【Cチーム】さわやかJr.ブロック戦②

8月30日(日)於:牛ケ谷公園
○7-2 vs  三ツ沢ライオンズ

さわやかJr.ブロック戦の二試合目、三ツ沢ライオンズさんとの対戦です。
後攻のイーグルス、初回のマウンドには先発のユウジロウ。
先頭のファーストゴロがエラーとなり出塁、盗塁2つでサードに進めてしまう。
次打者のサードゴロもエラーで出塁させ、その間にホームイン。先制を許す。
そのランナーも盗塁2つでサードへ、続くバッターに四球を与え、盗塁で二、三塁。
次打者は三振で、ようやく一つ目のアウトを取る。
まだ落ち着かないのか、次打者に四球を与え満塁。
その後ワイルドピッチで2点目を許す。
しかしここから後続を連続三振で断ち、バタバタしたもののなんとかピンチを脱した。
(終わってみれば初回のこの2失点のみ。ノーヒット、三振3つ、2四球での2失点。チームとして立ち上がりの入り方を工夫していかなくてはと考えさせられました。)

先発のユウジロウ

すぐに追いつきたい裏の攻撃。
先頭ユウジロウが四球を選び、牽制悪送球で二進後更に三盗。
2番カイは死球。
3番サダハルの打席でワイルドピッチ。
ユウジロウが生還しまずは1点返す。
カイは三盗を決め、サダハルのタイムリーで帰り同点。
三盗したサダハルが4番ダイキの打席でワイルドピッチで生還、逆転に成功!
ダイキはセカンドゴロに倒れワンナウト。
5番イツキは左中間を深々と破るスリーベース。
6番リョウヘイがフォアボールで繋ぎ、
7番イットの打席で相手のパスボールの間にイツキが生還。
イットは三振、8番コタロウはセカンドゴロで攻撃終了。
取られてもすぐに取り返す意思が感じられる攻撃でした。

同点タイムリー2ベースを放つサダハル

2回以降は落ち着いた守りを見せ、3回から2イニングス投げたダイキも快投。
ユウジロウと2人で相手をノーヒットに抑えた。

2イニングスを打者6人パーフェクトリリーフのダイキ

攻撃面も毎回1点ずつ加え、着実にリードを広げていく。
ただし、まだ取れたハズの点をサインミスにより逃すなど、もったいない場面も見受けられました。
3回満塁のチャンスで9番リョウタ。
スクイズのサインに応えバントしたものの、三塁ランナーイツキがスタートしておらず本塁フォースアウト。
1点を争う試合ではこういうミスが命取りになりかねません。
出来る事はしっかりやっていきましょう。
イツキは3打席目もセンターオーバーの2ベースを放つなど、バッティングは素晴らしいので、次は打った後ホームへ帰るための走塁というのを意識して取り組んで行こう!

長打2本のイツキ

ブロック戦の内にいくつか課題が見えてきました。
決勝トーナメントに向けて練習内容工夫して、また良い試合が出来る様にしようね!
遠征していただいた三ツ沢ライオンズさん、ありがとうございました。
この日も暑い中、誰一人熱中症で倒れる事なく元気に試合を行う事が出来ました。
一生懸命サポートしてくれたお母さん方も、本当にありがとうございました!
(by Sコーチ)

カテゴリー: Cチーム | 【Cチーム】さわやかJr.ブロック戦② はコメントを受け付けていません

【Aチーム】あじさいリーグ予選④

8月22日(土)於:荏田西グラウンド
○13-3 vs Cielo

数少ない公式戦の1つ、あじさいリーグの予選ブロックも残り2試合。
勝利を重ねて決勝トーナメントへ
駒を進めたいイーグルスAチームのお相手は、初対戦のCieloさん。
後攻のイーグルスの先発はエース・ソウマ。
初回、安定したコントロールで簡単に2アウトを取るが、3番バッターにランニングホームランを打たれ、1点を先制される。その後も四球でランナーを出すが、キャッチャー・ユウキが盗塁をけん制アウトとし、追加点を許さない。

