【Cチーム】さわやかジュニアリーグ ブロック戦2試合目

6月26日(土)於:牛が谷公園
〇5-4 vs 川和シャークス

初回は両チーム3者凡退の立ち上がり、先発コタロウが落ち着いたナイスピッチングでした。

2回の表、先頭打者のイットがレフト前ヒット、相手がエラーし3塁まで行き相手のパスボールの間に先取点を奪いました。その裏先頭打者にデットボールから盗塁、エラーが重なり1点を取り返されましたが、コタロウは落ち着いて三振と内野フライ二つで後続を抑えました。

3回の表は、フォアボールで出塁したセイヤが俊足を活かし盗塁と相手のミスも有りホームまで戻り追加点。3回裏にこちらのエラーと盗塁で3塁まで行かれ、その後センター前にヒットを打たれ1点。次のバッターにもヒットを打たれ1アウト2,3塁のピンチで三振をとったが振り逃げとなり、1塁に投げた間に3塁ランナーにホームに帰られこの回2点目を奪われました。

1点を追う4回の表、イットがこの日2本目のヒットで出塁したが盗塁失敗で、結局3者凡退。その裏ヒットとフォアボール2つでノーアウト満塁となりましたが、ここからコタロウが粘りのピッチング、ピッチャーフライと三振二つでこの回を無得点に抑えました。最終回、リクがデットボールで出塁しピンチランナーセイジ、続くユタカがフォアボールで出塁しピンチランナーハルキ。盗塁をからめノーアウトランナー2,3塁でバッターケンゴ。振り抜いた打球は内野を超えてヒットなりその間にランナー二人が帰り決勝点をたたき出しました。ケンゴは盗塁と内野ゴロの間にホームにも生還しこの回大逆転の3点を取りました。次の回は1点は返されましたが、コタロウが最後まで力投し勝利する事が出来ました。

コタロウとシュウのバッテリーが良く粘った試合でした。また3年生で先発しているケンゴ、リクの攻守の活躍とケガ明けのセイジのピンチランナーがチームを助けました。今日は久しぶりの勝利を素直に喜びたいと思いました。

(by Tコーチ)

力投 コタロウ
技術が上達してる シュウ
2安打 イット
俊足活かした セイヤ
決勝2打点 ケンゴ
攻守で健闘 リク
代走でホームまで生還 セイジ
カテゴリー: Cチーム | 【Cチーム】さわやかジュニアリーグ ブロック戦2試合目 はコメントを受け付けていません

【Aチーム】都筑区夏季大会

6月27日(日)於:すみれが丘公園グランド
●0-8 vs 山田バッファローズ

夏季区大会初戦の相手は春季区大会3位の山田バッファローズさん。

初回先発のリクトは立ち上がりに球をそろえたところを狙いすまされ4本の長短打を喫し4点先行され重くのしかかる。2回からバッテリーは投球の組み立てを変更し4回まで零点に抑えて味方の攻撃を待つ。しかし相手投手の制球良く投げ込む球をとらえきれず打線は沈黙。反撃の糸口がつかめない。

相手攻撃が3巡目に入った5回表、先頭打者、次の打者が高めの球を強振すると二者連続の本塁打となり試合が決まった。8失点は狙い球を絞って振ってくる相手打線を抑えられなかったことによるものだが、投球の組み立てで防げるというヒントもバッテリーはつかんだと思うので今後の試合でいかしてほしい。また4点差のまま進んだ4回までに、何とかして1点でも返して後半に持ち込めなかったことが相手に余裕を与えてしまった。

力不足を痛感した今回の敗戦から学んだことは何か。春季区大会優勝が逆にチーム全体として練習に取り組む姿勢の甘さ、選手個々人の気のゆるみを生んでしまった。この1か月でどのチームも夏に向けて成長している。成長できていないから力負けする。夏までに挽回するには、春のYBBLの時のように相手に向かっていくチャレンジャ―精神を全員が表に出して練習や試合に向かい、投手力、攻撃力、守備力のレベルアップを急がねばならない。敗戦後のミーティングで選手たちが次の目標に定めた夏休みの県大会で結果を出せるかどうかは、7月の練習と試合への取り組み方で決まるということを皆で確認した。

