私たち「荏田南イーグルス」は1984年に創設した横浜市都筑区で活動する少年野球チームです。親子で一緒に野球を楽しみましょう!



トピックス

<Cチーム>西部リーグブロック第2戦(2017.6.27)

6月25日(日) 於:二ツ橋小学校
●3−6 vs 保土ヶ谷ベアーズ
 
全勝で決勝リーグへ行きたい西部リーグの第2戦は2人の大型で速球派のピッチャーがいるベアーズさん。
塁に出たランナーを大事にして攻め、守備でリズムをつくりたいイーグルスの先発はソウタ。

勝つ気満々のイーグルスの選手達  少々緊張した表情の試合前の選手達

1回表のイーグルスの攻撃は三者凡退で終り、大事な初回の守りを守備力で封じたいところ。
先頭バッターをエラーで出す不味い展開だったが、何とかソウタの好投で最少失点で抑えた。
2回表、3回表はエラー、死球、四球で出たランナーが足を使って得点し2−1と勝ち越し。
3回裏からの2番手投手はアイル。
凡ミスエラーをこれ以上出したくなかったが、またもやエラーでランナーを出し3回裏に2点、
4回裏には3点を献上。5回表の反撃も1点止まりで万事休す。

まともなヒットはベアーズ1本、イーグルスは0本。
四死球を8つももらっていたのにチャンスを生かせず、
ノーストライス3ボールからボール球を空振り、真ん中のボールのスクイズを失敗。
また、守備陣がエラーでチャンスを与えていては勝てないね。
選手一人一人が何を改善しなければならないかしっかり考え、次からの練習でその課題に取り組み上手くなろう!(by Tコーチ)

<Cチーム>親善交流Jr.リーグ ブロック戦(2017.6.27)

6月24日(土) 於:深谷通信隊グラウンド
○9−6 vs 麻溝台ペガサス

ソウ、気合いの3打点今日も後攻イーグルスの立ち上がり、2死ながら2・3塁のピンチもケイジの粘りの投球で、無失点で切り抜け上々のスタート!!
2回、先頭打者を三塁・遊撃のお見合いで出塁を許し、続く打者に四球。なんとか2死までこぎつけるも踏ん張りきれず、パスボールで1点献上してしまい、このままズルズルといくかと思われたが、なんとか持ちこたえ裏の攻撃へ・・
1死後、タクマ・ケイジが死四球で出塁、それぞれ盗塁で2・3塁とし、打者は3年生のソウ!!
粘りに粘った8球目、前進守備の間をしぶとく抜く2点適時打で逆転!!
2盗塁後にアサヒが送りバントをしっかり決め、送球のスキをついてソウがホームへ生還で3点目。失点の後しっかりと逆転し、いい流れで3回の守備へ・・・

大緊張ながらも大活躍のコウタロウ1死後2四球と盗塁でまたも2・3塁のピンチ!
ファーストフライで2死後、相手打者の打球がライトへフラフラと上がり、万事休すかと思われた瞬間、ライト アサヒが猛ダッシュからの好捕で無失点!!。
裏の攻撃も、その流れに乗り打者11人で6点を上げ、計9得点!!
最終回に暑さからか踏ん張りきれず、5失点は余計だったが、とりあえず辛勝ながらも次へつながる1勝でした。

まだまだ公式戦が続きます。
1戦1戦しっかり戦っていきましょう。(by Aコーチ)

<Aチーム>横浜DeNAベイスターズ旗争奪(2017.6.26)

6月25日(日) 於:海釣り公園
〇7−0 vs 南加瀬越路少年野球部

不戦勝で1回戦突破となりました。(by Yコーチ)

<Bチーム>都田リーグ ブロック第3戦(2017.6.26)

6月25日(日) 於:東方公園
●2−5 vs 茅ヶ崎エンデバーズ

ブロック抜けをするためは絶対に負けたくない試合。

先攻のイーグルス。1回表は3者凡退。1回裏、四球のランナーをおいてセンター前ヒットで先制をされる。その後お互い攻めあぐね0点が続く。
しかし我慢できなかったのはイーグルス。5回裏、三遊間のエラーが重なり4失点。
7回表、ベンチスタートのミライ、リョウスケが初打席でしっかりヒットを放ち2点を返すが今日はここまで。
攻撃ではボーンヘッドを繰り返し自ら勝ちを放棄した試合となった。(by Oコーチ)

ミライ、今日の初打席初球をレフト前ヒット!  リョウスケ、ショート強襲の内野安打!

