【Bチーム】ベイサイドカップリーグ⑥

6月23日(日) 於:新吉田小学校
● 4-10 vs 綱島リバース

ベイサイドカップも第6戦目、そろそろ初勝利が欲しいところ・・・
対戦相手は、お隣港北区の綱島リバースさん。

後攻のイーグルス、先発はエースに名乗りを上げたいルイカ。
1回の表、先頭打者の内野ゴロをいきなりトンネルし、ランナーを背負う。
四球、振り逃げで無死満塁とすると、4番打者は打ち取って内野ゴロのはずが、エラーで早くも1点献上。
さらに内野陣がこぞって投手の足を引っ張り、初回で3失点となる。
守備のミスはバットで返したいところだが、早打ち自慢のイーグルスは、わずか5球でスリーアウト。

盗塁を阻止したソウ

2回表もランナーを背負うとワイルドピッチで進塁され2失点とするが、捕手ソウが二塁盗塁を刺したのを機にルイカもエンジンが掛かり三振を奪って追加点を許さなかった。
しかし、その裏の攻撃も、内野安打と野手選で一死一二塁とするが、後が続かず無得点。

連続タイムリーと絶好調なカナル(Good swing!)

先発ルイカは、エンジンが掛かってからは安定したピッチングで、3~4回で三振3つを奪って無失点と味方の援護に期待する。
3回裏、相手のエラーでイツキが出塁すると、2番に抜てきされたカナルが初球を捕らえてセンター越えのタイムリー2塁打で、ようやく1点を返す。

レフト前ヒットのイツキ

4回裏は三者凡退となったものの、5回裏、二死ながらイツキがレフト前ヒットで出塁すると盗塁を決めて二塁へ。
そして、前の打席でタイムリーを放ったカナルが、ファールで粘った10球目をまたもやセンター越えのタイムリーで1点を返すと、続くルイカの走塁ミスからの挟殺プレイ中にカナルが帰って2得点。

二塁打を放つコウタロウ

しかし、5~6回に追加点を許し、7点差となった最終回、コウタロウ、ソウの連続二塁打で1点を返すも、後が続かずゲームセット。

二番手でマウンドに上がったソウマ

結果的に6点差での負けとなったが、失点のほとんどがエラー。
ピッチャーがいくらがんばっても守備が足を引っ張るのが、もはやお家芸となっている。
何度も注意されることは、いい加減に直してもらいたい。
ほぼ毎週注意される選手もいるが、一向に直そうとしている気配がない。
その場で返事をするものの、直す気がないのだろうか。
非常に残念である。
また、打撃は水物ではあるが、今日は1番~5番打者は、全員ヒットを打っている。
それに反して、6番以降の打者は無安打。
打てないと思う選手は、「なぜ打てないのか?」を真剣に考えて欲しい。
打てない原因の多くは、言われたことを実践しない、若しくは、すぐに忘れてしまう、それとボールを見ていないこと。
打ちたいと思ったら、言われたことを忘れずに実践しよう!
( by In コーチ)

カテゴリー: Bチーム | 【Bチーム】ベイサイドカップリーグ⑥ はコメントを受け付けていません。

【Bチーム】西部リーグ

6月16日(日) 於:清水ヶ丘公園
● 0-10X vs 清水ヶ丘ジャイアンツ 

6年生大会の西部リーグ1回戦の相手は、南区の強豪チーム、清水ヶ丘ジャイアンツさん。

6年生大会で、初戦から強豪チームとの対戦なのか、朝から選手は覇気がない。
試合前のキャッチボールでも真剣さが伝わらず、結果は案の定ワンサイドゲーム。

相手は6年生で体格の違いもあるが、もう少し真剣に試合に挑んで欲しいところ。
勝敗気にせず、なんとか食らいつこうと覇気のある選手は、ほんの一部のみ。

点差以上に内容ががっかり過ぎるゲームだった。
コーチ陣は、全員とても残念な気持ちだった。
( by In コーチ)

カテゴリー: Bチーム | 【Bチーム】西部リーグ はコメントを受け付けていません。

【Aチーム】小泉杯3回戦

6月9日(日) 於:牛ヶ谷公園
○4-2vs 港南百合丘Mファントム

3回戦の相手は初対戦となる港南区の港南百合丘Mファントムさん。先攻のイーグルスは2回一死後、四球で出たリュウタロウが好走塁とワイルドピッチで1点先制。3回はセイヤがヒットで出て、ソウタがあわやホームランかという当たりのエンタイトル2塁打とソウアのタイムリーで3-0。4回も2塁打で出たシンノスケをルイトがスクイズをきっちり決めて4-0。