〈byMコーチ〉

カテゴリー: Aチーム | 【Aチーム】都筑区夏季大会 はコメントを受け付けていません

【Aチーム】 都田リーグ

6月20日(日)於:旧ひかりが丘小学校グランド
〇1-0 vs 旭北少年野球部(旭区)

都田リーグ三戦目の相手は、旭区の旭北少年野球部さん。

先発のリクトは立ち上がりから丁寧にコーナーを突いて4回まで毎回三振を奪い相手を抑える。5回裏の守り、簡単に二死を取ったあと、内野安打、投手強襲安打などで満塁のピンチを迎えたが三塁ゴロをショウが慎重にさばいて無失点で切り抜ける。

ピンチの後にチャンスあり。ここまで相手投手の小気味良い投球にユウタ、ショウ、ダイキの散発3安打に抑えられていたが6回表、好投のリクト自らレフトを抜く2塁打で出塁し、二死からダイキが2本目のヒットをしぶとく右中間に運んで待望の先取点を奪い、結局これが決勝点となった。

『打線は水もの』と言われるが、相手投手が良いとなかなか打てない。こういう試合は、先週指摘した『試合をつくる』展開に持ち込んで今回のようにワンチャンスをものにするしかない。チームとして7回完封したのは初めて。これは、低めのワンバウンド投球をそらさず確実に捕球したサダハル、外野への難しい飛球を好捕したユウセイやユウキほか全員の野手が無失策で自分の役割を果たし、それを支えにリクトが力投したからこそ達成できた。今回のようにその日の試合展開をチーム全員が理解しながら戦っていけばさらに勝機が広がっていくだろう。


グランドを提供いただきました旭北少年野球部さん、ありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。

〈byMコーチ〉

7回完封のリクト
確実に捕球するサダハル
フライを好捕するユウセイ
ライナーをガッチリキャッチ、ユウキ
サードゴロを捌くショウ
タイムリーヒットを打つダイキ
ヒットを打つユウタ
バントを決めるミクモ
カテゴリー: Aチーム | 【Aチーム】 都田リーグ はコメントを受け付けていません

【Bチーム】 あじさいAリーグブロック戦④

6月20日(日)於:北見方少年球場
●1-9 vs 久本ブルーエンジェルス

あじさいリーグ4戦目のお相手は川崎市高津区の強豪、久本ブルーエンジェルスさん。今朝まで降り続いた雨も上がり、梅雨特有の蒸し暑い状況での試合となった。

イーグルスの先発はキャプテンのカイ。難しい初回を四球1つのみで無失点で終える幸先の良い立ち上がり!しかし2回に先制点を許すと3、4回にも追加点を奪われる苦しい展開。

反撃したいイーグルスは4回裏にカイが四球で出塁し、すかさず盗塁を決める。ここでイツキの左中間を破るタイムリー二塁打でようやく1点を返す。5回には途中出場のリクトのBチーム公式戦初安打となる右中間へのヒット、盗塁でベンチはこの日一番の盛り上がりを見せる!波に乗っていきたいところだったが、後が続かず得点を奪えない。

結局この後6、7回にも追加点を許し、1-9で試合終了となった。

チームの打力を考えると最小失点で切り抜けていくことが望まれます。この日は7イニングで被安打は散発で5本とあまり打たれていません。この日のスコアの差は打力ももちろんですが、バッテリーを含めたエラー数の差が大きいと感じました。相手はノーエラーと守備で隙を見せてくれませんでした。勝つためのお手本のような野球を展開され、学ぶべき点が多い試合でした。守備でリズムを作り攻撃に繋げるよう、意識して練習に励んでいこう!