<Aチーム>都筑区少年野球夏季大会 東京ガス杯 2回戦(2017.6.19)

6月18日(日) 於:牛ヶ谷公園
〇13−1 vs 横浜フューチャーズ

応援ありがとうございました夏の区大会トーナメント2回戦、ここも負けられない大事な一戦。
1点先制されたが、2回の攻撃はタイヨウが絶妙なセーフィティーバントでチャンスを広げ、見事な走塁でツーランスクイズで逆転のホームを踏んだ。
そして、区大会得意のロケット打線がエンジン始動。
3回はシンヤ、ヒロト、リョウ、ナオヤ、シンヤ、ヒカル、ユウの7ヒットで11点得点。
投げては、先発ユウが3回完投でゲームセット。
さあ、これでベスト4だ。
次の強豪を撃破して、頂点を目指そう。(by Yコーチ)

<Bチーム>都田リーグ ブロック第2戦(2017.6.19)

6月18日(日) 於:中の谷公園
○5−4 vs DMファイターズ

打撃好調!マルチヒットカルテット!今日は後攻のイーグルスA2。

1回表、イーグルス先発はタイセイ。2アウト2,3塁のピンチを招くも痛烈なピッチャー返しを好捕!何とか0点で抑えます。
1回裏の攻撃、打撃好調リツキのレフトオーバーのツーベースを絡めて相手と同じ2アウト2,3塁のチャンスを作るも得点できず
3回表、フォアボール二つにライト線ツーベースが絡み2失点。先制を許す。
3回裏、イーグルスは先頭リョウマのツーベース、リツキのレフト前ヒットで1点を返す。

粘投!タイセイ、ウタ!4回からは0更新。そして6回裏、先頭ジュンセイのレフト前ヒットを皮切りに、タクトの左中間を深々とやぶるツーベースで同点、さらにリョウマのセンター前ヒットでとうとう逆転!1
点リードで最終回を迎えます。

ピッチャーは5回から登板したウタ。5,6回と粘りのピッチングで0点に抑えてきましたが、7回表、先頭バッターの内野安打から崩れ2失点。相手に逆転を許す。

やったぜ!サヨナラ勝ち!しかし今日のイーグルスはあきらめなかった。最後の攻撃、先頭ウタがセンター前ヒット、ジュンセイのレフト前ヒットで1アウト2,3塁、逆転のチャンスを迎える。ここでタイセイが難しいボールをしっかり転がし、ツーランスクイズ!サヨナラ勝ちをしました。

今日は打線が活発、リツキ、ジュンセイ、タクト、リョウマがマルチヒット。ピッチャーのタイセイ、ウタは再三のピンチも粘り強く投げぬきました。

反省はたくさんありますが、久しぶりに気持ちのはいったしぶとい野球が見られました。
ミスをしても逆転されても下を向かなければ何かが起きる。今日の試合で気づいてくれただろうか。(by Oコーチ)

<Cチーム>西部リーグブロック第1戦(2017.6.19)

6月18日(日) 於:二ツ橋小学校
○8−0 vs 白根台ジャガーズ

再三のピンチも無失点で切り抜けたケイジ決勝トーナメントへはブロックトップのみ通過となる為、負けられない大事な初戦。
後攻のイーグルスの先発はケイジ。

1回表 エラーで出たランナーに加え、雨で手がすべり四球を出し、ロジン投入で息を吹き返したものの初回から2死2、3塁のピンチをショートゴロをケンシンが丁寧にさばき無失点で切り抜けた。
1回裏 ソウタのタイムリーで1点。2回裏もケイジのタイムリー2ベースで2−0。只、試合は押せ押せムードだが、けん制で刺されたり、2回で5残塁とまずい攻め。雨の中のプレーで何が起こるかわからないので気を引き締め3回表の守備へ。俊足の1番セイフティーバントにサード ソウタの猛烈なダッシュでアウト、2死迄ノーヒットノーランだったが、内野安打と四球で2死、1、3塁のピンチとなり1塁ランナースタート!セカンドセイヤとキャッチャーソウアの連携プレーでホームでアウト!

2本のタイムリーとバッティング好調のソウタ3回裏 セイヤのタイムリーヒットで始まった攻撃は、ソウタのタイムリーヒットで締めて計6点を取り8−0となったところで時間切れでゲームセット。

細かいミスはあったがピンチを全て無失点で凌いだ内野陣。ボールは飛んで来なかったが足を動かしていた外野陣。
練習の成果が出ていたし、ピンチの時には皆集中していた良い試合だったよ。次も勝つぞ!(by Tコーチ)

<Aチーム>神奈川県小学生野球連盟2回戦(2017.6.19)

6月17日(土) 於:すみれが丘グラウンド
〇5×−4 vs 茅ヶ崎ドリームス

ヒロト大暴れ県小連の第二回戦、先週の激戦の勝利で、ガッチリ女神のお気に入りになったイーグルス。
今日も強い味方をバックに戦おう!!

さて、先発ユウは2回無失点、打線は苦しみながらも3点先制、そして、投打好調なリョウが継投の勝ちパターンだったはずが、女神はランチタイムで不在であった。
しぶといドリームス打線に4回同点、5回逆転を許す展開となり、またしても激戦モードに突入した。
時間切れの最終回、この日猛打賞のヒロトが出塁し、盗塁でチャンスを作る。
そして、タイヨウが勝利への執念の粘りのファール8球目ライト線へのツーベースで同点。
最後はリョウがレフトオーバーのサヨナラタイムリーを放ち、2回戦突破!!
接戦に強くなった選手たち、ずいぶん頼もしくなってきました。

毎週、予想できない勝負ドラマを魅せてくれて、ありがとう!!
ドラマの最終回まで、まだまだサポート、応援しますよ。
チーム一丸となって、頑張りましょう。(by Yコーチ)

<Bチーム>あじさいオープントーナメント 1回戦(2017.6.18)

