【Cチーム】区大会教育リーグ ブロック戦③

10月16日(土) 於:荏田南小学校

〇9-1 vs山内フェニックス

区大会教育リーグブロック戦は5月以来の久しぶりの試合でした。

先発はイット、キャッチャーはシュウのバッテリーで、まずは守備から入りました。先頭バターをエラーで出塁させてしまうが、2番バッターをショートゴロでそのままセカンドベースを踏んで1アウト。残ったランナーに3塁まで走られましたが、その後のバッターを三振、ピッチャーゴロに抑えホームを踏ませませんでした。裏の攻撃は2番リクトがフォアボールで出塁すると盗塁と相手のミスでホームを踏み1点。3番コタロウもフォアボールで出塁し盗塁、ワイルドピッチ、ホームスティールで2点目。その後イットがライト前ヒットで相手がモタつく間に3塁まで達し相手のパスボールで3点目を取りました。その後シュウも3塁打を打ちましたが、残念ながら残塁で終わりました。

2回の表先頭打者をフォアボールで出してしまうが、キャッチャーシュウがセカンドでランナーを刺し、ピッチャーを楽にしチームに勢いがつきます。その後ヒットも有りましたが、この回も0点で切り抜けました。その裏はケンゴがフォアボールで出塁し、盗塁2つで3塁までいき、ホームとサードに挟まれたが隙をついてホームまで生還し1点追加。

3回表はヒット1本は打たれましたが、三振2つのピッチャーゴロでこの回も0点に抑えました。裏の攻撃は打者1巡の猛攻を見せました。1アウト後リョウが振り逃げで出塁し、3塁まで達し、続くシュウが今日2本目のヒット、ツーベースでまずは1点追加。その後盗塁で3塁まで行き、続くハルキはデットボール出塁し、1アウトランナー2、3塁でバッターはケンゴ。しっかりと喰らい付きショートゴロではあったが、シュウがホームに還り2点目。次のバッターユタカは強烈な当たりでサードの横を抜けレフトがなんとか抑えるのを見計らって2塁まで到達しました。3塁ハルキはこのあたりで楽々生還しまし3点目。ユタカは素晴らしいバッティングでした。更に相手のミスが続きホームまで変え入り4点目。1番のセイジまでまわりフォアボールで出塁し、2番リクトのヒットで3塁まで到達し、相手のミスで更に1点を追加しこの回5点を取りました。

4回表は2アウトを簡単に取りましたが、守備の乱れがあり1点を取られましたが崩れることなく交替になりました。裏の攻撃はイットが2本目のヒット、ツーベースで出塁し盗塁も決め3塁まで行ったのですがホームでアウトになってしまいました。2アウトになりましたが、シュウがこの日3本目のヒットで出塁し猛打賞。次に代打リクがレフトオーバーのクリーンヒットを放ち、2アウトランナー2、3塁でチャンスになりましたがこの後点には繋がりませんでした。ここで時間切れとなり試合終了になりました。

攻撃ではシュウ3安打、イット2安打で更に、リクト、ユタカ、リクがきれいな良いヒットを打ち少しづつ練習の成果が出てきていると思いました。また守備でもイットが完投しデットボールは1個ありましたが無四球でした。勝っていたというのも有りましたがチーム全体で声も良く出てました。今日みたいな試合が、どんな相手でも出来るようにしていきたいです!!

