【Tチーム】 ハマスタティーボール野球大会 2回戦

8月5日(月) 於: 横浜スタジアム ライト側コート
●3ー4 vs 平塚リトルリーグ

ハマスタ大会の2回戦。
試合開始が8:35ということで、早朝6時半前に集合し、昨日の勢いそのままにハマスタ
に乗り込む。本日の相手は、平塚リトルリーグさんで強敵であることは事前に知らされ
ており、ミスなく自分たちの野球をすることを心掛けて試合開始。

整列!

1回表に相手の2本のツーベースで2点を失うも、裏の攻撃では1番ユウジロウのヒット、
3番サダハルと4番ダイキの連続ツーベースですぐさま2-2の同点に追いつく。

シュアなスイングを披露したコタロウ

2回表を三者凡退に抑えるも、2回の裏は下位打線が沈黙しイーグルスも同じく三者凡退
。3回表の相手の4番に2ランホームランを浴びて2-4とリードを許すも、3回裏に3番サダハルのヒットで1点を返し3-4。

ピッチャーとして周りを鼓舞したイット

4回はお互い0点で抑え3-4のまま最終回を迎える。
5回の表、ここで暑さによる疲労のためかエラーが相次ぎ4失点し、5回の裏に1点を返
すも時間切れにより、万事休す。5回の記録には残らない4失点が響き、試合終了とな
った。

ライトフライも好捕したシュウ

4回まで接戦で紙一重の差だっただけに、5回表の緊張の糸が切れ、イーグスルの攻撃時
間が足りなかったのが非常にもったいないし、悔やまれる。

1年生唯一出場したケンゴ

Aチームの仲間、父・母・兄弟姉妹など大多数の応援にはとても感動しました。こんな
大きな歓声とハマスタという絶好の環境で野球できる君たちはとても幸せ者です。本日
の敗戦を糧にするのは勿論だし、もう1試合はやりたかったというのが本音ですが、ま
ずはこの2日間の幸せを味わいましょう。
猛暑の中、本当にお疲れさまでした。
(byKコーチ)

頼りになる3年生の5人
カテゴリー: Tチーム | 【Tチーム】 ハマスタティーボール野球大会 2回戦 はコメントを受け付けていません。

【Aチーム】都田リーグ ブロック第2戦

8月12日(日) 於:白根地区センターグランド
○7-6 vs 旭北少年野球部

久々の都田リーグ第2戦は、旭区の旭北少年野球部さん
先攻のイーグルスは初回ソウアがヒットで出た後、リュウタロウのホームランで2点
先制。
先発ソウタも狭いグラントで1発を浴び2-1とされる。
その後もヒットは出るが走塁ミスで得点できない中、3回裏にはバッテリーミスもあ
り2-3と逆転される。

リュウタロウの2ランで先制!

悪い流れだったが、5回表に打線が奮起する。ソウアが内野安打で出てリク、ソウタ
が四球を選んだ後、
リュウタロウのタイムリーヒット、ケイジの2ベース、シンノスケのスクイズ等で5
点を取り、7-3と逆転。

2安打を放ち勝利に貢献したシンノスケ!

時間的に最終回の6回裏に疲れの見えるソウタが2四球からタイムリーを打たれ7-
5となったが二死とし、
サードゴロでゲームセットと思った瞬間に送球が先発ソウタに当たり7-6。
緊急で投手交代したシンノスケが最後のバッターを三振に切って取り辛くも勝利。
3つも牽制で刺され、加えてスクイズミス、バッテリーミスとチグハグな攻撃と守
備。ヒット10本、四死球5つもありながら7得点しかできない理由だね。

最後の打席でレフト前ヒットのルイト

ともかく私語が多く、行動が遅く、締りがないからこのような結果になるのでは?
お盆休み明けからもう一度初心に帰り、キビキビした行動をしよう!
休憩中や移動の車中で出せる大きな声を練習中や試合中に出そう。
いつも注意されている選手は決まっているよ。君達が変わればこのチームは競争意識
が出てもっともっと強くなる!(by Tコーチ)

カテゴリー: Aチーム | 【Aチーム】都田リーグ ブロック第2戦 はコメントを受け付けていません。

【Aチーム】あじさいオープントーナメント準々決勝

8月12日(日) 於:牛ヶ谷公園
●2-3 vs 若葉台リトルバーズ

猛暑の中、本日もダブルヘッダーの1試合目は、旭区の若葉台リトルバーズさん。
先攻のイーグルスは四球で出たソウアをソウタがタイムリーで返し1点先制。
その裏、不味い守りもありすぐさま同点に追いつかれる。
2回から4回までは、ユウマ、マッキ―のヒット等でランナーは出すが、あと一本が
出ず得点出来ない。

火の出るような打球のレフト前ヒットのマッキー、グッジョブ!

