【Cチーム】あじさいBリーグオープントーナメント1回戦

10月18日(日)於:太尾公園
●1-17 vs 日吉レッドファイターズ

今年度のあじさいはリーグ戦が出来ず、いきなりのトーナメントとなりました。 経験を積むために1試合でも多くやりたいところ。
先行のイーグルス、初回ツーアウトから3番サダハルがヒットで出塁。 盗塁で二塁に進むも後続が倒れ無得点。
裏の守り、 エラーで1人ランナーを出すも、後続をきっちり抑えた先発の佑二郎も上々の立ち上がり。

(先発で試合を作り、最終回再び締めたユウジロウ

2回は先頭ダイキがヒットで出るも盗塁失敗。相手キャッチャーの前に先の塁を奪う事が出来ない。 後続も倒れ無得点。
裏の守り、 先頭打者をフォアボールで出してしまい、味方エラーで失点。 その後は抑えたが、やはり先頭フォアボールは失点につながる。
3回表は三者凡退。
裏の守り、 この回のマウンドは2番手のイツキ。 エラーやバッテリーミスが続き、途中から代わったカイも踏ん張る事はできず、この回2人で6失点。
4回の攻撃では意地を見せる。 2アウトからタイガのツーベースを口火にダイキ、イツキと3連打!!! 一点を返す。

その裏はカイが3人で抑え、反撃ムードを高めるが…
5回の表は三者凡退。 相手ピッチャーはフォアボールもなく、しっかりゲームを作られてしまった。
その裏はカイが3連打を浴びて3失点。 4番手ダイキがマウンドへ。
6回の攻撃では相手の2番手ピッチャーからようやくフォアボールをとるも、エンドラン決まらず無得点。
裏の守りで最近安定していたダイキがフォアボール、デッドボール、ワイルドピッチで7失点してしまい試合終了。
Cチーム初の大敗となったが、たくさん勉強になる試合でした。 これを活かすも無駄にするもこれからの選手とコーチ次第! 次の大会に向けてまたここから元気にレベルUPしていこう!!
(by Sコーチ)

カテゴリー: Cチーム | 【Cチーム】あじさいBリーグオープントーナメント1回戦 はコメントを受け付けていません

【Aチーム】YBBL第二代表決定トーナメント3回戦

10月11日(日)於:上白根大池公園
●3-6 vs 品濃ヴィクトリー

YBBL第二代表決定トーナメントの3回戦のお相手は戸塚区の品濃ヴィクトリーさん。
後攻のイールグス、先発のソウマは初回を3人できっちりと抑えるが、イーグルスも同様に3人で初回の攻撃を終える。2回表、コントロールを乱したソウマは四球が続いて満塁のピンチを迎えると、押し出し四球、スクイズ、パスボールで3失点の後、内野手のタイムリーエラーも重なり、この回ノーヒットで5点を失ってしまう。

試練の投球となった先発ソウマ

早めに点差を縮めたいイーグルスだが、2回から4回はコウスケのヒット1本のみに抑えられ、ホームベースが遠い。5回裏、5番ユウトが低めのボールを上手くすくい上げると打球はレフトフェンスを越えるホームランとなり、ようやく1点を返す。

ヒットと盗塁を決めたコウスケ

ソウマは3回から5回を粘りのピッチングで無失点に抑えるが、6回表にヒットと四球のランナーを出す、ここで2番手投手のルイカへ交替。しかし、ルイカもストライクを取るのに苦労し、押し出し四球で点差は再び5点に。

二番手で登板したルイカ

時間的に最終回となる6回裏の攻撃は、四球で出塁したランナー2人をルイカの内野ゴロとタイキの内野安打で返し、更に満塁のチャンスを作るが、あと1本が出ず、ゲームセットとなった。

内野安打で塁に出たタイキ

今日の試合、四死球とミスの多さが最終的な3点の点差となってしまった。このチームで一緒に参加できる試合も徐々に少なくなってきたが、最後まで勝利という結果を求め続けてプレーしていこう!!(by Aコーチ) 

