。ここで相手の4番の打球は大きくレフトに上がり抜けていれば1点入った上に、更に1OUT2,3塁のピンチであったが、1年生ケンゴが落ち着いて見事にキャッチ!!タッチアップで1点は入ったが、2OUT1塁になり後続をアウトにしてここでも最少失点で切り抜けた。

同点にはなったがピンチの後にはチャンスあり。裏の攻撃の先頭バッターはサダハル。今日5本目のツーベースヒット!!その後ノーアウト1,2塁となり、内野ゴロに相手がもたつく間に2塁から一気にホームイン。
その後お互い点が入らず、この1点が決勝点となり試合は終了。

この試合は、ケンゴのレフトフライキャッチが試合の流れを決めました。
どのプレーが試合を決めるかは解りません。流れが決められるプレーは日々の練習からしか生まれません。選手は試合のいろいろ場面を想定しながら練習に取り組みましょう。
( by T コーチ)

カテゴリー: Tチーム | 【Tチーム】地区大会ブロック戦2試合目 はコメントを受け付けていません。

【Tチーム】地区大会ブロック戦1試合目

4月14日(日) 於:つづきの丘小学校
〇16-4vs ジュニア葵

Tチームの初めての公式戦。
3年生は投げ野球との併用なので貫録の落ち着きぶりです。

初回は体が温まってなかったのか、守備のミスからノーヒットで1点を献上してしまう。
その裏の攻撃は、切り込み隊長のユウジローが挨拶代わりのツーベースヒット。続くカイがランナーを活かすセカンド側への流し打ちで進塁させ、ノーアウト3塁のチャンスを演出。ここから頼れる3年生クリーナップのダイキ、サダハル、イツキが3連続ツーベースヒット。相手のミスを突いた好走塁も有り9人攻撃し5点を先取。

その後の攻撃は3回まで毎回9人の猛攻で、ユージロー、サダハルの3打席連続ツーベースが光りました。

守備は1回以降は落ち着いてはきたが、3回4回の守備では相手に打たれたというよりも自分達のミスで失点。それぞれがレベルアップする必要があると感じられました。しっかりとした捕球からの送球。声を出しての連携。

練習から各コーチのアドバイスをしっかり聞いて、出来なかったことを1つ1つ出来るようにしましょう。( by T コーチ)

カテゴリー: Tチーム | 【Tチーム】地区大会ブロック戦1試合目 はコメントを受け付けていません。

【Bチーム】ベイサイドカップリーグ⑤

4月13日(土) 於:室田小学校
●2-9 vs 室田ホークス

ベイサイドカップ第5戦は、茅ヶ崎市の室田ホークスさん。

先攻のイーグルスは、打ち急いだのかタイミングが合わず三者凡退と勢いに乗れない滑り出し。
この日の先発は、ソウ。先頭打者に四球を与え一死3塁でワイルドピッチで1点献上。
3番に2塁打を打たれて、さらに4番にホームランを浴びて3失点と厳しいマウンドとなった。

先発&マルチヒットのソウ

2回表、ユウキがセンター前ヒットで出塁するも盗塁死となり、続くユキヒデがレフト前ヒットを打っただけに、チームにとっても非常に痛かった。
その後も相手投手を攻略できずに3回も無得点。
2回から急きょソウマにバトンタッチも、相手打線を抑えきれずに2失点。

強振のルイカ

しかし、4回表に意地を見せた。
先頭のソウが右中間に2塁打を放つと、2死となりながらもルイカのライト線への痛烈なヒットを皮切りにユウト、ソウマも連続安打で2得点。
ここで流れに乗りたかったが、その裏、緊急登板だったソウマが捕まり4失点。
後がない5回表は、2死からソウがセンター前ヒットを放つも牽制タッチアウトでコールド負けとなった。

