私たち「荏田南イーグルス」は1984年に創設した横浜市都筑区で活動する少年野球チームです。親子で一緒に野球を楽しみましょう!



トピックス

<Aチーム>さわやか石毛杯(2017.12.10)

12月9日(土) 於:神無公園
〇3−2 vs 山田バッファローズ

Aチームのラスト大会のブロック戦、負けたら敗退となる試合。

先発リョウは初回タイムリーヒットで先制を許し、なおもピンチとなるが、ヒロトのダイビングキャッチでダブルプレー。1点で切り抜けた。3回守備では1塁悪送球で追加点を与えるが、ライトのユウが好返球で2点目を防いだ。その裏、ナオヤのタイムリーとエラーで一気に同点とする。

しかし、5回守備、エラーから2本のヒットで1アウト満塁の大ピンチをピッチャーゴロ、ショートフライで守り切った。5回裏、タイヨウの内野安打からユウの暴走?、好走塁でなんとか逆転。最終回は今日2度目のヒロトの見事なダイビングキャッチで勝利を掴んだ。

お疲れ様でした。負けたら終わりのAチームなんとか勝ちました。拍手!!(by Yコーチ)

これはアウトかな?  いや、ボールはどこ? セーフだ

<Bチーム>さわやかカップ教育リーグ 予選ブロック第4戦(2017.12.5)

12月3日(日) 於:新横浜公園第2運動広場
●1−3 vs 早渕レッドファイヤーズ

日暮れも早い12月午後の試合。日没も考慮し先行逃げ切りをしたいところ。

しかし初回、四球を重ね2失点。5回もエラー2つで1失点。いずれも2アウトランナー無しからの痛い失点。打線はミライの左中間2塁打で1点を返すのが精いっぱい。

ノーヒットで3点を献上した守備、1点しか取れない打線。冬の到来とともにチームのテンションも急降下。(by Oコーチ)

唯一の打点をあげたミライ!  シンタロウ、久しぶりのセカンドで好捕連発

<Bチーム>区大会秋季 ブロック第4戦(2017.11.28)

11月26日(日) 於:東方公園グラウンド
〇12−5 vs 茅ヶ崎エンデバーズ

たくさん打ちました区大会ブロック最終戦。
先週の反省を糧にしっかりした内容で本戦トーナメントにつなげたい。

後攻のイーグルス。
1回裏リツキの10球ねばって取った四球から先制点をあげる。2回裏ミライのツーベースを足掛かりに2得点。3回以降もタクトの長打2本、ハルキの渋い猛打賞、最終回にはジュンセイの左中間を破るランニングホームランで合計12得点。

一方の守りは攻めの姿勢が見えず、消極的で迫力がない。
一人一人がもっとレベルアップをしよう!(by Oコーチ)

<Tチーム>都筑区秋季大会決勝トーナメント(2017.11.27)

孤高の主将コウタロウ11月26日(日) 於:佐江戸おちあい公園

【準々決勝】

○18−3 vs 球友会T1

1ヵ月遅れの区大会、泣いても笑っても3年生にとっては、最後のTボール野球。
試合前、コーチ陣からは、「とにかく元気を出していこう!」と指示を受け、先頭バッターのルイカから打席で一声を発する気合の入った姿勢を見せた。
その成果か、1〜7番までの連続7安打で初回から5点先取。
その後もコンスタントに打ち続け、合計18点と大量得点を挙げることができた。
流れに乗ると調子が良くなるTチーム。見事に初戦を突破した。

【準決勝】

●0−3 vs 川和シャークス

春の区大会と同じ準決勝での顔合わせ。
どうしてもリベンジしたいこの一戦に、チーム全員、覇気を出して挑んだ。
初回、首尾よく1死を取るも、エラーと連打から3失点。
点を取らなければ勝てない状況だったが、1、2回ともに打線は沈黙の連続3者凡退。
これ以上点を取られまいと2回以降は内野陣の好守備もあり、無失点に抑えた。
最終回まで1点も取れないイーグルス、マサシのヒットで1死1塁とするも後が続かず、無得点の完封負け。
相手の鉄壁の守りに歯が立たず、春と同じく3位で大会を終えた。

