過去のトピックス(2017年 1月〜6月)

<Bチーム>関東学童新人戦 都筑区予選準決勝(2017.5.21)

ジュンセイ劇場!サードに飛んだら望みなし!5月20日(土) 於:東山田公園G
●4−6 vs 山田バッファローズ

1回表裏はそれぞれのミスから1点ずつを取り合う展開。
2回裏1点を取り逆転するも3回表すぐに2点を取り返され再逆転をされる。
その後0点の攻防が続いたが6回表につかまり3点を奪われる。裏の攻撃、イーグルスもコウガのツーベースで2点を取り返し2点差。さらに2アウト満塁となるが逆転は叶わなかった。

この負け方はそろそろ卒業しないとね守備はジュンセイ劇場。一人で9つのアウトを取る。
攻撃はチャンスに再三のスクイズ失敗、走塁ミス。ランナーをホームに返すバッティングもできず。10四死球をもらうも8残塁。

何かを変えないと大事な試合で同じことを繰り返すよ。(by Oコーチ)

 

<Tチーム>区大会決勝トーナメント(2017.5.16)

第3位の表彰式5月14日(日) 於:佐江戸おちあい公園

 

【1試合目】

〇6−5 vs 佐江戸少年野球部

春の締めくくり、区大会の決勝トーナメントが行われた。

初戦は初対戦の佐江戸少年野球部さん。
先頭打者から強い打球を放つ相手に守備も乱れ、初回から5失点のビハインド。

さらに初回の攻撃は無得点と、初戦敗退がコーチ陣の頭をよぎる展開に・・・

しかし、2回の表を0点に抑えると、その裏に2死満塁からルイカの2塁打に始まり上位打線の連打で一挙4得点。
3回の裏には、イブキ、ルイカのタイムリーで逆転に成功したところで、試合終了。
辛くも初戦を突破した。

同点タイムリーのイブキ  キャプテンの意地

【2試合目】

●3−10 vs 川和シャークス

ATM大会に続き、川和シャークスさんとの再戦。
選手たちは、気合十分で試合開始。
初回は、相手のもミスもあり2点を先取し、その裏は1失点で切り抜ける。
2回は両チームとも無得点で、3回表にユウトのタイムリーで貴重な追加点で2点リード。
このまま守り抜けば決勝戦とベンチも高揚したが、3回裏、4回裏と相手の巧みなヒッティングにより大量失点。
ATMの雪辱とはならずに、またしても完敗で、第3位の成績で春を終えた。

攻撃、守りともに、まだまだ甘さが目立つので、秋に向けて基礎から再スタートしましょう!(by Iコーチ)

<Bチーム>都田リーグ ブロック第1戦(2017.5.15)

5月14日(日) 於:上山小学校
○5−0 vs 緑ユニオン

ウタ、レフトへツーベースヒット!都田リーグ初戦。A2として腕試しです。

先攻のイーグルス。1回表の攻撃はフォアボールのランナーをタイセイの内野ゴロでかえして1点先制。
3回表、ウタのレフトへのツーベースからチャンスを作り、2番レンシンのスクイズで2点目。さらにタイセイの内野安打、リツキのスクイズで3点目。
4回表はリョウマのライト前ヒットが出るも無得点。

リツキ、強打者の風格が出てきましたそして5回表、フォアボールのランナーをためてリツキの強烈な左中間のツーベースヒットが飛びだし2点を追加する。

先発はタイセイ。1回裏、先頭バッターをフォアボールで出すも無得点に抑える。4回を投げ、ヒット1本に抑える危なげないピッチング。今日は打順に関係なくしっかりストライクを投げこみました。5回裏は抑えでコウガが登板。丁寧な投球で1回を抑えました。

今日は自分たちのやるべき野球がしっかりできました。
相手は関係ない。
常に今日のような気持ちで戦うことができれば強いチームになれるでしょう。(by Oコーチ)

<Aチーム>春季区大会(2017.5.8)

5月7日(日) 於:すみれが丘グラウンド
●4−8 vs 早渕レッドファイターズ

ナオヤ ナイスラン!GWのラストは区大会の決勝トーナメント
連敗中で波に乗れないイーグルスは、またしても、ノーヒットで2点先制を許す。厳しい展開となったが、リーグ1位通過の意地を見せ、トシキ、ナオヤのタイムリーで逆転。さらに追加点を狙うがチャンスを潰し、流れを掴みきれなかった。

結局、同点の最終回はノーヒットで4失点となり、連敗の悪い形の修正はできないまま終了。
張本さんなら、投手陣に”喝”と言わざるを得ない結果であった。
喝!喝! Aチーム頑張ろう!(by Yコーチ)

<Bチーム>教育親善 ブロック第3戦(2017.5.7)

タクト、激走のホームラン①5月6日(土) 於:荏田西グランド
●5−6 vs 川和シャークス

GW最終戦、本部大会進出がかかった教育親善第3戦。
相手はおとなり川和シャークスンさん。

1回裏の守り。試合開始前から戦う気持ちの見えてこないイーグルスメンバー。フォアボールのランナーをためて相手の走塁、小技にかき乱されていきなりの5失点。
GW中に見ることのなかった苦しい立ち上がり。自分達のするべき野球を先に相手にされてしまいました。

シュンダイ、スクイズを決めて追加点しかし2回表、タクトのツーランホームランで反撃ののろしを上げます。
2回裏、コウガがライトゴロをしっかりアウトに。先発リツキも立ち直り2回、3回と相手を0点に抑えます。
4回表、相手守備の乱れ、そしてシュンダイのスクイズが決まり2点追加。さらにリョウマのレフトオーバーのホームランでとうとう同点。
そして制限時間切れで迎えた4回裏、ここを抑えると引き分け再試合でしたが、四球とミスが絡みサヨナラ負け。本部大会の出場を逃しました。

