私たち「荏田南イーグルス」は1984年に創設した横浜市都筑区で活動する少年野球チームです。親子で一緒に野球を楽しみましょう!



トピックス

<Cチーム>さわやかJrブロック第4戦(2017.7.20)

7月17日(月) 於:川上北小学校
●1−16 vs 戸塚アイアンボンドス

0勝1敗で迎えたさわやかJrの第2戦は練習試合で大敗したアイアンボンドスさん。
後攻のイーグルスの先発はケイジ。

1回表に先頭打者にいきなり2ベースを打たれた後、2死球でノーアウト満塁のいきなりのピンチ。4番を空振り三振に取り、5番をセカンド正面のゴロでホームアウトだ!と思った瞬間にエラーで2失点。
2回表は先頭に四球を出し、一死3塁でファーストライナーを落球。続いてセカンドフライエラーで1失点で0−3。2回裏に先頭のソウアが死球で出たがスタートが悪く、2盗失敗でチャンスを潰す。
3回表は一死後にサードライナエラー、セカンドフライエラー、ライトゴロで2死後にセンターフライエラー、レフトフライエラー等で6失点。普通にやっていれば無失点のところを0−9。
3回裏も先頭のタクマが死球で出たが、バント失敗が響き無得点。

見事に四球を選んだユウマ4回表から2番手ケンシン。先頭打者をヒットで出し、セカンドフライエラー、ワイルドピッチで1点献上し0−10。4回裏にワイルドピッチで漸く1点を取り1−10。5回表は3番手タクマ。3四死球もあり、6失点し1−16。
5回表の最後の攻撃に二死から代打のユウマが四球で出て、ケンシンがチーム初ヒットを放ち、二死満塁とチャンスを作ったが無得点で試合終了。

相手の先発のサウスポー投手も伸びのあるストレートを投げる好投手だったが、イーグルスの打者のスウィングの鈍さ、軸のブレが目立つ。
打ち取ったと思ったフライでもビヨンドで打った球が伸びたこともあり外野フライ捕球0。内野陣もフライ、ライナーの落球が多く、投手も2ストライクからの死球、加えて走塁ミス、バントミスと課題が露呈した試合。

1つ1つのプレーの精度を上げないと強いチームに勝つことは難しいことを実感したね。
練習時からキビキビ動くこと、しっかり声を出すこと、素振り、キャッチボールから見直そう。(by Tコーチ)

<Cチーム>西部リーグブロック第4戦(2017.7.20)

7月17日(月) 於:二ツ橋小学校
●4−8 vs レッドホープス

2勝1敗で迎えた西部リーグの第4戦はけん制の上手い投手のいるレッドホープスさん。
先攻のイーグルスの先発はケンシン。

2安打と打撃好調のケンシン1回表にケンシン、ソウタの2ベース、ソウアのヒット、タクマの2ベース等で4点先取。この試合はイーグルスのペースで進めることができると選手達にも心のゆるみが出たのか今日の攻撃はここで終了。
1回裏に四球後に2ベースを打たれ1失点、2回裏にワイルドピッチ、3回裏には2ベース2本と内野安打で2失点で4−4の同点。
4回裏に2四球をだしたところで2番手ケイジにスイッチ。二死2,3塁迄こぎつけたが、3番打者に痛恨の本日3本目の2ベースを打たれ逆転され4−6。集中力が途切れたか死球とセカンドゴロエラーで更に2失点4−8。

守備の構えが良くなったアサヒ初めての逆転負け。「こんなはずでは?」と思った選手も多いはず。ダブルヘッダーで疲れていたとはいえ、15アウト中三振9個は多すぎ。打撃では目線がずれず、構えからコンタクトポイントまで最短でとらえるスイングを身に着けよう。
投手陣も好打者にはストライクを投げただけでは打たれることも学んだはず。

この連敗は野球の神様がくれた『夏休みの課題』だね。
夏休みにしっかり練習して自信を持てる選手になろう!(by Tコーチ)

<Aチーム>東京ガス杯夏季区大会決勝(2017.7.18)

7月17日(月) 於:都田公園
●1−9 vs 早渕レッドファイヤーズ

区大会の初の決勝進出で、緊張のスタートとなり、区大会で好調だった打線が沈黙。
先制を許すと、ずるずると追加点を与える厳しい展開で、決勝戦の重圧に潰された感じのまま、ゲームセットとなった。
全く良い所がなく、うーむ、残念、残念な結果であったorz
とはいえ、準優勝おめでとう!!
秋の大会で頂点を目指して、再出発だ! 
ゴー、ゴー、イーグルス!!(by Yコーチ)

<Bチーム>区大会(東京ガス杯)決勝(2017.7.18)

準優勝おめでとう!そしてまたがんばろう!7月17日(月) 於:都田公園G
●7−14 vs 南山田ライオンズ

いままで何度となく跳ね返されてきた準決勝をようやく勝ち上がり迎えた決勝戦。

残念ながら投げ野球が始まってから経験したことのない失点で準優勝となりました。

この敗戦を糧に一人一人が野球に対する姿勢を見直し、目指すステージに上がれるようにチーム一丸となってがんばっていこう。(by Oコーチ)

<Bチーム>区大会(東京ガス杯)準決勝(2017.7.17)

7月16日(日) 於:東山田公園G
〇9−1 vs 茅ヶ崎エンデバーズ

さぁ区大会準決勝、イーグルス後攻でプレイボール!

