【Aチーム】県少連本部大会

7月13日(土) 於:深谷通信隊
●0-11 vs 鷺竹クラブ少年野球部

県少連の本部大会。ベスト8をかけた戦いとなります。相手は中区の強豪、鷺竹クラブ少年野球部さんです。

スリーベースのリュウタロウ

先発のタクマは、初回2四球を与えるが3三振を奪う立ち上がり。その裏後攻のイーグルスは、四球でランナーを出すも後続が倒れ得点できず。
2回表は、2アウトから内野安打とデットボールで出塁を許し、ライトオーバーを打たれ2失点。さらに3回表は四球から足で揺さぶられワイルドピッチ、スクイズ、内野安打で3失点。4回にも1失点で計6失点。

代打ルイト

攻撃は、ランナーもなかなか出せず0行進。4回裏に2アウトからリュウタロウがスリーベースを打つも後続が続かず得点できず。
5回表にケイジにスイッチするが長短打を浴びさらに5失点。5回裏も3者三振でコールド負け。

17人みんなで勝利をつかみ取ろう!

強豪チームとの試合でしたが、接戦に持ち込むにはアウトに取れる場面はしっかりアウトを取り、無駄な四死球を無くしていかないとすぐに点を取られてしまいます。
今日のようなゲームでは、これからいろんな大会で強豪相手に勝ち進んでいくには難しい。さらに上を目指したいのであれば、ミスを最小限にするため練習中からもっともっと集中して取り組んでいきましょう!(by Yコーチ)

カテゴリー: Aチーム | 【Aチーム】県少連本部大会 はコメントを受け付けていません。

【Aチーム】区大会(東京ガス杯)2回戦

7月13日(土) 於:東山田公園
○8-4 vs 南山田ライオンズ

春の区大会王者として迎える夏の区大会。度重なる雨での延期によりようやく初戦を迎え、相手は春3位の南山田ライオンズさんです。

2塁けん制でアウトを取ったソウア

初回先発のソウタが四球とライトエラーでランナーを出しながらも2塁けん制タッチアウトで先制点は与えない。その裏イーグルスの攻撃は、2アウトからソウタ四球、シンノスケヒットの後にワイルドピッチがあり先制点を奪う。
2回表はヒットで出塁を許し、振り逃げをキャッチャー悪送球があり四球などで2アウト満塁のピンチであったがここも内野ゴロを打たせ無失点で乗り切る。しかし、3回表に1アウトから左中間にホームランを打たれ同点とされ、さらにセンターエラー、ライトエラーと嫌な流れだったが、後続を連続三振にしとめ何とか最少失点で踏ん張る。
その裏イーグルスの攻撃で、先頭ソウアが四球を選び、アイルのバントヒットなどでチャンスを作り、ワイルドピッチなどで3-1とするがなかなか流れを持ってこれない。

2塁に進んだシンノスケと1塁コーチャーのリンタロウ

すると4回表に先頭ヒット、盗塁から内野ゴロ2本で1点差。さらに四球から2ランホームランを打たれ一気に逆転される。追い詰められた4回裏であったが、リク、セイヤの連続四球からソウア、アイル、ソウタの3連打などで一気に5点をあげ8-4としたところで時間切れ。

粘りのピッチングで勝利をつかんだソウタ

勝つには勝ったがなかなか自分のペースに持ち込めない梅雨空のようなもやもやした試合でした。次の準決勝では夏空のようなスカッとした試合をしていこう!(by Yコーチ)

カテゴリー: Aチーム | 【Aチーム】区大会(東京ガス杯)2回戦 はコメントを受け付けていません。

【Cチーム】親善交流Jr.リーグ戦

7月13日(土) 於:西田グランド
● 6-8 vs 厚木ニューウェーブ

親善交流Jr.リーグ第3戦の相手は厚木ニューウェーブさん。

力投のリクト

初回、四球と相手のミスで幸先良く2点を先制した。しかしその裏に2点を返され試合は早くも振りだしに。2回は両チームとも無得点。

タイムリーのシュンスケ

3回表ツーアウトから四球とシュンスケのタイムリーで3点勝ち越し、続くミクモも四球でつなぎ、チャンスを広げコウヘイが打席に立つが、惜しくも凡退。3回裏は四球とタイムリーを打たれ打者一巡を許し、5失点で逆転を許す。

柵越えのユウト

4回表、ランナー1人を置いて4番ユウトの豪快な一発!で同点と思われたが、まさかの三塁踏み忘れで追加点は1点のみ。その裏、1点を失いさらに差が開く。5回表は三者凡退でそのままゲームセット。

