2021年度Aチーム総合成績

年が明けて2022年になりました。6年生はサポートに回り、5年生を中心とするBチームがイーグルスを代表するAチームとなってスタートしています。 

ここで2021年度Aチームの昨年2月から12月までの成績をまとめておきます。

公式戦  27勝17敗  勝率 6割1分4厘

 練習試合  3勝 5敗 2引き分け

通算   30勝22敗 2引き分け  

勝率 5割7分7厘

主な戦績:

・都筑区大会

  春季大会優勝、この結果で専修大学カップ県大会出場

秋季大会ベスト8

・横浜市小学生野球連盟(YBBL) 

  春季大会本部大会出場、   

  秋季大会予選ブロック代表決定戦敗退

・都田リーグ

  予選リーグ7戦全勝で決勝トーナメントベスト8 

昨年年明けの練習試合で横浜市内の強豪チームの胸を借りて力をつけ、春の都筑区大会リーグ戦を連勝して決勝トーナメントに進出。接戦を勝ち上がり決勝では川和シャークスを最終回の逆転で破って優勝しました。  

同時期に行われたYBBLブロック戦、初戦を落としましたが敗者戦でしぶとく5連勝し第二代表として本部大会に出場しました。しかし惜しくも初戦で敗退。勝ち上がっていくと当然のことですが相手の打力が上がってきます。これ以降、夏場の各大会では守り切れずに、大量点を奪われる展開が多くなり勝ち上がれませんでした。  

秋になってバッテリーを中心に良く守るものの攻撃面でヒットが続かず得点できない試合が続きました。逆に言うと相手チームも同じように投手力、守備力が向上し四死球や失策がほとんどなくなったということです。したがって数少ないチャンスを生かしてタイムリーヒットやスクイズ、相手を揺さぶる走塁などで確実に得点する力が求められましたが今一歩力及ばず勝ちきれませんでした。

 『もうちょっとだったのに惜しかったね』、『力は変わらなかったよ』と思いがちです。しかし接戦はできても勝つことは難しい。勝負を左右する場面で、プレッシャーを跳ね返して一点を奪う積極的な攻撃、一点を防ぐ確実な守備ができるチームがきわどい試合を制して勝ち上がっていきます。 

『たかが一点、されど一点』。スポーツでも、勉強でも、常に試合や本番を想定した準備や練習、あいさつや整理整とんをはじめとする普段の生活態度など、毎日の小さな努力や習慣の積み重ねが大切な場面で一点の差になって表れます。そのわずかな差で勝敗、成功や失敗が決まってしまいます。 

21年度6年生10人、低学年のころから毎週一生懸命練習してきました。本当によくがんばりました。これから先、色々な場面で『一点の差、わずかな差を生み出す努力の大切さ』を、そして『支えてくれる多くの人たちへの感謝』を忘れずに次のステージでも目標に向かって努力してほしいと思います。ご苦労様でした。

エースとしてチームを引っ張るリクト
女房役で頑張ったユウタ
鋭いスイングのユウセイ
チーム1声が出てるリノ
バントはお任せショウ
堅実な守備とバッティングでチームを引張るユウト
いつも冷静なミクモ
俊足のシュンスケ
6年からチームに加わり頑張ったユウキ
主将でチームを引っ張ったコウヘイ

カテゴリー: コラム | 2021年度Aチーム総合成績 はコメントを受け付けていません

【Bチーム】 さわやかカップ教育リーグブロック戦⑤

12月12日(日)茅ヶ崎小学校
〇23-0 VS 茅ヶ崎ドリームス

さわやかブロック予選最終戦は茅ヶ崎ドリームスさんとの対戦です。12月とは思えない暖かい青空の中での試合となった。

イーグルスは初回からタイガ、サダハルの連打から四球、敵失等で5点を先制する。2回にはイツキがセンターへ2点本塁打を放り込み、カイが1イニング2本のタイムリーヒットを放ち、ダイキ、ハユマ、リョウタにもタイムリーヒットが出て一挙13点の猛攻。
大量援護をもらった投手陣は先発ダイキ、タイガ、サダハルが安定した投球で無安打無四球の完封勝利!理想的な展開で今年の最終戦を終えることが出来た。

今年は春の区大会優勝に始まり、夏に伸び悩み、秋から冬にかけてチーム力が再び上がってきました。ただ他チームも同等かそれ以上に力をつけており、特に早い速球に振り負けています。これから冬の練習時期になります。個人やチームの課題に向き合い、個人練習では自分に厳しく、チーム練習では楽しみ励まし合いながら目標に向けて一緒に頑張ろう!