ウタ、2点タイムリーヒット!1回表、四球のランナーを出し簡単に先制されてしまう。1回裏、リツキ、タクトの好打ですぐに逆転。その後お互い0点が続く。イーグルスはチャンスに1本が出ずじりじりした展開。

3回裏も2,3塁ながら2アウト。ここでウタのタイムリーが飛び出し2点追加。4回裏、気が楽になったか堰を切ったようにヒット5本を集めて5得点。5回コールド勝ちとなる。

残り1試合、優勝目指してがんばろう!(by Oコーチ)

<Cチーム>教育リーグ区大会ブロック第5戦(2017.7.17)

ツーベースを打ったアイル7月16日(日) 於:荏田西小学校
○12−1 vs 早渕レッドファイヤーズ

2勝2敗で迎えた区大会の第5戦は軟投派のサウスポー投手が先発のレッドファイヤーズさん。
先行のイーグルスは先取点をとり、先発のタクマを楽にさせたいところ。
1回表にケンシンの2ベースで出たランナーを内野ゴロ、振り逃げ2つで3点先取。全力疾走の成果!練習したバントの成果とアイルの2ベースも出て2回に4点、3回にも3点とり10−0。

先発のタクマも四球を出すもののキャッチャーソウアの二盗を刺すプレー等もあり、3回をノーヒットピッチングで失点0。

絶対打つぞと意気込みを感じる鋭い目線のカズ  ショート後方のフライをナイスキャッチのソウタ

4回表はソウタ、ソウアの連続2ベースもあり2点を加え、12−0。4回裏は2番手ケンシン。

キャッチャーソウアのストライク送球で三盗を阻止! 四球で出したランナーをキャッチャーのソウアが三盗を許さず、気分良く二死で迎えた相手の4番。外す筈だったスローボールがど真ん中に行ってしまい本塁打を許したが、12−1でゲームセット。

先週の反省が生きてエラー0!
只、一死3塁で得点できなかったケースが幾つかあったね。
チャンスはキッチリものにする強いチームになろう!(by Tコーチ)

<Bチーム>横浜西部リーグ ブロック1回戦(2017.7.16)

7月15日(土) 於:南瀬谷小学校G
〇3−1 vs 竹山レッドソックス

タクト、ダメ押しタイムリーヒット!A2として参加するトーナメント。

先攻のイーグルス、先頭バッタージュンセイの2ベースが出るも後続が打ち取られ得点できず。
1回裏、簡単に2アウトを取るも四球とヒットで相手に先制を許す。2回表、ウタの好走塁ですぐに同点に追いつき、4回にはハルキ、5回にはタクトの好打で1点ずつ積み重ねていく。

最終回、2アウト2,3塁と一打同点のピンチを迎えるも最後のバッターをピッチャーゴロに打ち取りゲームセット。初戦を突破しました。

今日はピッチャー3人。それぞれの課題を克服したとは言えないが少しずつ成長しているかな。
走塁、バントはもっと練習しましょう。バッターはもっと試合の流れを感じながら打席に立とう。

一戦必勝!3連休がんばろう!(by Oコーチ)

<Cチーム>西部リーグブロック第3戦(2017.7.13)

7月9日(日) 於:二ツ橋小学校
○7−6vs白根ファイターズ

大ツーベースを打った先発のタクマ1勝1敗で迎えた西部リーグの第3戦は元気よく挨拶する選手の多いファイターズさん。
後攻のイーグルスの先発はタクマ。

1回表に四球で出したランナーをボークで1失点。1回裏はエラーで2点をもらい2−1と逆転。3回裏にあと数メートルでホームランだったタクマの大2ベース等で5点を取り7−1。

しかし、昨日の敗戦を引きずってか今日はリズムに乗れず締りのないイーグルス。4回表にサードゴロエラーで1失点し7−2。5回表からは2番手ソウタに継投。二死後のサードゴロでこの回終了と思った瞬間にファースト落球。気持ちを切り替えることができず四死球で貯めたランナーを押し出し等であれよあれよと4失点し7−6。流れを変えるべく交代した3番手ケンシンが何とか終わらせたところで時間切れとなりゲームセット。

5−3−2のダブルプレーを決めたキャッチャーソウア勝つには勝ったが何とも後味の悪い試合。
練習の成果が出たのは3回の一死2塁でケンシン、ケイジ、ソウアで取った5−3−2のダブルプレーくらい。

昨日は1ヒット、1四球にもかかわらず、7エラーで5失点。今日は、3エラー、8四死球で6失点と散々な守り。
今一度、素手でのキャッチボール、ゴロ捕球等の基礎練習からやり直し、守りからリズムを作れるようになろう!(by Tコーチ)

<Aチーム>東京ガス杯夏季区大会準決勝(2017.7.10)

7月9日(日) 於:牛ヶ谷公園
〇6−5 vs 南山田ライオンズ

勝利を願って力投のユウさて、連日の対戦となる南山田ライオンズさん、ホームグラウンドで昨日の雪辱を晴らしたい。選手たちは、試合前の円陣スクワットで、”絶対勝つ”の文字を心に刻んだ。

初回チャンスが訪れた、リョウ、ナオヤの四球、シンヤのバントヒットの満塁となり、トシキのタイムリー先制!、ヒカルのツーストライクからのスクイズで追加点!
先発ユウは2回四球、ヒットでピンチを迎え、難しい打球処理が続き、5失点で逆転を許した。

リョウ3塁までの激走しかし、”勝つ”と誓ったイーグルスは諦めていなかった4回表、リョウのタイムリー3塁打で2点差!、ナオヤの内野ゴロで1点差!、そして、トシキのタイムリー2塁打で同点!
ユウが3回から5回を無失点の力投に、先頭のリョウが広いホームグラウンドの地の利を生かした3塁打を放ち、ベンチは大興奮、そして、ナオヤの貴重なバントでついに逆転!
最終回、ユウがツーアウトを取り、四球を出して一打同点のピンチ、ヒロトが継投し、レフトフライに討ち取りゲームセット。
厳しい練習をしたホームグラウンドは、歓喜の瞬間の舞台となった。