リョウマ、激走のホームラン②今日は立ち上がりの悪さや気持ちの弱さが最初に出てしまった反面、反撃をし追いつくところまでいけた子供たちの新たな一面も垣間見えました。

負けたという事実とやれば出来るんだという気持ちを胸に、これからも練習に励み試合で結果を出そう!(by Oコーチ)

 

<Aチーム>小泉杯(2017.5.7)

ハル ツーベース5月5日(金) 於:新羽小学校
●1−9 vs オール上郷

小泉杯の初戦は強豪のオール上郷さんとの対戦。

ジャンケン勝ちの先攻を選び、まず先取点を取って、自分たちのペースを狙った。ハルが速球を跳ね返し、左中間を破るツーベースで出塁したが、得点ならなかった。
逆に、初回の守りでは、ノーヒットで3失点を与えてしまい、相手チームのペースになり、シンヤのタイムリーでなんとか1点返すのがやっとであった。

夏までに、素振り、走りこみをやって、レベルアップしましょう。(by Yコーチ)

<Cチーム>区大会ブロック第3戦(2017.5.7)

5月5日(金) 於:つづきの丘小学校
●6−9 vs 佐江戸少年野球部

1勝1敗で迎えた第3戦。ジャンケンで勝って後攻を選択でき、守備でリズムをつかんで攻撃に生かしたいイーグルス。

先発は5月3日に指名されたケイジ。
1回表、課題の“先頭打者で1アウト”が取れた。
3番にヒットを打たれたものの4番でピッチャーの強打者をピッチャーフライに仕留めた。
さあ反撃といきたいところだったが、イーグルスのチャンスには相手ピッチャーが踏ん張り、3回まで0−0の緊迫した攻防。

ファインプレーのファースト リュウタロウ4回表、無死からエラーで出たランナーをホームに迎えさせず、再度の4番との勝負も三振で制し、何とか2アウト。その後セカンドへのゴロでヨッシャーと皆が思った瞬間にボールが弾みセカンドの頭を超えて1点先取された。
気落ちしたのか、その後もエラーで更に3点失点し、0−4。何とか返したいイーグルスは4番ソウアが2ベースで出塁し、足も絡めて無死3塁。チャンスだったが、5番、6番と連続三振で2アウト。何とかケイジのセンター前タイムリーヒットで1点返し、1−4。
5回表、またしても無死からエラーでランナーを出し、あれよあれよと5点失点で1−9と絶望的な状況で最終回の攻撃。

5回ピンチにマウンドに集まる内野陣区大会は9人でインニングの攻撃終了の為、1アウトで8点取らなければいけない状況。Tチームの頃から粘り強く戦うのが、今のCチーム。
5回裏、無死で4点とったが、その後三振で1アウト、絶対絶命のピンチにケイジがレフト前タイムリーヒットで何とかつなぎ、6−9。ランナー2、3塁でホームランが出れば同点のチャンスに我らの大砲リュウタロウ!皆の期待を一身に背負ったが、空振り三振で万事休した。

攻撃では先取点を取ることの大事さ!守備では無死からランナーを出さない事の大切さを身に沁みた試合だったね。
勝負は決勝トーナメント!先ずはブロック戦に4位以内に入り、成果を見せよう! (by Tコーチ)

<Bチーム>小泉杯1回戦(2017.5.5)

5月5日(金) 於:新横浜少年野球場
〇6−4 vs 戸部タイガース

タイセイ、キレ、コントロールともに抜群!A2として挑むトーナメント。

先攻イーグルス、初回3者凡退となるが、2回表、相手ピッチャーの乱れから得点を重ねる。しかしスクイズ失敗、スタート遅さからホームタッチアウトになるなどたたみかけることができず3得点で止まる。

その後も再三のチャンスでスクイズミスや走塁ミスが重なり大量点に結びつかず。しかし守りでは先発タイセイが落ち着いたピッチング。4回を不運な内野安打のみに抑える。

ミライ、スタメンさぁ打つぞ!6回表ジュンセイの強烈なツーベースからダメ押しとなる貴重な追加点。
5、6回はタクトが登板。6回少し乱れましたが最後までしっかり投げぬきました。

連戦で少し疲れがたまっているかな。今日は勝てたものの細かいミスが重なり、反省の多い内容でした。ベンチの応援も元気が無くなってきたぞ。

残りあと1試合。全勝でGWを終われるように最後までがんばろう。(by Oコーチ)

<Bチーム>関東学童新人戦 都筑区予選2回戦(2017.5.5)

シンタロウ、右中間のフライをジャンピングキャッチ5月4日(木) 於:牛ヶ谷公園
〇3−0 vs ジュニア葵

区大会2回戦。

先発ウタ、初回2四球を出すが何とか切り抜ける。
一方、イーグルス打線は相手ピッチャーを打ちあぐね1,2回とも3者凡退。3回裏、フォアボールからようやくチャンスをつかむも走塁死で生かせず。

ジュンセイ、ナイスラン!貴重な追加点4回表、右中間のフライをシンタロウがナイスキャッチで1アウトを取るが、その後内野安打と四球で1アウト2,3塁のピンチ。相手に流れが傾きかける。しかし最近守りに粘りが出てきたBチームはここを無失点で切り抜ける。4回裏、ツーアウトから死球で出塁したタイセイを2塁においてリツキの痛烈なレフト線ツーベースが出て先制。その後相手のエラーも絡んで2得点。ツーアウトランナー無しから貴重な先制点をもぎ取る。

