私たち「荏田南イーグルス」は1984年に創設した横浜市都筑区で活動する少年野球チームです。親子で一緒に野球を楽しみましょう!



トピックス

<Cチーム>わかばJr.ブロック決勝(2017.11.18)

11月12日(日) 於:洋光台第一小
●3−4 vs 球友イーグルス

わかばJr.ブロック決勝の相手は、前回大会で0−14で敗れた球友イーグルスさん。
先攻のイーグルスの先発はタクマ。

タクマ、ナイスピッチング!初回にソウア、アイルが四球で出たが、2走者ともに捕手の剛腕で2盗を刺され無失点。初回裏はファーストゴロをエラーから2失点。2回裏は投手ゴロの捕球遅れ、ショートフライエラーで1失点、2回表に2四球からチャンスをつくり足を絡め2得点、3回表もヒットで出たソウアをアイルがバントエンドランを決め3−3の同点。
4回表からはこちらも打線が沈黙。
先発タクマも3回から外野に球を飛ばさせない好投で迎えた6回裏、四球で出したランナーが3盗し、それを刺しに行ったワンバンボールがグラブからこぼれ、すかさずホームに走り込まれ3−4。5回から登場した剛腕投手に7回表もパーフェクトに抑えられ試合終了。

代打の準備をするランナーコーチのユウマ接戦で2試合共に落としたのは非常に残念だが、選手達はワンミスが試合を左右することを学んだね。
またグローブの手入れの悪さもミスの一つ、特に試合前は自分の持ち物はチェックしておこう!

課題は『打力アップ』、『外野の守備範囲のアップ』、『内野は細かいミスを減らす』だね。そのためには平日の個人練習でのレベルアップが必要、来年は冬の練習の成果を出して勝ち進もう!(by Tコーチ)

<Cチーム>区大会 教育リーグ 決勝(2017.11.16)

11月12日(日) 於:都田公園
●6−7 vs 川和シャークス(4−4タイブレイク)

区大会 決勝の相手は、強打の川和シャークスさん。先攻のイーグルスの先発はケイジ。

初回裏はリズム良く2死を取ったのちに2ランを浴び0−2。
2回の表にケイジのセーフティスクイズで1点を返し1−2としたが、2回裏にも2塁打、3回裏にもまたも3塁打を浴び1点ずつを失い1−4で時間的に最終回の5回表、投手も変わり1死後にリク、ソウアが四球を選び、アイルの内野安打で1点、またケンシンの2ランスクイズで同点!
5回裏は、本塁打、3塁打を打たれてる4番からの攻撃だったが、内野ゴロ、後続を連続三振に仕留め、4−4でタイブレイクとなり盛り上がりも最高潮へ!
Cチーム初のタイブレイクだったが、選手はリラックスしており、イーグルスの押せ押せムードで無死満塁から2点をとり6−4。

準優勝! 来年は優勝しよう!!最終回裏は先頭打者をピッチャーゴロで一死をとったが、次打者のサードゴロをお手玉し1失点で満塁からケイジが投じた一球は『甘い、ヤバイ』と思った瞬間、打球がレフト前に落ち逆転サヨナラ負けで試合終了。
敗戦投手となったが、強打のシャークスさん相手に逃げず、無四球完投は立派。

Tチーム時代からの区大会決勝で負け続けたきたシャークスさんを追い詰めた良い試合だったよ。

涙が流れるほど『悔しかった』そして『勝ちたかった』気持ちを忘れず、冬の練習に取り組み来年は優勝しよう!(by Tコーチ)

<Aチーム>あじさいリーグ 決勝トーナメント(2017.11.13)

11月12日(日) 於:市場小学校
〇7−2 vs 市場ハリケーンズ(タイブレーク)

さて、Yコーチと必勝を誓った大事な一戦!

初回の攻撃 ワンアウト2,3塁にショートライナーのダブルプレーで、チャンスを逃した。
先発ヒロト、相手はトシキの幼馴染のシン君、二人の投手の息詰まる投手戦となった。

タイブレーク活躍、リョウ、ユウ両投手は7回を1失点の完投で、タイブレークに持ち込んだ。ヒロト、シン君、ナイスピッチング!!
そして、ノーアウト満塁からロケット打線が爆発!
先頭ユウがライトオーバーのタイムリーで1点目。ナオヤがセンター前のタイムリーで3点目。シンヤの外野飛球で4点目。トシキのレフトタイムリーで5点目。ハルの内野ゴロで6点目。
油断できないタイブレークの裏の守りは、最後、リョウが痛烈なライナーをダイビングキャッチのダブルプレーで、勝利を掴んだ。
ダブルプレーで始まり、ダブルプレーで絞めるナイスゲームでした。

これで、ベスト4進出決定、目指せ頂点!(by Yコーチ)

<Bチーム>区大会秋季 ブロック第3戦(2017.11.6)

11月5日(日) 於:東方公園グランド
〇7−2 vs 川和シャークス

好投のタイセイ3連休の最終日。初日のトーナメントを落としているだけに勝って連休を締めくくりたいところ。

またも先攻のイーグルス。

立ち上がり、ジュンセイのヒットを足掛かりにチャンスを作るも無得点。
イーグルス先発はタイセイ。初回2三振を奪い上々の立ち上がりを見せるも、2回裏に四球がらみで先制を許す。
しかし3回表イーグルスはすぐに反撃。リョウマ、ジュンセイの連打から無死満塁のチャンス。
小技やレンシンのヒットで一挙に4点を奪い逆転に成功する。
続く4回も先頭ジュンセイのレフトオーバーのツーベースをから3得点で突き放す。ジュンセイは3の3で猛打賞!
4回裏、連打で1点を失うもタイセイは最後まで粘り強く投げて7対2でゲームセット。

猛打賞、ジュンセイ!  持ってる男、レンシン

今日は前日まで試合の反省を活かしてしっかりと試合に取り組めました。
来週もがんばりましょう。(by Oコーチ)

<Cチーム>区大会 教育リーグ 準決勝(2017.11.6)

11月5日(日) 於:東方公園

○9−2 vs 佐江戸少年野球部

区大会 準決勝の相手は、佐江戸少年野球部さん。
後攻のイーグルスの先発はケイジ。

次は決勝戦!初回に満塁からソウタ、タクマの連続3ベース、ルイトの内野ゴロの間に5点先制し、2回、3回にも得点し9−0。4回表に2巡目に入った相手に2点をとられたが、5回表を無失点で抑え無四球完投、5回コールドでゲームセット。

前の試合で課題だった『声を出して盛り上げる』、『一死3塁でゴロ捕球時は3塁ランナーをチェックして1塁へ送球』は改善できていたね。
素振りに加え、捕ってから投げるまでの時間を短縮できるように平日の個人練習でレベルアップしよう。

さあ次は決勝戦!絶え間なく声を出し続けて勝とう!(by Tコーチ)

<Tチーム>ATM秋季大会決勝トーナメント(2017.11.6)