さあ、開会式で返還した優勝旗、連覇でもう一度、イーグルスの手元に取り戻そう!!(by Yコーチ)

<Cチーム>親善交流Jr.リーグ ブロック第4戦(2017.7.10)

7月6日(土) 於:深谷通信隊グラウンド
●4−5 vs 若葉台リトルバーズ

親善交流Jr.リーグの最終戦の相手は投手、守り、打力ともに優れたリトルバーズさんとの全勝対決。
勝てば決勝トーナメント進出が決まる大事な試合の先発はケンシン。

粘りのピッチングの先発ケンシン1回表を三者凡退で打ち取られたイーグルス。守備でリズム良く終え2回の攻撃を迎えたたいところ。しかし先頭バッターをファーストのファールフライエラー後の四球で出す不味い流れ。加えてこのランナーをキャッチャーからのピッチャーへの返球時に走られ先制点を許し、0−1。

2回表は1アウト満塁のチャンスに2者三振でチャンスを潰した後に3回表またもやファーストのファールフライエラー、加えてピッチャーゴロでのファーストへの送球も落球、ショートゴロも暴投とお粗末なプレーが続き2失点した後、一死3塁ピンチに痛烈なサードライナーをしっかりチャッチしダブルプレー!

自分達のミスで失点したが、ここから粘るのがCチーム。
内野安打で出たアイルをソウタがタイムリーで返し先ず1点、セイヤのセカンドゴロの間にソウタも還り2−3。
四球と死球で出て足で二死2、3塁と逆転のチャンスだったがケイジの打球はショートライナー!イーグルスベンチは歓喜から一転溜息へ。

外野フライの捕球が得意のライトのルイト2番手ケイジで何とか悪いムードを断ち切りたかったが、今日の守備陣には締りがなくショートゴロエラーでランナーを出す。二死後のセンターフライをまさかの落球。続いてボテボテのセカンドゴロをエラーし2失点で2−5のピンチに。ここでも粘るイーグルスは3ベースで出たリュウタロウをリクが内野ゴロで返し、四球で出たケンシンをソウタが2ベースで還し4−5。

4回の裏を3者凡退で締めリズム良く、5回表の攻撃。
二死3塁で同点のチャンスだったがケイジの三振で時間切れでゲームセット。

完封勝ちでもおかしくない、完全に自滅し負けた悔いの残る試合だったね。
暑さもあったが何故怠慢なプレーをしてしまったのか?、何故大切に捕球できなかったのか?
皆でしっかり考えて次の試合に生かそう!(by Tコーチ)

<Aチーム>ベイスターズカップ2回戦(2017.7.9)

7月8日(土) 於:海釣り公園グラウンド
●2−8 vs 山手メイツ

昼から30度を超える猛暑の2試合目は、先発:リョウ、キャッチャー:ヒカル、ライト:トシキのいつもと違う守備位置での対戦となった。

リョウの3塁打とエラーで1点、ハルのタイムリー1点、4回表まで1点差と踏ん張る展開。この暑さの中、100球目前のリョウは痛恨の4失点を許した。これで選手はエネルギー切れとなり、打線は追いかける元気もなく、海釣り公園とはサヨナラすることになった。

真夏のダブルヘッダーでは、選手はどう気持ちを維持するか、集中力の高めるか、コーチはどう起用していくか考えなければいけないと痛感しました。

それでは、海釣り公園はレジャーでまた来てくださいね。(by Yコーチ)

<Aチーム>神奈川県小学生野球連盟ブロック決勝(2017.7.9)

7月8日(土) 於:山田小学校
●2−4 vs 南山田ライオンズ

暑さ全開の中、ダブルヘッダーの初戦は、相手のホームグラウンドでのブロック決勝戦。
こちらのベンチ側後方から、相手の応援が入る完全アウェイの試合となる。

タイム先発ユウは2回まで無失点の好投、3回、ナオヤのタイムリーで先制。序盤はイーグルスのペースとなり、なんか予想と違う展開となるも、相手チームの特大ホームラン、ツーランスクイズで4失点と逆転された。地の利がないのか、タイムリーヒットのはずが、何度も外野ゴロとなる。

終盤の粘りを見せれず、残念ながら、県小連は敗退となった。しかし、強豪ライオンズに大敗していたイーグルスはもうここにはいなかった。選手たちの成長を確信したコーチ陣は、つぎの区大会での逆襲を誓った。(by Yコーチ)

<Bチーム>区大会(東京ガス杯)2回戦(2017.7.9)

7月8日(土) 於:すみれが丘公園グランド
〇2−1 vs 川和シャークス

レンシン、勝ち越しのツーベース!炎天下のダブルヘッダー、2試合目は大事な夏の区大会2回戦。

後攻のイーグルス。
1回表、いきなり1アウト2,3塁のピンチを招くも4番、5番を抑えて無失点。1回裏、イーグルスの攻撃。2塁にリョウマをおいてリツキが期待通りのセンター前ヒットで先制!