リツキ、ウタ、サイズはだいぶ違うけど安定の投手陣5回裏、タイセイのセーフティーバントで2塁ジュンセイが一気にホームイン。勝利を引き寄せるナイスランでした。

先発ウタは6回1安打に抑え、7回は満を持してリツキが登板。競った場面での難しいリリーフでしたがしっかり0点に抑えて完封リレー。
打てない時でも守備でリズムを作り、足を使ったイーグルス野球ができたナイスゲームでした。

次もがんばろう。(by Oコーチ)

<Aチーム>あじさいリーグ(2017.5.3)

5月3日(水) 於:若葉台公園
●0−5 vs 若葉台リトルバーズ

午前中に、YBBLの敗戦で意気消沈した選手たちは、気持ちを切り替えて試合ができるのか?
そんな状況で試合が始まったが、YBBLと同じ展開で失点。
沈黙の打線は今日は目を覚ますことはなかった。
残念ながら、今日はイーグルスの良い所を見せることがでなかった1日でした。
次は全力で戦っていきましょう。(by Yコーチ)

<Aチーム>YBBL 第二代表戦準決勝(2017.5.3)

5月3日(水) 於:上瀬谷小学校
●2−12 vs 白根台ジャガーズ

 初回の攻撃、先頭リョウが四球で出塁したが、得点にならず、いつもの先制パンチが不発。
しかも初回に4失点と厳しい展開となった。
今日の打線は沈黙したままで、最後にトシキ、ユウの連打で2点を取るだけであった。
大事な試合であったが、2個以上の四球を出したイニングに大量得点を取られるパターンで、やはりピッチャーの制球力が勝敗の鍵を握っていることを改めて認識する試合であった。
これで、春のYBBLは終了です。一人一人の課題をクリアして、地力をつけて行きましょう!(by Yコーチ)

<Bチーム>関東学童新人戦 都筑区予選1回戦(2017.5.3)

5月3日(水) 於:東方公園グランドA面
〇13−0 vs 佐江戸少年野球部

タイセイ、キャプテンらしさが出てきたかな?いよいよ5年生最初の区大会が始まりました。
負ければ終わりのトーナメントです。

1回表、久しぶりに先攻のイーグルス。
1番ウタ、四球から相手ミスに乗じて走って走って一人でホームイン。
その後、レンシン、ジュンセイ、タイセイの3連打、タクトのセンター前、とどめにシュンダイの2ランスクイズが決まり怒涛の攻撃で初回7点。最近初回にしっかり得点が出来ています。

今日はジュンセイが大当たり。3の3で猛打賞。だいぶ調子が戻ってきたね。
守りではファーストのレンシンが再三の好捕。内野手のきわどい送球をしっかり捕球しました。
ピッチャーはリツキ、ウタの二人で危なげなく完封リレー。
でも二人に求めるレベルはもっと上だよ。もっと質の高い投球ができるように練習しよう。

試合中の仲間への声掛けがだいぶできるようになりましたが、試合当日の気持ちの作り方がまだまだ出来てないよ。
5つの約束をしっかり守ろう。(by Oコーチ)

ジュンセイ、猛打賞の活躍!  声でチームを引っ張る。

<Tチーム>ATM春季大会(2017.5.3)

5月3日(祝) 於:長坂谷グラウンド

【1試合目】

〇7−2 vs 横浜ナイン・葉桜Jr.

唯一の左打者ルイカ毎年恒例、ティーボール野球のビッグイベントが今年も開催された。

負けたら終わりのトーナメント戦、初戦は初対戦の横浜ナインさん。相手チームの情報がまったくないまま、緊張と不安を抱きつつ、後攻でのプレイボール。

しかし、今日のTチームは、一味違った。
先頭打者の強烈なショートゴロを主将コウタロウが無難にさばくと、続くピッチャー強襲の強い打球をセンターの副主将シュンが目の覚める送球で一塁アウト。初回を完璧な守備で0点に抑えると、その裏にシュン、ソウ、コウタロウの三役による連打で2点を奪取し、流れを引き寄せた。

センターゴロを仕留めたシュンその後も堅実な守りと果敢な打撃&走塁で得点を重ね、7対2でATM初勝利を収めた。

多少のミスもあったが、最後まで慌てず冷静に守れたことは、チームが成長している証。
とても有意義な初勝利となった。


【2試合目】

●2−9 vs 川和シャークス

試合中も作戦会議都筑区の強豪、川和シャークスさんと初対戦。

先攻のイーグルスは、打線が沈黙し初回を無得点とし、勢いを失った。その裏の守りでは、隙を突く巧みな相手打線に翻弄し、一挙に5点を献上。2回表に2点を返すも、反撃はここまで。
シャークスさんの堅い守りと巧妙な打撃に完敗。
残念ながら、2回戦で敗退となった。

しかし、無駄なアウトカウントや失点もあったので、今後の練習メニューに活かせる収穫のある試合だった。

常に最良のパフォーマンスができるよう、練習を重ねていこう!(by Iコーチ)

<Aチーム>YBBL第二代表戦準々決勝(2017.5.1)

ユウ 我慢の投球4月30日(日) 於:上瀬谷小学校
〇13−5 vs 上瀬谷タイガース

さてゴールデンウィークの初戦は負けたら終りのYBBLの準々決勝だ。

前日、体調不良のリョウは周囲の心配をよそに、いきなり2塁打、3盗とエンジン全開。
リョウ タイムリー3安打きっちりシンヤがMustのゴロ打ちで先制!!
先発ユウはこちらも体調不良で心配されたが、きっちり2回を0点に抑え、流れを作ることができた。
そんな二人の頑張りに応えたイーグルスは、足を使って14盗塁で、ホームを駆け抜けた。
結局、体調不良のリョウは3安打、ユウは完投で快勝となった。