リードオフマンのルイカ  豪快スイングのサダハル

3年生は、これでTボール野球を卒業するので、新たな気持ちで投げ野球に励んでいこう!(by Iコーチ)

第3位

<Aチーム>あじさいリーグ 準決勝(2017.11.26)

11月25日(土) 於:牛ヶ谷公園
●0−6 vs みどり少年野球クラブ

あじさいの季節はとっくに終わり、牛ヶ谷公園はすっかり冬支度の紅葉、落ち葉の中、もう一度、花を咲かせるチャンスの準決勝。
しかしながら、失策からの失点、打線の空っ風で、綺麗なあじさいを咲かせることは出来なかった。

あと、2大会となり、そろそろ冬支度が必要となってきました。
是非、暖かい冬を迎えらるように、最後、精一杯頑張りましょう。(by Yコーチ)

<Bチーム>さわやかカップ教育リーグ 予選ブロック第3戦(2017.11.21)

11月18日(土) 於:通信隊グラウンド
●3−9 vs 戸塚ACFホークス

あと数か月でAチームです。最終学年になる自覚はありますか?
自分たちで考え行動し、その時にできる最善を尽くして試合に挑めるようにしましょう。(by Oコーチ)

<Aチーム>KBBA県知事杯(2017.11.20)

11月19日(日) 於:松風グラウンド
●2−8 vs 横浜シーサイドスターズ

タイセイのつぶやき今週は残念ながら、ヒカルが骨折、シンヤが怪我で大幅な戦力ダウンの中、金沢区の選抜チームの強豪が相手となってしまった。この所、日常生活での怪我人の続出で、勝利の女神が離れてしまった感じ。

嫌な予感は的中、初回、強力打線に捕まり、5失点のスタート。
打線は緩急にやられて、ピッチャーゴロの山を作った。
なんとか反撃はリョウのレフトオーバーで2点を返したのみ。
まずは怪我を治して、次の大会では笑顔で女神と再会しましょう。(by Yコーチ)

<Cチーム>わかばJr.ブロック決勝(2017.11.18)

11月12日(日) 於:洋光台第一小
●3−4 vs 球友イーグルス

わかばJr.ブロック決勝の相手は、前回大会で0−14で敗れた球友イーグルスさん。
先攻のイーグルスの先発はタクマ。

タクマ、ナイスピッチング!初回にソウア、アイルが四球で出たが、2走者ともに捕手の剛腕で2盗を刺され無失点。初回裏はファーストゴロをエラーから2失点。2回裏は投手ゴロの捕球遅れ、ショートフライエラーで1失点、2回表に2四球からチャンスをつくり足を絡め2得点、3回表もヒットで出たソウアをアイルがバントエンドランを決め3−3の同点。
4回表からはこちらも打線が沈黙。
先発タクマも3回から外野に球を飛ばさせない好投で迎えた6回裏、四球で出したランナーが3盗し、それを刺しに行ったワンバンボールがグラブからこぼれ、すかさずホームに走り込まれ3−4。5回から登場した剛腕投手に7回表もパーフェクトに抑えられ試合終了。

代打の準備をするランナーコーチのユウマ接戦で2試合共に落としたのは非常に残念だが、選手達はワンミスが試合を左右することを学んだね。
またグローブの手入れの悪さもミスの一つ、特に試合前は自分の持ち物はチェックしておこう!