(by Tコーチ)

試合前の一コマ
先発投手のキャプテンカイ
タイムリー二塁打のイツキ
Bチームでの初安打のリクト
カテゴリー: Bチーム | 【Bチーム】 あじさいAリーグブロック戦④ はコメントを受け付けていません

【Cチーム】さわやかジュニアリーグ ブロック戦1試合目

6月13日(日)於:牛が谷公園
●6-10 vs SEKIユーホーズ

初回相手の攻撃、先発シュウはいきなり味方の内野ゴロエラーと盗塁エラーで簡単に1点を取られてしまったが、その後落ち着いて三振一つを含め良く抑え、踏ん張りました。

裏の攻撃コタロウがライト前ヒットで出塁し、盗塁と相手のミスで直ぐに同点、リクトもフォアボールから盗塁と相手のミスで2点目、1アウト後イットもフォアボールから盗塁しマズい走塁も相手のエラーに助けられさらに1点、次のリョウはライトへのヒットを放ち盗塁二つ、セイジもフォアボールで出塁、その後ユタカの公式戦初レフト前ヒットでリョウが帰り初打点!この回セイジも帰り5点を取りました。

2回も内野ゴロで出塁を許し、ワイルドピッチの間に1点は取られたが、シュウが三振二つでよく粘りました。

3回表相手の攻撃、この回に起きたことが今のCチームの実力でした。簡単な内野ゴロでアウトが取れず、ランナーが出たら簡単に3塁まで行かれ、エラーで点を取られてしまう。その繰り返しで6点を献上してしまいました。

その裏追加点は取れず、次の回は逆にこちらのミスで追加点2点取られてしまいました。最終回の攻撃、代打ハルキが全力で走ることで相手のエラーを誘い出塁、コタロウがきれいなセンター前ヒットを打ち1点は返したもののここで試合終了。

簡単なボールを取って、投げてアウトを取る一番の基本プレーが出来ない事が敗因でした。

自分達の現在地をしっかりと理解して、もう一度練習からやり直しという気持ちで選手もコーチも前を向いて頑張ります。

〈byTコーチ〉

カテゴリー: Cチーム | 【Cチーム】さわやかジュニアリーグ ブロック戦1試合目 はコメントを受け付けていません

【Aチーム>】都田リーグ

6月12日(土)於:鴨志田公園グランド
〇6-4 vs 鴨志田スワローズ(青葉区)

都田リーグの2試合目の相手は青葉区の鴨志田スワローズさん。

初回、満塁のチャンスを生かせなかった裏の守り、先発のユウト、立ち上がりを攻められ満塁から内野ゴロ、ボークなどで2点先行される。なおも走者を背負ったがここは踏ん張って連続三振を奪い何とか切り抜ける。2回以降は両チーム投手がともに速球で押して付け入るスキを与えずに回が進んでいく。

5回表、先頭のユウキの四球を皮切りにショウ、ユウト、ユウタのヒットやシュンスケ、リクトのスクイズなどで一気に6点を奪い逆転。最終回2塁打などで2点差まで詰め寄られたが、ユウトが粘り強く投げ抜き完投した。守りでは相手5人の左打者の1塁ゴロやフライを5つさばいたユウセイ、右打者の4つの3塁ゴロを正確に処理したショウの堅実な守りが打たせて取るユウトの好投を支え反撃につなげた。

先発投手が前半で大きな失点をせずに回を重ねることは、『試合をつくる』と言われる。ワンチャンスで追いつける点差で食い下がって行けば試合の流れを引き寄せることができる。今回のように先行されても、2点差であれば盗塁、バント、ヒッティングなど攻撃の巾が広がり相手も守りにくくなる。逆に序盤に大量失点することは、『試合をこわす』と言われるが、追いつくためには打つしかなくなってしまい攻め手が限られてしまう。だからバッテリーを中心に内外野がしっかり守って中盤まで『試合をつくって』行けば必ず追いつく場面が巡ってくる。集中力が問われるこれからの夏場の試合に向けて、めざすべき試合展開の一つだった。


緑に囲まれた素晴らしい少年野球場、会場提供いただきました鴨志田スワローズさんに感謝いたします。ありがとうございました。

〈byMコーチ〉

完投のユウト
ヒットを打つユウタ
5つのゴロ、フライを捌くユウセイ
2安打のショウ
スクイズを決めるシュンスケ
次戦も頑張ろう!
カテゴリー: Aチーム | 【Aチーム>】都田リーグ はコメントを受け付けていません

【Bチーム】関東学童横浜市新人戦1回戦

6月12日(土)於:保土ヶ谷少年球場
●5-8 vs 元石川サンダーボルト

関東学童横浜市新人戦トーナメントの1回戦の相手は青葉区代表の元石川サンダーボルトさん。荏田南イーグルスも都筑区代表として一つでも多く勝ち上がりたいところ。負ける訳にはいかないトーナメント戦特有の緊張感の中、試合開始!