4回裏に先発のケイジが2四球から無死2、3塁のピンチを迎えるが、三振、捕フラ
イ、センターフライで無失点で切り抜ける。
これで流れをこちらに持って来れたかと思ったが、5回表も得点圏にランナーを進め
るが得点できない。

ナイスバッティングのユウマ。後半戦打率十割!

その裏、リリーフのリュウタロウが何とか2失点に抑えて1-3で最終回を迎える
が、1得点止まりでゲームセット。

空振りだけでライトの守備位置を下がらせた
リンタロウ

控えの選手が良く頑張って活躍しました。只、守備はもっともっと練習して秋の大会
は勝ち切ろう!
やはりキャッチボールが大事だね。しっかり”割れ”を作って相手の胸に投げるよう
にしよう。(by Tコーチ)

ダイナミックなフォームのリュウタロウ
カテゴリー: Aチーム | 【Aチーム】あじさいオープントーナメント準々決勝 はコメントを受け付けていません。

【Tチーム】 ハマスタティーボール野球大会 1回戦

8月5日(月)於: 横浜スタジアム本塁側コート
◯10ー0 vs 白真少年野球部

天気は快晴、30℃を超える猛暑、空は真っ青、天然芝の緑と茶色が良く映え、当然、選手、コーチ、母のテンションは上がりました!

横浜スタジアムにテンション↑↑↑

30分で途中でも試合終了なので、どうしても欲しかった先攻も取れていざ試合開始。

頼れるキャプテン サダハル

1回表ユウジロウ、コタロウ、サダハル、ダイキの4連続2Bヒットとイツキのヒットで4点を先制し流れを引き寄せました。2回表もユウジロウ2Bヒット、コタロウヒット、サダハル、ダイキの2Bヒットで3点を追加。

4打席2Bヒット!大活躍ユウジロウ

更に3回表は、シュウとケンゴが内野安打と相手のミスもあり出塁。それをユウジロウの2Bヒットで1点、サダハルの2Bヒットで2点を追加。

4番の仕事ダイキ

守ってはミスも有ったが、ランナーが出塁しても次に何処でアウトにするかを共有する事で、無失点で試合を終われたのは良かったです。

守備の出番が多かったカイ

今日は横浜スタジアムで楽しく野球する、という一番の目的は充分に果たせました。
( by T コーチ)

万全の体調ではなかったが頑張ったイツキ
ハマスタを楽しめた!
カテゴリー: Tチーム | 【Tチーム】 ハマスタティーボール野球大会 1回戦 はコメントを受け付けていません。

【Aチーム】ベイサイドカップ第7戦

8月11日(日) 於:蓼川スポーツ広場
●4(5)-4(6x) vs 綾桜少年野球クラブ

猛暑の中、本日ダブルヘッダーの2試合目は、綾瀬市の綾桜少年野球クラブさん。
先攻のイーグルスは低めに丁寧に投げる相手投手を打ちあぐね4回まで散発の3安打と苦戦。

3回にライト前ヒットを打ったカズアキ

先発タクマも踏ん張り2失点で迎えた5回表シンノスケ、タクマの連打等で同点に追いつき2-2。
6回表にはソウタの2ベースから1点をとり勝ち越し。7回にもシンノスケ、ソウアの2ベースで1点をとり4-2。
最終回の7回裏は簡単に一死をとったが、四球から2本の3ベースで4-4の同点とされ、さらに一死3塁のサヨナラのピンチであったが、タクマが踏ん張り前進守備からショートゴロ、レフトライナーとし延長タイブレークへ。

レフトオーバー2ベースヒットのソウタ

無死満塁からはじまるタイブレーク8回表のイーグルスの攻撃であったが、リュウタロウの死球の1点しか取れずタクマを助けてやれない。その裏、同じく無死満塁となるがスクイズを外し狭殺も決め一死2、3塁となるがピンチは続き、レフトライナーを打たれ追いついたものの捕球することができず5-6でサヨナラ負け。

8回を完投したタクマ

緊張感のあるいい試合だったよ。怪我等で出場できない選手がいる中、良く声も出てたし、コーチも含めて最終回(7回)で4-2になって少々気が緩んだかもしれない。コーチも反省してます。只、中継プレーのミスでランナーを進めてしまったことは君達も反省してください。キャッチボールは魂を込めてやっていこう!(by Tコーチ)