6月17日(土) 於:都田公園
●3−5 vs 市ヶ尾シャークス

ナイスバッティング!シュンダイ!1回表、先攻のイーグルス。2アウト1、2塁からダブルスチール失敗で3アウトチェンジ。
1回裏、相手先頭バッターに右中間を深々とやぶられランニングホームラン。2番バッターにピッチャー強襲ヒット。その後落ち着く間もなくばたばたと初回3失点。

2回表、シュンダイのツーベースから2アウト満塁を作るも無得点。2回裏をしっかり抑えて3回表。1アウトからリツキのスリーベース、ジュンセイのスクイズ、タイセイのスリーベースがでて2得点。1点差に詰め寄ります。
さらに5回表、リツキの今日2本目のスリーベースを足掛かりにハルキのスクイズで同点。とうとう追いつきます。しかし5回裏フォアボールとエラーから2点を取られ時間切れ。

今日は初回の3失点から同点に追いついたことが収穫。
しかし再三のチャンスに走塁死、バント、スクイズ失敗などが重なり勝つことができませんでした。

次の塁を狙う気持ちと少しの勇気が欲しい。そして仲間を信じよう!(by Oコーチ)

獲物を狙う野生児リョウスケ!  どうしてハルキも跳ねてるの? by ジュンセイ

<Aチーム>神奈川県小学生野球連盟(2017.6.12)

6月11日(日) 於:茅ヶ崎小学校
〇9−4(タイブレーク延長) vs 川崎ブレイブスターズ

守りきった最終回近隣の茅ヶ崎小学校で多く応援者がいる中で、県小連の初戦がスタートした。試合は2点追いかける展開となるも、大きな声援が終始イーグルスを後押した。

3回にユウ、リョウ、ナオヤのヒットで同点。
4回にエラーで1点リードされ、またしても追いかける展開。
最終回、ツーアウトで土俵際まで追い詰められ、万事休すかと思われたが、ユウの2塁打、ヒロトの内野ゴロで土壇場の同点劇となり、応援者は大歓声を上げる。しかし、その裏、サヨナラの大ピンチは、リョウが気迫のストレート、ヒカルとナオヤが鉄壁の守備でピンチを救った。そして、タイブレークのノーアウト満塁で、リョウがタイムリー2塁打を放ち、ユウタ、シンヤが続いて一挙6点を奪う。
その裏、最後のバッターをセカンドゴロに討ち取った瞬間、ガラガラ声の大歓声が選手達を祝福した。
今週は、勝利の女神がまさに微笑んだ。ナイスゲーム!(by Yコーチ)

<Aチーム>西部リーグ(2017.6.12)

6月10日(土) 於:三ツ境小学校
〇10−7 vs 白根台ジャガーズ

好守好走のヒカルさて、西部リーグの初戦はYBBL第二選抜の白根台ジャガーズさんだ。
前回はコールド負け、なんとかリベンジして初戦突破したい。

初回の攻撃、先頭リョウがヒットで出塁し、トシキのタイムリーで先制。
続く2回はハル、リョウ、ユウタのヒットで、4点追加し、序盤を終わって、7点差をつけた。遅れて観戦となったYコーチもびっくりな展開であった。
しかし、ここまで好投のハルが捕まり、1点差まで迫られた。
Y夫妻は負けの神になってしまうと思ったのも束の間、ヒカルの好走で、3点追加。
継投のリョウの力投をバックが支え、大きな勝利を掴んだ。(by 勝って安心したYコーチ)

<Cチーム>さわやかJrブロック第1戦(2017.6.9)

6月4日(日) 於:片倉北公園
●5−6 vs ハマヤンキース

粘りのピッチングを続けるタクマさわやかJrの初戦は大型のキャッチャーで4番の強打者がいるハマヤンキースさん。
午前中の逆転勝利の勢いを勝ちに結び付けたいイーグルス。
先発は公式戦初先発のタクマ。

1回表、先頭バッターに一発をあびたものの相手チームの大応援団のプレッシャーに屈せず、その後は最少失点で切り抜けた。
その後上位陣が回ってくる回の攻撃は凌ぎきれず、2−6で最終回の6回裏。またも最後に粘りをみせるのがCチーム!

鹿児島から来られた祖父母の前でタイムリーを打ったセイヤ先頭のケンシンがライト前ヒット、1死2、3塁でセイヤがレフト前タイムリーヒットで2点とり、また自分も帰り5−6と一点差!

しかし後が続かず敗戦。決勝トーナメントではリベンジしよう!

そして次の試合からは相手チームの大声援に負けないように声を出そう!
ピッチャーを孤独にさせないように!(by Tコーチ)

<Cチーム>区大会ブロック第4戦(2017.6.8)

6月4日(日) 於:荏田南小学校
○9−8 vs 横浜フューチャーズ

2者を三振にとり好調な立ち上がりのソウタ1勝2敗で迎えた第4戦。決勝トーナメント出場には絶対負けられない試合。後攻となり、守備でリズムをつかんで攻撃に生かしたいイーグルス。先発は公式戦初先発のソウタ。

1回表、三者凡退の好調な立ち上がり。
1回裏に1点先行しイーグルスのペースで進めると思ったとたんに2回、3回、エラーと四球で出したランナーに足でかき回されノーヒットで4点を失い1−4で苦しい試合展開。
3回裏に漸く4点取り、5−4とし逆転。
勝ちムードで迎えた4回表、四球でランナーを貯めて交代したケイジが唯一のヒットを打たれ5−8と後がなくなったイーグルス。

ライト前にサヨナラヒットを打ったリク最終回の5回裏!
ここで諦めず粘るのがCチーム!
四球で出たケンシン、ソウタのヒットなどで7−8。頭に死球で出たケイジに代走ソウアが足で1点をとり、8−8。
1アウトランナー無しからセイヤの火の出るようなあたりの2ベースヒットの後、リクのタイムリーヒットでサヨナラ!

