【Tチーム】秋季地区大会 決勝戦

11月4日(月) 於:佐江戸おちあい公園
〇6-0 vs 球友会T1

本日3試合目、そして春の区大会に続いての決勝進出。
春は決勝戦で敗退し涙をのんでいるだけに、試合前から選手たちのテンションはあがっていて、抑えるのが大変なくらいだった。
相手の球友会T1さんは決勝まで堅実な守備で勝ち進んできており、ロースコアでの勝負になるだろうと予想。
イーグルスも負けじと自分たちの野球をする、そして良いプレーを頭の中にイメージしながら試合開始を迎えた。

いくつものショートゴロをさばいたサダハル

1回表は0点に抑えられ、1回裏は1アウト2・3塁のピンチを招くも、緊張の中ゼロに抑える。
2回表、カイがエラーでの出塁し、イット・シュウの連打で満塁を迎えると、ユウジロウの2点タイムリー2塁打で、欲しかった先取点を掴み取る。

どんな送球でも捕るファーストのユウジロウ

3回はお互い3者凡退、4回もランナーが出るもお互い0点で、2-0の2点リードで最終回を迎える。さらに緊張感が高まってくる。
5回表、ユウジロウ・サダハルの2塁打、ダイキ・カイの連続ヒット、エラーも絡み、喉から手が出るほど欲しかった追加点4点を獲得。

表彰式

5回裏、これまでにない緊張感に包まれる中、コーチ達も手に汗を握りながら見守る。
1アウト1塁で、ヒットが続くと嫌な流れになるところで、センターのダイキがフライを掴み、ファーストのユウジロウに 送球しランナータッチアウト、ゲッツー成立で試合終了。

優勝の賞状をもって記念撮影

終わってみれば、2つのダブルプレーを含む完封勝利!
現体制でのTチーム、初優勝!!
ブロック戦からの7連勝はなかなかできることではなく、本当に素晴らしい結果となり、監督・コーチ・保護者一同、感動しました!日頃の練習の成果が必ず報われることを体で感じたと思います。
本当におめでとう!( by Kコーチ)

優勝の帽子投げ

Tチーム区大会優勝おめでとう!

カテゴリー: Tチーム | 【Tチーム】秋季地区大会 決勝戦 はコメントを受け付けていません。

【Tチーム】秋季区大会準決勝

11月4日(月)於:おちあい公園
〇5-1 vs 横浜ビクトリー

秋季区大会決勝トーナメント、本日2試合目の準決勝の対戦相手は横浜ビクトリーさん。

2本のタイムリーツーベース、サダハル

試合が動いたのは2回裏、横浜ビクトリーさんが内野ゴロの間に1点を先制。しかしイーグルスも直後の3回表に3番サダハルの同点二塁打、4番ダイキの逆転タイムリーヒット等でこの回3点を取り逆転に成功。
そして5回にも3番サダハルの二塁打等で2点を追加。3回以降は相手に得点を与えず、5-1で勝利しました。

4番の仕事、逆転タイムリーのダイキ

この試合イーグルスが走者を得点圏に置いたのは3、5回のみ。しかしその回で着実に得点し、いずれの回もタイムリーの後に5番カイが内野ゴロではあったが3塁走者を返し、追加点をしぶとくもぎ取ったことが大きかった。守り勝ったといえる試合で決勝戦に向けて弾みのつく試合となった。

守り勝ったぞ!

そして試合終了後、グランドを去る横浜ビクトリーさんのチームの選手やコーチの方々から次々に「決勝戦頑張って!」と激励して頂き感動しました。相手を称える気持ちを忘れない姿勢はイーグルスの選手達も見習わなくてはならないと感じました。
横浜ビクトリーさん、ありがとうございました。また楽しく試合が出来る日を楽しみにしています!( by Tコーチ)

カテゴリー: Tチーム | 【Tチーム】秋季区大会準決勝 はコメントを受け付けていません。

【Tチーム】秋季地区大会トーナメント戦 準々決勝

11月4日(月)於:佐江戸おちあい公園
◯10ー8 vs 山田バッファローズ

ブロック戦を全勝で迎えたトーナメント初戦、相手は打撃力のある山田バッファローズさんでした。

チームの守備を支えるサダハル

1回表相手の攻撃は、連続での出塁を与えず1点を先制されたが、最小得点で切り抜けました。
1回裏の攻撃は1番ユウジロウがツーベースヒット、2番コタロウのヒットの間にまず1点、3番サダハルもヒットで続き4番ダイキの内野ゴロの間に1点、その後も5番カイ、6番イツキの連続ツーベースヒットで更に2点を追加しこの回4点を上げました。