課題は『打力アップ』、『外野の守備範囲のアップ』、『内野は細かいミスを減らす』だね。そのためには平日の個人練習でのレベルアップが必要、来年は冬の練習の成果を出して勝ち進もう!(by Tコーチ)

<Cチーム>区大会 教育リーグ 決勝(2017.11.16)

11月12日(日) 於:都田公園
●6−7 vs 川和シャークス(4−4タイブレイク)

区大会 決勝の相手は、強打の川和シャークスさん。先攻のイーグルスの先発はケイジ。

初回裏はリズム良く2死を取ったのちに2ランを浴び0−2。
2回の表にケイジのセーフティスクイズで1点を返し1−2としたが、2回裏にも2塁打、3回裏にもまたも3塁打を浴び1点ずつを失い1−4で時間的に最終回の5回表、投手も変わり1死後にリク、ソウアが四球を選び、アイルの内野安打で1点、またケンシンの2ランスクイズで同点!
5回裏は、本塁打、3塁打を打たれてる4番からの攻撃だったが、内野ゴロ、後続を連続三振に仕留め、4−4でタイブレイクとなり盛り上がりも最高潮へ!
Cチーム初のタイブレイクだったが、選手はリラックスしており、イーグルスの押せ押せムードで無死満塁から2点をとり6−4。

準優勝! 来年は優勝しよう!!最終回裏は先頭打者をピッチャーゴロで一死をとったが、次打者のサードゴロをお手玉し1失点で満塁からケイジが投じた一球は『甘い、ヤバイ』と思った瞬間、打球がレフト前に落ち逆転サヨナラ負けで試合終了。
敗戦投手となったが、強打のシャークスさん相手に逃げず、無四球完投は立派。

Tチーム時代からの区大会決勝で負け続けたきたシャークスさんを追い詰めた良い試合だったよ。

涙が流れるほど『悔しかった』そして『勝ちたかった』気持ちを忘れず、冬の練習に取り組み来年は優勝しよう!(by Tコーチ)

<Aチーム>あじさいリーグ 決勝トーナメント(2017.11.13)

11月12日(日) 於:市場小学校
〇7−2 vs 市場ハリケーンズ(タイブレーク)

さて、Yコーチと必勝を誓った大事な一戦!

初回の攻撃 ワンアウト2,3塁にショートライナーのダブルプレーで、チャンスを逃した。
先発ヒロト、相手はトシキの幼馴染のシン君、二人の投手の息詰まる投手戦となった。

タイブレーク活躍、リョウ、ユウ両投手は7回を1失点の完投で、タイブレークに持ち込んだ。ヒロト、シン君、ナイスピッチング!!
そして、ノーアウト満塁からロケット打線が爆発!
先頭ユウがライトオーバーのタイムリーで1点目。ナオヤがセンター前のタイムリーで3点目。シンヤの外野飛球で4点目。トシキのレフトタイムリーで5点目。ハルの内野ゴロで6点目。
油断できないタイブレークの裏の守りは、最後、リョウが痛烈なライナーをダイビングキャッチのダブルプレーで、勝利を掴んだ。
ダブルプレーで始まり、ダブルプレーで絞めるナイスゲームでした。

これで、ベスト4進出決定、目指せ頂点!(by Yコーチ)

<Bチーム>区大会秋季 ブロック第3戦(2017.11.6)

11月5日(日) 於:東方公園グランド
〇7−2 vs 川和シャークス

好投のタイセイ3連休の最終日。初日のトーナメントを落としているだけに勝って連休を締めくくりたいところ。

またも先攻のイーグルス。

立ち上がり、ジュンセイのヒットを足掛かりにチャンスを作るも無得点。
イーグルス先発はタイセイ。初回2三振を奪い上々の立ち上がりを見せるも、2回裏に四球がらみで先制を許す。
しかし3回表イーグルスはすぐに反撃。リョウマ、ジュンセイの連打から無死満塁のチャンス。
小技やレンシンのヒットで一挙に4点を奪い逆転に成功する。
続く4回も先頭ジュンセイのレフトオーバーのツーベースをから3得点で突き放す。ジュンセイは3の3で猛打賞!
4回裏、連打で1点を失うもタイセイは最後まで粘り強く投げて7対2でゲームセット。