11月5日(日) 於:田奈高校グラウンド

【1回戦】

○10−6 vs 鴨居ファイターズ

投打に活躍のユウト台風などの悪天候により、延期続きだったATM大会がようやく開催された。
大事な1回戦目は、初対戦のチーム。

初回、先頭打者は惜しくもアウトとなったが、2番から7番までの連打で一挙4点と流れを呼び寄せた。
1回裏にはエラーから2失点と2点差に詰め寄られ、さらに2回裏は連続エラーからの無死満塁の大ピンチ。
そのピンチを救ったのが2年生ユウト。難しいハーフライナーを捕球してそのまま2塁を踏んで2アウト、さらにランナーが飛び出した3塁に送球して見事なトリプルプレー。
両チームとも点を取り合うも、4回表には、またしてもユウトの痛烈な左前タイムリーから得点し、見事に初戦を突破した。
しかし、内野のエラーが頻発したので、とても完勝とは言えない試合だった。


【2回戦】

●0−12 vs 奈良北ジャガース

二回戦唯一ヒットのシュウマこの試合も相手チームとは初対戦だったが、実力の差を見せつけられた試合だった。

2本の本塁打を打たれたことは仕方ないが、とにかく守備がお粗末。
なんでもないエラーを取りこぼし、投げては悪送球。
せっかく好捕球するも、気の抜けた返球のため何度も進塁される。
打撃面では、コーチの指示を無視して最も守備の堅い方向へ打ち続けて1安打のみ。
とにかく、相手チームとの飛距離が10mくらい差がついていた。
強いチーム相手であったが、まったく何もできなかったことで悔しい試合となった。

区大会まで3週間、どこまで変われるか期待していますよ。(by Iコーチ)

<Bチーム>区大会秋季 ブロック第2戦(2017.11.5)

11月4日(土) 於:すみれが丘公園グランド
〇11−0 vs 折本クーパーズ

今日も先攻のイーグルス。

四死球で作ったチャンスを確実にものにし4得点。最近は先制点をよく取れています。
その後も出たランナーは確実に返して11得点。
しかし勝ちはしましたが今日は点差ほど褒められた内容ではありませんでした。(by Oコーチ)

好投のウタ  監督の檄が飛ぶ

<Bチーム>KBBA後期新人戦2回戦(2017.11.5)

今日の一枚11月3日(金) 於:あざみ野グランド
●4−5 vs 元石川サンダーボルト

今週は晴れが続きそうな3連休の初戦。
先攻イーグルス。

初回ヒットのジュンセイをサードにおいてタイセイがスクイズを決め幸先よく先制。その後も相手ピッチャーの乱れでチャンスはあったものの得点できず。

今日の親子すると流れが相手に傾き4失点。
2回からゼロ更新のイーグルスは5回に反撃。リョウマ、ジュンセイの連打、そしてリツキのホームランで3得点、試合を振り出しに戻す。その後は何度もピンチをしのぎながら最終回2アウトランナー2塁。抑えれば特別延長という場面で力尽きサヨナラ負け。
あっという間にKBBAは終わりました。

個々のレベルアップが必要不可欠。土日のチーム練習だけではうまくなれない。
もっと野球に関わる時間を長く持ちましょう。(by Oコーチ)

<Cチーム>さわやかJr.決勝トーナメント2回戦(2017.11.5)

11月3日(金) 於:せせらぎ公園
●3−6 vs 茅ヶ崎エンデバーズ

ベンチで声をだすユウマとリンタロウさわやかJr. 決勝トーナメントの2回戦、後攻のイーグルスの先発はケイジ。

無難に1、2回を無失点で切り抜け、3回も2死をとった後にこのまま無失点で切り抜けると思ったとたんに1番に右中間を抜けるランニングホームランを打たれ0−1。2死2塁でアイルがセンター前ヒットで同点と思った瞬間にホームでタッチアウト。試合は流れが悪く意気消沈したのまま4回表にライトオーバーのランニングホームランを打たれ0−2。
5回は連打で1点を失い0−3でケンシンにスイッチ。5回、6回に1づつ返し、2−3までせまったものの、最終回の表に3点をとられ2−6。7回裏に1点をとったところでゲームセット。

守備でも、ベンチに戻っても声が出ず、自分達を試合の波にのせられず、走塁ミスも多々あり、勝ちたいという思いが感じられない試合だったね。
先ずは声を出して練習することからやり直そう!(by Tコーチ)

<Aチーム>都田リーグ 決勝トーナメント(2017.11.4)

11月3日(金) 於:荏田西グラウンド
●0−2 vs 川和シャークス

ユウタのゲッツー2週連続の台風で久しぶりの試合となった。きっと、台風の中、強い素振りをしてくれていたと信じて、試合に臨んだ。

先発リョウは安定した立ち上がりを見せ、3回まで無失点のピッチング。きっと、シャドーピッチングをしてくれていたのでしょう。

さて、打線はというと…そちらは沈黙。
フォアボールで出塁し、4回表1アウト3塁のチャンスに三振、三振。そして、4回裏にはエラーから2失点を与えてしまった。5回、またしてもツーアウト満塁のチャンスに凡打となった。
結局、期待の打線はヒット2本となり、明日からの素振りに期待することになった。
そういえば、台風は深夜から早朝にいずれも通過したので、選手は寝てる時間でした。

それでは、あと4大会、悔いのないように頑張りましょう。(by Yコーチ)

<Bチーム>KBBA後期新人戦1回戦(2017.10.29)

10月28日(土) 於:新羽小学校グランド
○9−3 vs 大船フレンズ

4安打のリョウマ!雨により何度も延期され、ようやく行うことができたKBBA1回戦。2回戦で負けてしまった春の雪辱を果たしたい大会。

1回裏イーグルスはリョウマ、リツキのヒット、相手エラーもあり2得点。午前中の試合に続いて先制に成功。
2回裏は無得点もその後はイニングごとに得点を積み重ね9得点。スコアを見直すとリョウマは4安打の大暴れ。

守りはウタ、リツキとつないで3失点。
最近は守備が不安定。スコアに表れないエラーがたくさんあります。
表れないエラーのほとんどは周りの選手に助けられていることに気づきましょう。
しっかり練習しよう。(by Oコーチ)

<Bチーム>さわやかカップ教育リーグ 予選ブロック第2戦(2017.10.29)

10月28日(土) 於:市場小学校グランド
〇7−2 vs 市場ハリケーンズ

足♪あし♪あし♪あし♪あし♪先攻のイーグルス。1回表ジュンセイ、タイセイのヒットで先制。同点とされた2回表、ウタのスクイズ、リツキの右中間2塁打で3点を奪う。常に先行し優位に試合を進める。

投手はジュンセイ、タイセイのリレー。ランナーは出すも最少失点で切り抜けていき7対2でゲームセット。

土日になると降る雨で練習もできず試合も延期となっていましたが、久しぶりのわりには先の塁を狙う積極的な走塁、プレッシャーをかけるリードがしっかりできていました。(by Oコーチ)

<Cチーム>親善交流Jr.決勝トーナメント1回戦(2017.10.29)

10月28日(土) 於:西川島公園
●4−12 vs 遠藤少年野球部

親善交流Jr.決勝トーナメントの初戦の相手は、初対戦の遠藤少年野球部さん。

先攻のイーグルスの先発はケイジ。
野手陣、元気を出せ!初回にケンシンのタイムリーで先取点をとり順調な出だし。その裏に7本の長短打、エラー2つもあり一挙9点を取られ1−9。8点差を追いかけ3点をとり4−9まで迫ったが、4回裏にミスで失点し4−10。5回裏からソウタにスイッチしたが、2点を取られたところで時間切れでゲームセット。