〈by Tコーチ〉

強打炸裂 ユタカ
グリーンヒット リクト
今日イチ飛距離 リク
盗塁阻止、3安打シュウ
カテゴリー: コラム | 【Cチーム】区大会教育リーグ ブロック戦③ はコメントを受け付けていません

<Aチーム> 横浜市小学生野球連盟(YBBL)秋季大会第9ブロックトーナメント準々決勝

10月16日(土) 於: 平安グランド

◯5-3 vs オール三ツ境(瀬谷区)

ブロック戦準々決勝の相手は、春の横浜市共済大会で準優勝した瀬谷区の強豪オール三ツ境さん。本部大会に進むにはどうしても負けられない戦いとなる。

立ち上がり一回表、走者を二人背負いライト線に落ちるテキサスヒットなどで2点先取される。二回のピンチはユウタが素早い送球で二盗を阻止してしのぐ。

攻めては一回はリクト、二回はユウキの二塁打でチャンスを作るが得点できない。三回の守り、ユウトからリクトへ継投し、三、四回をきちんと抑えて2点差で折り返し反撃を待つ。

ここまで相手好投手のコーナーを突く投球に封じられていたが、四回裏の攻撃でユウセイがライト前ヒットでチャンスをつくる。一回に2失点の先発ユウトが強振した打球はレフトの頭上をはるかに超える二点本塁打となり、自らの一撃で試合を振り出しに戻す。

5回表、二本のヒットで1点奪われるが、コウヘイ、ユウト、ユウタとつないだ好返球で二人目の走者を本封。ピンチを脱し、試合の流れがこちらに傾く。その裏、リクトのレフトオーバー二塁打、ユウセイの四球、ユウタ、ユウトのヒットと畳みかけて3点を奪い逆転に成功してそのまま逃げ切った。目立たないが試合の要所での内外野の守備、とりわけコウヘイ、シュンスケ、ユウキの外野陣の堅実な捕球、返球が勝利​を支えた。

今日はめざしてきた『試合の序盤で大きく離されずに粘って後半勝負』という展開に持ち込めた。接戦になると集中力が途切れず、選手どうしの意味のある声掛けも続く。さらにチーム全体で攻撃、守りの精度を上げ、戦法を徹底して次の相手にぶつかっていかねばならない。ベンチ入りしてくれた5年生のダイキ、タイガ、どうもありがとう。

〈byMコーチ〉

同点2ランホームランを打つユウト
好リリーフのリクト
堅い守りをしたユウキ
フライを確実にキャッチするシュンスケ
ナイスキャッチのコウヘイ
ムードメーカーのダイキ
コーチャーのタイガ
試合後のリラックス
カテゴリー: コラム | <Aチーム> 横浜市小学生野球連盟(YBBL)秋季大会第9ブロックトーナメント準々決勝 はコメントを受け付けていません

10月17日(日)体験会

10月17日(日)10:30より牛ヶ谷公園で予定させていただいておりました体験会は天候不良の為中止とさせていただきます。

宜しくお願い致します。

カテゴリー: コラム | 10月17日(日)体験会 はコメントを受け付けていません

<Aチーム> 都田リーグ

10月10日(日) 於: 牛ケ谷グランド

◯13-1 vs 藤が丘ファイヤーズ(青葉区)

都田リーグブロック予選最終戦。ここまで何とかがんばって6戦全勝と白星を積み上げてきた。最終戦の相手は先輩たちも競い合ってきたお隣青葉区の藤が丘ファイヤーズさん。

立ち上がり一回表一死で二人の走者を背負いピンチの場面、ライト線に難しい飛球が上がる。出足よくボールに向かったユウキが落下点間際で捕球して二死。続く強烈なライトへのゴロも落ち着いてさばき一塁へ送球してピンチを脱した。

その裏の攻撃、同じような展開で満塁のチャンスを作る。ここでユウタ、ユウトが大振りせずにコンパクトに振りぬいてともにレフトへタイムリーヒットを放つ。その後ミクモ、リクトのタイムリーなどこの回打者16人で12点を奪い勝利を確実なものにした。

力の差はなかったが、初回、お互いの攻防で難しい当たりをアウトにできたかどうかが明暗を分けた。これまでも逆の立場で初回に塁上を埋められて耐え切れずにヒット、四死球、失策で得点を重ねられ、中盤、終盤に粘って追い上げるものの届かなった試合がある。『試合の入りが悪く流れがつかめなかった』と反省してきた。