2,3回はお互い無失点。

4回表、内野ゴロの間に1点を奪われ同点にされる。しかし4回裏、レンシンのレフトオーバー2ベースで1塁ランナーハルキが一気にホームイン!再びリードを奪う。

先発ウタはコントロールに苦しみながらもまさに粘りの投球。
5回表無死満塁のピンチも視野広く頭脳的なピッチングで無失点。4回の1失点に抑える。
6回はジュンセイが締めくくりゲームセット。

1試合目とは打って変わって少ないチャンスに足を絡めて得点し、しっかり守り抜くイーグルス野球ができたいい試合でした。次も頑張ろう!(by Oコーチ)

ハルキ激走!1塁から一気にホームイン!  応援ありがとうございました

<Bチーム>KBBA2回戦(2017.7.9)

タイセイ、炎天下の中キャッチャー頑張りました7月8日(土) 於:入船小学校
●1−3 vs ニュー横浜スターズ

5年生以下の大会、トーナメント2回戦。
打線が沈黙、6回で1得点のみ。
先発リツキは調子が良くないなか粘り強く投げましたが、チームとしてもリズムを作れず2回戦で敗戦。
走塁ミス、カバーリング不足など過去の反省が活かされていない残念な試合内容であった。(by Oコーチ)

<Cチーム>親善交流Jr.リーグ ブロック第3戦(2017.7.6)

7月2日(日) 於:栗木台小学校
○8−2 vs 栗木ジャイアンツ

2連勝で迎えた親善交流第3戦の相手はTチームの時に一度対戦し引き分けた強豪の栗木ジャイアンツさん。ダブルヘッダーで少々疲れもあるが、絶対に勝ち、決勝トーナメントに進みたい。

後攻のイーグルスの先発はソウタ。
守備でリズムを作る為に先頭打者を抑えることが今日の守りの課題。
ここでベンチのユウマから「ファーストアウト!」の声が上がったが。。。
初回表、先頭打者を四球で歩かせてしまい二死2、3塁のピンチでソウアのピッチャー返球の際に3塁ランナースタート!
何と間一髪でアウト!サードのケイジの声に反応したナイスバッテリー!

1回裏、四球で出たアイルをソウタの2ベース、続くソウアのタイムリーで2点先制!
相手の強肩キャッチャーから3塁ベースに投げるコントロールの良さもあり三盗を刺されチェンジ。
二回表は四球とセカンドゴロエラー、バントヒットと満塁から押し出しで1点献上し2−1と緊迫した試合。

ここから常々『全力疾走』を心がけていること、また打撃練習とバント練習の成果が出た。振り逃げで出たケイジをリュウタロウの2ベース、アサヒがスクイズを決め4−1。

2度のスクイズを決めたアサヒ  吉本代表に2ベースを打つことを宣言し見事に成し遂げたリュウタロウ

3回表からは予定通り2番手のケイジ。内野の好守備もあり、また先頭打者を確実にとるピッチングでイーグルスのペースで試合を進めることができた。
3回にも1点をとり、4回の攻撃ではアサヒのバントヒットで1点をとった後、一死2、3塁でケンシンがスクイズ!1塁でアウトを取る間に2塁ランナーのアイルが好走塁で生還し、2ランスクイズ成功!昨日の練習の成果が早速出た圧巻のプレー!これで8−1。
6回表は二死から四球とファーストの捕球ミスで1点を失ったが8−2でゲームセット。

ファール好捕したレフトのタクマ  ダブルヘッダーを連勝で終えた選手たち

6回の1失点は余計だったが、練習の成果が出て監督の描いたとおりのゲーム運びで快勝!

次の試合も勝って決勝トーナメントへ行こう!(by Tコーチ)

<Cチーム>親善交流Jr.リーグ ブロック第2戦(2017.7.6)

7月2日(日) 於:深谷通信隊グラウンド
○16−2 vs 上谷部ヒーローズ

3回をパーフェクトに抑えたタクマ親善交流Jr.リーグの第2戦の相手のヒーローズさんは3年生が多く、全員4年生のイーグルスは、上級生としての意地もあり、負けられない。

先発はタクマ。
1回表を三者凡退でリズム良く終えた後、1回裏にケンシンの全力疾走で得た内野安打から4点を先取。2回表、3回表とも三者凡退とパーフェクトピンチング!

3回裏にこの試合4番のリュウタロウが外角の球にくらいつきライトライン際に2ベース、バッテリーミスで1点取ったのちに四球で出たソウアを3塁に置き、ケイジが昨日集中して練習したスクイズを決め6−0。
4回表は2番手アイルが先頭打者を三振に切った後にファーストエラーから四球で出たランナーをワイルドピッチ等で2点献上。
5回表は3番手ケンシンが簡単に打たせて終わらせた後に相手ピッチャーの乱調もあり、イーグルスの猛攻で10点を取った時点で時間切れでゲームセット。

1回に2回ホームインしたカズ  初の試合出場でボールボーイを担ったリンタロウ

守備でリズムを作れば、攻撃にもリズムがでることを実感した試合でしたね。(by Tコーチ)

<Aチーム>神奈川県小学生野球連盟3回戦(2017.7.2)

7月2日(日) 於:茅ケ崎小学校
〇31−0 対:小田原ベアーズ

タイセイ2安打3打点の活躍本日、フィリピン沖に台風3号が発生し、今週中には上陸の恐れとなった。都筑区では、31度、湿度80%の中、ぐったりのコーチ陣の前で、イーグルスハリケーンが発生した。

まずはキャプテンのトシキがジャンケンで勝ち先攻をとった所から始まった。初回、打者17人の突風で11得点、2回も打者17人で13点を取り、3回は吹き返しで7点を取って、ハリケーンは大暴れで茅ヶ崎小を駆け抜けた。投げてはユウがノーヒットノーランで、県小連の3回戦突破!!