外野の守備範囲を広げる、狭殺プレーを確実にこなす、一死3塁でゴロ捕球時は3塁ランナーをチェックして1塁へ送球等の課題に加え、最も残念な課題は、野手陣が声も出せず、ピッチャーを1人にしてしまったことだね。

ここ2週間は雨で練習できなかったのは相手も同じはず。
これは次の試合で改善しよう。(by Tコーチ)

<OB情報>OB清水翔太君 神宮で大活躍(2017.10.19)

「目指せ東京六大学秋季リーグ首位打者⁉」

2007年度卒業生の清水翔太君(慶応大学4年)が神宮球場で行われている六大学野球秋季リーグ戦で、10月21日からの早慶戦を残して、打率4割8分8厘と打撃成績の首位を走っており、なんとか初のリーグ戦首位打者を!と願じています。 

清水君たちの学年は、5年生の時に関東学童新人戦で市・県大会を制して関東大会に出場。 6年生では、YBBLの春季大会優勝や専修大学カップの準優勝など、年間で約100試合をこなし、負けたのはわずか6回という戦績を残した学年です。

その中でも清水君は、5年生の時からAチーム入りを果たし、栃木で行われた関東学童選手権の関東大会では6年生に混じって出場、新人戦と併せて2度の関東大会出場やYBBLの最優秀選手に選ばれるなどの活躍をしています。

性格は明るく、がんばり屋さん、イーグルスでは主将をつとめましたが、ちょっとばかり”おっちょこちょい”。 関東大会新人戦を前にして、ドッジボールで遊んでいて中指を骨折し、当時ハンカチ王子こと斎藤佑樹が利用して話題となった「酸素カプセル」でリハビリ、なんとか大会に間に合わせることができた、というエピソードが残っています。

なお、ご両親の必死の支えで大会に間に合ったものの、レギュラーポジションのキャッチャーでの出場はかなわずセンターで出場。 結果は東京代表チームに1回戦敗退。 敗退の原因は”彼のケガ”と今でも私は思っています(笑)。

その後、横浜青葉シニアを経て桐蔭学園へ、桐蔭学園ではあと一歩のところで桐光学園、平塚学園に甲子園への夢を阻まれ、慶応大学へ進学。 慶応大学では1年生からベンチ入りを果たし、今年の春季リーグではベストナインに選ばれた彼の野球の歩みに、その一部を共有できたことを誇らしく思っています。

清水君は、卒業後は某大手銀行への就職が決まっています。 早慶戦が彼の最後の舞台となるかもしれません。 皆さんも清水翔太君の活躍を応援して下さい。

代表 吉本 弘 記

<Aチーム>県小連(2017.10.16)

10月14日(土) 於:上品濃公園
●2−9 vs 戸塚アイアンボンドズ

横浜上空には、秋雨前線と寒気が停滞し、雨模様で寒い一日となった。
グラウンドは雨で厳しい状況であったが、強豪との対戦。
大事な初回、バッテリー間のエラーで、ノーヒットで2失点献上。
この所、不調の打線に、これ以上の失点は許されなかったが、
続く、2回に6失点となり、序盤で試合は決まってしまった。
あと5大会での奮起を期待したい。(by Yコーチ)

<Bチーム>あじさいリーグ 決勝トーナメント1回戦(2017.10.16)

10月14日(土) 於:牛ケ谷公園グランド
●3−4 vs 鷺沼ヤングホークス

背の順午前の試合は雨で中止。
小康状態の雨空を見上げながらせっせと牛ケ谷の水を抜き、なんとか試合にこぎつけました。あじさいリーグ決勝トーナメントに挑戦です。

残念ながら試合内容は曇天の空を真似たようにすっきりとせず。細かいミスを繰り返し、せっかく出場できた決勝トーナメントは1回戦で敗退。

反省点は確認しています。次はもっといいプレーができるようにしよう!(by Oコーチ)

<Bチーム>教育親善ブロック第4戦(2017.10.10)

10月9日(祝) 於:四季の森小学校グランド
〇10−3 vs 佐江戸少年野球部

攻守に活躍のシンタロウ!ブロック戦の自力突破はなくなりましたが、勝って他チームの結果を待ちたいところ。
初回から得点を重ねて5回コールド勝ち。
守備ではシンタロウが好捕を連発。そして1球1球動き続ける献身的なカバーリングが目を引きました。
守備、走塁は午前中の試合から修正できない選手が多く、3失点はエラーと準備不足による判断ミス。課題だらけの1日となった。(by Oコーチ)

<Bチーム>区大会秋季 ブロック第1戦(2017.10.10)

10月9日(祝) 於:牛ケ谷公園グランド
〇6−5 vs 茅ヶ崎ドリームス

リツキ、やったぜホームラン!秋の区大会が始まりました。
来年の全日本学童につながる大会の推薦がかかる重要な大会です。

先攻のイーグルス。初回表、簡単に3者凡退。初回裏早々に1点を先行される。
3回表にリョウマ、リツキのタイムリーで3点を奪い逆転。しかしその裏すぐに3点を奪い返され再逆転をされてしまう。
1点ビハインドのまま迎えた6回表、リツキのホームランが飛び出し同点。7回表ウタのライト前ヒットで勝ち越し。
リツキは味方の再三のエラーに耐えて7回完投。
なんとか初戦を勝つことが出来ましたが内容は散々でした。

もっと練習しよう。そして考えて野球をしよう。(by Oコーチ)

<Aチーム>秋季区大会(2017.10.9)

10月9日(月) 於:牛ヶ谷公園
●3−10 対:川和シャークス

区大会3位!!秋季大会の準決勝は晴天のホームグラウンドでの試合となった。
相手のエラーからシンヤのタイムリーで先制し、がっちり流れを掴んだはずが、今日は守備での消極的プレーの連続で、スルリと手の平から抜け落ちてしまった。ユウのホームランで3点差としたが、流れを引き寄せることは出来なかった。
前回の悔し涙の準優勝とは違って、歯を喰いしばった3位となった。
選手たちは、もう少しやれたと感じてしまった試合ではないだろうか?

残り試合数は、最少7試合となりました。
勝って試合数を減らさないように、笑顔の連勝を続けましょう。(by Yコーチ)

<Cチーム>わかばJr.秋季大会 2回戦(2017.10.9)

ライト線にしぶいタイムリー ソウタ10月8日(日) 於:洋光台第一小学校グラウンド
○9−2 vs 桂台テキサス

いよいよ始まりましたわかばJr.秋季大会。負けたら終わりの一発勝負!!
初戦の相手は桂台テキサスさん。

イーグルスはキャプテン ソウアを体調不良で欠くなか、副キャプテン リュウタロウがしっかりジャンケンに勝ち後攻スタート。
先発はケイジ、先頭バッターにライト前に運ばれましたが、次打者をサードフライ、一塁ランナーが飛び出していたためラッキーなゲッツーで2死。続く3番にセンター前に打たれたものの、4番をファーストフライに打ち取りなんとか0点で切り抜け、裏のイーグルスの攻撃!!