それにしてもヒット1本で8点は取られすぎ。3盗をすべて許したのはバッテリーのみならず、『3盗あるぞ』、『走った』の守備陣の声が無いのが要因であることを反省して次の試合に向かおう!

これで2勝2敗。連勝してブロック戦に4位以内に入り、決勝トーナメントに行くぞ!

(by Tコーチ)

<Aチーム>東京ガス杯(2017.6.4)

3専属:塁コーチャーのタイセイ6月4日(日) 於:都田公園
〇18−8 vs ジュニア葵

前回優勝チームとして、開会式では優勝旗、カップを返還した大事な大会。
是非、もう一度、優勝旗を受け取る覚悟で試合に臨んで欲しい。

初回の攻撃、ユウタ、シンヤ、ユウ、ハルのヒットで、7点先制でロケットスタート。しかし、勝利の女神はまだ振り向いてくれず、連敗中の悪循環で、大乱調の一挙8失点。
とにかく守りのリズムが悪く、流れを簡単に渡してしまうパターン。
試合は11点を追加して、なんとか女神は苦笑いしてくれた。

次は満面の笑みをベンチ、応援者にプレゼントしよう!(by Yコーチ)

<Bチーム>KBBA1回戦(2017.6.4)

ハルキの復帰。久しぶりのスタメン!6月4日(日) 於:並木第四小学校
○9−7 vs 並木ジャイアンツ

5年生以下、トーナメントの大会です。

初回表、相手の攻撃。最近初回の失点が多かったイーグルスですが今日は3者凡退でいい立ち上がり。
初回裏の攻撃、いい流れの中、1アウト満塁を作るも得点できず。すると2回表先頭バッターの2ベースを足掛かりに4つのエラーを重ね4失点。

レンシン、2安打2打点の活躍!2回裏にリョウマ、レンシンの連打で2点を返すも、3回表に相手に3点を追加され逆に5点差に。流れをイーグルスに引き戻せず。
最近の負のスパイラルが今日も続くのか・・・。 3回裏、ランナー3塁もすでに2アウト。しかしここからウタ、レンシン、タイセイ、タクトの4安打、打者一巡の猛攻で一挙に7得点。試合をひっくり返しました。
4、5回はすこしバタバタはしながらもなんとか0点に抑え、ぎりぎりで1回戦を突破することができました。

最近はどこか浮ついたプレーが続いています。
次のプレーにそなえてしっかり準備をする、チームメイトと会話をしてみんなで戦う。
グランドに1つしかない白球にもっと集中しよう。(by Oコーチ)

<Bチーム>小泉杯2回戦(2017.6.4)

6月3日(土) 於:深谷通信隊グランド
●0−7 vs 前田グリーンスターズ

5回コールド負け。

打つ時も守る時も攻めの気持ちがなければ今日のような結果になるね。

次はがんばりましょう。(by Oコーチ)

<Bチーム>関東学童新人戦 都筑区予選準決勝(2017.5.21)

ジュンセイ劇場!サードに飛んだら望みなし!5月20日(土) 於:東山田公園G
●4−6 vs 山田バッファローズ

1回表裏はそれぞれのミスから1点ずつを取り合う展開。
2回裏1点を取り逆転するも3回表すぐに2点を取り返され再逆転をされる。
その後0点の攻防が続いたが6回表につかまり3点を奪われる。裏の攻撃、イーグルスもコウガのツーベースで2点を取り返し2点差。さらに2アウト満塁となるが逆転は叶わなかった。

この負け方はそろそろ卒業しないとね守備はジュンセイ劇場。一人で9つのアウトを取る。
攻撃はチャンスに再三のスクイズ失敗、走塁ミス。ランナーをホームに返すバッティングもできず。10四死球をもらうも8残塁。

何かを変えないと大事な試合で同じことを繰り返すよ。(by Oコーチ)

 

<Tチーム>区大会決勝トーナメント(2017.5.16)

第3位の表彰式5月14日(日) 於:佐江戸おちあい公園

 

【1試合目】

〇6−5 vs 佐江戸少年野球部

春の締めくくり、区大会の決勝トーナメントが行われた。

初戦は初対戦の佐江戸少年野球部さん。
先頭打者から強い打球を放つ相手に守備も乱れ、初回から5失点のビハインド。

さらに初回の攻撃は無得点と、初戦敗退がコーチ陣の頭をよぎる展開に・・・

しかし、2回の表を0点に抑えると、その裏に2死満塁からルイカの2塁打に始まり上位打線の連打で一挙4得点。
3回の裏には、イブキ、ルイカのタイムリーで逆転に成功したところで、試合終了。
辛くも初戦を突破した。