これでチーム初の6連勝を達成。

まだまだ気を抜かず、自信を持って、戦っていこう。(by Yコーチ)

<Bチーム>教育親善 ブロック第2戦(2017.5.1)

4月30日(日) 於:都田公園グランド
〇11−1 vs 上柏尾コンドルズ

連戦が続くGWの第2戦。

リョウマ、ショートにも慣れてきたかな前日夜に教育親善の開会式が大和球場で行われ寝不足が心配されたけどみんな早く来て準備が出来ていました。

少しずつ一体感が戻ってきたBチーム。じゃんけんに強いタイセイが勝って今日も後攻。
1回表ピッチャーはウタ。1アウト2,3塁になるも後続を抑える。
そして1回裏、きっちり出塁した1,2番を塁において、3番ジュンセイのセンター前タイムリーヒットで先制。さらに手を緩めることなく7点先制。その後もシンタロウのマルチヒット、リョウマのセンター前クリーンヒットでしっかり点差を広げました。

3アウト、さぁ攻撃だ!ウタは少しコントロールに苦しんだものの、要所で三振をとり結果的にノーヒット。
リツキの好プレーもあり、新しい守備体系も安定してきました。

ケガでベンチにいるハルキ、リョウスケもランナーコーチャーとして大きな声が出ていました。試合には出れなくても一緒に戦っている。そんな雰囲気が出てきたかな。

GWはこれからも負けられない試合が続きます。

一戦一戦気持ちを込めてがんばろう。(by Oコーチ)

<Cチーム>区大会ブロック第2戦(2017.5.1)

4月30日 於:都田西小学校G
●5−9 vs 川和シャークス

キャプテンソウアの見事なツーベースヒット! 投げ野球になってから始めてのダブルヘッダー戦。
午前中の不甲斐ない戦いぶりを反省し、めいいっぱい声を出して、胸を借りるつもりで挑んだシャークス戦。

しかしながら、普段から声を掛け合うことや、誰が指示を出すのか明確に理解してないことが災いして、内外野ともにお見合いエラーが続き、1回裏に6点を奪われました。

それでもソウアのセンターオーバーのツーベースヒット!
その後も次塁への意識が高い走塁で一点を返し、
3回表でもリュウタロウの四球からアイル、ケンシン、ソウタと単打と足で3点を返して息を吹き返したかと思われましたが、四球2つや送球エラーで3点を献上。
最終の5回、ソウタがマウンドに立ち公式戦初登板なりに頑張りました。

格上の対戦相手に最後まで意識を切らせず皆良い顔で試合終了。
結果は黒星ですが、それぞれ課題がしっかりとわかってもらえた良い試合でした。
試合の合間に練習する季節でどれだけ成長できるかは意識の持ち方次第だぞ。(by Mコーチ)

<Cチーム>わかばJr.トーナメント3回戦(2017.5.1)

相手投手に負けず頑張った投手陣①4月30日 於:洋光台第一小学校G
●0−16 vs 洋光台球友イーグルス

わかばJr.の3回戦です。

今回も後攻発進。
しかしながら前日の気持ちの入らない練習から奮起することができず、初球、センターフライをアイルがキャッチアウトにするものの、その後は内野勢の中途半端な送球と走者を意識しない選択ミスで2点を献上。

相手投手に負けず頑張った投手陣②打席はというと相手ピッチャーの伸びのある素晴らしい投球にイーグルスナインは沈黙。
ベンチが盛り上げようという意識も低く、ソウタのDBを除けば最後まで三者凡退。

先発ケイジから4回アイルに代わり0点に押さえるも、5回レフトセンターへ打たれたことや3つのフォアボールで8点を叩き出せれ、リュウタロウにバトンタッチ。
初登板のリュウタロウ含め投手陣はみな精一杯投げきりました。

相手投手に負けず頑張った投手陣③相手投手がすごいなら、しっかりこちらもピッチャーに声をかけ励まして、グランドにいる野手、ベンチ選手も一人で戦わない姿勢がよりいっそう求められることが経験値として頭に残ってくれたかな。

何より負けてヘラヘラしてるか悔しい気持ちを押さえているか。

コーチはしっかり見ているからね。(by Mコーチ)

 

<Bチーム>教育親善 ブロック第1戦(2017.4.30)

コウガ、投打に活躍!4月29日(土) 於:江田西グランド
〇8−0 vs 原ドジャーズ

今日は打線が奮起しました。

1回裏、内野安打、フォアボールのランナーをおいて、コウガ、リョウマの連続タイムリーで4点先制。
2回にはレンシンの三塁打、リツキの二塁打で2得点。4回にもタクトの二塁打、タイセイの3塁打が出て2得点。

30番の背中ピッチャーはリツキ、コウガで完封リレー。内野守備も固く、巧みな牽制プレーも随所に見られました。
一方で走塁においては次の塁を狙う意識の低さ、1点をもぎ取ろうとする気持ちの強さが見えなかったことが大きな課題。いたずらに回を重ねてしまいました。
試合後子供達だけでミーティングを行い、5つの約束を決めました。
ちゃんと守れたらとてもいいチームになれるでしょう。(by Oコーチ)

<Cチーム>わかばJr.トーナメント2回戦(2017.4.25)

4月23日(日) 於:洋光台第一小グラウンド
○19−0 vs 三ヶ丘ブルースカイヤーズ

今日2安打のソウタ先週に続き、わかばJr.2回戦!!