キャプテン ダイキ

2回は相手の内野ゴロ3つをしっかりアウトにし0点に抑え、裏の攻撃は9番リョウヘイが出塁し、1番ユウジロウの2打席連続ツーベースと2番コタロウのヒットで1点を上げ、4番ダイキの内野ゴロの間に更に1点追加し、この回は2点を取りました。2回が終わって6ー1です。

試合ごとに成長するカイ

3回も試合が動きます、相手の9番打者がツーベースヒットでノーアウト2塁、1番、2番の内野ゴロの間に1点取られるもツーアウトです。その後、相手の打撃力が止まらなくなりました。3番4番の連続ツーベースで1点追加、更にこちらのミスもありツーアウト1、2塁、ここで6番にツーベースでまた1点入れられ2、3塁、7番のショートへの内野安打の間に、1点を追加されたが、2塁ランナーが更にホームに突っ込み、それをユウジロウがホームまで走りタッチアウトを取り何とか4点で抑えました。
この時点で1点差の6ー5になりましたが、裏の攻撃を頑張りました。7番イットが相手のエラーで出塁すると、8番シュウ9番リョウヘイの内野安打の間に1点を返すと、1番ユウジロウがこの日3本目のツーベースで1点、2番コタロウ3番サダハルは相手のミスと内野ゴロの間に2点を取ったことで、すぐに4点を取り返しました。

走攻守そろったユウジロウ

4回は両チームとも0点でしのぎ合い、最終回、相手が必死で攻撃を仕掛けて来ました。先頭の3番4番が連続ツーベースで簡単に1点取られ、一個アウト取るとヒットで1点取られ、一個アウト取るとまたヒットで1点取られ、最後またアウトが取れたのでスリーアウトになり試合終了となりました。

皆が成長できた良い試合でした!

勝因は試合前の準備が良かったので、先に打線が繋がったのと、攻撃力のあるチームに慌てずしっかり声を出し、1つ1つアウトを積み重ねられた守備が、成長していた事だと思いました。皆でひやひやしながらも、集中できた良い試合でした。( by Tコーチ)

カテゴリー: Tチーム | 【Tチーム】秋季地区大会トーナメント戦 準々決勝 はコメントを受け付けていません。

【Tチーム】秋季地区大会ブロック戦第四戦

11月4日(日)   於:荏田西小学校 
◯16-1 vs 横浜フューチャーズ

秋季地区大会のブロック戦第四戦目です。
4連勝で締めくくりたいところです。

まずは始まる前にMコーチが全員を集めてミーティングを行いました。大会本戦・来年に向けて走塁を皆で考えて積極的に一つでも先の塁を狙いタッチアップもしっかりと対応して行こうと声かけた。それに対して選手たちも大きな声で返事をしていました。

そして始まったフューチャーズ戦。
キャプテンのダイキをはじめ全員がバットをしっかりと振り切り一回表から五回表まで毎回得点の合計16点を獲得する猛攻を繰り広げた。走塁もリードオフマンのユウジロウが見本になるような積極的走塁を見せそれにつられるように三年生から一年生まで
一生懸命走っていた。飛球が上がったときも少し怪しかったがハーフウェイを試みる姿勢が見て取れた。

守備面では、三年生のカイ・サダハルの三遊間コンビが中心となり五回を一点で抑える強さも見せた。この試合をみて本戦でもとんでもなく良い結果が出るのではないかと予感がするMコーチでした。( by Mコーチ)

カテゴリー: Tチーム | 【Tチーム】秋季地区大会ブロック戦第四戦 はコメントを受け付けていません。

【Aチーム】県小連 秋季トーナメント二回戦

11月4日(月) 於:深谷通信隊グランド
●2-3 vs 旭北少年野球部

負ければ終わりの県小連トーナメント戦の相手は、8月に対戦し僅差で勝利した旭区の旭北少年野球部さん。

レフト前ヒットのリュウタロウ

先発タクマが4回まで無失点で抑え、投手戦で0-0で迎えた5回表にリュウタロウ、シンノスケの連打とワイルドピッチで一死2、3塁のチャンスに。
ケイジがスクイズを決め、タクマがタイムリー2塁打を放ち2点を先制し、なおも二死1、2塁のチャンスだったがあと1本が出ず2-0。
しかしその裏に3塁打を打たれ、内野ゴロの間に1点を取られ2-1。