同点タイムリーのイブキ  キャプテンの意地

【2試合目】

●3−10 vs 川和シャークス

ATM大会に続き、川和シャークスさんとの再戦。
選手たちは、気合十分で試合開始。
初回は、相手のもミスもあり2点を先取し、その裏は1失点で切り抜ける。
2回は両チームとも無得点で、3回表にユウトのタイムリーで貴重な追加点で2点リード。
このまま守り抜けば決勝戦とベンチも高揚したが、3回裏、4回裏と相手の巧みなヒッティングにより大量失点。
ATMの雪辱とはならずに、またしても完敗で、第3位の成績で春を終えた。

攻撃、守りともに、まだまだ甘さが目立つので、秋に向けて基礎から再スタートしましょう!(by Iコーチ)

<Bチーム>都田リーグ ブロック第1戦(2017.5.15)

5月14日(日) 於:上山小学校
○5−0 vs 緑ユニオン

ウタ、レフトへツーベースヒット!都田リーグ初戦。A2として腕試しです。

先攻のイーグルス。1回表の攻撃はフォアボールのランナーをタイセイの内野ゴロでかえして1点先制。
3回表、ウタのレフトへのツーベースからチャンスを作り、2番レンシンのスクイズで2点目。さらにタイセイの内野安打、リツキのスクイズで3点目。
4回表はリョウマのライト前ヒットが出るも無得点。

リツキ、強打者の風格が出てきましたそして5回表、フォアボールのランナーをためてリツキの強烈な左中間のツーベースヒットが飛びだし2点を追加する。

先発はタイセイ。1回裏、先頭バッターをフォアボールで出すも無得点に抑える。4回を投げ、ヒット1本に抑える危なげないピッチング。今日は打順に関係なくしっかりストライクを投げこみました。5回裏は抑えでコウガが登板。丁寧な投球で1回を抑えました。

今日は自分たちのやるべき野球がしっかりできました。
相手は関係ない。
常に今日のような気持ちで戦うことができれば強いチームになれるでしょう。(by Oコーチ)

<Aチーム>春季区大会(2017.5.8)

5月7日(日) 於:すみれが丘グラウンド
●4−8 vs 早渕レッドファイターズ

ナオヤ ナイスラン!GWのラストは区大会の決勝トーナメント
連敗中で波に乗れないイーグルスは、またしても、ノーヒットで2点先制を許す。厳しい展開となったが、リーグ1位通過の意地を見せ、トシキ、ナオヤのタイムリーで逆転。さらに追加点を狙うがチャンスを潰し、流れを掴みきれなかった。

結局、同点の最終回はノーヒットで4失点となり、連敗の悪い形の修正はできないまま終了。
張本さんなら、投手陣に”喝”と言わざるを得ない結果であった。
喝!喝! Aチーム頑張ろう!(by Yコーチ)

<Bチーム>教育親善 ブロック第3戦(2017.5.7)

タクト、激走のホームラン①5月6日(土) 於:荏田西グランド
●5−6 vs 川和シャークス

GW最終戦、本部大会進出がかかった教育親善第3戦。
相手はおとなり川和シャークスンさん。

1回裏の守り。試合開始前から戦う気持ちの見えてこないイーグルスメンバー。フォアボールのランナーをためて相手の走塁、小技にかき乱されていきなりの5失点。
GW中に見ることのなかった苦しい立ち上がり。自分達のするべき野球を先に相手にされてしまいました。

シュンダイ、スクイズを決めて追加点しかし2回表、タクトのツーランホームランで反撃ののろしを上げます。
2回裏、コウガがライトゴロをしっかりアウトに。先発リツキも立ち直り2回、3回と相手を0点に抑えます。
4回表、相手守備の乱れ、そしてシュンダイのスクイズが決まり2点追加。さらにリョウマのレフトオーバーのホームランでとうとう同点。
そして制限時間切れで迎えた4回裏、ここを抑えると引き分け再試合でしたが、四球とミスが絡みサヨナラ負け。本部大会の出場を逃しました。

リョウマ、激走のホームラン②今日は立ち上がりの悪さや気持ちの弱さが最初に出てしまった反面、反撃をし追いつくところまでいけた子供たちの新たな一面も垣間見えました。

負けたという事実とやれば出来るんだという気持ちを胸に、これからも練習に励み試合で結果を出そう!(by Oコーチ)

 

<Aチーム>小泉杯(2017.5.7)

ハル ツーベース5月5日(金) 於:新羽小学校
●1−9 vs オール上郷

小泉杯の初戦は強豪のオール上郷さんとの対戦。

ジャンケン勝ちの先攻を選び、まず先取点を取って、自分たちのペースを狙った。ハルが速球を跳ね返し、左中間を破るツーベースで出塁したが、得点ならなかった。
逆に、初回の守りでは、ノーヒットで3失点を与えてしまい、相手チームのペースになり、シンヤのタイムリーでなんとか1点返すのがやっとであった。

夏までに、素振り、走りこみをやって、レベルアップしましょう。(by Yコーチ)

<Cチーム>区大会ブロック第3戦(2017.5.7)