好走塁のリュウタロウ

先発のソウタは4回迄はヒット1本に抑えるピッチングだったが、5回裏に四球とレフト前ヒットと捕球ミスで一死2、3塁。ここでピッチャーゴロに打ち取ったが、ファーストからの送球ミスで3塁ランナーだけでなく2塁ランナーも生還を許し4-2となったが、6回裏は3者凡退に打ち取り完投で試合終了。

スクイズを決めたルイト

大量点は無いが得点を積み重ねるいい形で得点できたね。只、あと1本が出てればもっと楽になるなという場面がいくつかあったね。また、一死3塁ではしっかり内野ゴロを打てるようになろう。ペッパーをしっかりできるようになれば簡単なプレーだよ。練習のための練習にならないようにしようね。

準決勝も頑張りましょう!

キャッチボールがしっかりできないと送球ミスが生まれる。キャッチボールは真剣に!投手陣は、最近四死球が多すぎだね。今日も4四死球。得点された時はほぼ四死球がからんでるよ。
次はいよいよ準決勝だね。平日の自主練でキャッチボール、素振りはしっかりやって勝利をもぎ取ろう!(by Tコーチ)

カテゴリー: Aチーム | 【Aチーム】小泉杯3回戦 はコメントを受け付けていません。

【Cチーム】親善交流ジュニアリーグ

6月9日(日) 於:西田グランド
●2-13 vs 岡津ビッグライナーズ

親善交流ジュニアリーグ初戦(Sコーチ初采配)、先発リクトは1回表無難な立ち上がりを見せる。1回裏先頭のユウジロウエラーで出塁、盗塁等で三塁まで進みパスボールでホームインかとおもいき、ホームベース踏み忘れ?(ベンチからは踏んだように見えたが)により幻の1点となった。

公式戦初マウンドのサダハル

その後3番ユウセイの2塁打でチャンス到来、先制点をとるも1点どまり。2回表に2点取られて逆転を許す。2回裏ショウのヒットをかわきりにノーアウト満塁、大量点かと思われたが、走塁ミスがあり1点どまり。嫌な雰囲気のなか魔の3回が始まる。先頭バッターをファーボールで出すとその後ノーアウト満塁のピンチ、ここから押し出しエラーで3失点、ピッチャーユウセイにかわるも4つのデッドボールなど流れを戻せず8失点、公式戦初マウンドのサダハルが何とか抑えたが、合計打者17人13点をうばわれた。

初ヒットを打ったコウヘイ

3回裏無得点、4回裏コウヘイの初ヒットが出るも無得点でゲームセット。残念ながら初戦を落とした。走塁・ピッチャーに課題が残る試合だったが、魔の3回大量に点を取られても内外野とも声が出ていたのがよかった。一から出直そう!(bySコーチ)

カテゴリー: Cチーム | 【Cチーム】親善交流ジュニアリーグ はコメントを受け付けていません。

【Aチーム】県小連1回戦

6月8日(土) 於:深谷通信隊
○11-0 vs いずみ少年野球クラブ

天気が危ぶまれたけれど雨にも至らずむかえた県小連初戦の相手はいずみ少年野球クラブさん。

先頭出塁のアイル

先攻のイーグルスは初回、先頭のアイルがヒットで出塁し、ソウタのバントヒット、ケイジのタイムリー、打者一巡後にソウタ、ソウアの連続タイムリーなどもあり一挙10点をとる。

タイムリー2ベースのソウタ

2回も無死からシンノスケが3塁打を放つが、不味い攻めで無得点。3回も相手エラーで1点のみ。

スリーベースヒットのシンノスケ

守りでは先発タクマがアイルのセンターゴロもあり、ノーヒットノーランのピッチングで3回コールド勝ちし先ずは初戦突破。

途中出場のコウタ

2回以降の攻撃は集中力が切れ、細かさ丁寧さがなく簡単にフライを上げてしまったり、単調だったのは反省だね。
良かったは初回を無失点で抑えて、流れを渡さなかったことかな。2回戦もしっかり勝とう。(by Tコーチ)