(by Tコーチ)

好投、2打点のダイキ
好投、2打点のダイキ
目標のセンター方向への本塁打、イツキ
この日3打点、3盗塁、一年間チームを引っ張った主将カイ
痛烈な2本の二塁打、3打点、3盗塁、遂に覚醒?ハユマ
逆方向へ鮮やかなタイムリー、リョウタ
来年も頑張ろう!
カテゴリー: Bチーム | 【Bチーム】 さわやかカップ教育リーグブロック戦⑤ はコメントを受け付けていません

【Bチーム】都筑区秋季大会決勝

12/5(日) 於:東方公園

● 4 – 5 vs 茅ヶ崎エンデバーズ

最大目標にしていた都筑区秋季大会。

決勝戦は寒空の下で行われました。

後攻のイーグルスは気合を入れて臨んだものの、寒さが影響したか内野手の足が動かない。

二つのエラーと振り逃げ、ヒット一本で2点を失ってしまう。2回も安打にエラーが重なり1失点。その後は徐々に身体が動き出したか、安打が出てもみんなでしっかり守り無失点のイニングを続ける。

攻撃面では相手左腕の好投の前に4回無安打、反撃の糸口が掴めない。

5回の守り、相手クリーンアップをこの日初めての三者凡退に抑えた事で潮目が変わりだす。

(力投するユウジロウ)

その裏、先頭カイがフォアボールで出塁すると相手投手が右にスイッチ。カイが二盗、三盗を決めるとリョウヘイも四球で出塁。ハユマがツーランスクイズを決めようやく反撃。

コタロウもしぶとく出塁すると、ツーアウトからサダハルが執念で2点タイムリーを放ち逆転!

ベンチもこの日一番の盛り上がりを見せる。

6回、先頭にツーベースを打たれたもののツーアウトまで漕ぎつける。しかしここでこの日初めてのフォアボールを出してしまった事で上位に繋がり、再び守備の乱れを誘発。2点を失い再逆転されてしまう。

最終7回にはピンチを迎えたところでダイキがマウンドへ。緊張の中しっかりと投げ抜き無失点で切り抜ける!

(ナイスリリーフ!ダイキ)

裏の最後の攻撃。この大会常に接戦を勝ち上がってきた事で、選手達も最後まで諦めない姿勢がしっかりと身につきベンチでも声を張り上げる。

ツーアウトになるもタイガが食らいつきテキサスヒットで出塁。更に盗塁を決め同点機を作る。しかし相手快速球投手の前に反撃はここまで。

頂点まであと一歩届かず、1点差の惜敗となった。

(ブルペンから投手を支えたシュウ)
(一番声を出すコタロウ)

この試合では相手の左右好投手を中々打つことができませんでした。しかし仲間を信じ、勝利に向かって自分がやれる事をやろうという姿勢を選手達が見せてくれた事は大きな成長を感じました。それは間違いなくこの大会、ひいてはこの一年で学んできた事だと思えます。こういう姿勢というのは、ゲームを重ねる事でチームとして身につけていくものです。明確になった技術的な課題には、これから冬の練習シーズンでみんなしっかりと取り組んでいけます。この日の敗戦は悔しいですが、来年春を迎えた時に更にレベルアップして上の大会で戦って行くために必要な経験だったのかもしれません。常に上を目指して、ここからまたみんなで成長していけたらと願います。

(本気で悔し涙を流したメンバー)

コロナ禍の中で大会を運営していただいた連盟の方々、常に協力していただいたチーム関係者のみなさん、本当にありがとうございました!

(by Sコーチ)

カテゴリー: Bチーム | 【Bチーム】都筑区秋季大会決勝 はコメントを受け付けていません

【Bチーム】 さわやかカップ教育リーグブロック戦④

11月28日(日)岸根公園野球場

〇7-1 VS 横浜ホエールズ

さわやか4戦目は鶴見区の横浜ホエールズさんとの対戦です。

イーグルスは初回、サダハルの内野ゴロの間に1点を先制する幸先の良いスタート。先発のタイガは四球の走者を許すものの、終始テンポの良い投球で3回無失点の好投!