カテゴリー: Aチーム | 【Aチーム】ベイサイドカップ第7戦 はコメントを受け付けていません。

【Aチーム】ベイサイドカップ第6戦

8月11日(日) 於:牛ヶ谷公園
○7-6 vs 星川タイガース

猛暑の中、本日ダブルヘッダーの1試合目は、保土ヶ谷区の星川タイガースさん。
先攻のイーグルスは初回にソウタ、タクマのタイムリーなどで3点先制。その裏、ショートゴロエラーと内野フライをショート、セカンドが衝突落球し2失点となんとなく悪い流れに。

フル出場のコウタ

2回表にはソウタの犠牲フライで1点取るが、その裏に1点失点とシーソーゲーム。3回表にケンシン、シンノスケ、タクマ、ソウアの長短打で3得点し7-3とリード。

四球少なく勝ち投手のシンノスケ

先発のシンノスケは毎回失点は許すが無駄な四球もなくリードを保ったまま7-5で最終回へ。最終回はソウタがリリーフし、一死満塁のピンチを何とか最少失点に抑え7-6でゲームセット。

2ベース2本のソウア

守備でピッチャーを盛り立てよう。只、ミスしても気持ちを引きずらなかくなったかな。声も出るようになってきたからかな?でもコーチとしてはもっともっと出してほしい!
内野フライを衝突でエラーはチーム全体へのダメージは大きいよ。下級生の手本になる守備をしよう。(by Tコーチ)

カテゴリー: Aチーム | 【Aチーム】ベイサイドカップ第6戦 はコメントを受け付けていません。

【Cチーム】区大会教育リーグ予選

8月10日(土) 於:折本小学校
◯ 14-3 vs 折本クーパーズ

帰省している選手もいる中で行われた区大会ブロック線の相手は折本クーパーズさん。

先発のサダハル

この日の先発は3年生のサダハル。初回、2フォワボールとランナーをためるが無得点で終わる。後攻のイーグルス、1、2番倒れて3番サダハルのヒット、4番ユウトの2塁打で幸先よく1点をあげるが2回の表フォワボール絡みで3点を取られ逆転される。

2番手ユウセイ

2回の裏9番リノのヒットを足がかりに2番ユウジロウ、3番サダハル、4番ユウトの3連打で3てんを取り逆転。3回の表からピッチャーユウセイに代わり3回、4回を0点に抑える。

3年生助っ人2安打ダイキ

この日は打線も活発で3回裏2アウトから1番ユウセイ、2番ユウジロウ、3番サダハル、4番ユウトの4連打で4点。4回の裏は6番ショウのヒットから打者1巡で6点をあげる猛攻。3年生からでダイキ、カイの助っ人もあり勝利をおさめました。

3年生助っ人カイ

前回の試合に続いて声も出るようになってきたし、守備のカバーリングも良かったね。この後、区大会強豪チームとの対戦になるけど声をいっぱい出して頑張ろう!
( by Tコーチ )

カテゴリー: Cチーム | 【Cチーム】区大会教育リーグ予選 はコメントを受け付けていません。

【Aチーム】専修大学カップ(県大会)準々決勝

8月5日(月) 於:境川遊水地公園少年野球場B
●2-9 vs 瀬谷ライダース

午前中の試合から30分の休憩時間をおいて開始された専修大学カップ準々決勝の相手は、瀬谷区代表で春YBBL3位、春県少連準優勝の瀬谷ライダースさん。
先攻のイーグルスは、午前中の打ち疲れか2回まで相手ピッチャーの緩急にまったくあわず3者凡退。
イーグルス先発のタクマも1回2回と出塁を許さず序盤は投手戦となる。3回表2アウトからリクがライト前ヒットで出塁するも後続が続かず無得点。

追撃の狼煙をあげたリク

そして3回裏に先頭をヒットで出塁を許すが、続くバッターの送りバントをタクマが2塁でアウトを取り進塁させなかったが、2塁盗塁の後タイムリーエラーにて先制点を奪われてしまう。さらに2連続ランニングホームラン、タイムリー、ワイルドピッチで一気に5失点。

4回5失点も粘りをみせたタクマ

対するイーグルスは、ようやく5回表にケンシンの2ベースからタクマのレフト前で1アウト13塁とし、リクのライトゴロで1点を返し、さらにソウアのレフト前ヒットで2-5の3点差。流れはイーグルスかと思われたが後続が続かず、6回表も345番が3者凡退で追いつくことができない。