先攻のイーグルスは先頭のユウジロウがレフト前にクリーンヒット。すかさず盗塁し、3番サダハルの内野ゴロの間に本塁に還り幸先良く1点先制!

先発のユウジロウは自らのヒットで気分良く好投、といきたいところだったがサンダーボルトさんがそれを簡単に許してはくれない。ヒットや四球で走者をためられ、5番打者の外野への深い打球がセンターリョウタのグラブを弾き、2点を返され逆転されてしまう。

2、3回も相手にしぶとく1点ずつ加えられ、3回終了時1対4と少しずつ離される苦しい展開。

しかしここからイーグルスも反撃開始!4回表に先頭タイガの死球からダイキも四球で繋ぎ、イツキの本日2本目となるレフトオーバーの二塁打等で2点を返す。

その裏先発ユウジロウからタイガへ継投し、流れを引き寄せたいところだったがすぐさま1点加えられ、2点差に離されてしまう。

このまま離される訳にはいかないイーグルスは、5回表にリョウヘイのレフトオーバーの二塁打、リョウタの内野安打で絶好のチャンスを作り、相手ボーク、コタロウの内野ゴロの間にこの回2点をもぎ取り、ようやく5対5と同点に追い付く!

やっと追い付いた・・と安堵したのも束の間、その裏相手に四球からの2連続長打を浴びせられ、一気に3点を奪われてしまう。その後も無死満塁のピンチが続いたが、この回途中からリリーフした3番手カイがここから相手の攻撃を抑える好投!最後の攻撃へ何とか望みを繋いだが、イーグルスは4番から始まる好打順も敢え無く三者凡退に終わり、5対8で無念の敗戦となった

この試合は相手に毎回得点を奪われ、主導権を最後まで奪えなかったことが大きいと感じました。中軸の長打力だけでなくチーム全体の出塁や進塁の意欲が高く、相手に与える圧力の差がありました。ただこの試合を経験し、個々やチーム全体としての課題も見え、大きな経験を出来たことは間違いないです。都筑区の代表として初戦敗退した事実は残念ですが、この悔しさを胸にこれからも練習を頑張ろう!サンダーボルトさん、次戦以降の健闘もお祈りしています。本日は本当にありがとうございました。

(by Tコーチ)

試合前集合写真 気合の入った表情
先発投手、核弾頭のチームの柱、ユウジロウ
2本の二塁打のイツキ
好リリーフのカイ
この悔しさを忘れずに
カテゴリー: Bチーム | 【Bチーム】関東学童横浜市新人戦1回戦 はコメントを受け付けていません

【Bチーム】あじさいAリーグ ブロック戦③

6月6日(日)於: 天神グラウンド
○ 13-3 vs 今井仲町子ども会野球部

小雨が降る中、無事試合を行う事ができました。
あじさいリーグ3戦目のお相手は今井仲町子ども会野球部さん。

今日もジャンケンに勝ったキャプテンカイがこの日の先発。
初回、先頭三振から三者凡退と素晴らしい立ち上がり。

裏の攻撃、
先頭ユウジロウのスリーベースと2番タイガのツーベースで先制。
3番サダハルがランニングホームラン!
4番ダイキが相手エラーで出塁し、5番イツキもランニングホームラン‼︎
そのまま打者11人で7得点を挙げる事に成功。

2回もカイは安定。
三振2つを取り三者凡退。

裏の攻撃、この回も打線が繋がりダイキ、カイのタイムリーからアキラの公式戦初安打(初盗塁も記録!)も生まれ4点を追加。

3回からはダイキが登板。
四死球、内野安打、バントヒット、牽制悪送球で3点を失うも2つの三振も奪う。長所と課題、両方が見えた内容でした。

その裏にはイツキのこの日2本目‼︎となるランニングホームランなどで2点を追加。

時間的に最終回となる4回にはサダハルがマウンドへ。
四球1つ出すも、3三振を奪いゲームを締めた。

断続的に雨が降り、展開的にも気が緩みそうな中、最後まで声を出し続けていた相手チームのおかげで集中力を切らす事なくプレーできました。
どんな展開になってもゲームが終わるまで強い気持ちを持ち続ける。
また一つ学べた試合となりました。
今井仲町子ども会野球部さん、ありがとうございました!