さあ、来週の強豪チームも吹き飛ばして、勝利を掴みましょう。(by Yコーチ)

<Bチーム>区大会(東京ガス杯)トーナメント1回戦(2017.7.2)

7月2日(日) 於:東方公園
○8−1 vs 横浜ビクトリー

ツーランスクイズも決めたシンタロウのフルスイング!いよいよ夏の区大会が始まりました。

後攻のイーグルス、1回裏リツキ、ジュンセイの連続ヒットでチャンスを作るも無得点。
続く2回表、相手4番の特大ヒットでピンチを招くも、次バッターのサードゴロで5−3−6T.O。
ファーストレンシンのビックプレーで2塁ランナーの3進を阻止。相手に主導権を与えません。

ジュンセイ、走れ走れ!ここからようやくイーグルス打線のエンジンがかかり始めます。2回裏相手守備の乱れを突き2点先制。
3回裏、ジュンセイのセンター前ヒットでチャンスを作り、シンタロウのスクイズで2得点。
4回裏、ウタ内野安打、リョウマセンター前ヒット、レンシンのスクイズ、リツキの特大スリーベースヒットで4得点。5回コールド勝ちとなりました。

先発ウタは5回を34球の超省エネ投球。5回表の1点は余計でしたが打たせて取るピッチングが冴えました。

しかし今日も反省点は盛りだくさん。しっかり直して来週はもっといいプレイをしよう!(by Oコーチ)

<Aチーム>あじさいカップ オープントーナメント(2017.7.2)

7月1日(土) 於:久地小学校
●0−10 vs 久地第3レッズ 

予選ブロックで日程が合わず、試合が組めなかった相手との初戦。
しかし、これまで対戦した中では、一番の速球派投手から、12三振を奪われる惨敗。
予選で試合できていれば対策できたかもしれなかったが、速球打ちの練習の必要性を感じた貴重な経験であった。

それでは、気を取り直して、頑張りましょう!!(by Yコーチ)

<Cチーム>西部リーグブロック第2戦(2017.6.27)

6月25日(日) 於:二ツ橋小学校
●3−6 vs 保土ヶ谷ベアーズ
 
全勝で決勝リーグへ行きたい西部リーグの第2戦は2人の大型で速球派のピッチャーがいるベアーズさん。
塁に出たランナーを大事にして攻め、守備でリズムをつくりたいイーグルスの先発はソウタ。

勝つ気満々のイーグルスの選手達  少々緊張した表情の試合前の選手達

1回表のイーグルスの攻撃は三者凡退で終り、大事な初回の守りを守備力で封じたいところ。
先頭バッターをエラーで出す不味い展開だったが、何とかソウタの好投で最少失点で抑えた。
2回表、3回表はエラー、死球、四球で出たランナーが足を使って得点し2−1と勝ち越し。
3回裏からの2番手投手はアイル。
凡ミスエラーをこれ以上出したくなかったが、またもやエラーでランナーを出し3回裏に2点、
4回裏には3点を献上。5回表の反撃も1点止まりで万事休す。

まともなヒットはベアーズ1本、イーグルスは0本。
四死球を8つももらっていたのにチャンスを生かせず、
ノーストライス3ボールからボール球を空振り、真ん中のボールのスクイズを失敗。
また、守備陣がエラーでチャンスを与えていては勝てないね。
選手一人一人が何を改善しなければならないかしっかり考え、次からの練習でその課題に取り組み上手くなろう!(by Tコーチ)

<Cチーム>親善交流Jr.リーグ ブロック戦(2017.6.27)

6月24日(土) 於:深谷通信隊グラウンド
○9−6 vs 麻溝台ペガサス

ソウ、気合いの3打点今日も後攻イーグルスの立ち上がり、2死ながら2・3塁のピンチもケイジの粘りの投球で、無失点で切り抜け上々のスタート!!
2回、先頭打者を三塁・遊撃のお見合いで出塁を許し、続く打者に四球。なんとか2死までこぎつけるも踏ん張りきれず、パスボールで1点献上してしまい、このままズルズルといくかと思われたが、なんとか持ちこたえ裏の攻撃へ・・
1死後、タクマ・ケイジが死四球で出塁、それぞれ盗塁で2・3塁とし、打者は3年生のソウ!!
粘りに粘った8球目、前進守備の間をしぶとく抜く2点適時打で逆転!!
2盗塁後にアサヒが送りバントをしっかり決め、送球のスキをついてソウがホームへ生還で3点目。失点の後しっかりと逆転し、いい流れで3回の守備へ・・・

大緊張ながらも大活躍のコウタロウ1死後2四球と盗塁でまたも2・3塁のピンチ!
ファーストフライで2死後、相手打者の打球がライトへフラフラと上がり、万事休すかと思われた瞬間、ライト アサヒが猛ダッシュからの好捕で無失点!!。
裏の攻撃も、その流れに乗り打者11人で6点を上げ、計9得点!!
最終回に暑さからか踏ん張りきれず、5失点は余計だったが、とりあえず辛勝ながらも次へつながる1勝でした。

まだまだ公式戦が続きます。
1戦1戦しっかり戦っていきましょう。(by Aコーチ)

<Aチーム>横浜DeNAベイスターズ旗争奪(2017.6.26)

6月25日(日) 於:海釣り公園
〇7−0 vs 南加瀬越路少年野球部

不戦勝で1回戦突破となりました。(by Yコーチ)

<Bチーム>都田リーグ ブロック第3戦(2017.6.26)

6月25日(日) 於:東方公園
●2−5 vs 茅ヶ崎エンデバーズ

ブロック抜けをするためは絶対に負けたくない試合。

先攻のイーグルス。1回表は3者凡退。1回裏、四球のランナーをおいてセンター前ヒットで先制をされる。その後お互い攻めあぐね0点が続く。
しかし我慢できなかったのはイーグルス。5回裏、三遊間のエラーが重なり4失点。
7回表、ベンチスタートのミライ、リョウスケが初打席でしっかりヒットを放ち2点を返すが今日はここまで。
攻撃ではボーンヘッドを繰り返し自ら勝ちを放棄した試合となった。(by Oコーチ)

ミライ、今日の初打席初球をレフト前ヒット!  リョウスケ、ショート強襲の内野安打!