打撃好調タクマ 先頭アイル、2球目を3塁線へ絶妙なバントヒット!2番リクの時に、盗塁とワイルドピッチで3塁へ。
ここでリクが絶妙なスクイズで先取点、そして自身もセーフですかさず2盗!!
3番ケンシンがセンターへ2塁打を打ち2点目。ケンシン3盗後、4番ソウタもタイムリーで初回きっちり3点奪取!!
2回以降もケイジがしっかり投げ、7回2失点で完投!打線も3回のみ無得点でしたが、6回で9得点で快勝!!

細かいことを言えば、走塁の質をもっと上げていきたいね。積極的な走塁は大事だけどそこで、もう少し自分たちで考えるようにしてみましょう。好走と暴走は紙一重、まだまだ得点チャンスありますよ(笑)(by Aコーチ)

<Tチーム>区大会予選リーグ(2017.10.9)

10月8日(日) 於:せせらぎ公園
〇14−11 vs 山田バッファローズT2

逆転の一打を放つコウタロウ秋の区大会ブロック戦の最終戦は、ATM予選でも対戦した山田バッファローズT2さん。

本日は、主将、副主将を除いた3年生で挑んだ。しかし、緊張からか打球に対しての反応がまったくなく、エラー、ミスの連続で1回表に5失点。その裏に2点を返すも、2回、3回と3点ずつ献上し、突き放された。
さすがに3回裏から主将、副主将に加え、1〜2年生も入れての総動員でなんとか5得点。最終回となる4回表を0点に抑え、その裏は1年生ダイキの内野安打から9人打ちで6得点。辛くも逆転勝ちを収めた。

先発した3年生は、思ったとおりのプレイができず悔しい思いをしたことだろう。
今まで以上に練習や普段の素振りを真剣に励んでもらいたい。
次の試合では、その成果を発揮しよう!(by Iコーチ)

<Aチーム>都田リーグ(2017.10.2)

10月1日(日) 於:上山小学校
〇4−0 vs 茅ヶ崎東ファイヤーズ

トシキ、ハル、ヒロト、シンヤのヒットメーカーさて、本日最後の第3試合、時間は16:30、日没寸前となるが、ブロック戦を終了するために事務局の協力でなんとか開催となった。

1回表、ヒカルのダイビングキャッチの好捕で無失点スタート。攻撃ではシンヤの内野安打からトシキの2塁打で先制。2回裏の攻撃、ハル、ヒロトのタイムリーで追加点。だんだん薄暗くなり、塁審のYコーチには厳しい時間帯となってきた。
続く、3回トシキの内野ゴロで追加点をあげ、先発ユウが4回をキッチリ抑えたところで、日没コールドとなった。

茅ヶ崎東ファイヤーズさん、事務局さん、試合設定ありがとうございました。
これで、都田リーグは決勝トーナメント進出となった。
さあ、区大会準決勝、都田リーグ準々決勝ともに、川和シャークスさんと対決。
気合を入れて頑張りましょう!!(by Yコーチ)

<Aチーム>都筑区秋季大会(2017.10.2)

10月1日(日) 於:都田公園
〇5−0 vs 山田バッファローズ

さて、本日、2試合目の区大会、前回、準優勝の意地を見せたい。

前の試合が影響するかとの心配を先発リョウが振り払った。スピード、制球抜群の投球で、相手打線を沈黙させた。とはいえ、イーグルス打線も眠っており、「そろそろ目を覚ましなさい!!」という声が聞こえたようで、3回ユウのヒット、リョウのバントで先取点、この試合猛打賞のシンヤのタイムリーで2点、トシキのMUSTゴロで3点。そして、4回、5回に1点を追加。あとは、ショートのヒカルが大遠投のアウトなど守備陣がガッチリ抑えて、リョウの完封勝利をサポートした。

さあ、次は準決勝だ!!(by Yコーチ)

Yコーチ邪魔です  リョウ 完封勝利おめ!

<Aチーム>YBBL第2代表 決勝(2017.10.2)

10月1日(日) 於:岸根公園少年野球場
●1−3 vs 富岡オールスターズ

今日は初のトリプルヘッダー、初戦はYBBLの第2代表戦は強豪チームとの一戦。この6年間の実力を測るには持ってこいの対戦相手。選手たちのこの一戦にかける思いが大きな声となり、球場に響き渡った。

ヒロトが巧な制球で、強力打線に連打を許さず、試合を作り、4回に1点差に迫り、試合は息詰まる展開となる。しかし、あと1本、あと1点が手に届かず、敗戦となってしまった。

巧な制球で粘りのヒロト  ヒロトを称える内野陣

試合終了時の応援へのあいさつでは悔しい顔をした選手たちが頭を下げたが、応援者、そして、コーチ陣には選手たちの成長が嬉しく感じられた試合であった。
さあ、次の区大会に気持ちを切り替えましょう。(by Yコーチ)

<Bチーム>さわやかカップ教育リーグ 予選ブロック第1戦(2017.10.2)

さぁ出発10月1日(日) 於:汐見台小学校グランド
〇13−1 vs 汐見台ラッキー

さわやかカップ教育リーグが始まりました。5年生以下の大会です。

今日は選手の自主性に重きをおいて試合を行う。
プレーに関する指示、情報伝達はまだ不十分ですが、いつもより声も出て元気にプレーができていたかな。

シンタロウ、ナイスキャッチ!ピッチャーはジュンセイ、レンシンが久しぶりの登板を無難にこなす。守備ではシンタロウの好プレーも飛び出し1失点に抑える。
攻撃では練習した走塁とバッティングに積極的に挑戦。成功率は50%でしたが打者にも得点につなげる明確な意識を感じることができた。

一つ一つステップを積み重ね、これからもがんばろう!(by Oコーチ)

<Cチーム>さわやかJr.1回戦(2017.10.2)

10月1日(日) 於:汐見台小学校
○12−6 vs 汐見台ラッキー

球は走っている! ケンシンさわやかJr.トーナメントの初戦の相手は、合宿明けのブロック戦で7−0から逆転負けした汐見台ラッキーさん。

リベンジしたい後攻のイーグルスの先発はケンシン。

初回の立ち上がりを四球で出したランナーを内野ゴロでノーヒットで1点を失い、即その裏に3点をとり逆転するも、2回はダブルプレーで得点できずうまくいかない展開。

3回には四球とポテンヒットで3点失点し逆転され、二死後に代ったケイジもワイルドピッチで2点失点。
打率が上がってきた!リク 1ヒットで5点を失い、まさかの3−6。

ここから打線が粘る。3回裏に4点をとり逆転し、4回裏には打者一巡で5点をとり12−6で勝利。

ヒット1本で6失点は多すぎだが、守備陣はエラーも減ってきたし、いつも声が出せるようになってきたね。野球のセオリーが少しずつ分ってきたかな?