カテゴリー: Aチーム | 【Aチーム】YBBL第二代表決定トーナメント3回戦 はコメントを受け付けていません

【Aチーム】都筑区大会ブロック予選③

10月4日(日)於:東方公園
●5-6 vs 川和シャークス

区大会予選ブロック第3戦のお相手は、川和シャークスさん。
先攻のイーグルスは早めに先制点をあげ、試合を優位に進めたいころ。1回表、先頭バッターがエラーで出塁すると、久しぶりに2番に入ったソウが丁寧な送りバントで3塁に進め、チャンスを広げる。すると、続く3番ルイカがセンターへ弾き返し、1点を先制する。

先制タイムリーを放った先発のルイカ

今日の先発はルイカ。1回裏、きっちりと0点に抑えてリードを守りたいところだが、1死から四球でランナーを出すと、内野のミスと連続ヒットで逆転を許す。更に四球と長打などでこの回5点を失い、あっという間に追いかける展開に。
2回裏にも1点を追加されたが、ここから反撃が始まる。3回はタイキのタイムリーヒットなどで3点を返し、じわじわと点差を詰める。続く4回はイツキが四球で今日3度目の出塁を果たすと、ソウがセンター前ヒットで続き、1死2,3塁のチャンス。ここでルイカがスクイズを決めるが、2塁ランナーはわずかにホームタッチアウトで点差は1点。

追撃のタイムリーを放ったタイキ

一方、3、4、5回の守備では2回途中からリリーフしたソウマの緩急の効いたピッチングと固い守備で相手打線ををノーヒットに抑え込む。

ナイスリリーフのソウマ&内野陣

何とか追いつき・逆転したいイーグルスは、5回、6回の攻撃でもイブキのヒットやカナルの選球眼で出塁し、ランナーを2塁まで進めるがあと1本が出ず、1点差での敗戦となった。

ニューバットで2安打のイブキ

悔しい結果となったが、この試合に勝つために足りなかったことをコーチ・選手全員がもう一度考え、決勝トーナメントで良い結果を残せるよう、前を向いて練習に取り組もう!! (by Aコーチ)

カテゴリー: Aチーム | 【Aチーム】都筑区大会ブロック予選③ はコメントを受け付けていません

【Bチーム】あじさいリーグ

9月20日(日)於:細山調整池
○8-3 vs 西生田キングス

先攻のイーグルス、初回、先頭のコウヘイが四球で出塁し、すかさずニ盗を決める。その後2番のリノの送りバント、3番のダイキの右前打で先制のホームを踏んだ。

2回表、2対2の接戦の均衡を破ったのは4番ユウト。ランナー2人をおいて、走者一掃センターオーバーのツーベース。

守備でも、捕手ユウタのフライへの素早い反応や、ワンバウンドの処理。三塁手コウヘイの、投手強襲の打球の処理。大きく崩れることなくゲームセット。
この調子で区大会に向かおう。
( by Sコーチ)

カテゴリー: Bチーム | 【Bチーム】あじさいリーグ はコメントを受け付けていません

【Aチーム】YBBL第二代表決定トーナメント2回戦

9月21日(月・祝) 於:上川井堂谷公園
○10-0 vs 永田オックス

崖っぷちのYBBL第二代表決定トーナメント、初戦のお相手は南区の永田オックスさん。
後攻のイールグスの先発はエース・ソウマ。初回は2死からヒットを打たれるも、その後をしっかりと打ち取り、無失点で切り抜ける上々の立ち上がり。

完封ピッチングのソウマ

1回裏の攻撃では、エラーで出たランナーをルイカ・ソウのタイムリーなどで返し、初回から大きな4点を上げる。

バットを変えて打撃好調のルイカ
ナイスバッティング&好守のソウ

安定したピッチングのソウマは2回、3回も危なげなく0点で抑えると、2回裏には先頭バッターのリュウタが3塁線へのヒットで出塁し、2盗・3盗の後にソウマがスクイズバントをきっちりと決めて1点を追加する。