今日も力投のエース・ソウマ

早めに同点・逆点といきたい1回裏の攻撃は四球でランナーをためるとソウのツーランスクイズなどで4点を返し、一気に流れを引き寄せる。
2回、3回の守備では四球でランナーを出すが、守備陣がピッチャーをバックアップして得点を許さず、リードを守る。

きちんとスクイズを決めた・ユウキ&ソウ

すると3回裏の攻撃でビッグイニングが生まれる。四球でランナーをためるとユウキがツーランスクイズを決め、更にイツキの二塁打・ルイカの三塁打・ユウトのランニングホームランなどで得点を重ね、一気に8点を追加する。

長打で力走①・ルイカ

4回からはリリーフのソウが粘りのピッチングを見せ、しっかりと勝利をつかむことができた。

長打で力走②・ユウト

朝から気合が入りにくく、試合中にもカツを入れられたけれど、皆で一緒にプレーできる残された時間を充実したものとするため、選手一人一人が自覚を持って自分達で声を掛け合って集中力を高めていけるよう、これからも頑張ろう!
(by Aコーチ)

カテゴリー: Aチーム | 【Aチーム】あじさいリーグ予選④ はコメントを受け付けていません

【Bチーム】あじさいリーグ

8月15日(土)於:牛ヶ谷公園
●0-11 vs 東台カルテックス

あじさいリーグ初戦は東台カルテックスさん。
この大事な試合の先発はリクト。初回先頭打者に二塁打を浴び四番にタイムリーを許す苦しい展開。
二回は無失点に抑えるが三回に2連続四球でピンチとし、タイムリーとサードのエラーもありこの回5失点。

四回からリリーフのショウも流れを止められず5失点。練習試合では好調だった打線も沈黙し、完封負けとなる。
この日は猛暑さもあり、体調不良で途中交代する選手も数人いました。まずは暑さの中でもパフォーマンスを発揮出来る身体と気持ちを作り直そう。( by Yコーチ)

カテゴリー: Bチーム | 【Bチーム】あじさいリーグ はコメントを受け付けていません

【Bチーム】KBBA 前期新人戦1回戦

8月22日(土)於:都田公園
●3-5 vs 旭北少年野球部

この日の対戦相手は旭少年野球部さん。
何とか勝って次の日の試合を行いたい1回戦でした。

暑い中全力で投げるリクト

イーグルス先行で始まった試合はワンナウトから2番サダハルはデッドボール、3番ユウトの打席の間にサダハルがスチール成功。
3番ユウトもフォワボール。
2アウトとなり5番リクトのショートゴロエラーの間に1点を先制する。
1回の裏、エラーからヒット、スクイズまたもやエラーなどで4点を取られ逆転される。

2塁打を打つイツキ

その後、3回の表裏それぞれ1点を取りあい5回の表イーグルスの攻撃、サダハルのヒットから4番イツキの2塁打で反撃を開始するも1点止まりで終わりゲームセット。
今年の夏はとにかく暑いがもっと元気良くチーム全員で声を出しながら1つのボールに集中して頑張っていこう!( by Tコーチ)