2回戦も突破しよう!(by Tコーチ)

<Tチーム>区大会予選リーグ(2017.10.2)

10月1日(日) 於:東方公園

【1試合目】

〇22−2 vs 球友会T2

4の4と猛打賞ノルイカいよいよTボール野球の集大成、秋の区大会が始まった。
予選リーグの1試合目は、球友会T2さん。

大事な初回、エラーもからみ2死一三塁もユウトが二ゴロを落ち着いて補給し無失点と好スタート。
初回から波に乗ったのか、この試合は打線が爆発。1番ルイカからユウト、コウタロウ、ソウの4連打に加え、ラストバッター9番ソウマまでで一挙6点。その後も毎回ラストバッターまで打ち続けて4回で合計22得点。中でもルイカは、全打席センターへのクリーンヒットを決める4打数4安打の猛打賞と大活躍。
最終イニングにエラーから2失点したのが残念だったが、チームに勢いがついた初戦だった。

 

【2試合目】

○5−4 vs 茅ヶ崎エンデバーズ

スタメンを大きく入れ替えての2試合目は初対戦の茅ヶ崎エンデバーズさん。

初回、相手の連打と失策により2点を先取される。
対してイーグルスは、相手の好守備もあり、1、2回と打線沈黙。3回に失策で1点を献上し、徐々に暗いムードに。しかし、3回裏にようやく打線が目覚め、1番マサシから5番サダハルまでの5連打で4得点で逆転し、さらにはイブキのタイムリーでこの回5得点。5回表にまたしても失策から1点を許したが、最後は内野ゴロを落ち着いて処理し、試合終了。
辛くも1点差でなんとか逃げ切った。

残念ながら捕球、送球ともに失策が目立ち、まだまだ課題が残る結果だったため、更なる練習の必要性を感じる試合だった。しかし、そんな中、強烈な投直をしっかり捕球し、打撃でも5点目となるタイムリーを放ったイブキのプレイが光っていた。おそらく、平日特訓の成果が出たのだろう。

予選リーグを全勝して、万全なチーム体制で決勝トーナメントに挑んでいこう!(by Iコーチ)

<Aチーム>あじさいリーグ 決勝トーナメント(2017.10.1)

ベンチの一コマ9月30日(土) 於:牛ヶ谷公園
〇10−2 vs 今井仲町こども会野球部

心地よい気候になり、選手の有終の美に向かっての全力疾走に期待したい。
決勝トーナメント4つ勝って、頂点をつかみたい。

さて初戦は土曜朝一の苦手な時間、初回の攻撃、打線は沈黙、なんとかワイルピッチで1点獲得。
まさかの全力疾走先発ユウはピンチを三振で無失点、続く、2回の攻撃も打線沈黙、その裏は満塁のピンチ、ホームゲッツー崩れ、間一髪のバックホームアウトで、なんとか零点で食い止めた。
ここで斉藤監督が選手たちにファールグラウンドの外野までの全力疾走を命じた。
まさか、こういう形の全力疾走が見れるとは思わなかった><
とはいえ、3回から4得点、3得点、2得点と走り切った。
それではあと3つ勝って、笑顔でゴールしましょう。(by Yコーチ)

<Bチーム>教育親善 ブロック第3戦(2017.9.26)

9月24日(日) 於:四季の森小学校グランド
●1−2 vs ひかりが丘少年野球部

先制の口火を切るリョウスケ!教育親善ブロック戦。
20分のインターバルをおいて本日2戦目です。

先攻のイーグルス。3回表、リョウスケ、ジュンセイの2塁打で先制。先発リツキは3回まで無得点に抑えるも、4回表ワンチャンスで逆転をされてしまう。

イーグルスは何度かあった得点チャンスをものにできず7回1対2xで敗戦。
これで自力でのブロック戦突破はなくなる。(by Oコーチ)

<Bチーム>教育親善 ブロック第2戦(2017.9.26)

9月24日(日) 於:四季の森小学校グランド
〇9−2 vs 都岡今宿ライオンズ

褒められまくりのシュンダイ教育親善ブロック戦。ダブルヘッダー初戦です。

先攻のイーグルス。初回表、2点を先制するもすぐに1点を返される。その後お互い3回裏まで0点が続くが、勢いは相手チームに。リードしているにも関わらず負けているような重い雰囲気。しかしその重い雰囲気を一掃するプレーが4回表に出ます。

1アウトランナー1,2塁の場面でリョウマがセンター前にヒット。誰もが3塁ストップかと思ったが、3塁コーチャーのシュンダイが大きく手をまわし、躊躇なくホームに突っ込むレンシン。
この追加点をきっかけにイケイケとなったイーグルスは一挙7得点。
調子のよくなかったウタも大量点に守られ4回2失点にまとめる。
ベンチのSコーチも鳥肌が立ったというくらい一気に局面を変えたナイス判断でした。(by Oコーチ)

YBBL地区予選 1回戦(2017.9.26)

9月24日(日) 於:牛久保西公園
●7−8 vs 南山田ライオンズ

YBBLトーナメントの初戦の相手は、先日教育リーグ区大会で勝利した南山田ライオンズさん。前回同様にサウスポー投手が先発。

後攻のイーグルスの先発はタクマ。
転倒の痛みを堪えて2塁に立つキャプテン ソウア初回の立ち上がりを攻められ3本の長短打で3点を失い、更なるピンチをセンターのリュウタロウがファインプレーで救った。1回、2回にセイヤの3ベースヒット等で1点ずつとり、2−3。3回表に先頭バッターへの四球後に守備の乱れもあり、タイムリーヒットを打たれ2点失点。早々に追いつきたいイーグルスは3回裏にソウアが左中間をライナーでやぶる!3ベース確実と思った瞬間に1ベースを廻ったところで転倒。痛みに堪え何とか2塁にたどり着き、その後の1点を取り3−5。只、ソウアは転倒時の痛みが治まらず、捕手はリュウタロウに交代。

センターで好プレー後、捕手に交代したリュウタロウ4回表からリリーフにケンシンを投入。球は走っていたが、先頭から連続四球でピンチになり、押し出し等で2点献上し、3−7。苦しい展開だったが、決してあきらめず今までになく打線がくらいつく。二死後にタクマの2ベース、ケイジ、カズの連続タイムリーヒットで2点をとり、5−7で最終回!