前の2試合に比べて大分声も出ていたし、気持ちも見えたのが収穫。チームの雰囲気をもっと良くする為にチームとしてお互いを認め合い、競い合えるよう練習に取り組んで行こう。( by Yコーチ )

カテゴリー: Cチーム | 【Cチーム】親善交流Jr.リーグ戦 はコメントを受け付けていません。

【Bチーム】都田リーグ④

7月13日(土) 於:黒須田グラウンド
● 7-10 vs 葉桜

都田リーグ第4戦は、青葉区の葉桜さん。
このところ公式戦連敗続きのイーグルスは、なんとか勝利をものにしたい。

緊張の試合前

先攻のイーグルスは、瞬きする暇もなく3者凡退と先行き不安な滑り出し。
その流れが守りにも影響したのか、安定ピッチングの先発ソウマがピリッとしない。
先頭打者をストレートの四球で歩かせると、牽制悪送球もあり、いきなり3塁まで進めてしまう。
さらに次の打者を内野ゴロに打ち取ったと思いきや、中途半端な守備と悪送球で1点献上。
その後も四球、落球、ミス続きで1安打ながらも5失点とビハインド。

ヒットを放つソウ

流れを変えたい2回表は、4番ソウがセンター前ヒットで出塁するも、もはやお家芸となった走塁死でチャンスを潰し、続く打者も守備練習のごとく内野ゴロで3者凡退。
その裏も、四球が続き2失点で7失点となり、コールド負けが頭をよぎる。
しかし、3回表のイーグルス、四球とユウマのヒットで出塁すると、選球良くさらなる四死球と内野安打で3点を返す。
2回裏から登板したルイカは、盗塁とミスで1点を失うも、なんとか我慢の投球を続け、最小失点で切り上げる。

やや硬かった内野陣

後がないイーグルスは、4回表、四球のランナーをソウマが渋いライト前ヒットで1点を返すと、2死ながら連続四球で3点追加するも、この回は4点どまり。
結局、その裏に2失点となり、最後は離されて試合終了。

上手いバッティングのユウマ

久々の試合で感覚が戻っていないかったのか、初回の5失点がすべてだった。
相変わらず、決まった人が決まったミスをしているので、それを克服しないと弱小チームからは抜け出せない。
暴走、消極的守備、悪送球、サインミス、どれをとっても少し考えれば修正できるものばかり。
選手はもっと反省して、真剣に取り組んで欲しい。
( by In コーチ )

カテゴリー: Bチーム | 【Bチーム】都田リーグ④ はコメントを受け付けていません。

【Aチーム】横浜DeNAベイスターズ旗1回戦

6月30日(日) 於:海釣り公園
○8-2 vs 錦町・東団地

時折強くなる雨の中、合同チームの錦町・東団地さんとの1回戦。

代打ユウマ

先攻のイーグルスは、ソウア、アイルの四球からソウタの2ベースで2点先制。さらにケイジのタイムリーなどで3点追加。
その裏イーグルスの先発のシンノスケも先頭から連続四球でタイムリを許し1点返される。しかしその後ダプルプレーで最小失点でなんとかしのぐ。

2回裏も先頭四球から追加点を許す展開となり、攻撃も2回3回とチャンスで1本が出ない嫌な流れ。しかし4回表にリクの右中間を大きく破るタイムリー3ベースなどで3点を追加。

右中間を破り3塁を狙うリク

3回裏からケイジがリリーフ。ヒットを打たれても無失点でしのぎ5回裏を抑えたところで時間切れゲームセット。

途中出場のマッキー

雨の中なかなかうまくいかなかったことは反省し、次回できるようまたチャレンジしていこう。来週以降も様々な試合が続くので勝利を目指し頑張りましょう!(by Yコーチ)

代打リンタロウ
途中出場のカズアキ
カテゴリー: Aチーム | 【Aチーム】横浜DeNAベイスターズ旗1回戦 はコメントを受け付けていません。

【Aチーム】県小連ブロック決勝戦

6月30日(日) 於:深谷通信隊
○12-4 vs 茅ヶ崎エンデバーズ

前日からの雨で中止も危ぶまれていたものの、強風の中なんとか開催できた試合は同じ都筑区の茅ヶ崎エンデバーズさん。

3安打のソウタ

先攻のイーグルスは、アイルの四球からソウタ、シンノスケの連打などでいきなり3点を幸先良く先制。しかし、2回裏にサードエラーの後2ランホームランを打たれ2失点。さらに内野安打で出塁を許し強風によりキャッチャーフライが捕れず同点、さらにサードエラーにより計4失点で逆転を許してしまう。