5月5日(金) 於:つづきの丘小学校
●6−9 vs 佐江戸少年野球部

1勝1敗で迎えた第3戦。ジャンケンで勝って後攻を選択でき、守備でリズムをつかんで攻撃に生かしたいイーグルス。

先発は5月3日に指名されたケイジ。
1回表、課題の“先頭打者で1アウト”が取れた。
3番にヒットを打たれたものの4番でピッチャーの強打者をピッチャーフライに仕留めた。
さあ反撃といきたいところだったが、イーグルスのチャンスには相手ピッチャーが踏ん張り、3回まで0−0の緊迫した攻防。

ファインプレーのファースト リュウタロウ4回表、無死からエラーで出たランナーをホームに迎えさせず、再度の4番との勝負も三振で制し、何とか2アウト。その後セカンドへのゴロでヨッシャーと皆が思った瞬間にボールが弾みセカンドの頭を超えて1点先取された。
気落ちしたのか、その後もエラーで更に3点失点し、0−4。何とか返したいイーグルスは4番ソウアが2ベースで出塁し、足も絡めて無死3塁。チャンスだったが、5番、6番と連続三振で2アウト。何とかケイジのセンター前タイムリーヒットで1点返し、1−4。
5回表、またしても無死からエラーでランナーを出し、あれよあれよと5点失点で1−9と絶望的な状況で最終回の攻撃。

5回ピンチにマウンドに集まる内野陣区大会は9人でインニングの攻撃終了の為、1アウトで8点取らなければいけない状況。Tチームの頃から粘り強く戦うのが、今のCチーム。
5回裏、無死で4点とったが、その後三振で1アウト、絶対絶命のピンチにケイジがレフト前タイムリーヒットで何とかつなぎ、6−9。ランナー2、3塁でホームランが出れば同点のチャンスに我らの大砲リュウタロウ!皆の期待を一身に背負ったが、空振り三振で万事休した。

攻撃では先取点を取ることの大事さ!守備では無死からランナーを出さない事の大切さを身に沁みた試合だったね。
勝負は決勝トーナメント!先ずはブロック戦に4位以内に入り、成果を見せよう! (by Tコーチ)

<Bチーム>小泉杯1回戦(2017.5.5)

5月5日(金) 於:新横浜少年野球場
〇6−4 vs 戸部タイガース

タイセイ、キレ、コントロールともに抜群!A2として挑むトーナメント。

先攻イーグルス、初回3者凡退となるが、2回表、相手ピッチャーの乱れから得点を重ねる。しかしスクイズ失敗、スタート遅さからホームタッチアウトになるなどたたみかけることができず3得点で止まる。

その後も再三のチャンスでスクイズミスや走塁ミスが重なり大量点に結びつかず。しかし守りでは先発タイセイが落ち着いたピッチング。4回を不運な内野安打のみに抑える。

ミライ、スタメンさぁ打つぞ!6回表ジュンセイの強烈なツーベースからダメ押しとなる貴重な追加点。
5、6回はタクトが登板。6回少し乱れましたが最後までしっかり投げぬきました。

連戦で少し疲れがたまっているかな。今日は勝てたものの細かいミスが重なり、反省の多い内容でした。ベンチの応援も元気が無くなってきたぞ。

残りあと1試合。全勝でGWを終われるように最後までがんばろう。(by Oコーチ)

<Bチーム>関東学童新人戦 都筑区予選2回戦(2017.5.5)

シンタロウ、右中間のフライをジャンピングキャッチ5月4日(木) 於:牛ヶ谷公園
〇3−0 vs ジュニア葵

区大会2回戦。

先発ウタ、初回2四球を出すが何とか切り抜ける。
一方、イーグルス打線は相手ピッチャーを打ちあぐね1,2回とも3者凡退。3回裏、フォアボールからようやくチャンスをつかむも走塁死で生かせず。

ジュンセイ、ナイスラン!貴重な追加点4回表、右中間のフライをシンタロウがナイスキャッチで1アウトを取るが、その後内野安打と四球で1アウト2,3塁のピンチ。相手に流れが傾きかける。しかし最近守りに粘りが出てきたBチームはここを無失点で切り抜ける。4回裏、ツーアウトから死球で出塁したタイセイを2塁においてリツキの痛烈なレフト線ツーベースが出て先制。その後相手のエラーも絡んで2得点。ツーアウトランナー無しから貴重な先制点をもぎ取る。

リツキ、ウタ、サイズはだいぶ違うけど安定の投手陣5回裏、タイセイのセーフティーバントで2塁ジュンセイが一気にホームイン。勝利を引き寄せるナイスランでした。

先発ウタは6回1安打に抑え、7回は満を持してリツキが登板。競った場面での難しいリリーフでしたがしっかり0点に抑えて完封リレー。
打てない時でも守備でリズムを作り、足を使ったイーグルス野球ができたナイスゲームでした。

次もがんばろう。(by Oコーチ)

<Aチーム>あじさいリーグ(2017.5.3)

5月3日(水) 於:若葉台公園
●0−5 vs 若葉台リトルバーズ

午前中に、YBBLの敗戦で意気消沈した選手たちは、気持ちを切り替えて試合ができるのか?
そんな状況で試合が始まったが、YBBLと同じ展開で失点。
沈黙の打線は今日は目を覚ますことはなかった。
残念ながら、今日はイーグルスの良い所を見せることがでなかった1日でした。
次は全力で戦っていきましょう。(by Yコーチ)