<Aチーム>都筑区少年野球夏季大会 東京ガス杯 2回戦(2017.6.19)

6月18日(日) 於:牛ヶ谷公園
〇13−1 vs 横浜フューチャーズ

応援ありがとうございました夏の区大会トーナメント2回戦、ここも負けられない大事な一戦。
1点先制されたが、2回の攻撃はタイヨウが絶妙なセーフィティーバントでチャンスを広げ、見事な走塁でツーランスクイズで逆転のホームを踏んだ。
そして、区大会得意のロケット打線がエンジン始動。
3回はシンヤ、ヒロト、リョウ、ナオヤ、シンヤ、ヒカル、ユウの7ヒットで11点得点。
投げては、先発ユウが3回完投でゲームセット。
さあ、これでベスト4だ。
次の強豪を撃破して、頂点を目指そう。(by Yコーチ)

<Bチーム>都田リーグ ブロック第2戦(2017.6.19)

6月18日(日) 於:中の谷公園
○5−4 vs DMファイターズ

打撃好調!マルチヒットカルテット!今日は後攻のイーグルスA2。

1回表、イーグルス先発はタイセイ。2アウト2,3塁のピンチを招くも痛烈なピッチャー返しを好捕!何とか0点で抑えます。
1回裏の攻撃、打撃好調リツキのレフトオーバーのツーベースを絡めて相手と同じ2アウト2,3塁のチャンスを作るも得点できず
3回表、フォアボール二つにライト線ツーベースが絡み2失点。先制を許す。
3回裏、イーグルスは先頭リョウマのツーベース、リツキのレフト前ヒットで1点を返す。

粘投!タイセイ、ウタ!4回からは0更新。そして6回裏、先頭ジュンセイのレフト前ヒットを皮切りに、タクトの左中間を深々とやぶるツーベースで同点、さらにリョウマのセンター前ヒットでとうとう逆転!1
点リードで最終回を迎えます。

ピッチャーは5回から登板したウタ。5,6回と粘りのピッチングで0点に抑えてきましたが、7回表、先頭バッターの内野安打から崩れ2失点。相手に逆転を許す。

やったぜ!サヨナラ勝ち!しかし今日のイーグルスはあきらめなかった。最後の攻撃、先頭ウタがセンター前ヒット、ジュンセイのレフト前ヒットで1アウト2,3塁、逆転のチャンスを迎える。ここでタイセイが難しいボールをしっかり転がし、ツーランスクイズ!サヨナラ勝ちをしました。

今日は打線が活発、リツキ、ジュンセイ、タクト、リョウマがマルチヒット。ピッチャーのタイセイ、ウタは再三のピンチも粘り強く投げぬきました。

反省はたくさんありますが、久しぶりに気持ちのはいったしぶとい野球が見られました。
ミスをしても逆転されても下を向かなければ何かが起きる。今日の試合で気づいてくれただろうか。(by Oコーチ)

<Cチーム>西部リーグブロック第1戦(2017.6.19)

6月18日(日) 於:二ツ橋小学校
○8−0 vs 白根台ジャガーズ

再三のピンチも無失点で切り抜けたケイジ決勝トーナメントへはブロックトップのみ通過となる為、負けられない大事な初戦。
後攻のイーグルスの先発はケイジ。

1回表 エラーで出たランナーに加え、雨で手がすべり四球を出し、ロジン投入で息を吹き返したものの初回から2死2、3塁のピンチをショートゴロをケンシンが丁寧にさばき無失点で切り抜けた。
1回裏 ソウタのタイムリーで1点。2回裏もケイジのタイムリー2ベースで2−0。只、試合は押せ押せムードだが、けん制で刺されたり、2回で5残塁とまずい攻め。雨の中のプレーで何が起こるかわからないので気を引き締め3回表の守備へ。俊足の1番セイフティーバントにサード ソウタの猛烈なダッシュでアウト、2死迄ノーヒットノーランだったが、内野安打と四球で2死、1、3塁のピンチとなり1塁ランナースタート!セカンドセイヤとキャッチャーソウアの連携プレーでホームでアウト!

2本のタイムリーとバッティング好調のソウタ3回裏 セイヤのタイムリーヒットで始まった攻撃は、ソウタのタイムリーヒットで締めて計6点を取り8−0となったところで時間切れでゲームセット。

細かいミスはあったがピンチを全て無失点で凌いだ内野陣。ボールは飛んで来なかったが足を動かしていた外野陣。
練習の成果が出ていたし、ピンチの時には皆集中していた良い試合だったよ。次も勝つぞ!(by Tコーチ)

<Aチーム>神奈川県小学生野球連盟2回戦(2017.6.19)

6月17日(土) 於:すみれが丘グラウンド
〇5×−4 vs 茅ヶ崎ドリームス

ヒロト大暴れ県小連の第二回戦、先週の激戦の勝利で、ガッチリ女神のお気に入りになったイーグルス。
今日も強い味方をバックに戦おう!!