三ヶ丘さんの先攻で試合開始です。久々の先発ケンシン!緊張の中、初球を投ゴロで打ち取り、上々の立ち上がり。
四球で走者を背負うも牽制で刺し、3人で切り抜け裏の攻撃に・・。
先頭アイルからのイーグルス打線、相手投手の立ち上がりをつき、あれよあれよと一巡で5点先制。
2回以降も走れ走れの毎回得点で計19点。

ナイスバッティングのアイル、作戦会議中!?投げでは先発ケンシンも大量得点で安心安定の完封勝ち!
みんな、しっかり先の塁を狙う走塁を心がけ、どんどん貪欲に走ったことは良かったよ。
これからは、今まで以上に勝つことが難しくなります。サインの見逃しなどの細かいミスがまだまだあるので、もう少し集中力を持って試合に臨みましょう。

夏までにもうワンランクアップだ!!(by Aコーチ)

<Aチーム>春季区大会ブロック戦(2017.4.24)

4月23日(日) 於:東山田公園
〇17−5 vs 茅ヶ崎ドリームス

ミーティングブロック戦2勝のイーグルスは1位を目指し、好調な打線は初回から目覚めた。ハル、トシキのツーベース、ナオヤのシングルで3点を先制。まさに、早起きは3点の得!! 
2回はリョウのツーベース、ユウのシングルでさらに4点追加。4回はユウタのの1イニング2本の長打で、9点追加。

これで、なんとか5連勝だ。
ただ、もっともっと連勝するには失点を減らすことが最大の課題だね。(by Yコーチ)

<Aチーム>YBBL第二代表戦3回戦(2017.4.23)

4月22日(土) 於:細谷戸公園
〇10−3 vs 大谷野球部

トシキ ホームランださて、勝たなければいけないYBBL3回戦だ。
最近、好調なイーグルス打線が何処で目を覚ますのか!
試合は2回を終わって、1対1の同点の展開、3回表にトシキの弾丸ライナーがフェンスを越えてツーランホームランとなり、選手、ベンチ、そして、応援者の大歓声がイーグルス打線をたたき起こした。
ちょっと寝坊の4回表、ユウタ、トシキ、ユウ、ナオヤで、一挙に6点を奪い、勝負を決めた。
 とはいえ、打線も、普段の生活も早く起きて欲しいと思う今日この頃であった。

まだまだ続いたYBBL、次も絶対に勝とう!!!(by Yコーチ)

<Bチーム>あじさいリーグブロック第3戦(2017.4.23)

4月22日(土) 於:多摩川天神グラウンドB面
●0−10 vs 今井仲町こども会野球部

タクト。バッティング好調!1回裏先発タイセイがしっかり抑えまずまずのスタート。
2回表タクト、タイセイのヒットで2アウト2,3塁まで進めるも得点できず。

見どころはここまで。その後ピッチャー総崩れと守備の乱れで大量失点。試合ムードが高まらず。チームの雰囲気がそのまま出た試合結果となる。

野球はチームプレイ。
自分のことだけ考えるのではなく、もっと周りに目を向けよう。(by Oコーチ)

<Cチーム>わかばJr.トーナメント1回戦(2017.4.18)

4月16日(日) 於:洋光台第一小グランド
○6−3 vs 左近山ブルーファイターズ

県内113チームが参戦するわかばJr.トーナメント大会の初戦。

ピンチの先発ケイジにマウンドに走って来て声をかけるキャプテン ソウア1回表、先発のケイジがストライクを取るのに苦しみフォアポール3つで満塁にし、更にフルカウントからレフト前ヒットを後逸し3点失点。
1回裏、フォアボールで出たケンシンが足で稼ぎノーヒットで1点挽回。

2回表もケイジは制球が定まらなかったものの相手の打者がボール球振ってくれたこともあり0点で凌いだ。
2回裏、フォアポールで出たリュウタロウが足で稼ぎ、バッテリーミスをつきノーヒットで1点。尚もヒットで出たケイジをリクがタイムリーヒットで返し同点に追いついた。

スタートよくバッテリーミスのすきをつきホームインするリュウタロウ3回表はソウアの見事なキャッチャーフライチャッチもあり0点で再度凌ぎ。
3回裏に相手ピッチャーも乱れをつき3点取り、漸く逆転!
4回表はケンシンが何とか0点に抑えて、時間切れでゲームセット。勝利をつかんだ。

次戦は守りでリズムに乗って、攻撃に入れるようにしたいね。

苦しんだ分、自分達の自信につながる逆転勝利での初戦突破おめでとう!(by Tコーチ)

<Aチーム>YBBL第二代表戦2回戦(2017.4.17)

4月16日(日) 於:上瀬谷小学校
〇5−4 vs 下瀬谷フレンズ

勝負や!!前回、市大会と重なり不戦敗となり、YBBLの第二代表戦に出場。負けたら終りのトーナメント、なんとか勝って、代表の座を確保したい。

前の試合で爆発したイーグルス打線は燃料不足なのか?、なんと、5回までノーヒットの大ピンチ!このまま負けるのかと思われた最終回、リョウの痛烈なレフト前ヒットで、やっとエンジン起動した。
まずは、ユウのタイムリー、1,2塁でシンヤの送りバントからユウの好走塁で追加点。そして、ユウタのタイムリーで3得点で逆転した。
最終回はなんとか逃げ切り、敗者復活戦のYBBLトーナメントに生き残った。

このサバイバルゲームの時間を長く、楽しみ、第二代表の獲得を目指しましょう。(by Yコーチ)

<Aチーム>春季区大会(2017.4.17)

4月16日(日) 於:すみれが丘G
〇15−7 vs 横浜球友会

猛打賞だぜ! タイヨウださあ、気合を入れ直した選手たち、区大会の初戦に続いて、ロケット打線は火を噴くか!!

