<Aチーム> YBBL本部大会1回

5月30日(日)於:東俣野アローズ球場
●4-6 vs オール川井少年野球倶楽部(旭区)

YBBL(横浜市小学生野球連盟)本部大会は予選ブロックを勝ち抜いた32チームで争われる。一回戦の相手は予選第一ブロック第一代表オール川井少年野球倶楽部さん。

1回表、立ち上がりを攻められ1点、2回も走者二人を置いて連続長打で3点奪われる。その裏、四球のリクトすかさず二盗を決め、ユウタのレフト前ヒットに3塁コーチャーコウヘイの腕が回り、一気に本塁を突く好走塁で1点を返す。しかし4回表、長打やスクイズなどで加点され1対6と苦しい展開。

4回裏、ユウセイの右中間二塁打で反撃開始。ユウト内野安打のあと盗塁で無死2、3塁。リクトの内野ゴロでまず1点、次にユウタの二塁打で追加点を奪うが後続を断たれ2点どまり。続く5回裏、ショウの内野安打、ユウトの四球でチャンスを広げ敵失で1点もぎ取り2点差まで追い上げる。5回、6回とリクトが気持ちの入った投球で相手打線をゼロに抑え最後の攻撃に望みを託す。最終回ユウキの内野安打、代走シュンスケの盗塁と攻めるが反撃もここまで。2点差を跳ね返せず試合終了となった。

目標としていた本部大会出場は果たせたけれど、初戦を勝ち抜いてこそ本部大会に進んだ価値が上がる。悔しい敗退となったが、序盤に好球を見逃さず長短打を集めた相手打線が一枚上手だった。こちらは、得点するものの要所を抑えられ畳み掛けることができなかった。また勝負どころで記録に表れない細かなミスや守備のほころびが出て、そこを突かれた。さらに上位を目指すため、反省会ではそれぞれの選手が自分の思いを話し、次の目標に向かってスタートした。

〈byMコーチ〉

2本ヒットを打つユウタ
2塁打を打つユウセイ
作戦会議
カテゴリー: Aチーム パーマリンク