レフト前ヒットのシンノスケ

6回表に相手のエラーと四死球で二死満塁のチャンスであったが得点できず。
そして6回裏にヒットで出たランナーに2盗、送りバントで決められ二死3塁でタイムリーを打たれ、投手をソウタにスイッチしこの回を2-2の同点で迎え最終回へ。
二死からランナーを出すが得点できず流れを持って来れない。その裏先頭バッターに3塁打を浴び、サヨナラのピンチに外野フライを打たれタッチアップでサヨナラ負け。

レフトオーバータイムリー2ベースヒットのタクマ

ノーエラーで引き締まったナイスゲームだったよ。試合の入りも良かったし、試合前のノックも良く足も動いてたしエラーする感じが無かったね。
次の試合もこのような入りができればいい試合ができるはず。勝敗はやはり二死からのチャンスにヒット1本出たか、出なかったかかな?
あと中継プレーをもっと練習して2塁、3塁、あるいは本塁で刺せるようになればもっともっといい試合ができるよね。
残り試合も少なくなってきました。後悔しないゲームができるよう平日練習もしっかりやろう。そして失敗を恐れず、全力プレーで精一杯頑張ろう!(by Tコーチ)

カテゴリー: Aチーム | 【Aチーム】県小連 秋季トーナメント二回戦 はコメントを受け付けていません。

【Bチーム】都筑区秋季大会予選リーグ③

11月4日(祝)於:東山田公園
〇15-1 vs 川和D・折本C連合チーム

決勝トーナメントに進むためには、どうしても負けられない予選リーグの最終戦。
対戦相手は、川和ドルフィンズさん、折本クーパーズさんの連合チーム。

堅実なピッチングを披露したソウマ

先攻のイーグルスは、初回から得点して主導権を握りたいところだったが、緊張のためかガチガチの上位打線は、三振と凡フライで三者凡退。
その裏、先発はエースのソウマ。
2塁打を1本打たれるも、コントロール良く、打たせて取るピッチングで、なんとか無失点とする。

攻守で活躍のコウタロウ

先制点が欲しいイーグルスは、先頭のコウタロウがレフトへの2塁打で出塁すると、後続が四死球で塁を埋めて9番イツキのところで二死満塁のチャンス。
イツキは見事期待に応えてライトへの2点タイムリー2塁打を放ち2点を先取すると、押出しもあって、今回4得点とした。

先制タイムリーのイツキ

2回裏のソウマは、レフトへの連打を浴びて1点を失うも、後続はピシャリと抑える。
さらなる追加点が欲しいイーグルスは3回、ユウトのライト前ヒット、イツキの2本目となるタイムリー、さらにはリュウタの痛烈なレフト線へのタイムリー2塁打が飛び出し、この回も4得点を挙げる。

ショートの守備も板についたリュウタ

先発ソウマは、制球良く、省エネピッチングで3~4回も無失点で切り上げる。
打撃陣も、ユウト、ソウマ、ユウキ、そして代打コウスケのヒット等で得点を重ね、4回は7得点となり、最後はコールドゲームとなった。

ファールフライを捕球するユウト

とにかく先発ソウマの投球が非常に素晴らしかった。
それに応えるべく、全員がヒットや四死球で出塁し、イツキやユウキのファインプレーもあって、とても盛り上がった試合だった。
この勢いを維持して、決勝トーナメントに挑んでいこう!
( by In コーチ)

カテゴリー: Bチーム | 【Bチーム】都筑区秋季大会予選リーグ③ はコメントを受け付けていません。

【Bチーム】あじさいリーグ オープントーナメント

11月3日(日) 於:日吉小学校
●3-4 vs 北加瀬山崎子ども会野球部

本日の対戦は、川崎市の北加瀬山崎子ども会野球部さん。
昨日の反省から選手一人一人が気持ちを切り替えたのか、朝、全員がいつもより早めに集合してアップを始めるなど気持ちが一つになり良い雰囲気で準備がスタートできた。

復帰後初先発のルイカ

そんな良い雰囲気のまま午前練習を終え、午後の試合スタート。イーグルス後攻、先発は怪我から復活のルイカ。
1回表はフォアボールを1つ出すも、後続をきっちり打ち取る良好な立ち上がり。
裏のイーグルスの攻撃は、フォアボールで出塁するも一本が出ず先取できず。