負傷した指で頑張ったリュウタ

4回表の守備では先頭バッターをエラーで出した後、4番バッターにヒットを打たれ、無死2,3塁のピンチを招く。しかし、そこからフライ2つと内野ゴロで得点を許さず、試合の流れを引き寄せる。
続く4回裏の攻撃は、先頭バッターのユウキがレフト前ヒットで出塁すると、イツキの内野安打やカナルのレフト前ヒットも飛び出し、4回コールド勝ちとなった。

出陣前にエネルギー補給する選手達

YBBL第二代表への道はまだまだ遠い。しかし、この連休中の練習でチームの団結力が更に固まったように感じます。皆が元気に声を掛け合い、褒め合い、励まし合いながら、技術面でも更なるレベルアップを目指していこう!! 挨拶もしっかりと!!!(by Aコーチ)

カテゴリー: Aチーム | 【Aチーム】YBBL第二代表決定トーナメント2回戦 はコメントを受け付けていません

【Bチーム】あじさいリーグ

9月5日(土)於:宮崎第一公園
●6-10 vs 花の台フラワーズ

初回の攻撃、コウヘイの四球からミクモの犠打で進塁させユウセイの先制タイムリー、サダハルの2ランスクイズで幸先良く3点を先制。しかしその裏に先発リクトの連続四球からタイムリーを浴びて4点を返される。二回以降も失点を重ねて合計10失点。打線はユウセイの2安打、ミクモのヒットの3安打に抑えられたが四球や隙を突き6得点とまずまず。失点はバッテリーエラー絡みが多く今後の課題となる。野手全員に言えるがボールを取れなくても身体で前に落とす事を心掛けよう。(by Yコーチ)

犠打と安打のミクモ
2安打のユウセイ

カテゴリー: Bチーム | 【Bチーム】あじさいリーグ はコメントを受け付けていません

【Aチーム】都筑区大会ブロック予選②

9月13日(日)於:都田公園
○15-4 vs 茅ケ崎ドリームス&川和ドルフィンズ

区大会予選ブロック第2戦のお相手は、茅ケ崎ドリームス&川和ドルフィンズの連合チームさん。
後攻めのイーグルス、この試合の先発は先週の試合で好投を見せたルイカ。しかし今日はコントロールが定まらない。
連続四球でためたランナーをヒットで返され、いきなり4点を背負う。
1回裏、早い回に追いついておきたいイーグルスは、ソウマがヒットで出塁すると、ユウト&タイキのタイムリーで先ずは2点を返す。

力まずに振れ!ユウト

2回以降のルイカは四球を出しつつも、なんとか後続を抑え、2番手に登場したタイキもストライク先行のピッチングで追加点を許さず、味方の逆転を待つ。

ナイスバッティング&リリーフ!タイキ

すると2回裏にソウマ&タイキ&リュウタのタイムリーなどで一挙7点を取り、逆転に成功。3回以降もタイキ(3本目!)&カナル&ユウト(2本目!)のタイムリーなどで得点を重ね、4回コールドで勝利することができた。

驚異の出塁率!カナル

投手陣の苦しい時に打撃陣が頑張ることができた試合だった。予選ブロックも残り1試合。次は投打の噛み合ったナイスゲームを期待しています!!(by Aコーチ)

カテゴリー: Aチーム | 【Aチーム】都筑区大会ブロック予選② はコメントを受け付けていません

【Aチーム】YBBLブロックトーナメント1回戦

9月13日(日)於:上川井堂谷公園
●3-4 vs 太尾パワーズ

重要な公式戦の1つ、YBBLブロックトーナメントの1回戦。お相手は港北区の太尾パワーズさん。
先攻のイーグルスは先制攻撃で勢いに乗りたいところだが、速球派投手の前にあっさりと三者凡退を喫する。