5回表も二死をとり、若干ホットした感があったか? 四球で出したランナーを当たり損ねのポテンヒットで1点失い、5−8で再度3点差。
最後攻撃にソウアに代わったリクが絶妙のバントヒットで出塁。ソウタ、セイヤの連続タイムリーで1点差まで詰め寄ったが、最後の1本が出ず7−8で試合終了。

毎回得点のイーグルスのヒット数は8本、ライオンズさんは7本と上回ったが、四球で出したランナーが1個と少ないライオンズさんに軍配が上がった。

試合は常にビハインドだったが、皆声もよく出ていたし『負けてる感じが”全く”と言っていいほど無かった』試合だったよ。(by Tコーチ)

<Cチーム>教育リーグ区大会 ブロック第9戦(最終戦)(2017.9.26)

完封勝利のケイジ9月24日(日) 於:荏田西小
○9−0 vs 球友会

教育リーグの最終戦相手は、サウスポー投手が先発の球友会さん。
この試合に勝てば3位通過、負ければ4位通過で決勝トーナメント行となる落とせない試合。

先攻のイーグルスの先発はケイジ。
1回、2回に相手ピッチャーのコントロールの乱れに乗じて、3点、2点と5−0。3回から制球力のあるピッチャーに交代した後は無得点に抑えれていたが、5回にセイヤ、タクマ、ケイジ、リュウタロウ、ソウア連続ヒットで4点獲得し9−0。

投げてはケイジが散発2安打、1四球で完封勝利。
球は走っていなかったが、守備陣の声にも助けられ、ヒットあるいは味方のエラーでランナーを出した時でも崩れなかったのがよかった。

しっかり守った守備陣  チーム全員で3位通過を決めたCチーム

区大会で優勝する切符を自分達で勝ち取ってきたことはすばらしい!
只、フライで飛び出したり、サインを間違えたり単純なミスがまだある。
次のプレーを予測し、単純なミスを無くすことも大事だね。セオリーも踏まえてプレーできる選手になろう!(by Tコーチ)

<Aチーム>都田リーグ(2017.9.25)

ユウのホームランボールと選手たち9月24日(日) 於:上白根小学校
〇6−2 vs 白根台ジャガーズ

負けられない大事な一戦。早起きの得を味方にして、なんとか勝ちたい。
前回の相性から先発は、期待を込めて、ハルとなった。

初回、ナオヤのあともう少しでホームランの特大ツーベースで先制!!
トシキの三遊間タイムリーで追加点。
期待のハルはピンチとなるが、緩急を使った投球で無失点スタート。

タイヨウ、ヒカル、ナオヤの殊勲の外野手続く、2回はタイヨウ、リョウのツーベースで1点追加。
ハルは期待通りの投球で、3回無失点と試合を作った。
タイヨウ、ヒカル、ナオヤの外野陣の好捕が勝利を引き寄せた。
そして、最終回の6回、ユウがナオヤの打球を遥かに超える特大ホームランを放ち、見事勝利を掴んだ。(by ちょぴり満足のYコーチ)

<Aチーム>YBBL第一代表決勝(2017.9.25)

9月24日(日) 於:新横浜少年野球場
●0−4 vs 金沢スカイヤーズ

今日は朝から試合時間の間違いがあって、早朝7時集合のイーグルス。
早起きは3文の得となるでしょうか?

珍しく後攻となり、初回、先発ユウの2四球、ワイルドピッチで1点を先制される展開。
続く2回は、1アウト2,3塁のピンチに、ツーランバント安打で3点差。
4回やっときたワンアウト2,3塁のチャンスだが、相手のサインプレーに見事にやられた。
内野前進でセカンドランナーを引き付けて、センターが2塁カバーで、挟殺プレー。
狙い通りの3塁ランナーがホームでタッチアウトとなった。
2回相手の攻撃と4回こちらの攻撃が試合の重要なポイントでした。
野球のプレーは元より、野球の知能も上げましょう。

まだYBBLは終わっていない。
第二代表を目指し頑張りましょう。(by ちょぴり辛口のYコーチ)

<Bチーム>教育親善 ブロック第1戦(2017.9.24)

9月23日(土) 於:四季の森小学校グランド
〇2−0 vs 都岡少年野球クラブ

リョウマ、貴重なタイムリーと貴重な?・・・教育親善、秋の大会が始まりました。5年生以下の大会です。

先攻のイーグルス。初回表、2つの四死球も得点できず。2回表ウタの内野安打で1点、3回リョウマのライト線ツーベースで1点。今日は相手ピッチャーの巧みな牽制、キャッチャーの好フィールディングになかなかチャンスを作れず。
守りは先発タイセイ。守備の乱れにも動じず6回零封。粘り強く投げることができました。

今日はあまりいいコンディションではなかったが負けなかったことが収穫。
ブロック戦は1試合も落とせない。勝ち抜いて本部大会に行こう!(by Oコーチ)

<Cチーム>あじさいリーグ ブロック第2戦(2017.9.24)

9月23日(土) 於:神無公園
●11−0 vs 山田バッファローズ

あじさいリーグの相手は、5年生チームの山田バッファローズさん。

後攻のイーグルスの投手陣はソウア、アイル、ルイトのしりとりリレー!。

ソウア→アイル→ルイトのしりとり投手リレー!① ソウア→アイル→ルイトのしりとり投手リレー!② ソウア→アイル→ルイトのしりとり投手リレー!③

ソウアは1回、2回と相手の攻撃を最少失点に抑えゲームを作った。
3回は絶妙のバントを連続で決められ、試合巧者の流れを止められず6失点。
4回はアイル。サードのケイジが5年生の打球の速さについていけず2エラーもあったが3失点で凌ぎ、5回のルイトは、無四球で無失点に抑えた。

構えが良くなったリンタロウ打線は16mに伸びたとはいえ、ストレートのスピードと制球力のレベルが違う好投手2名のリレーに対し、外野には1球も飛ばせずパーフェクトに封じられた。

試合は完敗だったが、胸を借りる気概が十分に出てたし、声掛けも良く出来ていたし臆してなかったね。
課題は打力アップ!しっかり前でボールを捕らえるこを意識しバットを振る練習をしよう!(by Tコーチ)

<Cチーム>教育リーグ区大会ブロック第8戦(2017.9.21)

9月18日(月) 於:山田小学校グラウンド
○11−3 vs 南山田ライオンズ

エースの風格、ケイジ正念場の教育リーグ、今日の相手は南山田ライオンズさん。
ジャンケン負けながら後攻のイーグルス、先発はケイジ!!

初回をセンターフライ・サードゴロ・ショートゴロで上々の立ち上がりで、三者凡退。その裏の攻撃、先頭ソウアが四球で出塁、盗塁を決め一死取られる間に3塁へ進塁。続くケンシンがきっちりとスクイズを決め、1点先制。

2回・3回、ケイジがしっかりと抑え良い流れで3回裏の攻撃、一死よりソウア・アイルがエラーとデッドボールで出塁。きっちり盗塁を決め2・3塁から、ケンシンの右中間を抜く2点タイムリーで追加点を奪い、しっかりとケイジを後押しする展開!!

右中間破る2点タイムリー、ケンシンその後も4・5・6回と流れを渡さず点数を奪い、主導権をしっかり握った理想的な試合運び。

投げてはケイジも久々の完投勝利!!しかも無四球は上出来すぎる結果かな・・・
エラーも少なく、よく集中した良い試合でした。

次も今日のような試合が出来るように、またみんなで頑張りましょう!1(by Aコーチ)

<Bチーム>あじさいリーグブロック第4戦(2017.9.20)

9月18日(月) 於:宇奈根球場
〇4−2 vs 栗木ジャイアンツ

本日2試合目あじさい4戦目。
坂戸小学校から多摩川河川敷に移動して本日2試合目。
1試合目の快勝と広々とした河川敷での昼食のせいかすっかり気が抜けてピクニックモードに。くつろぎすぎだが大丈夫か・・・。

先攻のイーグルス、1回表、ヒット2本もちぐはぐな攻めで先制できず。その後は相手ピッチャーのコントロールに苦しみ早打ち、凡打を積み重ねる。4回表、タクトのスリーベースが出るも得点できず、午前中の猛打が嘘のように影をひそめる。