猛打賞、ジュンセイ!  持ってる男、レンシン

今日は前日まで試合の反省を活かしてしっかりと試合に取り組めました。
来週もがんばりましょう。(by Oコーチ)

<Cチーム>区大会 教育リーグ 準決勝(2017.11.6)

11月5日(日) 於:東方公園

○9−2 vs 佐江戸少年野球部

区大会 準決勝の相手は、佐江戸少年野球部さん。
後攻のイーグルスの先発はケイジ。

次は決勝戦!初回に満塁からソウタ、タクマの連続3ベース、ルイトの内野ゴロの間に5点先制し、2回、3回にも得点し9−0。4回表に2巡目に入った相手に2点をとられたが、5回表を無失点で抑え無四球完投、5回コールドでゲームセット。

前の試合で課題だった『声を出して盛り上げる』、『一死3塁でゴロ捕球時は3塁ランナーをチェックして1塁へ送球』は改善できていたね。
素振りに加え、捕ってから投げるまでの時間を短縮できるように平日の個人練習でレベルアップしよう。

さあ次は決勝戦!絶え間なく声を出し続けて勝とう!(by Tコーチ)

<Tチーム>ATM秋季大会決勝トーナメント(2017.11.6)

11月5日(日) 於:田奈高校グラウンド

【1回戦】

○10−6 vs 鴨居ファイターズ

投打に活躍のユウト台風などの悪天候により、延期続きだったATM大会がようやく開催された。
大事な1回戦目は、初対戦のチーム。

初回、先頭打者は惜しくもアウトとなったが、2番から7番までの連打で一挙4点と流れを呼び寄せた。
1回裏にはエラーから2失点と2点差に詰め寄られ、さらに2回裏は連続エラーからの無死満塁の大ピンチ。
そのピンチを救ったのが2年生ユウト。難しいハーフライナーを捕球してそのまま2塁を踏んで2アウト、さらにランナーが飛び出した3塁に送球して見事なトリプルプレー。
両チームとも点を取り合うも、4回表には、またしてもユウトの痛烈な左前タイムリーから得点し、見事に初戦を突破した。
しかし、内野のエラーが頻発したので、とても完勝とは言えない試合だった。


【2回戦】

●0−12 vs 奈良北ジャガース

二回戦唯一ヒットのシュウマこの試合も相手チームとは初対戦だったが、実力の差を見せつけられた試合だった。

2本の本塁打を打たれたことは仕方ないが、とにかく守備がお粗末。
なんでもないエラーを取りこぼし、投げては悪送球。
せっかく好捕球するも、気の抜けた返球のため何度も進塁される。
打撃面では、コーチの指示を無視して最も守備の堅い方向へ打ち続けて1安打のみ。
とにかく、相手チームとの飛距離が10mくらい差がついていた。
強いチーム相手であったが、まったく何もできなかったことで悔しい試合となった。

区大会まで3週間、どこまで変われるか期待していますよ。(by Iコーチ)

<Bチーム>区大会秋季 ブロック第2戦(2017.11.5)

11月4日(土) 於:すみれが丘公園グランド
〇11−0 vs 折本クーパーズ

今日も先攻のイーグルス。

四死球で作ったチャンスを確実にものにし4得点。最近は先制点をよく取れています。
その後も出たランナーは確実に返して11得点。
しかし勝ちはしましたが今日は点差ほど褒められた内容ではありませんでした。(by Oコーチ)

好投のウタ  監督の檄が飛ぶ

<Bチーム>KBBA後期新人戦2回戦(2017.11.5)