(by Sコーチ)

〈先発カイはナイスピッチング!〉
〈ホームランを打ったサダハル〉
〈アキラ初ヒット!〉
〈強いボールを投げ込むダイキ〉
〈2ホーマーの大砲イツキ〉
〈試合を締めたサダハル〉
カテゴリー: Bチーム | 【Bチーム】あじさいAリーグ ブロック戦③ はコメントを受け付けていません

【Aチーム】【Bチーム】都筑区春季大会祝勝会

5月30日(日)於:荏田南小学校ピロティ

先週5月23日に行われた都筑区春季大会でAチーム、Bチームがそろって優勝しました。その祝勝会が行われ、Aチーム、Bチーム、Cチーム、Tチームの選手それに保護者、関係者大勢集まってお祝いをしました。

吉本代表から、

1)    両チームそろっての優勝おめでとう。よくがんばりました。

2)    これからは他のチームから追われる立場になるので更に努力してください。

3)    ごほうびで県大会など上部大会に出場できるのでがんばってほしい。

4)    保護者の方をはじめ回りの人たちへの感謝の気持ちを忘れないように。

というお話がありました。

続いて来賓の方からのお祝いの言葉を頂き、そのあと選手たちを囲んで全員で乾杯し、Aチーム渡辺監督、Bチーム煤孫監督からの挨拶、さらに優勝旗や賞状、トロフィー、カップとともに記念撮影などを行って楽しい夕べとなりました。

お骨折り頂きました皆様大変ありがとうございました。幸先の良いスタートを切ることができましたが、戦いはまだ始まったばかりです。選手たちは各チームとも、これから暑い中で戦う夏の大会が待ち構えています。引き続き選手の健康管理、サポート、試合の配車や応援よろしくお願い致します。

カテゴリー: Aチーム, Bチーム | 【Aチーム】【Bチーム】都筑区春季大会祝勝会 はコメントを受け付けていません

【Aチーム】YBBL本部大会1回

5月30日(日)於:東俣野アローズ球場
●4-6 vs オール川井少年野球倶楽部(旭区)

YBBL(横浜市小学生野球連盟)本部大会は予選ブロックを勝ち抜いた32チームで争われる。一回戦の相手は予選第一ブロック第一代表オール川井少年野球倶楽部さん。

1回表、立ち上がりを攻められ1点、2回も走者二人を置いて連続長打で3点奪われる。その裏、四球のリクトすかさず二盗を決め、ユウタのレフト前ヒットに3塁コーチャーコウヘイの腕が回り、一気に本塁を突く好走塁で1点を返す。しかし4回表、長打やスクイズなどで加点され1対6と苦しい展開。

4回裏、ユウセイの右中間二塁打で反撃開始。ユウト内野安打のあと盗塁で無死2、3塁。リクトの内野ゴロでまず1点、次にユウタの二塁打で追加点を奪うが後続を断たれ2点どまり。続く5回裏、ショウの内野安打、ユウトの四球でチャンスを広げ敵失で1点もぎ取り2点差まで追い上げる。5回、6回とリクトが気持ちの入った投球で相手打線をゼロに抑え最後の攻撃に望みを託す。最終回ユウキの内野安打、代走シュンスケの盗塁と攻めるが反撃もここまで。2点差を跳ね返せず試合終了となった。

目標としていた本部大会出場は果たせたけれど、初戦を勝ち抜いてこそ本部大会に進んだ価値が上がる。悔しい敗退となったが、序盤に好球を見逃さず長短打を集めた相手打線が一枚上手だった。こちらは、得点するものの要所を抑えられ畳み掛けることができなかった。また勝負どころで記録に表れない細かなミスや守備のほころびが出て、そこを突かれた。さらに上位を目指すため、反省会ではそれぞれの選手が自分の思いを話し、次の目標に向かってスタートした。

〈byMコーチ〉

2本ヒットを打つユウタ
2塁打を打つユウセイ
作戦会議
カテゴリー: Aチーム | 【Aチーム】YBBL本部大会1回 はコメントを受け付けていません