マウンドにも慣れ、球威も増したリュウタ

2回表、相手の攻撃で先頭打者にヒットを許すと、後続もフォアボール、ヒットが絡み、4失点。
途中登板のリュウタがその後を抑え切り抜けた。
その後、3回以降も良いリズムで打たせてとるピッチングで0点を築いた。

調子を取り戻したコウタロウ

4回裏イーグルスの攻撃、先頭イブキがフォアボールで出塁以後、1アウトからソウマもフォアボールで出塁。
タイキのショートゴロが運悪くイブキに当ってしまい2アウトとなったが、リュウタがデッドボールで満塁となり、ユウキのレフトへのヒットで1点を追加。

気合いが入るコウスケ

5回の攻撃では、コウタロウがフォアボールで出塁し、盗塁、ピッチャーボークで3塁へ。その後、昨日に続き、好調のイブキが三塁線を破る痛烈なヒットで1点追加。
イブキはワイルドピッチ、イツキの内野ゴロの間にサードに進みソウマの絶妙なショートへの内野安打で更に1点を追加した。
しかし、後半勢いを見せたイーグルスだったがここまでで試合終了。

痛烈な3塁線打を放ったイブキ

今日は、試合は負けてしまいましたが、苦しい場面でも一人一人があきらめず、声掛け仕合った全員野球でした。
負けていても自分たちで良い雰囲気を作ることができたのは君たちにとってとても大きな収穫だね。
明日以降もこれを継続し続ければ大きな勝利をつかめるはず!! 頑張っていこう。
( by Ik コーチ)

カテゴリー: Bチーム | 【Bチーム】あじさいリーグ オープントーナメント はコメントを受け付けていません。

【Bチーム】さわやかカップ教育リーグ予選ブロック②

11月2日(土) 於:都田公園グランド
○9x-8 vs 横浜球友会

本日、Bチームの2戦目は、イーグルスと同じ都筑区の横浜球友会さん。
午前中の沈んだ雰囲気を何とか払拭し良い雰囲気で試合に臨みたいところ、先発はタイキで試合スタート。

先発は左の本格派タイキ

1回表、幸先良くサードフライで1アウトを取ったが、2番打者以降はアンラッキーも含め3本のヒットで早くもピンチになった。
その後、エラー、フィルダースチョイス、フォアボールも絡み、いきなり5点を献上。

スピードスター・リュウタ

その裏、先頭のリュウタがアウトとなったが、2番のユウキがレフト前ヒットで出塁後、ユウトのフォアボールと盗塁で2、3累としコウタロウのセカンドゴロの間に1点返すが、そこまで。

踏ん張りを見せたユウキ

2回のイーグルスの守備は、先頭打者フォアボールを出すも、その後は、ファーストゴロ、セカンドゴロで1点献上も、次打者は三振と落ち着きを取り戻した。
その後何とか得点したイーグルスだが、出塁できず3者凡退でチェンジ。
3回、ピッチャーはソウに交代。フォアボールとパスボールなどで1点を献上したが、その後は、スイングアウト2つ、内野フライで切り抜ける。

マルチヒットのソウ

イーグルスの反撃はここから始まった。
リュウタがフォアボールで出塁後、相手のエラーと適時打がからみ、5点返上。
4回表は、リリーフユウキが何とか1点に抑え、いよいよ最後の攻撃。
リュウタが内野安で出塁すると、相手のエラーもからみ2.3累となった。

集中するイツキ

その後コウタロウの内野安打で2人生還で同点後、フォアボール、ソウの内野安打と続き、最後はイブキのセンター前さよならヒットで試合終了。
イーグルスは何とか接戦をものにした。

サヨナラ打、マルチヒットと大活躍のイブキ

この試合は、日ごろしっかりと自主練もしている選手が適時打を放つなど良いプレーも見られました。
ただ、今日全体を通じて、朝から集中力が無いのか、2試合目も緩慢なプレーが目立ちました。
試合後、選手だけで自分たちの方向性を決めたよね。
さあ、明日から選手ひとりひとりが気持ちを入れ替えて気持ちを一つに頑張っていこう。
( Ik コーチ)