カテゴリー: Aチーム | 【Aチーム】県小連1回戦 はコメントを受け付けていません。

【Aチーム】小泉杯2回戦

6月2日(日) 於:岸根少年野球場
○5-3vs 坂本少年野球部

小泉杯の2回戦の相手は保土ヶ谷区の坂本少年野球部さん。
先発のソウタは前日の運動会の疲れもあり、制球に苦しみ先頭に四球を出し一点を失うが、4番、6番バッターを三振に仕留めると、2回表に打線が制球難のソウタを助けようと奮起する。

同点打のリク

ソウアの2塁打で流れをつかみ、リクのライトゴロで先ず同点とし、セイヤの2点タイムリー2塁打で3-1と逆転。3回表は3塁打を放ったケンシンをソウタがきっちり内野ゴロで返し、四球で出たソウアが足でかせぎ得点し5-1。

3塁打のケンシン

流れはイーグルスだったが簡単には終わらせてくれない。3回裏、二死から連打で1点を失った後、四死球で押し出しで2失点。5回裏も一死から四球出したところで、シンノスケにスイッチし何とか無失点でおさえる。

ナイスリリーフ①のシンノスケ

最終回となる6回裏を再度ソウタがマウンドに上がるが四球を出し二死1、2塁とし、3番バッターを迎え長打で同点の場面で相手ベンチが大いに盛り上がる。この場面でケイジにスイッチしセカンドゴロに打ち取りナイスフィールディングでゲームセット。区大会優勝後の大事な試合をなんとか逃げ切った。

ナイスリリーフ②のケイジ

勝った試合の中では最も苦しかった試合じゃなかったかな?投打ともに調子の悪い中、再三のピンチを何とかしのぎ切ったのはチーム力がついてきたのかな?
走塁ミスで刺されるランナー、サインミスで刺されるランナー、打球の行方を未だに見ながら走る選手、投手から目を切るのが早すぎる選手、4回、5回の得点できるチャンスを自ら捨てていた感があるよ。
第二リードを取ったあとは、手を抜かず一球一球きっちり戻ろう!走塁は今一度基本から見直そう。来週も試合が続くので、平日もしっかり自主練して上手くなろう。
(by Tコーチ)

カテゴリー: Aチーム | 【Aチーム】小泉杯2回戦 はコメントを受け付けていません。

【Cチーム】さわやか杯ジュニアリーグ予選

6月2日(日) 於:荏田西小学校
● 0-7 vs ブラックシャ―ク

さわやか杯初戦の相手はブラックシャ―クさん。
初回表の攻撃は三者凡退。その裏、先発ユウセイは球威はあったがコントロールが定まらす先頭打者を四球で出すと、エラー、タイムリーを浴びて3失点。二回表の攻撃も三者凡退。二回裏は四球でランナーを出すものの無失点で切り抜ける。

チームを鼓舞するリノ

三回表の攻撃は先頭のリノが四球でようやくチーム初出塁。二盗も決めるが、打者カズキの投ゴロで果敢に三塁を狙うもタッチアウト。カズキが一塁に残り打者ショウの初球に二盗を決め、さらにパスボールの間に三進。ショウは四球を選び1アウト三塁一塁のチャンスに頼れるキャプテン リクトが打席に入る。ショウが二盗の間にカズキはホームを狙うが相手ショートに送球をカットされホームタッチアウト。

初スタメンのシュンスケ

その後ショウも二塁牽制死でチャンスを物に出来ず。
悪い流れのまま三回裏は四球やエラーが絡み2失点。四回表の攻撃は先頭リクトが四球で出塁するとすかさず二盗でチャンスを広げ、さらに三盗を狙うも惜しくもタッチアウト。ツーアウト後、ミクモがチーム初ヒットで出塁するが、後続が凡退して流れを変えられず。四回裏からリクトが登板するが、エラーも絡み失点。

チーム初安打のミクモ

反撃したいイーグルスではあったが、五回表も三者凡退に終わる。五回裏にもエラーもあり失点を重ねる。六回表にリクト、シュウマのヒットでチャンスを作るものの後続が打ち取られゲームセット。

この敗戦を次につなげよう

打たれたヒットは1本なのに7失点。なぜこんなに失点を重ねたのかみんなで反省して、キャッチボールからしっかり練習する事、練習で出来た事を試合でも出せるようにしよう。また、試合に出ることだけで満足せずに、何が出来て何が出来なかったかをよく考えて次の出場機会に備えよう。これからたくさん練習して強い体と、戦う気持ちを作って行こう!(by CチームYコーチ)