ハルキ、ファインプレーの画像がなくてごめんねm(_ _)mイーグルス先発はリツキ、最近はピッチングでも雰囲気が出てきている。技巧派の相手ピッチャーと対照的に速球でぐいぐい押すピッチングで試合は4回裏まで0対0で進む。

均衡が破れたのは5回表、ハルキの相手エラーを誘う絶妙のゴロをきっかけにウタ、リョウマ、ジュンセイの3連打で2得点、さらにタイセイのタイムリーツーベースで合計4得点。流れを引き寄せる。

その後の守りでは、エラーのランナーを出すも、ライトシンタロウのナイスカバーやセカンドハルキの超々ファインプレーも飛び出し6回4対2で勝利。

拮抗した試合にせり勝ったことは子供たちの自信になるでしょう。
しかし試合の入り方、試合中のポジショニング、コミュニケーションなどはもっと良くしていかないといけない。
子供も大人も一致団結してみんなでがんばっていこう!(by Oコーチ)

<Bチーム>あじさいリーグブロック第3戦(2017.9.20)

9月18日(月) 於:坂戸小学校グランド
〇15−3 vs 坂戸第一ドジャース

本日1試合目台風一過の好天に恵まれ秋季あじさい3戦目。
今日はあじさいブロック戦のダブルヘッダー。

先攻のイーグルス、初回表リツキのツーベース、相手エラーにも乗じて3点を先制。その後も要所でリョウマ、レンシンの小技、シュンダイの追い込まれてからの粘りの出塁で追加点を重ねていく。さらに4回表にはミライのタイムリーも出て1イニング7安打8得点の猛攻!

先発ウタは4回3失点。3,4回に少しコントロールが乱れたが相変わらず球数の少なさでテンポの良く試合を作った。

皆がそれぞれの役割を果たし活躍できたいい試合でした。(by Oコーチ)

<Bチーム>都田リーグブロック第5戦(2017.9.17)

9月16日(土) 於:鴨志田公園グランド
○6−2 vs 鴨志田スワローズ

試合を引き締めるジュンセイのキャッチャー!A2として挑む都田リーグブロック戦も残り2試合。
2勝2敗と本戦トーナメントは厳しいかもしれないが内容も結果も求めていきたい試合。

先攻イーグルスの初回表、1番リョウマのレフト前ヒットから2番ジュンセイの内野ゴロの間に先制。その後、小技も絡めて幸先よく2点を先制。新打順が機能する。
攻撃は5イニング中4イニングで先頭バッターが出塁。足を絡めて6点を奪うも、打撃は最近になく少し湿り気味。

守備はタイセイ−ジュンセイのバッテリー。
タイセイは4回2失点も内容は安定。ジュンセイをキャッチャーに戻してから明らかにピッチャー陣が落ち着いて投げている。また、印象的だったのが4回1アウト3塁の場面、ライトに入ったミライのフライ捕球からファーストカットへの素早い返球で相手にタッチアップをさせなかった。シチュエーションが頭に入ったいいプレイでした。

ただ、今日は試合には勝てたものの練習から試合直前まではいいところなく、試合に挑む気持ちが見えてこなかった。言われてやる野球はそろそろ卒業してほしい。(by Oコーチ)

<Cチーム>あじさいリーグブロック第1戦(2017.9.13)

9月10日(日) 於:栗木台小学校グラウンド
○7−4 vs 栗木ジャイアンツ

ルイト、2盗だ!! 続く2試合目も先攻で試合開始。

1試合目と同様に1点先制で迎えた相手の攻撃、先発ケンシンの押し出しを含む4四球であっけなく同点・・・
2回はなんとか無失点で切り抜けるも3回、先頭打者に四球で出塁を許すと2本のタイムリーで2失点・・・
4回以降は2番手タクマにスイッチ。こちらはのらりくらりでなんとか2回を1失点で切り抜け、打線の援護もありなんとか勝つことが出来た。しかし、あまり後味の良い試合展開ではなかったね。

まだこれから大事な試合が続きます。
もう一度気を引き締めて出直しましょう!!(by Aコーチ)

<Cチーム>親善交流Jrリーグ2次予選第2戦(2017.9.13)

9月10日(日) 於:栗木台小学校グラウンド
●3−7 vs 栗木ジャイアンツ

予選突破を狙うイーグルスにとって大事な試合。
先攻で1点先制、なかなかのスタートで相手の攻撃には満を持してケイジ先発で挑む。
先頭打者から三振を奪い上々の立ち上がりかと思われたが、続く打者がセカンドエラーで出塁、2死までこぎつけるもライトフライを落球で同点、うまくピッチャーを盛り上げてやることの出来ない野手陣・・・
2回はきっちり3人で抑え3回表に2点を奪い、流れにのりたいところだが3回裏、先頭は抑えたものの次打者にヒット、そして盗塁でランナー3塁よりツーベースで追加点。2死後ショートゴロでチェンジかと思われたが、ファースト落球であっけなく逆転・・・
4回の相手の攻撃もセカンドエラーで出すとピッチャーベースカバー忘れなども重なり、あれよあれよの3失点・・・
いつもの負けパターンでゲームセット。
ひとつの失敗を連鎖するのではなく、みんなで補えるようこれからも練習していきましょう。(by Aコーチ)

<Aチーム>YBBLブロック戦(2017.9.11)

9月10日(日) 於:新横浜少年野球場
〇19−2 vs 小机イーグルス

勝ち運とお友達の女神を味方につけて、最高のコンディションで迎えた第一代表の準決勝。

先発ユウが立ち上がり2失点と先制されるが、直後にヒカル、ユウのスクイズで同点。3回トシキの内野ゴロで逆転すると、打線はエンジン全開となる。ユウ、シンヤのレフトオーバーの2本のホームランを含む7連打で13得点の大爆発。

さあ次回は、第一代表決定戦だ。この勢いで、第一代表を奪取しましょう。
これで8連勝おめでとう!
そして、コーチシリーズはOコーチのハイタッチをご覧ください。(by Yコーチ)

ユウ、シンヤのアベックホームランだ  Oコーチ、シンヤのハイタッチ

<Aチーム>YBBLブロック戦(2017.9.11)

9月9日(土) 於:鶴見川樽町公園
〇4−0 vs 師岡ベアーズ

さて新記録の7連勝がかかった大事なYBBL第一代表戦。運を実力に変えつつあるイーグルスAチーム、連勝記録を更新しましょう。

先発ヒロトは初回エラーと四球で満塁のピンチを三振で切り抜けた。打線は再三のチャンスを三振、フライ、ダブルプレーで、ホームが遠い。3回裏ワンアウト3塁の大ピンチとなるが、2つの内野フライで守り切った。そして、待望の先取点が訪れた。ヒカルが最高のスクイズを決めて、ホッと一息。

あとは自分たちのペースで、笑顔の新記録7連勝を達成した。(by Yコーチ)

ヒロト 完封勝利  ユウタ 一塁送球だ

<Bチーム>西部リーグ ブロック決勝(2017.9.11)