カテゴリー: Bチーム | 【Bチーム】KBBA 前期新人戦1回戦 はコメントを受け付けていません

【Cチーム】さわやかJr.ブロック戦①

8月16日(日) 於:牛ケ谷公園
○ 7-3 vs 川和シャークス

よ〜〜〜〜〜やく迎えたCチーム最初の公式戦。
コロナ対策に加え、猛暑による熱中症対策もしっかりと準備して臨みました。

後攻めのイーグルス。
初回の守りはエラーが1つ出たものの、先発のカイがアウト3つを全て三振で取る素晴らしい立ち上がり!
裏の攻撃に弾みがつきました。

初回を3三振とした先発カイ

初回の攻撃、
1番ユウジロウが四球を選び、盗塁2つで三塁まで進み、
2番カイはヘルメットにあたる死球。臨時代走に出たシュウもきっちり盗塁を決め、
3番サダハルも四球を選びノーアウト満塁。
4番ダイキの打席で相手のワイルドピッチの間にユウジロウが生還!先制点を挙げる。
ダイキは追い込まれてもしぶとく食らいついた打球が相手ファーストのエラーを誘い、シュウが帰り2点目が入る。
そしてダイキの二盗に相手キャッチャーが送球した間に三塁ランナーサダハルがホームイン。ホーム送球の隙をつきダイキは更に三塁を陥れる。
5番イツキは三振したものの、
6番リョウヘイの打席でワイルドピッチ。ダイキが帰る。
リョウヘイは四球を選び、二盗。
7番リョウタのキャッチャーゴロの間に三塁に進み、
8番コタロウの打席で再びワイルドピッチ。
リョウヘイが気合のヘッドスライディングで生還し、この回ノーヒットで5点を挙げた。

渾身のヘッドスライディングで生還したリョウヘイ

2回の守備はキャッチャーサダハルの見せ場!
ヒットで出たランナーの二盗を刺し、次のバッターのファウルフライをサダハルが素晴らしい反応でキャッチ!
2つのアウトをキャッチャーにとってもらったカイは3人目を三振に取る。

見事な活躍を魅せたサダハル

その裏の攻撃、9番シュウ、1番ユウジロウが倒れ2アウトも簡単に終わらない。
カイのヒット、サダハルの四球から足を絡めて2.3塁。
ここでダイキがセンターにヒットを放ち2点を追加する!

2点タイムリーを放つダイキ

3回の守備、
先頭を四球で出すも、またもやサダハルが盗塁を刺してみせる!
暑さでバテたかカイは次のバッターも四球で出してしまう。
次のバッターのバントが内野安打となり、次のバッターも四球で満塁とし、そこでセンターオーバーのツーベースを浴び2失点。
尚も2.3塁のピンチはショートゴロ。
一塁送球の間にサードランナーの生還は許すが、3塁を狙ったセカンドランナーをファーストのイツキがサードへナイス送球!サードダイキがしっかり捕球しタッチアウト。
相手の流れを止めてみせた。

イツキの好送球に応えるダイキ

裏の攻撃、
イツキ、リョウヘイが四球。
リョウタが倒れた後、代打イットも四球を選び満塁。
続く代打リクトは三振。
ユウジロウもサードゴロに倒れ無得点で終わる。
この回の攻撃中に時間を過ぎていた為、ここでゲームセット。
ブロック初戦で良いスタートを切ることができました。

安打は2も四死球8と8盗塁で効率よく点が取れました。
修正点はいっぱいあるものの、みんなの伸びしろが感じられ、これから試合を重ねて更に成長していく姿を見られるのが楽しみです。
猛暑の中、サポートしてくださったコーチやお母さん方、お相手していただいた川和シャークスさん、本当にありがとうございました。
( by Sコーチ)

カテゴリー: Cチーム | 【Cチーム】さわやかJr.ブロック戦① はコメントを受け付けていません

【Aチーム】フレンドリーマッチ 1回戦

8月11日(火) 於:保土ケ谷少年野球場
●2-8 vs 鴨宮コンドルズ

短縮された夏休み最後の公式戦の対戦相手は、小田原市の鴨宮コンドルズさん。連日の早起きで疲れがたまっているところではあるが、何とか勝って1つでも多くの試合を行いたいフレンドリーマッチ。

投打に奮闘・ルイカ

久々にじゃんけんに負けて先行のイーグルスは、先頭バッターのイツキが四球で出塁すると、コウスケがきっちりと3塁へ送って先制のチャンス。更に四球でランナーをためると相手エラーの間に幸先よく2点を先制。

バント&走塁が光る・コウスケ

その裏、連投となる先発のルイカは1死から死球でランナーを出し、こちらもエラーの間に1点を返される。
2回表は走塁死もあって結果的に3人で攻撃が終了すると、その裏に四球と長打で同点とされ、更にエラーと四球で出したランナーをホームランで一掃され、点差を広げられる。
その後のイーグルスの反撃はルイカの3塁打1本のみと打線が沈黙し、悔しい敗戦となった。

助っ人・ユウト(2日間ありがとう!!)