3回裏にユウジロウのタイムリーヒット、タイガの内野ゴロで2点を追加。4回表にリリーフしたカイが四球や内野守備の乱れもあり1点は奪われたものの、落ち着いて後続を抑えた。

突き放したいイーグルスは5回裏、イツキの内野ゴロやアキラのタイムリー内野安打に相手ミスも加わり4点を追加!サダハルの好リリーフもあり、7-1でイーグルスが勝利した。

登板した3投手が相手打線を無安打に抑え、攻撃陣も安打は少ないもののしぶとい攻撃で先制、中押し、ダメ押しが出来た理想に近い試合でした。ベンチ入りメンバー全員が試合に出場し、青空の中素晴らしい球場で野球が出来ました。チームの雰囲気も良く、この流れに乗り来週の試合も頑張ろう!

会場提供頂きました横浜ホエールズさんに感謝致します。ありがとうございました。

(by Tコーチ)

3回無失点の好投、タイガ
チームのムードメーカー、タイムリー内野安打のアキラ
円陣で気合注入
この日一番の笑顔、美味しいお弁当タイム

カテゴリー: Bチーム | 【Bチーム】 さわやかカップ教育リーグブロック戦④ はコメントを受け付けていません

<Aチーム> 都田リーグ決勝トーナメント準々決勝

11月23(祝) 於: 上菅田中学校グランド

●2-3 vs 保土ヶ谷ファイヤーズ(保土ヶ谷区)

春から始まった都田リーグDブロックを7戦全勝で進出した決勝トーナメント。今日の相手は保土ヶ谷ファイヤーズさん。

一回表にスクイズで1点先行され追う展開になる。二回裏、ユウセイが二塁打で出塁するがチャンスを生かせない。逆に相手は4回にソロホームラン、5回には走者を置いてしぶとくバットに当てるテキサスタイムリーヒットで追加点を積み上げ0対3となる。

なかなか得点できない中で迎えた6回裏、二死からショウが四球で出塁し、ユウタが右中間を深々と破る三塁打で1点を返す。続くユウトは4番の意地を見せてセンターオーバーの二塁打で1点差に詰め寄るが後続を打ち取られる。最終回の攻撃も走者を出したが得点できずに終了した。

秋も深まりこの時期になるとどのチームも投手力が上がり守りも堅くなりロースコアの展開になる。したがって数少ないチャンスをいかに生かして確実に得点しておくかが勝負の分かれ目となる。3回に分けて1点ずつ得点を重ねた相手チームに今一歩及ばなかった。一球のこわさ、一点の重みを今週の二試合で改めて味わったと思う。残りの試合に生かしていかねばならない。

今日の試合ではダイキとサダハルにベンチ入りしてもらい途中出場して力になってもらった。どうもありがとう。

〈byMコーチ〉

先発のリクト
タイムリー3ベースを打つユウタ
タイムリー2ベースを打つユウト
2塁打を打ったユウセイ
セカンドゴロを捌くミクモ
代打で出場のサダハル
代打で出場のダイキ
残りの試合頑張ろう

カテゴリー: Aチーム | <Aチーム> 都田リーグ決勝トーナメント準々決勝 はコメントを受け付けていません

【Cチーム】区大会教育リーグ 決勝トーナメント準決勝

11月 23日(祝) 於:東方公園

●3-5 vs川和シャークス

2ブロックの上位2チームが出場できる決勝トーナメントの切符をもぎ取り、優勝する為には絶対に負けられない試合。気持ちを高めて臨みたかったですが大事な試合の経験が無く、浮足立っている様子で立ち上がりを心配していました。

先攻で始まった試合、2番リクがフォアボールで出塁しすぐに盗塁を決め、3番コタロウが内野安打と盗塁も決め、1アウト2、3塁のチャンス。4番リョウの内野ゴロの間にリクがホームに入りまず1点目。5番イットはデットボールで出塁し盗塁も決めて2アウト2,3塁。相手のパスボールでコタロウが返り2点目。6番シュウが内野フライエラーで出塁する間にイットがホームを踏んで3点目。幸先の良いスタートになりました。その裏の守備はピッチャーコタロウ、キャッチャーシュウのバッテリーです。コタロウはいきなり3者連続三振の圧巻のピッチング。試合前の心配は全くの取り越し苦労で、最高のスタートでした。

2回は両チーム点は動かず、コタロウは落ち着いたピッチングでした。

3回の攻撃は2アウトからリョウの痛烈なスリーベースヒットは有りましたが、点は入らず、相手の攻撃もコタロウが危なげなく3者凡退に仕留め試合はこう着状態になりました。

4回の攻撃は先頭のシュウがクリーンヒットで出塁したもののこちらのミスも有り、結局無得点に終わりました。裏の相手の攻撃は、内野安打とフォアボールなどパスボールも有り1点を取られました。更にピンチは続きましたがコタロウはここで粘りのピッチング、2アウト満塁のピンチを最後は三振で仕留め1点で抑えました。

