<Aチーム>都筑区春季大会決勝トーナメント準決勝

5月16日(日)於:すみれが丘公園グランド

〇6-1 vs 横浜球友会

都筑区春季大会準決勝の相手は昨秋新人戦で敗れた横浜球友会さん。4月の全日本学童横浜市大会で好成績を残し、YBBLも第8ブロック第一代表で本大会出場を決めている強豪チーム。

1回裏、まずショウが気持ちの入ったヒットをセンター前に運び『今日はいけるぞ』とチームを活気づける。続く2回、リクトとユウタが積極的に打って連続ヒットのあとダイキがきっちりと送り一死2,3塁のチャンスを作る。3塁側からコウヘイとミクモが牽制に入る野手の動きを大声で走者に伝える。打席のユウキは期待通りレフト前タイムリーヒットを放って突破口を開く。さらにリノのスクイズが敵失を誘い、この回2点先制。3回にはユウトが四球のあと進塁、無死3塁としリクトのゴロの間にスタート良く生還して1点、4回にも加点して4対0で折り返す。

5回表に1点を失うが終盤6回裏、初回から1塁コーチで相手バッテリーを観察していたシュンスケが1塁走者の代走に起用される。捕手の小さな落球を見逃さず俊足を飛ばして二つの盗塁で3塁を陥れる。リノが粘った末にフルカウントからコンパクトに振り抜いた一打はレフトへのタイムリーヒットとなって勝利を呼び寄せた。

リクトは、サダハルの好リードに制球良く応えて7回完投。守りも8つのゴロなどをさばいたシヨウ、野手からの送球を確実に受けたユウタ、4つのフライやライナーを好捕したダイキ、センターから絶えず響いたユウセイの激励の声など全員で投手を支え、良い形で決勝戦へと駒を進めた。

〈byMコーチ〉

スクイズ成功のリノ
ナイスピッチング リクト
1安打のユウセイ
ヒットを打つユウキ
俊足シュンスケ
大きな声を出すミクモ、コウヘイ、ユウキ
ガッチリキャッチ ユウタ
ヒットのショウ

カテゴリー: Aチーム パーマリンク