4回裏はタクマ、5回裏はリリーフのソウタが無失点で抑えるも、6回裏に3ランホームランやエラーにより4失点し2-9となりコールド負け。

暑い中投手陣を引っ張ったリュウタロウ

強豪相手に中盤までは粘りましたが、最後はライダースの強力打線の前に完敗でした。選手たちも悔しいとは思いますが、それでも今持っている力は十分に発揮することができました。
さらに練習を重ね、次どこかで対戦することがあったならば、成長した姿をぶつけていきたいと思います。
神奈川県の各地区の代表54チームが集まった専修大学カップのベスト8は立派です。これからも他の大会がもうしばらく続きますが、Aチーム17人一丸となって突き進んでいきましょう!(by Yコーチ)

専修大学カップベスト8
よく頑張りました!
カテゴリー: Aチーム | 【Aチーム】専修大学カップ(県大会)準々決勝 はコメントを受け付けていません。

【Aチーム】専修大学カップ(県大会)3回戦

8月5日(月) 於:境川遊水地公園少年野球場B
○19-4 vs 桜本少年野球部

専修大学カップ3回戦は、高円宮神奈川県大会ベスト8で川崎市川崎区代表の桜本少年野球部さん。

2回に2本の2ベースを打ったシンノスケ

先攻のイーグルスは、2番アイルが四球で出塁すると2盗、3盗、ワイルドピッチで先制。しかし、その裏連続ヒットにエラーもあり2失点で逆転される。

3ベースのソウア

ところが2回表にイーグルスの打線が大爆発。シンノスケ2ベース、タクマバントヒット、リクセンター前ヒット、ソウア3ベース、アイル四球、ソウタセンター前ヒット、ケイジセンター前ヒット、ケンシン四球、この回2本目のシンノスケ2ベース、タクマレフト前ヒット、リク死球、ソウアセンター前ヒット、アイルバントヒットなど打者15人で10得点。
さらに4回表にもケンシンの3ベースなど打者12人で8得点。先発ソウタは2回3回と失点するもエラーもなく4回4失点で抑えきり19-4でコールド勝ち。

暑い中4回を投げ切ったソウタ

大事な試合で豪打爆発。みんなで次の打者につなぐ意識をしっかり持ち、粘り強く得点を重ねることができました。
暑い中でのダブルヘッダーとなりますが、それは相手も同じです。次の試合に切り替えて目の前の試合に集中して臨みましょう!(by Yコーチ)

カテゴリー: Aチーム | 【Aチーム】専修大学カップ(県大会)3回戦 はコメントを受け付けていません。

【Aチーム】専修大学カップ(県大会)2回戦

8月4日(日) 於:境川遊水地公園少年野球場B
○11-6 vs 横浜ジャイアンツ

1回戦はシードで上がった2回戦の相手は、1回戦をコールドで勝ち上がってきた青葉区代表の横浜ジャイアンツさん。
先攻のイーグルスは何としても先制点がほしいところでアイルがセカンド強襲し出塁、ソウタ、リュウタロウが四球を選び、ワイルドピッチで1点先制後の2、3塁でケイジ、ケンシンの連続タイムリー2ベースで4-0とし、シンノスケが四球を選んだところで先発ピッチャーが交代。タクマが死球で出て満塁のチャンスにソウアのタイムリー2ベースで6-0とした。その裏3点を失うが、その後は先発タクマが踏ん張り2回3回を無失点で流れを渡さない。

1回表に出塁し大量点の足掛かりを作ったキャプテンアイル

4回表にソウアがヒットで出塁、アイルが絶妙のバントで出塁し、ソウタの2点タイムリーヒット、リュウタロウ四球、ケイジの内野ゴロ、ケンシンのタイムリー、シンノスケとタクマの連続ヒット、そしてリクの内野ゴロで計5得点し11-3。

先制2ベースのケイジ

気を緩めたわけではないがジャイアンツさんに粘られ、4回裏に1点を取られ、5回裏にも1点取られコールド勝ちを逃す。
6回裏も四球からノーアウト満塁のピンチを招いたが、タクマが最少失点で凌いで11-6でゲームセット。

2ベース2本のケンシン

暑い中よく頑張ったね。初回の立ち上がりを攻めきれたのが大きかったね。暑くて辛いのは相手も同じ。声を出してしっかり皆んで盛り上げよう。
あと2勝でハマスタだね。ダブルヘッダーで過酷だが水分を十分とって乗り切ろう!(by Tコーチ)

カテゴリー: Aチーム | 【Aチーム】専修大学カップ(県大会)2回戦 はコメントを受け付けていません。