一位通過した決勝トーナメントでは今日の教訓を生かして『試合の入り』を大切に皆で集中した攻め、守りを徹底していかねばならない。 

この試合は、4年生のユタカとハルキ、そして三上コーチに参加してもらった。どうもありがとうございました。

〈byMコーチ〉

攻守で活躍するユウキ
コンパクトなスイングでヒットを打つユウタ
切り込み隊長 リクト
レフトへヒットを打つミクモ
将来楽しみなスイングのユタカ
シャープなスイングのハルキ
カテゴリー: コラム | <Aチーム> 都田リーグ はコメントを受け付けていません

【Cチーム】さわやかジュニアリーグ トーナメント1回戦

10月10日(日) 於:泉田向グランド

〇6-5 vs市ヶ尾シャークス

緊急事態宣言化で試合が出来なかったので、かなり久しぶりの公式戦、それもトーナメント1回戦でした。更に今回はKコーチが仕事の関係で、活動に参加できる最後の日程で形はどうあれ勝ちにこだわるという事を選手たちと話して試合に臨みました。

先発はイットでキャッチャーはシュウのバッテリーで試合開始。先頭バッターにライト前にヒットを打たれ盗塁やエラーで1点は奪われたものの三振二つとピッチャーゴロで抑えまずまずの立ち上がり。その裏先頭のセイジが相手のエラーで出塁し盗塁2つで3塁まで達し、コタロウの内野ゴロ間にホームに帰り素早く同点にしました。

2回の表は、デットボールが1つありましたがアウト3つを三振で取り0点に抑えました。その裏相手ピッチャーが変わり制球が定まらない間に、リョウ、リクト、リクはフォアボールで出塁し盗塁と相手のミスも見逃さずノーヒットで3人ともホームを踏み3点を取りました。

3回の表は前の回とは逆にヒットは打たれていないが、こちらのミスでランナーを出し、流れをなかなか止められず4点を献上してしまうが、最後三振2つを取って1点差で乗り切りました。その裏、こちらは反撃したいところでしたが三者凡退に終わってしまいました。

4回表からピッチャーはコタロウに交替しました。2三振を含む3者凡退でしっかり締め、裏の反撃を待ちますが、またしても攻撃は3者凡退で終わってしまいました。このあたりから試合の制限時間70分が気になりだしましたが何とか次の回に突入出来、望みが繋がりました。

5回の表相手の攻撃もコタロウが絶対に諦めないと力投し、3連続三振で3者凡退に抑え攻撃を迎えます。1点差最終回1アウトランナーなしここで迎えるバッターはセイヤ。点は入っていたがまだノーヒット。ここでセイヤが気迫のバッティング見せライト前へのチーム初ヒット!!!ランナー1塁となりリードを大きく取って相手にプレッシャーを掛けたところ、相手の1塁へのけん制が乱れ2塁を狙うと、さらに相手は焦って2塁への送球も外れてしまい、セイヤは快足を飛ばしホームまで帰り最終回ギリギリで同点に追いつきました。こうなると流れはこっちになり、アウトにはなったがセイジの粘りのバッティングと走塁で相手にプレッシャーを与え、続くコタロウがツーベースヒットを打ち盗塁と相手のミスでホームまで帰りサヨナラ勝ちが出来ました。

最終回のセイヤの公式戦初ヒットがチームを救いました。全体的に試合見たらピッチャーや守備はまずまずでしたが、攻撃はバッティングも走塁も決して良いものではありませんでした。

但し、今日の目標は勝つ事だったので、目標が達成出来た事は選手たちの成長に繋がると思いました。今はまだまだだけど、6年生になるまでには絶対に強くなります!!!Kコーチ いってらっしゃい!!お気を付けて。

〈by Tコーチ〉

今日のMVPセイヤ
守備の要 キャッチャーシュウ
闘士溢れるプレーを見せたセイジ
Kコーチ いってらっしゃい!
カテゴリー: コラム | 【Cチーム】さわやかジュニアリーグ トーナメント1回戦 はコメントを受け付けていません