俊足のコウスケ

バッティングでは、まだまだボールから目を離す選手が多い。
ピッチャーが投げたボールの軌道を読んでスイングしよう。
守備位置は、試合のたびに変わることもあるので、日ごろから各ポジションの動きを頭に入れると、試合に出られる機会が増えるはず。
( by In コーチ)

カテゴリー: Bチーム | 【Bチーム】ベイサイドカップリーグ⑤ はコメントを受け付けていません。

【Cチーム】都筑区教育リーグ ブロック戦

4月7日(日) 於:すみれが丘公園
○6-0 vs 横浜フューチャーズ

投げ野球となり初めての公式試合。大事な初戦は横浜フューチャーズさん。

強烈な打球を放つユウト

各選手に緊張が見られ初回の攻撃は三者凡退の無得点。対して守備はピンチをむかえるものの何とか無失点で切り抜けた。徐々に緊張が取れたのか二回の表、先頭の頼れる主砲ユウトの強烈な打球は相手守備の乱れも誘い一気にホームイン!

新戦力のユウセイ

続く新戦力のユウセイもツーベースで続き好走塁もあり三塁まで進塁。守備の乱れもありホームインして貴重な追加点!その後もサダハルを初めとする選手達の好走塁もあり確実に追加点を入れてイーグルスペースに。

5回無失点の力投のシュウマ

投げてはシュウマが5回まで粘りの投球で無失点に抑え、最終回はリクトが二者連続三振を含む三者凡退で抑えCチーム初戦を見事勝利で飾った。

みんなで力を合わせて頑張ろう!

緊張を忘れる位、自信を持ってプレーできるようにこれからも練習頑張ろう!
( by Y コーチ)

カテゴリー: Cチーム | 【Cチーム】都筑区教育リーグ ブロック戦 はコメントを受け付けていません。

【Bチーム】ベイサイドカップリーグ④

4月7日(日) 於:宇奈根第一球場
○8-5 vs 宮崎モンスターズ

未だ勝利のないベイサイドカップの第4戦は、宮前区の宮崎モンスターさんが対戦相手。

先発は、丁寧なピッチングが定評のイブキ。
ヒットと四球でランナーを背負うと、パスボールとワイルドピッチでもったいない2失点と、歯切れの悪い滑り出し。

先発で粘ったイブキ

なんとかイブキを援護したい打撃陣は、先頭打者のソウが四球で出塁すると、すかさず二塁へ盗塁し、野手がもたつく間に三塁へ好走。
2番ルイカが絶妙な流し打ちで二塁打を放ち1点を返すと、コウタロウ、ユキヒデの連続安打で2点を追加し逆転に成功。
しかし、2回、3回でパスボールとワイルドピッチで1点ずつ献上し、逆転を許す。

打撃好調のルイカ

なんとかしたいイーグルスは3回裏、相手のエラーで運良く出塁すると、6番ユウマが強烈な流し打ちでライト後方へ。ボールは転々と転がり、ランニングホームランとなり再び逆転に成功する。
4回裏もソウ、ルイカの連続安打で2点を追加し、イブキからルイカ、ソウマと継投して、なんとか勝利を収めた。

ミート力が上がってきたユウマ

慣れないマウンドのせいなのか、暴投と捕手の後逸が非常に多かった。ビジターゲームが多いため、投手陣は、マウンドに対する柔軟性を身に着けて欲しい。
それに加えて、捕手はどんなボールでも身体で止めなければならない。
ミットに頼らず、身体を使って前に落とそう。

気合いの捕球を見せたユキヒデ

守備では、一塁手ユキヒデが好捕を見せた。 とにかく打球の正面に入り、身体の正面で捕球する姿勢は、気迫の表れ。
しかし、その反面、打球や送球に対して全く反応を示さない残念な選手もちらほら。
そういった選手に限って、消極的な守備のため、必然的に後逸、失策が目立つ。
守備でピッチャーを助けてあげないと、強いチームにはなれません。
いい加減、気持ちを入れ替えてがんばってもらいたい。
( by In コーチ)