強いチームに勝ちきるには、流れを相手に渡さないことが重要。悔しい思いを力に変えて次の試合で結果を出せるよう、自主練習にも真剣に取り組もう。
(by Aコーチ)

暑い中、応援も含めてお疲れ様でした!

カテゴリー: Aチーム | 【Aチーム】フレンドリーマッチ 1回戦 はコメントを受け付けていません

【Aチーム】全日本選抜交流大会 1回戦

8月10日(月・祝) 於:サーティーフォー保土ケ谷球場
●3-6 vs 甲府南ベースボールクラブ

KBBA主催の全日本選抜交流大会の初戦の対戦相手は、山梨県から参加の甲府南ベースボールクラブさん。設備の整った硬式野球場で、開会式直後のオープニングゲームとなったが、雰囲気にのまれず、のびのびと普段通りのプレーをしたいところ。
先発のソウマは、今日も安定したコントロールで打たせて取るピッチング。しかし、緊張もあってか守備陣の動きが固い。1回、2回はエラーや内野陣のお見合い落球で出したランナーを3塁に進められると、スクイズ決められ、失点を重ねる。

猛暑の中の力投を見せたエース・ソウマ

一方、後攻のイーグルスは初回にリードオフマンのイツキがセンターへの2塁打で出塁し、ルイカの特大犠牲フライで1点。2回裏はタイキのヒットと相手エラーでランナーをためるとリュウタが緊張の中、見事にツーランスクイズを決め、逆転に成功する。しかし、3回表には逆にツーランスクイズを決められ、再び1点を勝ち越されるシーソーゲーム。

打撃好調の元気印・イツキ

早めに追いついておきたいイーグルスは、3回裏にイツキとソウマの連続ヒットで無死2,3塁のチャンスを作るも、クリンナップで得点ができず、流れを引き寄せることができない。
その後、相手打線の長打3本で2点を追加され、苦しい展開に。4回途中からは2番手投手のルイカが力強いピッチングで相手打線をしっかりと封じ込めたが、イーグスル打線も4回以降はタイキのヒット1本のみにおさえられ、そのままゲームセット。

2安打を放ったパワフルバッター・タイキ

楽しみにしていた夏休みのトーナメント大会も、残念ながら初戦敗退となった。重要な試合で緊張することは当然のこと。その中で、できるだけ普段通りの動きができるよう、日頃から試合のための集中した練習を積み重ねよう。
(by Aコーチ)

レフトで堅い守備を見せた・イブキ

カテゴリー: Aチーム | 【Aチーム】全日本選抜交流大会 1回戦 はコメントを受け付けていません

【Aチーム】あじさいリーグ予選③

8月8日(土) 於:多摩川河川敷グラウンド
○3-2 vs 新城ドルフィンズ

長かった梅雨も明け、炎天下でのあじさいリーグ予選ブロック3試合目は、中原区の新城ドルフィンズさんが対戦相手。
先発は徐々に安定感が増してきたルイカ。初回の打者3人をわずか10球で打ち取り、チームの攻撃に勢いをつける。

投打で活躍のルイカ

1回裏のイーグルスは先頭バッターのイツキが内野安打で出塁すると、4番ユウトのタイムリーで1点を先制。2回に相手エラーで1点を追加した後、ルイカの3塁打とソウの犠牲フライで更に1点を重ね、理想的なゲーム展開に。

平常心が武器のソウマ

その後、点を返され2点リードの5回表からは2番手ソウマが登板。しかし、先頭バッターを四球で歩かせると、エラーとタイムリーで1点差に迫られ、なおも無死2、3塁の大ピンチ。一気に逆転されそうな場面だったが、3塁ライナーのダブルプレーとレフトライナーでなんとか切り抜け、試合はそのまま1点差で勝利することができた。

軽快な守備を見せたリュウタ

今日は4回以降の攻撃でも先頭打者を出すことができたが、それを得点につなげることができず、結果的に苦しい戦いとなった。力まずコツコツと点を重ねる野球が最後まで続けられるよう、バント練習や走塁練習にも集中して取り組もう!
( by Aコーチ)