<Aチーム> 都田リーグ

10月9日(土) 於: 新石川小学校グランド

〇10-0 vs 山内フェニックス(都筑区)

都田リーグのブロック予選も残り二試合となった。今日の相手は山内フェニックスさん。

1回表、先発のショウは無難に三人で抑える。

その裏、リクト、ユウタのヒットなどで2点先取。2回裏にも1点加えたあと3回裏にはユウト、リクトの二塁打やユウキの本塁打などで5点を奪う。リードをもらったショウ、リリーフのユウトは制球よく完封リレー。最後はコウヘイがセンターオーバーの三塁打を放って試合を終わらせた。

〈byMコーチ〉

先発のショウ
この日2安打のリクト
4番の役割を果たすユウタ
リリーフのユウト
3塁打を打つコウヘイ
カテゴリー: コラム | <Aチーム> 都田リーグ はコメントを受け付けていません

<Aチーム> 横浜市小学生野球連盟(YBBL)秋季大会第9ブロックトーナメント1回戦

10月3日(日) 於: 平安グランド

◯9-2 vs 台谷戸ブルーファイターズ(泉区)

チームとして区大会と共に大きな目標に掲げているYBBL。春季大会では決勝トーナメントにコマを進めた。秋季大会は一か月遅れて始まったためいつものような敗者復活戦はなく一発勝負のトーナメントとなり緊張の中で初戦を迎えた。相手は春季大会で代表決定戦に進出した泉区の台谷戸ブルーファイターズさん。

今日も立上がりの一回表、走者を背負い、高いバウンドのタイムリーなどで2点先取される。その裏ショウが粘ってしぶとくセンター前に運び盗塁も決めてチャンスを作る。今日4番に入ったユウタが鋭いライナーを左翼線に放つ2点本塁打ですぐに追いつく。二回以降ユウトが相手打線を打たせて取る投球で抑え、バックも固い守りで投手を支え盛り立てる。

同点で迎えた四回裏、ユウキが出塁し、コウヘイが一発で送りバントを決める。リノは初球をたたき三遊間を抜く。続くシュンスケのスクイズが相手の失策を誘いまず1点。このあと、リクト、ユウセイ、ユウタの連打、加えてユウトの本塁打などで計7点を奪い勝負を決めた。

打線がつながりチャンスをものにしたが、攻守にわたり記録に現れない細かいミスがいくつかあった。練習時間は限られているので、平日各自素振りなどで修正、補強の上、週末の練習で調整し、大会では今日の様にチーム全員で戦う姿勢を継続していく必要がある。

今日の試合は、5年生のリョウヘイ、ハユマにベンチに入ってもらいランナーコーチやブルペン捕手を担当してもらった。どうもありがとう

〈byMコーチ〉

助っ人のハユマとリョウヘイ
反撃のセンター前ヒットのショウ
同点ホームランを打ったユウタ
三遊間のヒットを打ったリノ
ランニングホームランで激走のユウト

カテゴリー: コラム | <Aチーム> 横浜市小学生野球連盟(YBBL)秋季大会第9ブロックトーナメント1回戦 はコメントを受け付けていません

<Aチーム> あじさいリーグ

10月2日(土) 於: 東山田公園グランド

●0-11vs 山田バッファローズ(都筑区)

公式戦は8月末以来となり、相手は都筑区夏季大会で完敗した山田バッファローズさん。

1回表いきなり二本の二塁打や四球、ワイルドピッチなどが絡んで3失点。2回は抑えるも、3回以降本塁打、二塁打、ヒットと畳みかけられ大量失点となる。一方攻撃はリクト、ユウトの二安打に封じ込められ夏季大会に続いて敗れた。

前回同様、相手の鋭いスイングに二投手が打ち込まれ、強烈な当たりを野手も防げなかった。また序盤、追いつくチャンスに攻めの徹底ができずに得点なく、中盤に傷口を広げた。