カテゴリー: Bチーム | 【Bチーム】さわやかカップ教育リーグ予選ブロック② はコメントを受け付けていません。

【Bチーム】KBBA後期新人戦2回戦

11月2日(土) 於:都田公園グランド
●5-11 vs 旭北少年野球部

KBBA秋2回戦は旭北少年野球部さん。
昨年大差で勝利を献上したこともあり、今回は何とかリベンジを果たしたい。

先発のソウマ

1回、イーグルス先攻で試合スタート。
先頭リュウタのライトへの2ベース後、1アウトから3番ユウキの放った難しいゴロで相手のエラーを誘いリュウタが好判断で生還し1点先取。
しかし、後続が続かず、三振、凡フライでチェンジ。

真剣な眼差し

その裏、先発ソウマは危なげなくサードゴロで1アウトを取ったが、センター前ヒット、フォアボールで出塁を許す。
その後はフライで打ち取った後、センターへのアンラッキーなポテンヒット、ライト前ヒットで3点献上したが、何とか踏ん張り少ない失点で切り抜けた。

調子の上がってきたソウ

2回は、お互いに好投で3者凡退で終了。
3回表、反撃したいイーグルス。この回は練習してきた走塁が生きた。
リュウタがフォアボールで出塁、盗塁後、ルイカの打球を相手がフィルダースチョイスし1、3塁。
その後、ルイカの盗塁成功で2、3塁とし、相手のパスボールで、リュウタが生還し1点返上。
その後ユウキのサードゴロの間に、ルイカの好スタートのゴロゴーで追加点を挙げ同点。
しかし後続がヒットを打つも、牽制アウトと凡フライでチェンジで悪い流れに。

好調のタイキ

その裏、直前の流れが影響したのか、デッドボール3つとヒットが絡み、また、途中交代のコウタロウも踏ん張ったがヒットも絡んで6点献上。
その後は、何とか巻き返そうとするも、追加2点止まりで試合終了。

集中するユウマ

今日は、バントミス、複数の凡フライ、デッドボール、フォアボールと悪い流れになってしまうプレーが目立ちました。
また、試合に入る準備と集中力の無さ、粘りの無さが今まで以上に目立つした試合でした。
プレーが上手くいかずに試合中に下を向く選手も何人かいましたが、本気で仲間を信じチームに必死で貢献する気持ちがあれば下を向いている暇はないはず。
君たちはこの秋冬、技術だけでなく、選手ひとりひとりが、個のレベルからチームのことを考えられるよう心も成長していこう。
君はどうやってチームに貢献しますか?( by Ik コーチ)

カテゴリー: Bチーム | 【Bチーム】KBBA後期新人戦2回戦 はコメントを受け付けていません。

【Tチーム】秋季地区大会ブロック戦3戦目

11月2日(土)於:つづきの丘小学校グランド
◯6-0 vs 早淵レッドファイヤーズ

地区大会のブロック線3戦目しっかりと良い試合をしたいところです。リクトとソウは公式戦はじめてのスタメンでやる気満々です。

初スタメンでやる気満々 リクト

先攻で1番ユウジロウがヒットで出塁し3番サダハル4番ダイキ6番イットのヒットで2点を先制しました。3回の攻撃に3番サダハル4番ダイキの2連続ツーベースヒットで1点を追加し、5番カイ6番イットが相手のミスもあり出塁7番リクトの内野ゴロの間に更に1点を追加しました。

一年生ながらチームを鼓舞 ソウ

4回からはソウに変わってナルが出場しました。
1番ユウジロウがツーベースヒットで2番コタロウの進塁打に3塁まで行き3番サダハルのヒットで1点、4番ダイキが続いてツーベースヒットで2アウト2、3塁を作り、5番カイがしっかりヒットを打ち更に1点を取りました。

いつでも準備万端 ナル

攻撃はその日の調子もあるが、相手のミスに助けられたりフライを打ち上げてしまったりだけにならないように、いつでも早くて強い打球を心がけましょう。
守備は無失点に抑えました。気になったところはミスした人に文句を言うのではなく正しい動きをみんなでアドバイスしてあげる事が大切です。大事なのはミスした人を責めるのではなく次にミスが出ないように、みんなで声を掛けてあげましょう。
一歩一歩良いチームになっていきましょう!! ( by T コーチ)

もっともっと良いチームになれる!
カテゴリー: Tチーム | 【Tチーム】秋季地区大会ブロック戦3戦目 はコメントを受け付けていません。