1回裏の守備、イーグルスの先発はソウマ。ヒット2本で1点を失った後、タイムリーエラーからツーランスクイズを決められ、初回から重い4点を背負う。

粘りのピッチングを見せたエース・ソウマ


早めに点差を詰めたいイーグスルだが、相手ピッチャーを攻略できず、6回までユウトとユウキのヒットとソウマが選んだ2四球のみに抑えられ、1点が遠い。

一方、守備陣はソウマの粘りのピッチングを中心に追加点を許さず、0-4のまま最終回へ。

反撃の口火を切った大砲・タイキ

7回表、先頭バッターのタイキがレフト前ヒットで出塁し、リュウタの2塁打でまずは1点を返すと、ワイルドピッチの間に生還して2点目。更には四球で出塁したランナーがイツキの内野ゴロの間に生還して3点目と、土壇場で1点差に迫る。更には2アウトながら四球のランナーを3塁まで進めるが、あと1本が出ずにゲームセットとなった。

チーム唯一の長打を放った名手・リュウタ

朝早くからの集合・アップ・遠征試合で、ゲーム開始から集中することは難しかったかもしれないが、今日の試合の大切さを全員が十分に理解して試合に挑めただろうか?チーム内の声掛けはしっかりとできただろうか?敗者復活トーナメントも含めた公式戦も残りわずか、もう一度気持ちを切り替え、一丸となって練習・試合に取り組もう!!(by Aコーチ)

同点のホームが遠かったマイペース・ユウマ
不動の1塁手に成長した主砲・ユウト

カテゴリー: Aチーム | 【Aチーム】YBBLブロックトーナメント1回戦 はコメントを受け付けていません

【Aチーム】都筑区大会ブロック予選①

9月6日(日)於:東方公園
○11-4 vs 茅ケ崎エンデバーズ

例年は春・夏・秋と開催される区大会も今年はコロナウィルスの影響で1回のみの開催。大事な大会の初戦のお相手は茅ケ崎エンデバーズさん。

試合前の選手たち

久しぶりに先攻を取ったイーグルスは先制点を取って試合を優位に進めたいところ。
初回、リードオフマンのイツキがライト前へのヒットで出塁すると、すかさず盗塁で2塁へ。きっちりと3塁へ進めてチャンスを広げたいところだったが、3塁コーチの指示ミスもあり走塁死に。しかしその後、ルイカのヒットと相手のフィルダースチョイスで2死満塁となったところで6番イブキが右中間を破る3ベースヒットを放ち、大きな3点を上げる。

ホームランを含む3安打の活躍・イツキ

1回裏、今日の先発はめずらしく朝から気合の入っていたルイカ。先頭バッターから三振を奪った後、ライト前へのポテンヒットからの4連打で一気に同点に追いつかれるも、後続は打ち取り、なんとか同点止まりとする。

無四球の好投を見せた先発・ルイカ

2回表は四球と相手エラーでランナーをためると、1番イツキのバントヒットで無死満塁のビッグチャンス。そこでソウマがきっちりとスクイズを決めて勝ち越しに成功。その後も3番ルイカのタイムリーと四番ユウトの犠牲フライで再び3点のリードに。
2回裏は相手打線をきっちりと3人で抑え、いい流れで3回表の攻撃へ。この回先頭のイブキが再び鋭い打球をセンターへ飛ばし、2打席連続のスリーベースヒットで
チャンスをつくる。しかし続くリュウタのバントヒット・走塁の間に3塁ランナーが飛び出してしまい、本日2つ目の走塁死。更には1死3塁からスクイズバントを打ち上げ、ダブルプレーで結局この回は無得点と嫌な流れに…