カテゴリー: Cチーム | 【Cチーム】さわやか杯ジュニアリーグ予選 はコメントを受け付けていません。

【Aチーム】都筑区春季大会 決勝戦

5月26日(日) 於:牛ヶ谷公園
○7-3 vs 川和シャークス

区大会決勝の相手は、高円宮杯で横浜市大会優勝の強豪、また去年の秋も決勝で敗れリベンジしたい川和シャークスさん。

流れを一気に持ってきたセイヤの2ベース

後攻のイーグルスは緊張からか守りのミスが出て、ヒット1本で悪い形でいきなり2点を失う。がしかし、キャッチャーリュウタロウが飛び出した一塁ランナーをけん制で刺すなどいいプレーが出るが、2回表も2塁打の後スクイズをきっちり決められ0-3と苦しい展開。

追いつきたいイーグルスは、2回裏シンノスケが四球を選び、リュウタロウの2塁打で無死2、3塁の絶好の得点チャンスだったが後続が倒れ無得点。この悪い流れに先発ソウタが力投で3回表を無失点に抑え、雰囲気を変える。

その裏、先頭リクが四球を選び、セイヤがあわやホームランのエンタイトル2塁打で流れをもってくる。続くソウアが四球を選び無死満塁となりピッチャー交代。交代した投手からもアイルが四球を選び、押し出しで先ず1点。続くソウタが走者一掃の2塁打を放ち一気に4-3と逆転!その後も一死満塁から、ケイジがライト線に貴重な2塁打を放ち6-3。4回表もソウタが粘りの投球で無失点に抑え、4回裏にもエラーから1点追加で7-3。

ウイニングボールをつかんだリュウタロウと喜ぶタクマ

時間的に最終回の5回表は、リリーフのタクマが先頭を出してしまうが、女房役のリュウタロウが2盗を刺す!二死後にシャークスさんに粘られ二死満塁となるが、最後はキャッチャーフライに仕留めゲームセット。

優勝の瞬間!!

君達の春の目標だった『区大会優勝』おめでとう!牛ヶ谷公園でずっと応援してくれた下級生とのキャップトス。そしてはじめての優勝旗とトロフィー。

下級生も一緒に念願のキャップトス

打力もそうだが、守備力の圧倒的な差を見せつけられて、君達が初めてコールド負けしたGW前のシャークスさんとの試合。こんなに差があるのかとショックだっただろうが、GWは雨の日を除いて一日も休まず集中練習した成果が出たね。この勝利は偶然ではないよ。フライを上げれば捕ってくれる外野陣、フライでの内外野の声掛け、キャッチャー構え、捕球後の動き等、GW前とは雲泥の差。レベルアップしているよ。

優勝おめでとう!!!

GW中の休みにもかかわらず、ご指導、またノックを打って下さったコーチの皆様、バッティングピッチャーを快く引き受けてくれた先代のAチームの先輩方、グランドをAチームに譲っていただいたB、C、Tチームの皆様、ご支援有難うございました。
(by Tコーチ)

【Aチーム優勝おめでとう!】

カテゴリー: Aチーム | 【Aチーム】都筑区春季大会 決勝戦 はコメントを受け付けていません。

【Bチーム】KBBA春季新人戦1回戦

6月2日(日) 於:入船小学校
● 1-8 vs 鷺竹クラブ少年野球部

KBBAの5年生大会トーナメント戦は、強豪鷺竹クラブ少年野球部さんと対戦。
後攻のイーグルス、先発はコウタロウ。
初回、先頭打者を打ち取ったなんでもない内野ゴロを悪送球でセーフにすると、盗塁後の送りバントも悪送球でいきなり無死一三塁。
3番打者にセンターへ弾き返され、さらには送球ミスもあり、初回から2失点と出だしで躓く。

援護もなく我慢のピッチングだったコウタロウ

なんとか援護したいイーグルスは1回裏、先頭のユウキがヒットで出塁し、続くイツキも四球を選ぶ等、無死二三塁のチャンス。
これは同点のチャンスと期待したが、クリーンナップに1本が出ず、無得点と最悪の結果に。