高出塁率と堅守のイツキ
カテゴリー: Aチーム | 【Aチーム】あじさいリーグ予選③ はコメントを受け付けていません

【Aチーム】あじさいリーグ予選②

7月24日(祝)於:牛ケ谷公園
○9-1 vs 宮崎台バーズ

あじさいリーグの予選ブロック戦2試合目は、宮前区の宮崎台バーズさんが対戦相手。

絶好のピッチングを披露した先発ルイカ

先発ルイカは、制球良く、初回は内野ゴロと内野フライで三者凡退と好スタート。
大事な初回の攻撃は、リードオフマンのイツキが四球を選ぶと、お決まりの走塁死があったものの、2番ソウが右中間を抜ける先制タイムリー三塁打。
さらに安打と四球等で2点を追加し、初回に3得点。

先制のタイムリー三塁打を放つソウ

2回のルイカは、圧巻の投球で三者連続三振。
1~2回をわずか23球で抑えた。
その裏、ルイカの好投に応えるかのよう打線も奮起。
相手のエラー等でランナーを貯めると、副主将ユウトの三塁線への強烈二塁打で追加点を挙げると、タイキのライト前ヒット、ソウマのセンター前ヒット等で、この回6得点と久々の固め打ち。

三塁線への強烈な二塁打を打ったユウト

3回からタイキがマウンドに上がると、主将ユウキの好リードもあり、三者連続三振と絶好調。
次の回は、安打とFCで1失点も自信となるピッチングを見せた。

成長した投球を見せた大型左腕タイキ

さらに5回からは、エース・ソウマが登板し、これまた好リードと絶妙なピッチングで、2回を被安打0、三振4と見事に抑えた。

巧みな投球で見事に抑えたソウマ

3投手の継投で被安打1と投手陣は十分期待に応えることができた。
打線も2回で9得点と勢いが良かったが、3回以降は2安打無得点と沈黙。
後続の相手投手を最後まで攻略できなかったのは、反省材料となった。
しかしながら、抑えて打ち勝つという理想のゲームができたことは、成長の証。
今後の試合は、もっと頭を使って攻略して欲しい。
( by In コーチ)

3人の投手に対し、好リードを見せた主将ユウキ
カテゴリー: Aチーム | 【Aチーム】あじさいリーグ予選② はコメントを受け付けていません

【Aチーム】さわやかカップ決勝トーナメント2回戦

7月19日(日)於:牛ケ谷公園
●0-6 vs 白幡ニュースターズ

待ちに待った公式戦、対戦相手は、白幡ニュースターズさん。
予選リーグの勢いをそのままに、トーナメント初戦に挑んだ。

久々の公式戦!

先発は、ようやく安定性が出てきたソウ。
しかし、最近の好投とは裏腹に、この日は制球が定まらず、初回から四死球4つと被安打1本の3失点。
初回から43球も投げさせられて、1回で降板と悔しい結果となった。

先発のソウ

取られた点を取り返したいイーグルスは、好調打線を爆発させたいところであったが、初回から三者連続三振と梅雨真っただ中。
その後も相手投手の絶妙なピッチングに翻弄され、ラッキーな内野安打等の3安打をひねり出すのがやっと・・・

チーム初ヒットと打ったコウスケ

2番手で登板したルイカは、粘りはしたものの、肝心の場面で連打を浴びて5回3失点と苦しいピッチング。
終盤の5~6回でようやく本来のピッチングに戻るも、時すでに遅しであった。

投打でがんばったルイカ

終始相手チームの展開となったが、選手の誰一人として、それを打破しようとしなかった。
選手同士の情報共有、アドバイス、勝つためにもっと頭を使わないと、不利な立場からは抜け出せない。
また、もったいないエラーだけではなく、直接の要因とはならないが、小さなミスが積もり積もって失点につながっていることをわかっている選手がどれだけいるだろうか・・・
守備も攻撃も、もっと考えた野球をしよう。(by Inコーチ)

ヒットを打ったタイキ
カテゴリー: Aチーム | 【Aチーム】さわやかカップ決勝トーナメント2回戦 はコメントを受け付けていません