<Aチーム>YBBL 第二代表戦準決勝(2017.5.3)

5月3日(水) 於:上瀬谷小学校
●2−12 vs 白根台ジャガーズ

 初回の攻撃、先頭リョウが四球で出塁したが、得点にならず、いつもの先制パンチが不発。
しかも初回に4失点と厳しい展開となった。
今日の打線は沈黙したままで、最後にトシキ、ユウの連打で2点を取るだけであった。
大事な試合であったが、2個以上の四球を出したイニングに大量得点を取られるパターンで、やはりピッチャーの制球力が勝敗の鍵を握っていることを改めて認識する試合であった。
これで、春のYBBLは終了です。一人一人の課題をクリアして、地力をつけて行きましょう!(by Yコーチ)

<Bチーム>関東学童新人戦 都筑区予選1回戦(2017.5.3)

5月3日(水) 於:東方公園グランドA面
〇13−0 vs 佐江戸少年野球部

タイセイ、キャプテンらしさが出てきたかな?いよいよ5年生最初の区大会が始まりました。
負ければ終わりのトーナメントです。

1回表、久しぶりに先攻のイーグルス。
1番ウタ、四球から相手ミスに乗じて走って走って一人でホームイン。
その後、レンシン、ジュンセイ、タイセイの3連打、タクトのセンター前、とどめにシュンダイの2ランスクイズが決まり怒涛の攻撃で初回7点。最近初回にしっかり得点が出来ています。

今日はジュンセイが大当たり。3の3で猛打賞。だいぶ調子が戻ってきたね。
守りではファーストのレンシンが再三の好捕。内野手のきわどい送球をしっかり捕球しました。
ピッチャーはリツキ、ウタの二人で危なげなく完封リレー。
でも二人に求めるレベルはもっと上だよ。もっと質の高い投球ができるように練習しよう。

試合中の仲間への声掛けがだいぶできるようになりましたが、試合当日の気持ちの作り方がまだまだ出来てないよ。
5つの約束をしっかり守ろう。(by Oコーチ)

ジュンセイ、猛打賞の活躍!  声でチームを引っ張る。

<Tチーム>ATM春季大会(2017.5.3)

5月3日(祝) 於:長坂谷グラウンド

【1試合目】

〇7−2 vs 横浜ナイン・葉桜Jr.

唯一の左打者ルイカ毎年恒例、ティーボール野球のビッグイベントが今年も開催された。

負けたら終わりのトーナメント戦、初戦は初対戦の横浜ナインさん。相手チームの情報がまったくないまま、緊張と不安を抱きつつ、後攻でのプレイボール。

しかし、今日のTチームは、一味違った。
先頭打者の強烈なショートゴロを主将コウタロウが無難にさばくと、続くピッチャー強襲の強い打球をセンターの副主将シュンが目の覚める送球で一塁アウト。初回を完璧な守備で0点に抑えると、その裏にシュン、ソウ、コウタロウの三役による連打で2点を奪取し、流れを引き寄せた。

センターゴロを仕留めたシュンその後も堅実な守りと果敢な打撃&走塁で得点を重ね、7対2でATM初勝利を収めた。

多少のミスもあったが、最後まで慌てず冷静に守れたことは、チームが成長している証。
とても有意義な初勝利となった。


【2試合目】

●2−9 vs 川和シャークス

試合中も作戦会議都筑区の強豪、川和シャークスさんと初対戦。

先攻のイーグルスは、打線が沈黙し初回を無得点とし、勢いを失った。その裏の守りでは、隙を突く巧みな相手打線に翻弄し、一挙に5点を献上。2回表に2点を返すも、反撃はここまで。
シャークスさんの堅い守りと巧妙な打撃に完敗。
残念ながら、2回戦で敗退となった。

しかし、無駄なアウトカウントや失点もあったので、今後の練習メニューに活かせる収穫のある試合だった。

常に最良のパフォーマンスができるよう、練習を重ねていこう!(by Iコーチ)

<Aチーム>YBBL第二代表戦準々決勝(2017.5.1)

ユウ 我慢の投球4月30日(日) 於:上瀬谷小学校
〇13−5 vs 上瀬谷タイガース

さてゴールデンウィークの初戦は負けたら終りのYBBLの準々決勝だ。

前日、体調不良のリョウは周囲の心配をよそに、いきなり2塁打、3盗とエンジン全開。
リョウ タイムリー3安打きっちりシンヤがMustのゴロ打ちで先制!!
先発ユウはこちらも体調不良で心配されたが、きっちり2回を0点に抑え、流れを作ることができた。
そんな二人の頑張りに応えたイーグルスは、足を使って14盗塁で、ホームを駆け抜けた。
結局、体調不良のリョウは3安打、ユウは完投で快勝となった。

これでチーム初の6連勝を達成。

まだまだ気を抜かず、自信を持って、戦っていこう。(by Yコーチ)

<Bチーム>教育親善 ブロック第2戦(2017.5.1)