新たなリードオフマンに名乗りを上げたユウキ

コウタロウが2回の表をピシャリと抑えたものの、その裏のイーグルスもヒットが出ずに無得点。
3回表、ヒットを打たれたものの難なく2アウトを取ったところで、次の打者は内野フライ。なんら問題のないフライで3アウトと思ったが、何とこれを野手がバンザイ後逸・・・もったいない1点を献上してしまった。
その裏、簡単に二死となったが、ここで連続四死球で満塁にしたが、やはり決め手の1本が出ず、ボール球をフルスイングして三振3アウト。

代打で出塁したコウスケ

そして5回表、ライト前ヒットを皮切りにバント処理ミス、送球ミス、落球とコーチを苛立たせる失策オンパレードで5失点と試合を決められてしまった。
なんとか5回裏に1点を返したが、それも空しく感じる得点だった。

代打で登場したタイキ

とにかく基本がまったくできていない試合だった。
公式戦は何度もやっているはずなのに、なぜかガチガチに緊張している選手たち。
にもかかわらず、打席に立つと、外野オーバーを狙っているのか、ボールも見ずにフルスイング。
練習でも打ったことのない打球を試合で打とうと思っても、それは到底無理な話。
もうちょっと足元をみて打席に入った方がいいのでは?
野球はチームプレイ、チームで点を取り、チームでアウトにする。
それぞれの場面で自分ができることが何なのかを理解しなければ、いつまでたってもチームが強くならない。
もっと考えて練習や試合に取り組もう!( by In コーチ )

ラストバッターのカナル
カテゴリー: Bチーム | 【Bチーム】KBBA春季新人戦1回戦 はコメントを受け付けていません。

【Bチーム】小泉杯2回戦

6月1日(土) 於:新吉田第二小学校
● 4-12 vs 新吉田スターズ

6年生大会の小泉杯2回戦は、港北区の新吉田スターズさんと対戦。後攻のイーグルス、先発のソウマは初回、先頭打者を四球で歩かせると、盗塁と送りバントで三塁まで進められ、さらにライトへの2塁打で早くも失点。
しかし、4番にも四球を与えて一死二三塁のピンチを迎えるも、後続を邪飛とセカンドゴロに打ち取り、最小限の失点で抑えた。

巧みなピッチングで最小限の失点に抑えたソウマ

対してイーグルスは1回裏、今シーズン初めて1番打者となったユウキが四球を選んで出塁&盗塁で二塁に進むと、2番コウタロウが確実に送りバントを決めて一死三塁のチャンスにルイカがセンターへタイムリーヒットを放ち、同点に追いつく。

打撃好調で役目を果たしたルイカ

2回は、ソウマが下位打線を打ち取り無失点とすると、その裏、リュウタが四球と盗塁で二塁に進むと、8番ユウマが力強くライトへ二塁打を放ち勝ち越しに成功!
さらに連続四球で無死満塁の絶好のチャンスとなるが、三振、センターフライ×2で追加点とはならなかった。

本来のバッティングを取り戻したユウマ

3回表は、6年生の強力打線の洗礼を浴びて2失点と逆転されてしまったが、その裏、四球のユキヒデが二盗、三盗を決めて一死三塁となると、リュウタがセーフティースクイズを決めて同点とし、続く8番ユウマが左中間に強烈なタイムリー2ベースヒットを放って、再逆転した。

必死に食らいついたリュウタ

6年生チームに勝機を期待したのもつかの間、4回表に2失点で再逆転されると、5回表には二死から連打と四球で一挙7失点と完全に突き放されてしまった。

会心の当たりを放ったユウマ

ゲーム中盤までは、非常に見応えのある試合だったが、最後は緊張の糸が切れてしまったのか、やや残念な幕切れとなってしまった。
投手陣は、ボール先行となったところで取りにいったストライクを狙われて外野に運ばれたので、打者に対するカウントの優位性の大切さを身に染みて感じたことだろう。
盗塁、送りバントは、積極的かつ確実に決めることができたので成長が見られたが、上級生相手とは言え、4安打だとさすがに乏しい。
効率良く得点することができたが、全員がヒットを打たないと強いチーム相手には、いつまで経っても勝つことはできない。
今回、打撃で結果を出した選手は、普段から素振りをしているスイングだった。
結果を出したければ、今まで以上の素振りが必要ということを選手は早く気付かなければならない。( by In コーチ )

カテゴリー: Bチーム | 【Bチーム】小泉杯2回戦 はコメントを受け付けていません。