同じく3安打のシンノスケ

打線が上向きになってきたイーグルスは、3回表にまたもやソウタ、シンノスケの連打から小技も効かせて逆転。さらに4回表は四球からシンノスケのタイムリーで追加点。5回表は打線がつながり、リク、ソウア、アイル、ソウタ、リュウタロウの5安打などで一気に6得点。
3回裏、4回裏と先発のタクマが3人で抑え、5回裏もソウタがしめてコールド勝ち。

なんとか粘った内野陣

強風の中、集中力を保ち粘り強く勝利をものにしました。次は本部大会となりますが、ブロック代表として体調管理をしっかりして万全の態勢で臨んでいこう!(by Yコーチ)

カテゴリー: Aチーム | 【Aチーム】県小連ブロック決勝戦 はコメントを受け付けていません。

【Cチーム】親善交流Jrリーグ戦

6月23日(日)於:岡津小学校
●1-15 vs ニュー横浜スターズ

この日の対戦相手は、ニュー横浜スターズさん。
イーグルスの後攻で試合が始まり、この日の先発はユウセイ。1回を無得点で終わり攻撃に移りたいところだがこの日もコントロールが安定せず先頭バッターから連続フォアボール3個、ヒット、フォアボールと初回に5点を奪われる苦しい展開。5点を追う1回裏、1点でも返したいところだが先頭カズキ、2番ユウジロウ、3番リクトと3者凡退に終わる。

1安打のユウセイ

2回の表ニュー横浜スターズさん攻撃、この回からピッチャーリクトに代わり0点で抑えたいが振り逃げからワイルドピッチ、フォアボール、ヒットなどで4失点。反撃したいイーグルス2回裏も3者凡退で終わる。3回の表も味方のエラーからヒットを連打され4失点。

3番手ピッチャーサダハル

3回裏は先頭ユウタ、相手のエラーから1、3塁となったがショウの牽制タッチアウトなどでこの回1点止まり。4回の表にも1点を追加され、イーグルスのヒットはユウセイの1本のみ。最終回も1点奪われるがピッチャーサダハルに代わり後続を抑えるも、打線が機能せず完敗に終わる。

試合後の円陣

失点の殆どがフォアボールからワイルドピッチで失点を与えてしまう状態。守りを信じて打たせていくピッチングも大事ではないか。
打線も1安打では反撃の糸口が見つからない。
これから必死に練習をしていこう。
必ず成果が出てくるから1人として手を抜かずに頑張ろう!
(by  Tコーチ)

カテゴリー: Cチーム | 【Cチーム】親善交流Jrリーグ戦 はコメントを受け付けていません。

【Aチーム】県小連2回戦

6月23日(日) 於:深谷通信隊
○6-4 vs 南戸塚少年野球団

何時雨が降り出すかわからない天気の中、県小連2回戦の相手は戸塚区の南戸塚少年野球団さん。
後攻のイーグルスの先発はタクマ。初回表不味い守りでいきなり先制点を許すが、その裏アイルの2ベースと相手のエラーですぐさま同点に追いつく。
2回表は四球2つで出したランナーをまたもや不味い守りで2-1とされる。
2回裏にはセイヤのタイムリーと相手のエラーで3-2と逆転するが、お互いエラー三昧で全くしまらない。

雨にも負けないベンチからの声援!

3回裏には2番からの好打順だったが3者凡退で終わる悪い流れ。4回表に2アウトからヒット2本とワイルドピッチで遂に3-4と逆転されるが、4回裏に一死3塁からケイジの内野ゴロとケンシンの好走塁で何とか同点に追いつく。

ライトの横を抜けるヒットで2塁を狙うケンシン

時間的に最終回となる5回表に先頭を四球で出したところでケイジにスイッチ。振り逃げもあり、一死2、3塁のピンチとなるが、何とか無失点で抑える。
5回裏、ソウアが四球を選び、ソウタのタイムリーヒットをセンターが後逸しソウタがそのまま帰り6-4となりゲームセット。