さて、先発ユウは2回無失点、打線は苦しみながらも3点先制、そして、投打好調なリョウが継投の勝ちパターンだったはずが、女神はランチタイムで不在であった。
しぶといドリームス打線に4回同点、5回逆転を許す展開となり、またしても激戦モードに突入した。
時間切れの最終回、この日猛打賞のヒロトが出塁し、盗塁でチャンスを作る。
そして、タイヨウが勝利への執念の粘りのファール8球目ライト線へのツーベースで同点。
最後はリョウがレフトオーバーのサヨナラタイムリーを放ち、2回戦突破!!
接戦に強くなった選手たち、ずいぶん頼もしくなってきました。

毎週、予想できない勝負ドラマを魅せてくれて、ありがとう!!
ドラマの最終回まで、まだまだサポート、応援しますよ。
チーム一丸となって、頑張りましょう。(by Yコーチ)

<Bチーム>あじさいオープントーナメント 1回戦(2017.6.18)

6月17日(土) 於:都田公園
●3−5 vs 市ヶ尾シャークス

ナイスバッティング!シュンダイ!1回表、先攻のイーグルス。2アウト1、2塁からダブルスチール失敗で3アウトチェンジ。
1回裏、相手先頭バッターに右中間を深々とやぶられランニングホームラン。2番バッターにピッチャー強襲ヒット。その後落ち着く間もなくばたばたと初回3失点。

2回表、シュンダイのツーベースから2アウト満塁を作るも無得点。2回裏をしっかり抑えて3回表。1アウトからリツキのスリーベース、ジュンセイのスクイズ、タイセイのスリーベースがでて2得点。1点差に詰め寄ります。
さらに5回表、リツキの今日2本目のスリーベースを足掛かりにハルキのスクイズで同点。とうとう追いつきます。しかし5回裏フォアボールとエラーから2点を取られ時間切れ。

今日は初回の3失点から同点に追いついたことが収穫。
しかし再三のチャンスに走塁死、バント、スクイズ失敗などが重なり勝つことができませんでした。

次の塁を狙う気持ちと少しの勇気が欲しい。そして仲間を信じよう!(by Oコーチ)

獲物を狙う野生児リョウスケ!  どうしてハルキも跳ねてるの? by ジュンセイ

<Aチーム>神奈川県小学生野球連盟(2017.6.12)

6月11日(日) 於:茅ヶ崎小学校
〇9−4(タイブレーク延長) vs 川崎ブレイブスターズ

守りきった最終回近隣の茅ヶ崎小学校で多く応援者がいる中で、県小連の初戦がスタートした。試合は2点追いかける展開となるも、大きな声援が終始イーグルスを後押した。

3回にユウ、リョウ、ナオヤのヒットで同点。
4回にエラーで1点リードされ、またしても追いかける展開。
最終回、ツーアウトで土俵際まで追い詰められ、万事休すかと思われたが、ユウの2塁打、ヒロトの内野ゴロで土壇場の同点劇となり、応援者は大歓声を上げる。しかし、その裏、サヨナラの大ピンチは、リョウが気迫のストレート、ヒカルとナオヤが鉄壁の守備でピンチを救った。そして、タイブレークのノーアウト満塁で、リョウがタイムリー2塁打を放ち、ユウタ、シンヤが続いて一挙6点を奪う。
その裏、最後のバッターをセカンドゴロに討ち取った瞬間、ガラガラ声の大歓声が選手達を祝福した。
今週は、勝利の女神がまさに微笑んだ。ナイスゲーム!(by Yコーチ)

<Aチーム>西部リーグ(2017.6.12)

6月10日(土) 於:三ツ境小学校
〇10−7 vs 白根台ジャガーズ

好守好走のヒカルさて、西部リーグの初戦はYBBL第二選抜の白根台ジャガーズさんだ。
前回はコールド負け、なんとかリベンジして初戦突破したい。

初回の攻撃、先頭リョウがヒットで出塁し、トシキのタイムリーで先制。
続く2回はハル、リョウ、ユウタのヒットで、4点追加し、序盤を終わって、7点差をつけた。遅れて観戦となったYコーチもびっくりな展開であった。
しかし、ここまで好投のハルが捕まり、1点差まで迫られた。
Y夫妻は負けの神になってしまうと思ったのも束の間、ヒカルの好走で、3点追加。
継投のリョウの力投をバックが支え、大きな勝利を掴んだ。(by 勝って安心したYコーチ)

<Cチーム>さわやかJrブロック第1戦(2017.6.9)

6月4日(日) 於:片倉北公園
●5−6 vs ハマヤンキース

粘りのピッチングを続けるタクマさわやかJrの初戦は大型のキャッチャーで4番の強打者がいるハマヤンキースさん。
午前中の逆転勝利の勢いを勝ちに結び付けたいイーグルス。
先発は公式戦初先発のタクマ。

1回表、先頭バッターに一発をあびたものの相手チームの大応援団のプレッシャーに屈せず、その後は最少失点で切り抜けた。
その後上位陣が回ってくる回の攻撃は凌ぎきれず、2−6で最終回の6回裏。またも最後に粘りをみせるのがCチーム!

鹿児島から来られた祖父母の前でタイムリーを打ったセイヤ先頭のケンシンがライト前ヒット、1死2、3塁でセイヤがレフト前タイムリーヒットで2点とり、また自分も帰り5−6と一点差!

しかし後が続かず敗戦。決勝トーナメントではリベンジしよう!

