<Aチーム> 横浜市小学生野球連盟(YBBL)秋季大会第9ブロックトーナメント1回戦

10月3日(日) 於: 平安グランド

◯9-2 vs 台谷戸ブルーファイターズ(泉区)

チームとして区大会と共に大きな目標に掲げているYBBL。春季大会では決勝トーナメントにコマを進めた。秋季大会は一か月遅れて始まったためいつものような敗者復活戦はなく一発勝負のトーナメントとなり緊張の中で初戦を迎えた。相手は春季大会で代表決定戦に進出した泉区の台谷戸ブルーファイターズさん。

今日も立上がりの一回表、走者を背負い、高いバウンドのタイムリーなどで2点先取される。その裏ショウが粘ってしぶとくセンター前に運び盗塁も決めてチャンスを作る。今日4番に入ったユウタが鋭いライナーを左翼線に放つ2点本塁打ですぐに追いつく。二回以降ユウトが相手打線を打たせて取る投球で抑え、バックも固い守りで投手を支え盛り立てる。

同点で迎えた四回裏、ユウキが出塁し、コウヘイが一発で送りバントを決める。リノは初球をたたき三遊間を抜く。続くシュンスケのスクイズが相手の失策を誘いまず1点。このあと、リクト、ユウセイ、ユウタの連打、加えてユウトの本塁打などで計7点を奪い勝負を決めた。

打線がつながりチャンスをものにしたが、攻守にわたり記録に現れない細かいミスがいくつかあった。練習時間は限られているので、平日各自素振りなどで修正、補強の上、週末の練習で調整し、大会では今日の様にチーム全員で戦う姿勢を継続していく必要がある。

今日の試合は、5年生のリョウヘイ、ハユマにベンチに入ってもらいランナーコーチやブルペン捕手を担当してもらった。どうもありがとう

〈byMコーチ〉

助っ人のハユマとリョウヘイ
反撃のセンター前ヒットのショウ
同点ホームランを打ったユウタ
三遊間のヒットを打ったリノ
ランニングホームランで激走のユウト

カテゴリー: コラム パーマリンク