センターの横を抜けるヒットで3塁を狙うタクマ

勝つには勝ったが、守備では声は出ない、送球の判断ミスはする、内野は一歩目が動きが遅い、外野は簡単なゴロを後逸する、
攻撃ではすぐ簡単にフライを上げる、散々な試合だったね。平日、皆一生懸命練習しているかな?次はブロック決勝戦だよ。
都筑区のチャンピオンとして自覚を持ち日頃の練習ならびに試合にのぞもう!
(by Tコーチ)

カテゴリー: Aチーム | 【Aチーム】県小連2回戦 はコメントを受け付けていません。

【Bチーム】ベイサイドカップリーグ⑥

6月23日(日) 於:新吉田小学校
● 4-10 vs 綱島リバース

ベイサイドカップも第6戦目、そろそろ初勝利が欲しいところ・・・
対戦相手は、お隣港北区の綱島リバースさん。

後攻のイーグルス、先発はエースに名乗りを上げたいルイカ。
1回の表、先頭打者の内野ゴロをいきなりトンネルし、ランナーを背負う。
四球、振り逃げで無死満塁とすると、4番打者は打ち取って内野ゴロのはずが、エラーで早くも1点献上。
さらに内野陣がこぞって投手の足を引っ張り、初回で3失点となる。
守備のミスはバットで返したいところだが、早打ち自慢のイーグルスは、わずか5球でスリーアウト。

盗塁を阻止したソウ

2回表もランナーを背負うとワイルドピッチで進塁され2失点とするが、捕手ソウが二塁盗塁を刺したのを機にルイカもエンジンが掛かり三振を奪って追加点を許さなかった。
しかし、その裏の攻撃も、内野安打と野手選で一死一二塁とするが、後が続かず無得点。

連続タイムリーと絶好調なカナル(Good swing!)

先発ルイカは、エンジンが掛かってからは安定したピッチングで、3~4回で三振3つを奪って無失点と味方の援護に期待する。
3回裏、相手のエラーでイツキが出塁すると、2番に抜てきされたカナルが初球を捕らえてセンター越えのタイムリー2塁打で、ようやく1点を返す。

レフト前ヒットのイツキ

4回裏は三者凡退となったものの、5回裏、二死ながらイツキがレフト前ヒットで出塁すると盗塁を決めて二塁へ。
そして、前の打席でタイムリーを放ったカナルが、ファールで粘った10球目をまたもやセンター越えのタイムリーで1点を返すと、続くルイカの走塁ミスからの挟殺プレイ中にカナルが帰って2得点。

二塁打を放つコウタロウ

しかし、5~6回に追加点を許し、7点差となった最終回、コウタロウ、ソウの連続二塁打で1点を返すも、後が続かずゲームセット。

二番手でマウンドに上がったソウマ

結果的に6点差での負けとなったが、失点のほとんどがエラー。
ピッチャーがいくらがんばっても守備が足を引っ張るのが、もはやお家芸となっている。
何度も注意されることは、いい加減に直してもらいたい。
ほぼ毎週注意される選手もいるが、一向に直そうとしている気配がない。
その場で返事をするものの、直す気がないのだろうか。
非常に残念である。
また、打撃は水物ではあるが、今日は1番~5番打者は、全員ヒットを打っている。
それに反して、6番以降の打者は無安打。
打てないと思う選手は、「なぜ打てないのか?」を真剣に考えて欲しい。
打てない原因の多くは、言われたことを実践しない、若しくは、すぐに忘れてしまう、それとボールを見ていないこと。
打ちたいと思ったら、言われたことを忘れずに実践しよう!
( by In コーチ)

カテゴリー: Bチーム | 【Bチーム】ベイサイドカップリーグ⑥ はコメントを受け付けていません。

【Bチーム】西部リーグ

6月16日(日) 於:清水ヶ丘公園
● 0-10X vs 清水ヶ丘ジャイアンツ 

6年生大会の西部リーグ1回戦の相手は、南区の強豪チーム、清水ヶ丘ジャイアンツさん。

6年生大会で、初戦から強豪チームとの対戦なのか、朝から選手は覇気がない。
試合前のキャッチボールでも真剣さが伝わらず、結果は案の定ワンサイドゲーム。

相手は6年生で体格の違いもあるが、もう少し真剣に試合に挑んで欲しいところ。
勝敗気にせず、なんとか食らいつこうと覇気のある選手は、ほんの一部のみ。

点差以上に内容ががっかり過ぎるゲームだった。
コーチ陣は、全員とても残念な気持ちだった。
( by In コーチ)

カテゴリー: Bチーム | 【Bチーム】西部リーグ はコメントを受け付けていません。