そして次の試合からは相手チームの大声援に負けないように声を出そう!
ピッチャーを孤独にさせないように!(by Tコーチ)

<Cチーム>区大会ブロック第4戦(2017.6.8)

6月4日(日) 於:荏田南小学校
○9−8 vs 横浜フューチャーズ

2者を三振にとり好調な立ち上がりのソウタ1勝2敗で迎えた第4戦。決勝トーナメント出場には絶対負けられない試合。後攻となり、守備でリズムをつかんで攻撃に生かしたいイーグルス。先発は公式戦初先発のソウタ。

1回表、三者凡退の好調な立ち上がり。
1回裏に1点先行しイーグルスのペースで進めると思ったとたんに2回、3回、エラーと四球で出したランナーに足でかき回されノーヒットで4点を失い1−4で苦しい試合展開。
3回裏に漸く4点取り、5−4とし逆転。
勝ちムードで迎えた4回表、四球でランナーを貯めて交代したケイジが唯一のヒットを打たれ5−8と後がなくなったイーグルス。

ライト前にサヨナラヒットを打ったリク最終回の5回裏!
ここで諦めず粘るのがCチーム!
四球で出たケンシン、ソウタのヒットなどで7−8。頭に死球で出たケイジに代走ソウアが足で1点をとり、8−8。
1アウトランナー無しからセイヤの火の出るようなあたりの2ベースヒットの後、リクのタイムリーヒットでサヨナラ!

それにしてもヒット1本で8点は取られすぎ。3盗をすべて許したのはバッテリーのみならず、『3盗あるぞ』、『走った』の守備陣の声が無いのが要因であることを反省して次の試合に向かおう!

これで2勝2敗。連勝してブロック戦に4位以内に入り、決勝トーナメントに行くぞ!

(by Tコーチ)

<Aチーム>東京ガス杯(2017.6.4)

3専属:塁コーチャーのタイセイ6月4日(日) 於:都田公園
〇18−8 vs ジュニア葵

前回優勝チームとして、開会式では優勝旗、カップを返還した大事な大会。
是非、もう一度、優勝旗を受け取る覚悟で試合に臨んで欲しい。

初回の攻撃、ユウタ、シンヤ、ユウ、ハルのヒットで、7点先制でロケットスタート。しかし、勝利の女神はまだ振り向いてくれず、連敗中の悪循環で、大乱調の一挙8失点。
とにかく守りのリズムが悪く、流れを簡単に渡してしまうパターン。
試合は11点を追加して、なんとか女神は苦笑いしてくれた。

次は満面の笑みをベンチ、応援者にプレゼントしよう!(by Yコーチ)

<Bチーム>KBBA1回戦(2017.6.4)

ハルキの復帰。久しぶりのスタメン!6月4日(日) 於:並木第四小学校
○9−7 vs 並木ジャイアンツ

5年生以下、トーナメントの大会です。

初回表、相手の攻撃。最近初回の失点が多かったイーグルスですが今日は3者凡退でいい立ち上がり。
初回裏の攻撃、いい流れの中、1アウト満塁を作るも得点できず。すると2回表先頭バッターの2ベースを足掛かりに4つのエラーを重ね4失点。

レンシン、2安打2打点の活躍!2回裏にリョウマ、レンシンの連打で2点を返すも、3回表に相手に3点を追加され逆に5点差に。流れをイーグルスに引き戻せず。
最近の負のスパイラルが今日も続くのか・・・。 3回裏、ランナー3塁もすでに2アウト。しかしここからウタ、レンシン、タイセイ、タクトの4安打、打者一巡の猛攻で一挙に7得点。試合をひっくり返しました。
4、5回はすこしバタバタはしながらもなんとか0点に抑え、ぎりぎりで1回戦を突破することができました。

最近はどこか浮ついたプレーが続いています。
次のプレーにそなえてしっかり準備をする、チームメイトと会話をしてみんなで戦う。
グランドに1つしかない白球にもっと集中しよう。(by Oコーチ)

<Bチーム>小泉杯2回戦(2017.6.4)

6月3日(土) 於:深谷通信隊グランド
●0−7 vs 前田グリーンスターズ

5回コールド負け。

打つ時も守る時も攻めの気持ちがなければ今日のような結果になるね。

次はがんばりましょう。(by Oコーチ)

更新情報

2017.7.20
トピックス更新(Cチーム 西部L・さわやかJr.)
2017.7.18
トピックス更新(Bチーム 区大会決勝、Aチーム 区大会決勝)
2017.7.17
トピックス更新(Cチーム 区大会、Bチーム 区大会)
2017.7.16
トピックス更新(Bチーム 西部リーグ)
2017.7.13
トピックス更新(Cチーム 西部リーグ)
2017.7.10
トピックス更新(Cチーム 親善交流、Aチーム 区大会)
2017.7.9
トピックス更新(Bチーム KBBA・区大会、Aチーム 県小連・ベイスターズC)
2017.7.6
トピックス更新(Cチーム 親善交流Jr.リーグ 2件更新)
2017.7.2
トピックス更新(Aチーム あじさいOT・県小連、Bチーム 区大会)
2017.6.27
トピックス更新(Cチーム 親善交流・西部L)
2017.6.26
トピックス更新(Aチーム ベイスターズC、Bチーム 都田L)
2017.6.19
トピックス更新(A・B・Cチーム 6月17, 18日試合結果 4件更新)
2017.6.18
トピックス更新(Bチーム あじさいOP)
2017.6.12
トピックス更新(Aチーム 西部L・県小連)
2017.6.9
トピックス更新(Cチーム さわやかJr.)
過去のトピックス(2017年 1月〜6月)ページを追加
2017.6.8
トピックス更新(Cチーム 区大会)
2017.6.4
トピックス更新(Bチーム 小泉杯・KBBA、Aチーム 東京ガス杯)