初回からエンジン噴射が始まり、シンヤのレフトオーバーのタイムリーの花火から、ユウタ、ヒカル、最後は、タイセイの初ヒットとなる強烈なピッチャー返しの連続タイムリーで6点先制。
さらに5回は、この日、猛打賞のタイヨウ、ナオヤの活躍でエンジン再噴射で6点のダメ押し。
なぜか? 区大会は、ロケット打線のエンジン好調だ。。

次も勝って、首位でブロック戦通過を目指し頑張りましょう。(by Yコーチ)

<Aチーム>あじさいカップ(2017.4.17)

4月15日(土) 於:北見方少年G
△6−6 vs 二子フェニックス

先発だ ナオヤださて、初登板のナオヤがどんな投球を見せるか期待の試合。
初回、ランナーを出すも、トシキの3盗、2盗連続アウトでゼロ発進。2回、3回は先頭打者を四球となり、1点づつを与えてしまった。

とはいえ、4回を2失点で抑え、まずまずのピッチング。
試合は最終回なんとか3点差を追いつき同点となった。
しかしエラー、凡打、盗塁失敗など反省点の多い試合となり、コーチ陣が雷が落ちる長いミーティングになってしまった。

さあ気合を入れ直して、次から頑張ろう。(by Yコーチ)

<Tチーム>都筑区春季大会ブロック予選(2017.4.16)

試合開始4月15日(土) 於:神無公園

 

【1試合目】

●3−9 vs 南山田ライオンズ

区大会ブロック予選1戦目。
体験も含めて12名で挑んだ初の公式戦。
初対戦の南山田ライオンズさんは、しっかりした打線を持つ攻撃的なチーム。
こちらもヒットでつないでなんとか得点するも、相手の守備に阻まれて3点どまり。

キャプテンのコウタロウやや力不足で敗戦スタートとなりました。

 

【2試合目】

○11−9 vs 山田バッファローズ

これまで練習試合を3試合行い、2敗1分と勝ったことのない山田バッファローズさん。しかし、この日は違いました。試合開始からヒットを量産し、初回、2回と打者一巡の猛攻撃。

ダイキの打撃途中、打線が繋がらず、最終回に追い込まれましたが、なんとか逃げ切り。
嬉しい公式戦初勝利となりました。

 

【3試合目】

△8−8 vs 横浜フューチャーズ

先攻した相手チームは、野手の間をつく巧みなバッティング。
実力は出し切った簡単に外野まで打たれて、失点が続く。
後半になって、やっと打線が繋がり、4回裏でようやく逆転に成功。
しかし、5回表に1点追加され同点。
最終回、サヨナラのチャンスもあと1本が出ず、引き分けに。

守備、打撃ともに課題が山積みとなった公式戦でしたが、選手にはとてもいい経験となったことでしょう!(by Iコーチ)

<Bチーム>あじさいリーグブロック第2戦(2017.4.15)

レンシン。右中間に強烈なヒット!4月15日(土) 於:市場小
●5−6 vs 市場ハリケーンズ

Bチーム2戦目。
Cチーム時代も対戦した市場ハリケーンズさんと試合。

初回先頭バッターにセンター前にはじき返され、3進後挟殺プレーのエラーで失点。
3回には長打、セーフティー、スクイズとかき乱され4失点。4回は四球から失点。

シュンダイ。やったぜツーベース!イーグルスもレンシン、シュンダイ、タクトのヒットなどで2点を返し、4点差で最終回裏の攻撃に。
相手ピッチャーの乱れに乗じて3点を返し、なおも1アウト満塁、サヨナラ勝ちのチャンスも続くバッターが打てず試合終了。

今日はウタ、リツキで5四球。チームが苦しい時にもっと粘れるピッチャーになろう。

たくさんの課題が見つかったけどみんなわかっているかな?
もっと試合中に話をしよう。みんなの野球に対する気持ちを一つにしないといいチームになれないよ。(by Oコーチ)

<Cチーム>区大会ブロック第1戦(2017.4.12)

公式戦初先発のケイジ4月8日(土) 於:神無公園
○10−3 vs 南山田バッファローズ

小雨の中、開催された初の公式戦。

1回表フォアポール、四球で出たアイル、ケンシン、ソウタ、リュウタロウが足でかき回し、先ずは4点先取。しかしその裏は、ガチガチの先発ケイジと内野陣。
公式戦前の練習試合の3試合目で漸くリラックスできるようになってきていたが、先頭打者のヒット、フォアボール、内野陣の乱れで2点失点。

バッテリーミスのすきをつきホームインするケンシンその後も3回表に1点、4回に5点も足で稼いで計10点。
只、3回裏は3者凡退で終われるところ2エラーで1失点は反省しないといけない。
4回裏は抑えのケンシンが簡単に3人終わらせてゲームセット!