時間的に最終回になる5回でしたが、尻上がりに落ち着いた相手ピッチャーを打てず追加点を取れませんでした。その裏コタロウが投球制限によりピッチャーがイットに変わりましたが、ペースを掴めないまま相手に捕まってしまい最後サヨナラで負けてしまいました。

この試合は選手たちの勝ちたい気持ちが本当に伝わり、みんなで声を出し試合に集中していました。負けてしまった理由はいろいろ上げられますが、現時点のチーム力ではまだ勝てなかったという事でした。但し今シーズンで一番チームが1つになれた試合でした。こういう試合を今後たくさん出来るように、また6年生までには必ず優勝できるように1歩1歩焦らず、だけど急ぎながら成長していきたいです。


〈by Tコーチ〉

MVPのピッチング コタロウ
次は必ず笑った写真にしよう!
カテゴリー: Cチーム | 【Cチーム】区大会教育リーグ 決勝トーナメント準決勝 はコメントを受け付けていません

【Bチーム】 都筑区秋季大会準決勝

11月23日(火)於:東方公園

〇6-3 VS 横浜球友会

秋季区大会の準決勝は横浜球友会さん。夏季区大会で敗れた相手だけに何とか雪辱を果たしたいところ。

序盤は先発ユウジロウが走者を出すものの落ち着いた投球で得点を許さず流れを相手に渡さない。試合が動き始めたのは3回裏、タイガのセーフティーバント、盗塁を足掛かりにイツキのライトへのタイムリー二塁打でイーグルスが1点を先制!しかし相手もその裏に内野ゴロの間に1点をあげ、すぐさま同点に追い付かれる。

何とか突き放したいイーグルスは5回裏、相手失策や死球で得たチャンスからサダハルのスクイズ、ダイキの2点タイムリーヒットで3点を勝ち越す!しかし直後の6回表に球友会さんも負けじと3連打を放ち2点を奪い4対3と追いすがる。尚も一打逆転のピンチが続いたが、ユウジロウが気迫の投球で後続を内野ゴロに打ち取り、1点のリードを守る。

6回裏にイーグルスがイツキ、ダイキの内野ゴロが相手野選を誘い2点を追加。そのまま時間切れで6対3で勝利した!

声掛けによる切り替えや雰囲気作りがチームの課題として挙げられます。今大会は切り替えの効果?もあり、相手攻撃を最小失点で切り抜けていることが大きいです。そしてトーナメントで勝ち上がる度に普段以上に自発的に声が出るようになり、チームが良い雰囲気になっています。この雰囲気の良さがこの日のような接戦を勝ち切る原動力になります。決勝戦も自分達の出来ることをやり、チーム全員で相手に向かっていこう!

(by Tコーチ)

この日も完投!粘り強い投球のユウジロウ
先制タイムリー二塁打のイツキ
盗塁阻止、勝ち越しスクイズのサダハル
貴重な2点タイムリーのダイキ
守備で盛り立てるカイ
カテゴリー: Bチーム | 【Bチーム】 都筑区秋季大会準決勝 はコメントを受け付けていません

<Aチーム> 都筑区秋季大会

11月21日(日) 於: 牛ケ谷公園グランド

●0-1 vs 茅ヶ崎エンデバーズ 

都筑区春季大会準々決勝の相手は茅ヶ崎エンデバーズさん。

一回裏の攻撃、リクトがレフト線二塁打で出塁し、ショウがすかさず送りバントで一死三塁のチャンスを作るが後続が倒れる。

バントを決めるショウ

二回表、相手4番打者にレフトオーバーのソロホームランを打たれ追う展開になる。その後リクトは丁寧な投球で相手を抑え味方の援護を待つ。

先発で1点に抑えるリクト

5回裏、二死からコウヘイが粘って四球を選び二盗を決めチャンスを作る。シュンスケは一二塁間を抜いて俊足を飛ばすが間一髪アウトで得点できない。最終回にもユウセイが出塁し一打同点の場面となるがあと一本が出ずにゲームセット。

投手が踏ん張りバックも好守備で盛り立てたが、重苦しい展開を打ち破る一打が生み出せずホームが遠い試合だった。

今日の試合では、5年生のダイキとハユマにベンチ入りしてもらつた。どうもありがとう。

〈byMコーチ〉

レフトライナーをガッチリキャッチするコウヘイ
絶対に落とさないシュンスケ
1点差が遠かった最後の区大会
助っ人のダイキとハユマ
カテゴリー: Aチーム | <Aチーム> 都筑区秋季大会 はコメントを受け付けていません