9月10日(日) 於:南瀬谷小学校グランド
●3−6 vs 中白根キング

守備が冴えたシュンダイのアップ!A2として勝ち進み、迎えたブロック決勝。
是非とも勝って決勝トーナメントに駒を進めたい一戦。

1回表、相手先頭バッターのライト前ゴロをシュンダイが軽快にさばいてリズムを作る。
ピッチャーウタ、キャッチャージュンセイのバッテリーは息もピッタリ。ストライクゾーンを広く、緩急を使い分け3回表まで無失点。
しかし4回表、先頭バッターに特大ホームランを打たれると、ここから守備のリズムが崩れ4,5回に4エラーが重なり自滅。
打線は3回裏にリツキの特大シングルヒットで1点挽回。7回裏、2アウトからウタ、タクト、シュンダイの3連打で2点を取りなおも満塁。しかし反撃もここまで。

最終回は応援の力で2点をもぎ取ったが、そもそも序盤にこれが出来ていれば流れが違ったのではないか?
結果はともかく、内容として負けない試合はできたはず。
エラーをして委縮する、頭の準備不足、ピンチになるとコミュニケーションが無くなる。
選手個々の弱点を露呈した試合となった。

同じことを繰り返さないように今日の反省を活かしてまたがんばろう!(by Oコーチ)

<Aチーム>あじさいリーグ(2017.9.11)

9月9日(土) 於:牛ヶ谷公園
〇12−5 vs 東小倉ペガサス

気合を入れろこの所、運気上昇中で、勝ち運がついたイーグルスAチーム。
さて試合は、序盤、ナオヤがヒットで出塁し、シンヤがタイムリーで先制。
さらに、トシキ、ヒカルで追加点をキッチリ取ったが、その裏の守備では5安打の集中打を浴び、5点を取られて逆転を許してしまった。
ここでガックリしなくなったAチームはシンヤ、トシキで同点、リョウで逆転、ナオヤで追加点、トシキ、ハルでダメ押しと鮮やかに逆転した。

これで6連勝!!
さらに運気を上げて、次の試合も頑張りましょう。(by Yコーチ)

<Bチーム>あじさいリーグブロック第2戦(2017.9.11)

9月9日(土) 於:稗原小学校グランド
〇22−0 vs 水沢ライナーズ

秋季のあじさい2戦目。

相手ピッチャーの乱調の中、ボール球に手を出さず攻撃を続ける。
大量点のなか失点もせず、雑にならずに最後までプレイできたことは収穫。

次の試合もがんばろう。(by Oコーチ)

<Tチーム>第47回ATM秋季大会 ブロック戦(2017.9.5)

9月3日(日) 於:東山田小学校

【1戦目】

○12ー0 vs 山田バッファローズB

とにかく声を出していこう!と臨んだ試合。
後攻のイーグルスは初回無失点で抑えると、1番ルイカから9番サダハルまで9連打で一挙7得点。これで波に乗ったイーグルスは3回にもシュンのタイムリーなどで計12得点。

守備ではランナーを出すものの、練習してきたセカンドホースアウトが次々と決まり完封勝利。
応援や守備の声もよく出ておりナイスゲームでした。


【2戦目】

○21ー1 vs 中山ヤンガース

1戦目に続き初回を無失点に抑えると試合の流れはイーグルスへ。
ユウト、ソウ、シュン、ユウマ、ユウキのタイムリーで5点先制。その後も主将コウタローの鋭い打球などで得点を重ね大量21得点。
この2試合で1点しかとられなかった守備力、これが夏の練習の成果ではないかと思う。

さあ次はいよいよハマスタの試合です。
元気だしてハマスタでの野球をおもいっきり楽しみましょう!(by Nコーチ)

<Aチーム>YBBLブロック戦(2017.9.4)

うーん、厳しい展開9月3日(日) 於:岸根公園
〇7−6 vs 瀬谷ライダーズ

太平洋の超大型台風のおかげで、寒気が流れ込み、涼しくなった週末。
最後のYBBL大会の大事な試合を迎えた。

得意の先制攻撃、ワンアウト満塁でユウタの貴重タイムリーで、2点先制。
さらに、ヒロトの走者一掃のタイムリーで3点追加し、5点を取った。

楽勝と思えたのは束の間、その裏の守り、いきなりノーアウト満塁のピンチとなり、急遽、リョウが2番手として登板するがペースが掴めず、同点とされた。

リョウ、俺に任せろ次の回、ノーアウト3塁のチャンスに凡打で無得点、その裏、相手チームがノーアウト3塁のチャンスで遂に逆点を許す。
最悪な流れとなったが、その後、リョウが無失点の好投で流れを引き戻した。
5回にナオヤの内野安打からノーアウト1,2塁のチャンスに、ここ一番の快速でダブルスチールを決めた。
ここで、トシキがMUSTのゴロ打ちで、同点とし、続く、ユウタが値千金の犠牲フライで遂に逆転。
最後は、立ち直ったリョウが3者凡退に抑えて、ゲームセット!!

コーチ、応援は精神的に疲れたが、選手は精神的に強くなった試合でした。

お疲れさまでした。次も勝って、連勝記録を更新しましょう。(by Yコーチ)

更新情報

2017.11.18
トピックス更新(Cチーム わかばJr.ブロック決勝)
2017.11.16
トピックス更新(Cチーム 区大会教育リーグ決勝)
2017.11.13
トピックス更新(Aチーム あじさいリーグ決勝トーナメント)
2017.11.6
トピックス更新(Tチーム ATM、Cチーム 区大会、Bチーム 区大会)
2017.11.5
トピックス更新(Cチーム さわやかJr.、Bチーム KBBA・区大会)
2017.11.4
トピックス更新(Aチーム 都田リーグ決勝トーナメント)
2017.10.29
トピックス更新(Cチーム 親善交流Jr.、Bチーム さわやかC・KBBA)
2017.10.19
トピックス更新(OB情報 清水翔太君 神宮で大活躍)
2017.10.16
トピックス更新(Bチーム あじさいリーグ、Aチーム 県小連)
2017.10.10
トピックス更新(Bチーム 区大会・教育親善)
2017.10.9
トピックス更新(Tチーム 区大会、Cチーム わかばJr、Aチーム 区大会)
2017.10.2
トピックス更新(A・B・C・Tチーム 週末試合結果 6件更新)
2017.10.1
トピックス更新(Aチーム あじさいリーグ)
2017.9.26
トピックス更新(Cチーム 区大会・YBBL、Bチーム 教育親善)
2017.9.25
トピックス更新(Aチーム YBBL・都田リーグ)
2017.9.24
トピックス更新(Bチーム 教育親善、Cチーム あじさいリーグ)
2017.9.21
トピックス更新(Cチーム 教育リーグ区大会)
過去のトピックス(2017年 7月〜12月)ページを追加
2017.9.20
トピックス更新(Bチーム あじさいリーグブロック戦 2件更新)
2017.9.17
トピックス更新(Bチーム 都田リーグブロック戦)
2017.9.13
トピックス更新(Cチーム 親善交流Jr.・あじさいリーグ)
2017.9.11
トピックス更新(A・Bチーム 週末試合結果 5件更新)
2017.9.5
トピックス更新(Tチーム ATM秋季大会)
2017.9.4
トピックス更新(Aチーム YBBL)