チャンスを呼び込んだソウ
カテゴリー: Bチーム | 【Bチーム】ベイサイドカップリーグ④ はコメントを受け付けていません。

【Bチーム】ベイサイドカップリーグ③

4月6日(土) 於:新杉田公園
●9-15 vs 千保ジャガーズ

ベイサイドカップ3戦目は、初顔合わせの千保ジャガーズさん。
両翼87mもある立派なグラウンドで試合させていただき、ありがとうございました。

後攻のイーグルス、先発はコントロール派のソウマ。
初回、味方のエラーとセンター後逸のランニングホームランで3点を失うも、緩急のある考えたピッチングでまずまずの立ち上がり。
その裏、イーグルスは、3番コウタロウが三遊間を抜けるヒットで出塁し、すかさず二盗。内野ゴロエラーの間に好走し、なんとか1点を返す。

巧みな投球を見せたソウマ

先発ソウマは絶妙な配球で相手打者のタイミングを上手くコントロールし、三振と内野ゴロで2~3回を完璧なピッチングで反撃を待つ。
しかし、イーグルスも凡打、三振、そして痛恨のサインミスもあり無援護・・・
そして4回表、ほとんど失策に近い内野安打と気迫のない外野の失策、さらには内野の失策もあり一挙に9失点とほぼ試合が決まる。

3安打猛打賞のコウタロウ

なんとか反撃したいイーグルスは4回裏、内野安打と死球で2人のランナーが出ると、内野ゴロの間に1点、さらには、代打タイキのタイムリーヒット等で2点を追加し、3点を返す。
最終回、コウタロウの内野安打とこの日2三振と不振だった5番ユキヒデもレフト前にヒットを放ち、相手エラーの間に1点を返す。
そして前打席でタイムーを打ったタイキがライト戦へ強烈な打球を放ち、ボールはフェンスまで転がり、激走の末ランニングホームラン!
しかし、反撃もここまでで、大差での敗北となった。

ランニングホームランを放つタイキ

今日の試合は、好投の先発ピッチャーを内外野全員で足を引っ張ってしまった。
積極的な守備でエラーしたなら仕方がないが、なんでもないゴロやライナーを怖がって顔を背けたり、打球に対して固まって一歩も動かない(特に外野)といった情けないエラーが多過ぎた。
捕れなくても構わないので、「絶対捕ってやる!」といった気迫を見せてくれれば、すぐにレギュラーになれるので、ベンチスタート選手もチャンスですよ?
( by In コーチ)

カテゴリー: Bチーム | 【Bチーム】ベイサイドカップリーグ③ はコメントを受け付けていません。

【Aチーム】 ベイサイドカップ第4戦

3月31日(日) 於:くぬぎ台小
○20-0 vs TRY

ベイサイドカップ4戦目は相模原市のTRYさん。
先攻のイーグルスは、昨日のあじさいリーグに先発出場していない選手がうっぷんを晴らすかのように初回先頭のソウアから打者11人の先制攻撃で6点先取。
2回表もTRYさんの3投手に対し、ソウタからの打者2巡の猛攻で14点を取り20-0。

連敗中のチームに気合を入れたキャプテンアイル


圧巻は先発出場した前の2試合で無安打だったシンノスケの4安打!
先発のタクマは3回裏の二死満塁も抑え3回コールドで勝利。

無失点のタクマ

大量リードのおかげもあってベンチも守備陣もしっかり声を出せていたね。
こういう時は必然的にエラーもゼロでしめれるよね。

4安打で守備でも動きがよかったシンノスケ


接戦や劣勢の時にしっかり声を出し、チームを盛り上げれるように早くなろう!
そうすれば自分も自信を持ってプレーできるし、仲間も信頼してプレーできるようになるはず。
残り少ない春休みしっかり練習してもっともっと自信をつけよう!(by Tコーチ)

カテゴリー: Aチーム | 【Aチーム】 ベイサイドカップ第4戦 はコメントを受け付けていません。