強い相手には堅い守りで終盤までくらいついてワンチャンスをものにしないと勝機はない。戦い方をもう一度チーム内で確認、確立して秋の大会に臨まなくてはならない。

〈byMコーチ〉

カテゴリー: コラム | <Aチーム> あじさいリーグ はコメントを受け付けていません

【Bチーム】 あじさいAリーグブロック戦

10月3日(日)宮崎台小学校

●7-12 VS 宮崎モンスターズ

あじさいリーグの試合も終盤戦。今日の相手は川崎市宮前区の宮崎モンスターズさん。

先発カイが初回に1点を先制されたが、イーグルスはすぐさまダイキ、サダハルのタイムリー二塁打で3点を奪って逆転する。

2回に連続四球にエラーやタイムリーも重なり5点を失い逆転されてしまうも、負けじと好調のダイキのレフトオーバーの本塁打、サダハルのタイムリー二塁打で3点を取り同点に持ち込む。

ここから3、4回とカイをリリーフしたダイキの力投で無失点に抑えるも、イーグルス打線が一転沈黙し試合は膠着状態となる。

そして5回に明暗が分かれる。3イニング目に突入したダイキが制球の乱れに付け込まれ6点を奪われ万事休す。

7-12でゲームセットとなった。

この試合の敗因は5イニングで与四球13の投手陣につきます。

ただそれ以外の課題として勝負所で1点を奪う、攻撃の課題も見えます。

僅差の状況での出塁や進塁、得点方法等のパターンを再確認し、チーム一丸となって区大会に向けて頑張っていきましょう!

(by Tコーチ)

チームを鼓舞するキャプテンのカイ
:ホームランに好投、投打で活躍のダイキ
:タイムリー二塁打2本を放つサダハル
カテゴリー: コラム | 【Bチーム】 あじさいAリーグブロック戦 はコメントを受け付けていません

【Bチーム】KBBA後期新人戦一回戦

10/3(日) 於: 都田公園

● 0 – 1 vs 千保ジャカーズ

神奈川県内の5年生以下による大会KBBA、一回戦のお相手は南区の千保ジャカーズさん。

先発ユウジロウは先頭を三振にとるも、2番打者に8球粘られフォアボールで出塁される。(このランナーが俊足だった)

二盗された後、投球がワンバウンドした隙に三塁を狙われ、キャッチャーサダハルの送球をサードカイがキャッチできず、更にホームを狙われる。

カバーに入ったレフトハユマからカイーサダハルとつなぐが間に合わず、先制を許す。

ユウジロウは後続を落ち着いて抑え、裏の攻撃へ。

相手の先発ピッチャーはタイミングの取りづらいフォームから速球とスローボールのコンビネーションを使いこなし、コントロールも抜群。

完全に抑えこまれてしまう。

両投手の好投により試合はハイペースで進んで行く。

5回の裏、

ツーアウトからハユマが相手エラーで出塁し、二盗、三盗に成功!

リョウタもフォアボールを選び二盗。

この試合唯一のチャンスを得る。

続くリョウヘイもスリーボールとなるが、相手ピッチャーはここから崩れる事なく三振にとられ無得点で終わる。

最終回もお互い三者凡退でそのままゲームセット。

僅か1時間強で終了した投手戦は両チームノーヒット、初回の1失点のみの0-1で敗戦となった。

大きなミスは無かったものの、こういう展開では僅かな隙が命取りとなる。

また好投手を相手にした時にどう得点に繋げるか。

選手、コーチともに色々考えて実行していく為にこの試合を契機にしていきたいと思います。

秋の最大目標である区大会がまもなく始まります。

悔いなく試合を迎えられるよう、みんなでしっかり準備していきましょう!

(Sコーチ)

カテゴリー: コラム | 【Bチーム】KBBA後期新人戦一回戦 はコメントを受け付けていません