長打3本&ファインプレーで大活躍・イブキ

3回裏の守備は初回に連打を打たれた2番からの打順。1死からヒットでランナーを出すが、盗塁をキャッチャ―ユウキが2塁でアウトとし、続く4番も三振に切って取り、再び流れを引き寄せる。
続く4回は先頭の代打カナルがヒットで出塁すると、イツキのランニングホームランが飛び出し2点を追加。更にルイカ・ユウト・イブキ・リュウタのヒットで3点を上げ、点差を広げる。

ビッグイニングの口火を切った強打者・カナル

その後はルイカが安定したピッチングで相手の反撃を1点に抑え、5回からはリリーフのソウマが無失点で試合を締めた。
緊張感のある大事な試合をきっちりと勝ち切れたことは、これまで努力してきた練習の成果の表れです。但し、走塁ミスやバントミスは相手に流れを渡してしまい、接戦での勝敗に直結します。全員がもう一度気を引き締め直し、来週からも続く試合で確実に1点を取る試合を目指して頑張ろう!(by Aコーチ)

常に何かを狙っているルイカ
結果も笑顔も飛び出したイブキ
商売道具を準備する俊足コウスケ
カテゴリー: Aチーム | 【Aチーム】都筑区大会ブロック予選① はコメントを受け付けていません

【Cチーム】さわやかJr.ブロック戦③

9月6日(日)於:牛ケ谷公園
○9-0 vs 汐見台ラッキー

さわやかJrブロック戦の三試合目、汐見台ラッキーさんとの対戦です。
台風が近づき雲行きも怪しい中、先行逃げ切りで行きたいところ。
だがしかしキャプテンユウジロウは今日もじゃんけんに負け、あえなく後攻です。
この日の先発はイツキ。
初回を三者凡退に抑え良いリズムを作ってくれました。

素晴らしい立ち上がりのイツキ

裏の攻撃、1番ユウジロウがフォアボールで出塁し、すぐさま盗塁で二塁へ。
2番カイのショートへの内野安打の処理を相手がもたついている間に、ユウジロウが二塁から一気にホームイン!先制点を挙げる。
カイも盗塁を決め二塁へ。
3番サダハルは三振に倒れるも、4番ダイキのあたりがセンター前へ落ち、処理に手間取っている隙をつきカイが二塁から帰り2点目。
5番イツキはピッチャーフライ、
6番リョウヘイは三振で、この回は終了。

2回もイツキは落ち着いた投球。
フォアボール一つ出すも塁上でアウトに取り、この回も3人で終えた。
裏の攻撃、先頭の7番リョウタが相手エラーで出塁し二盗。
8番コタロウがフォアボールを選び一、二塁。
9番リクトは三振。

三者連続三振にとったサダハル

ここから相手バッテリーのミスが続き、フォアボール、ワイルドピッチ、デッドポール、パスボール、フォアボールで3点をもらう。
3回のイツキはツーアウト満塁のピンチを背負うが踏ん張り、4回はサダハルが登板。
三者三振で切って取る。

そのまま毎回追加点を挙げ、0-9で勝利をあげる事が出来ました。
イツキとサダハルの好投で「守備の時間は短く、攻撃の時間を長くする」理想的な展開にする事が出来ました。

登板するサダハルに声をかけるダイキとユウジロウ

攻撃では相手のミスに助けられた感はあるものの、それを見逃さない姿勢が得点につながりました。
試合前に目標とした、駆け足で打席に入り審判に挨拶してすぐにサインを見る。
こちらも良く出来ていたので、今後も続けて習慣にして行きましょう。
ブロック戦を無事終える事が出来、次は決勝トーナメントです。
一つでも上を目指し、また練習していきましょう!

コーチ陣やお母さん方、いつもご協力いただきありがとうございます。
遠征していただいた汐見台ラッキーさん、ありがとうございました。
(by Sコーチ)

カテゴリー: Cチーム | 【Cチーム】さわやかJr.ブロック戦③ はコメントを受け付けていません