<Aチーム> さわやかカップ送別大会1回戦

11月14日(日) 於: 牛ケ谷グランド 

〇6-5 vs 汐見台ラッキー(磯子区)

毎年参加してきた大会も、とうとう最後の送別大会が始まった。横浜市広域から20チームが参加して行われる。1回戦の相手は磯子区の汐見台ラッキーさん。久しぶりにホームグランドの牛ケ谷での試合となった。

一回表裏、共に1点ずつ取って迎えた三回表の守り、走者を二人背負い二死からセンター前に運ばれ2点のリードを許す。何とか追いつきたい四回裏の攻撃、ここまでタイミングの合わなかった打線に火が点く。ユウト、ユウセイ、ユウキの三連打で同点にした後、リノがきっちりスクイズを決めて逆転に成功する。

2本の2塁打を打つユウセイ
逆転のスクイズを決めるリノ

しかし五回、六回と先頭打者の出塁を許しタイムリーヒットなどで1点ずつ追加点を奪われ4対5と追う展開になる。

回も押し迫って迎えた6回裏、ユウトがヒットで出て、続くユウセイが今日二本目の右中間二塁打を放つ。どうしても1点が欲しい緊迫した場面でリノがスクイズを投前に転がし同点、なおも二死三塁のチャンス。ここまで主将としてチームをまとめてきたコウヘイに一打逆転の打席が回る。その三球目を振り抜くとベンチと応援席の願いを乗せたライナーがレフト前に落ちる。6対5と逆転しそのまま逃げ切って、これが決勝点となった。

この日2本目のヒットを打つユウト
決勝のタイムリーヒットを打つコウヘイ
しっかりと四球を選ぶミクモ

追いつ追われつの展開の中で、目立たないがリリーフのリクトが得点されながらも試合を作り、ユウタが相手のスクイズと送りバント、二度の小飛球に飛び付いてピンチを防ぐなど、チームとして気持ち切らさずに相手に食らい付いて、最後は全員で勝利をもぎ取った。

リリーフで力投をするリクト
守備でも貢献するユウタ

さらに複数の大会、トーナメントと、今日の試合のようにゲームセットまで息の抜けない展開が続く。その中で皆で準備を整え、声を掛け合い、『勝ち』にこだわり、粘り強く戦っていく姿勢が上位進出につながっていく。

〈byMコーチ〉

カテゴリー: Aチーム | <Aチーム> さわやかカップ送別大会1回戦 はコメントを受け付けていません

【Bチーム】さわやかカップ教育リーグ ブロック戦②

11/14(日)  保土ヶ谷少年野球場

● 2 – 7 vs 横浜ブレイズ

さわやか2戦目は南区の横浜ブレイズさんとの対戦。

春の市大会以来に訪れる保土ヶ谷少年野球場です。

先発ユウジロウの立ち上がり、先頭バッターを四球で出し、内野ゴロの間に先制を許す。

その後も2つのフォアボールとワイルドピッチで初回2失点。

マウンドの足場が合わないまま2回も2つのフォアボールとワイルドピッチ、リズムに乗れない守備陣にはエラーが出て3失点。

修正する事ができなかった。

2回の裏の攻撃ではダイキのヒットを足掛かりにハユマのスクイズで1点を返す。

3回からはイツキがマウンドに上がり、2イニングス連続三者凡退に抑えようやくリズムを掴んでいく。

その裏には四球で出たユウジロウが足を活かしてノーヒットで生還し一矢報いるが、反撃はここまで。

安打が出ても単発で、繋いでいく事が出来なかった。

5回に登板したダイキも四球を出し、味方のエラーが連鎖し2失点。

再び悪い流れに飲み込まれてしまった。

ノーヒットで7失点。

完全に自滅のゲームとなってしまいました。

午後の練習ですぐに技術的な修正には取り組みました。

後はゲームの中でやれる事をもう一度考えてみよう。

四球を出したピッチャーは周りに声をかけよう。

キャッチャーはピッチャーを励ましてあげよう。

守っている選手は声をかけ合おう。

負の連鎖を断ち切れるチームになるために、立ち直るきっかけをみんなで作っていこう。

やれる事を整理して、もう一度準備して、次の試合に臨んでいきましょう。

(by Sコーチ)

カテゴリー: Bチーム | 【Bチーム】さわやかカップ教育リーグ ブロック戦② はコメントを受け付けていません