今日の一枚11月3日(金) 於:あざみ野グランド
●4−5 vs 元石川サンダーボルト

今週は晴れが続きそうな3連休の初戦。
先攻イーグルス。

初回ヒットのジュンセイをサードにおいてタイセイがスクイズを決め幸先よく先制。その後も相手ピッチャーの乱れでチャンスはあったものの得点できず。

今日の親子すると流れが相手に傾き4失点。
2回からゼロ更新のイーグルスは5回に反撃。リョウマ、ジュンセイの連打、そしてリツキのホームランで3得点、試合を振り出しに戻す。その後は何度もピンチをしのぎながら最終回2アウトランナー2塁。抑えれば特別延長という場面で力尽きサヨナラ負け。
あっという間にKBBAは終わりました。

個々のレベルアップが必要不可欠。土日のチーム練習だけではうまくなれない。
もっと野球に関わる時間を長く持ちましょう。(by Oコーチ)

<Cチーム>さわやかJr.決勝トーナメント2回戦(2017.11.5)

11月3日(金) 於:せせらぎ公園
●3−6 vs 茅ヶ崎エンデバーズ

ベンチで声をだすユウマとリンタロウさわやかJr. 決勝トーナメントの2回戦、後攻のイーグルスの先発はケイジ。

無難に1、2回を無失点で切り抜け、3回も2死をとった後にこのまま無失点で切り抜けると思ったとたんに1番に右中間を抜けるランニングホームランを打たれ0−1。2死2塁でアイルがセンター前ヒットで同点と思った瞬間にホームでタッチアウト。試合は流れが悪く意気消沈したのまま4回表にライトオーバーのランニングホームランを打たれ0−2。
5回は連打で1点を失い0−3でケンシンにスイッチ。5回、6回に1づつ返し、2−3までせまったものの、最終回の表に3点をとられ2−6。7回裏に1点をとったところでゲームセット。

守備でも、ベンチに戻っても声が出ず、自分達を試合の波にのせられず、走塁ミスも多々あり、勝ちたいという思いが感じられない試合だったね。
先ずは声を出して練習することからやり直そう!(by Tコーチ)

<Aチーム>都田リーグ 決勝トーナメント(2017.11.4)

11月3日(金) 於:荏田西グラウンド
●0−2 vs 川和シャークス

ユウタのゲッツー2週連続の台風で久しぶりの試合となった。きっと、台風の中、強い素振りをしてくれていたと信じて、試合に臨んだ。

先発リョウは安定した立ち上がりを見せ、3回まで無失点のピッチング。きっと、シャドーピッチングをしてくれていたのでしょう。

さて、打線はというと…そちらは沈黙。
フォアボールで出塁し、4回表1アウト3塁のチャンスに三振、三振。そして、4回裏にはエラーから2失点を与えてしまった。5回、またしてもツーアウト満塁のチャンスに凡打となった。
結局、期待の打線はヒット2本となり、明日からの素振りに期待することになった。
そういえば、台風は深夜から早朝にいずれも通過したので、選手は寝てる時間でした。

それでは、あと4大会、悔いのないように頑張りましょう。(by Yコーチ)

更新情報

2017.12.10
トピックス更新(Aチーム さわやか石毛杯)
2017.12.5
トピックス更新(Bチーム さわやかカップ教育リーグ)
2017.11.28
トピックス更新(Bチーム 都筑区秋季大会)
2017.11.27
トピックス更新(Tチーム 都筑区秋季大会)
2017.11.26
トピックス更新(Aチーム あじさいリーグ)
2017.11.21
トピックス更新(Bチーム さわやかカップ教育リーグ)
2017.11.20
トピックス更新(Aチーム KBBA県知事杯)
2017.11.18
トピックス更新(Cチーム わかばJr.ブロック決勝)
2017.11.16
トピックス更新(Cチーム 区大会教育リーグ決勝)
2017.11.13
トピックス更新(Aチーム あじさいリーグ決勝トーナメント)
2017.11.6
トピックス更新(Tチーム ATM、Cチーム 区大会、Bチーム 区大会)
2017.11.5
トピックス更新(Cチーム さわやかJr.、Bチーム KBBA・区大会)
2017.11.4
トピックス更新(Aチーム 都田リーグ決勝トーナメント)