先頭打者を抑えることの大切さ、エラーすると簡単に失点する怖さを知った試合だね。

ともあれ公式戦初勝利おめでとう!(by Tコーチ)

<Aチーム>あじさいリーグ(2017.4.10)

4月8日(土) 於:小向仲野町少年野球場
〇5−2 vs 東小倉少年野球部

好投リョウ先週に引き続き雨となり、滑る、走りづらい状況の中、試合開始。

初回、1点をもらったが、こちらのペースで試合ができず、初回の守備ではエラー3つ、3四死球の押し出しで逆転を許した。
3回から継投のリョウは、1−6−3のダブルプレーから波に乗り、無失点に抑え、グッと流れを引き寄せた。
最終回の攻撃、リョウは粘りの四球で出塁、ユウの貴重な同点タイムリー、トシキの逆転打点、ダメ押しのナオヤのタイムリーで引き離し。
最終回もリョウの好投でビシッと守って、逆転勝利!!

つぎもガッチリ勝ちにいきましょう。(by Yコーチ)

<Aチーム>全国共済旗争奪2回戦(2017.4.3)

4月2日(日) 於:富岡西公園
●3−4 vs 丸山台少年野球部

タイム前日の雨で順延で開催となった2回戦
早朝集合、足場の悪い状況でやることになった厳しい試合となってしまった。

初回の攻撃、ノーアウト満塁でトシキが前進守備の間を抜くセンター前ヒットで2点先制。しかし、この後ノーアウト2、3塁のチャンスを潰してしまい、敗因のひとつとなった。
3回表 足元の滑る状況で投球をしていたユウは四球を連発し、4失点で逆転を許した。
追いかける打線は最終回ノーアウト2塁の同点のチャンスを掴むも、勝利を掴むことができなかった。
同じ状況で戦ったので、やはりミスの多いチームの負けという感じの試合でした。

これで市大会は終了したけど、まだまだ大会はあるので、頂点目指して頑張ろう。(by Yコーチ)

体験会のお知らせ(2017.4.2)

さあ、みんな!!

4月23日に荏田南小学校のグランドで体験会を開催します。
野球に興味がある子はぜひ来てね。
仲間と楽しんじゃおう!!

日時:4月23日(日)
場所:牛ヶ谷公園グランド
時間:午前10:00〜12:00

クリックするとPDFファイルを開きます

<Bチーム>あじさいリーグブロック第1戦(2017.4.2)

リツキ。初ホームランおめでとう!4月2日(日) 於:新城小
◯9−3 vs 新城ドルフィンズ

Bチームとして初めての公式戦。

初回の守りは緊張からか2失点するも、二死満塁のピンチをしっかり切り抜けると、その裏ジュンセイ、リョウマの出塁からタイセイ、タクトの内野ゴロで逆転。さらにリツキのホームランで2点を追加。
3回には相手のミスでもらったチャンスでタクトがしっかり仕事をして追加点。

タイムリーヒットを放つソウア5回にもソウアのレフト前タイムリーで着実に加点。
投手陣も、リツキ、コウガ、タクトが、6回を被安打4の無四球リレーでしっかり投げました。

細かい修正点はたくさんありますが、初戦としてはベンチのメンバーも含めてしっかり戦えました。

次戦も頑張ろう!(by Fコーチ)

<新Aチーム>あじさいリーグ(2017.3.28)

3月25日(土) 於:中原小学校
○4−3 vs 神地子ども会野球部

セカンド コウヨウ お父さんの転勤で転校してしまうコウヨウとの活動もこの土日が最後。この日、コウヨウは1番セカンドでスターティングメンバー出場。

2回まで三者凡退で出塁がなかったイーグルス、3回、最初にベースに出たのはナオヤ。盗塁とタイヨウの送りバントで3塁まで進むと、相手のエラーを誘って先制の1点。
4回はトシキがセンター前のヒットで出塁。盗塁で進塁すると相手のエラーで得点を挙げる。ナオヤは前イニングに続き内野安打で出塁。タイヨウの内野安打で3点目が入る。

セカンド コウヨウ 守備では先発のハルが緩急おりまぜた投球で3回まで無失点。4回に四球とワイルドピッチから出塁をゆるした直後、相手の4番に右中間を破られ1点。その後エラーもあり2点を返される。
5回の攻撃でトシキの打点で1点を追加。スコアを4−2とする。
5回の守備からピッチャーはリョウに交代。エラーにより出塁をゆるすも牽制アウトなどで、ピンチを乗り切る。
6回相手の4番にエラーから出塁されると1点を返され1点差に迫られるも7回を0点に抑え、ギリギリの試合で勝利を得た。
先週も4−3での辛勝。やはりミスをなくさないと、今後の試合はもっと厳しくなるよ。そのためにも全員が1球1球に気持ちを込めて、試合を進めていこう。

コウヨウ、転校先でも野球を続けたいと聞いて、コーチも選手のみんなもとてもうれしいです。これからもお互いに頑張っていきましょう。(by Kコーチ)

<新Aチーム>全国共済旗争奪 1回戦(2017.3.21)

3月20日(日) 於:保土ヶ谷少年野球場
〇4−3 vs 駒岡ジュニアーズ

6−4−3苦手な朝9時からの試合であったが、シートノックは軽快な動きを見せ、ベンチ期待の中プレイボール。

初回の攻撃、相手投手の緩急をつける投球に、なんと3連続三振。うーん、大丈夫なのか?
初回の守備は先頭バッターが強烈なサードライナーでなんとかアウト、そして、四球でランナー1塁となったが、この試合の流れを引き寄せた6−4−3のダブルプレーで笑顔でベンチに戻り、緊張は和らいだ。

3回表 ヒカルのセンター前、タイヨウのバントヒットのチャンスにリョウのタイムリーツーベースで先制。
4回表 ユウタの3塁線を破る3塁打をシンヤの打点で追加点。
5回裏 先発ユウはツーアウト満塁のピンチを三振で、流れを相手に渡さなかった。
6回表 トシキの3塁打からホームアウトになるも、粘って粘って、ヒカルのタイムリーで追加点。

そして、最終回、4点差で楽勝と思われたが、相手に流れを与えるエラーで2点差、さらに1点を追加され、ワンアウト3塁の大ピンチとなった。スクイズを警戒したトシキは外角を要求、ユウは外角低めのボール球を投げ、相手のスクイズを空振りさせた。

最後はヒヤヒヤだったけど、良い試合でした。1回戦突破おめでとう!!!(by Yコーチ)

<新Aチーム>さわやかカップ決勝トーナメント(2017.3.20)

3月18日(土) 於:太尾公園グランド
●2−6 vs 太尾パワーズ

けん制サインプレー朝早起きして、全国共済旗争奪開会式に参加後、選手の気持ちが乗らない状況の中プレイボール!