4月30日(日) 於:都田公園グランド
〇11−1 vs 上柏尾コンドルズ

連戦が続くGWの第2戦。

リョウマ、ショートにも慣れてきたかな前日夜に教育親善の開会式が大和球場で行われ寝不足が心配されたけどみんな早く来て準備が出来ていました。

少しずつ一体感が戻ってきたBチーム。じゃんけんに強いタイセイが勝って今日も後攻。
1回表ピッチャーはウタ。1アウト2,3塁になるも後続を抑える。
そして1回裏、きっちり出塁した1,2番を塁において、3番ジュンセイのセンター前タイムリーヒットで先制。さらに手を緩めることなく7点先制。その後もシンタロウのマルチヒット、リョウマのセンター前クリーンヒットでしっかり点差を広げました。

3アウト、さぁ攻撃だ!ウタは少しコントロールに苦しんだものの、要所で三振をとり結果的にノーヒット。
リツキの好プレーもあり、新しい守備体系も安定してきました。

ケガでベンチにいるハルキ、リョウスケもランナーコーチャーとして大きな声が出ていました。試合には出れなくても一緒に戦っている。そんな雰囲気が出てきたかな。

GWはこれからも負けられない試合が続きます。

一戦一戦気持ちを込めてがんばろう。(by Oコーチ)

<Cチーム>区大会ブロック第2戦(2017.5.1)

4月30日 於:都田西小学校G
●5−9 vs 川和シャークス

キャプテンソウアの見事なツーベースヒット! 投げ野球になってから始めてのダブルヘッダー戦。
午前中の不甲斐ない戦いぶりを反省し、めいいっぱい声を出して、胸を借りるつもりで挑んだシャークス戦。

しかしながら、普段から声を掛け合うことや、誰が指示を出すのか明確に理解してないことが災いして、内外野ともにお見合いエラーが続き、1回裏に6点を奪われました。

それでもソウアのセンターオーバーのツーベースヒット!
その後も次塁への意識が高い走塁で一点を返し、
3回表でもリュウタロウの四球からアイル、ケンシン、ソウタと単打と足で3点を返して息を吹き返したかと思われましたが、四球2つや送球エラーで3点を献上。
最終の5回、ソウタがマウンドに立ち公式戦初登板なりに頑張りました。

格上の対戦相手に最後まで意識を切らせず皆良い顔で試合終了。
結果は黒星ですが、それぞれ課題がしっかりとわかってもらえた良い試合でした。
試合の合間に練習する季節でどれだけ成長できるかは意識の持ち方次第だぞ。(by Mコーチ)

<Cチーム>わかばJr.トーナメント3回戦(2017.5.1)

相手投手に負けず頑張った投手陣①4月30日 於:洋光台第一小学校G
●0−16 vs 洋光台球友イーグルス

わかばJr.の3回戦です。

今回も後攻発進。
しかしながら前日の気持ちの入らない練習から奮起することができず、初球、センターフライをアイルがキャッチアウトにするものの、その後は内野勢の中途半端な送球と走者を意識しない選択ミスで2点を献上。

相手投手に負けず頑張った投手陣②打席はというと相手ピッチャーの伸びのある素晴らしい投球にイーグルスナインは沈黙。
ベンチが盛り上げようという意識も低く、ソウタのDBを除けば最後まで三者凡退。

先発ケイジから4回アイルに代わり0点に押さえるも、5回レフトセンターへ打たれたことや3つのフォアボールで8点を叩き出せれ、リュウタロウにバトンタッチ。
初登板のリュウタロウ含め投手陣はみな精一杯投げきりました。

相手投手に負けず頑張った投手陣③相手投手がすごいなら、しっかりこちらもピッチャーに声をかけ励まして、グランドにいる野手、ベンチ選手も一人で戦わない姿勢がよりいっそう求められることが経験値として頭に残ってくれたかな。

何より負けてヘラヘラしてるか悔しい気持ちを押さえているか。

コーチはしっかり見ているからね。(by Mコーチ)

 

更新情報

2017.6.27
トピックス更新(Cチーム 親善交流・西部L)
2017.6.26
トピックス更新(Aチーム ベイスターズC、Bチーム 都田L)
2017.6.19
トピックス更新(A・B・Cチーム 6月17, 18日試合結果 4件更新)
2017.6.18
トピックス更新(Bチーム あじさいOP)
2017.6.12
トピックス更新(Aチーム 西部L・県小連)
2017.6.9
トピックス更新(Cチーム さわやかJr.)
過去のトピックス(2017年 1月〜6月)ページを追加
2017.6.8
トピックス更新(Cチーム 区大会)
2017.6.4
トピックス更新(Bチーム 小泉杯・KBBA、Aチーム 東京ガス杯)
2017.5.21
トピックス更新(Bチーム 関東学童新人戦都筑区予選)
2017.5.16
トピックス更新(Tチーム 区大会決勝トーナメント)
2017.5.15
トピックス更新(Bチーム 都田リーグ)
2017.5.8
トピックス更新(Aチーム 春季区大会)
2017.5.7
トピックス更新(A・B・Cチーム 5月5, 6日試合結果 3件更新)
2017.5.5
トピックス更新(Bチーム 区大会・小泉杯)
2017.5.3
トピックス更新(A・B・Tチーム 5月3日試合結果 4件更新)
2017.5.1
トピックス更新(A・B・Cチーム 4月30日試合結果 4件更新)