ツーアウト3塁の攻撃チャンスに、ヒカルが絶妙の3塁線へのセーフィティーバントで1点先制。先発は前回ノーヒットで抑える好投だったユウは立ち上がり好調なスタートを見せた。
しかしながら、突如、四球、デットボールで満塁のピンチをつくり、内野フライで討ち取ったと思われたが、痛恨の落球、悪送球で打者走者がホームインの4失点となった。

打線に覇気は感じられず、そのまま、さわやかカップは敗退となってしまった。
しまっていこう!!!!!(by Yコーチ)

体験会のお知らせ(2017.3.16)

さあ、みんな!!

3月18日に荏田南小学校のグランドで体験会を開催します。
野球に興味がある子はぜひ来てね。
仲間と楽しんじゃおう!!

日時:3月18日(土)
場所:荏田南小学校校庭
時間:午前10:00〜12:00

クリックするとPDFファイルを開きます

<新Aチーム>春季区大会ブロック戦(2017.3.13)

3月12日(日) 於:都田公園
〇8−2 vs 山田バッファローズ

トシキ3安打今日は朝から区大会の開会式、イーグルス全チーム参加して、優勝目指した戦いの幕開け。初日から区大会の初戦が始まり、イーグルスのロケットスタートとして勝利を掴みたい。

初回の攻撃、ヒットとファーボールとなるも、押し出しの1点しか取れず、ちょっと嫌な展開となる。その予感どおりに、先発ユウは、四球とデットボールと押し出しで1点返上、さらにエラーで逆転を許した。

しかし、イーグルスのロケット噴射のカウントダウンが始まった。
打は、トシキの同点タイムリー、ユウタのバント安打、シンヤの打点で逆転し、エンジン点火した。投のユウ2回から立ち直り、3者凡退の山を築き、徐々に火力アップ。そして、タイヨウのバスター打法によるヒットから、トシキのこの日3安打目で繋ぎ、ユウタのダメ押し2点タイムリーでエンジン噴射した。ユウはノーヒットで抑える好投で、安定飛行でロケットスタートを切った。

次もこの調子で頑張りましょう。(by Yコーチ)

<Aチーム>第5回スポーツオーソリティ ベイエリア杯 選抜少年野球大会準決勝(2017.3.6)

3月5日(日) 於:うさぎ山公園
●1−7 vs オール青葉台

2016年度Aチーム最後の大会も、本日、ついに敗戦。あと一つ勝てればまたメダルが増えるところだったのですが、あと一歩及ばず、残念ながらベスト4で終了です。
しかしながら、例年よりも長く3月まで続けられたのは、頑張ってきた選手たちと、支えてくださったお母さま方、さらにご理解とご協力をいただいた関係者の方々のおかげです。本当にありがとうございました。

もうこのメンバーがイーグルスのユニフォーム姿で躍動する姿を見られなくなると思うと、本当に寂しい限りですが、でも選手たちも来月からは中学生。ぜひそれぞれの道に進んでもここで経験したことを活かし、またどこかで活躍している姿を見せてください。そして、時々は後輩たちの応援とお手伝いに顔を出してくださいね。

イーグルスナインに栄光あれ!(by Sコーチ)

今までありがとうございました!

<新Aチーム>練習試合(2017.2.26)

2月26日(日) 於:上品濃公園
●0−7 vs 戸塚アイアンボンドズ

これから頑張ります今日、A,B,Cチームで強豪の戸塚アイアンボンドズさんと練習試合。

先発はユウ、初回、4回の先頭打者を四球で歩かせ、失点する展開。前日も同じだが、とにかく、先頭打者を討ち取ることを意識して、試合の流れを掴むことが大事。

ユウタが2本長打でひとり好調であったが、全体はまだまだ不調。攻守どちらも、先頭打者の役割を理解して、チームのためのプレーをしていきましょう。(by Yコーチ)

<Aチーム>第5回スポーツオーソリティ ベイエリア杯 選抜少年野球大会準々決勝(2017.2.26)

2月26日(日) 於:岡本公園
〇2−1 vs 幸ウエスト

ユウト、圧巻のピッチング準々決勝のお相手は、川崎市幸区の選抜チーム、幸ウエストさん。一回戦、二回戦と圧倒的な力で勝ち上がってきた強豪チーム。昨日みたいなプレーをしていたらまず勝てる相手ではない。朝から気合を入れ直し、いざ、グラウンドへ。

試合は開始早々から息詰まる投手戦に。相手エースが自慢の速球で押し込んでくれば、こちらは先発ユウトが相手打線を翻弄し、さらにバックが好プレーでユウトを助け、スコアボードにゼロを並べていく。

先制タイムリーを放ったシュウダイ試合が動いたのは5回表。この回先頭のリョウスケがレフトオーバーの2ベースを放つと、2アウト3塁となってからのバッターシュウダイ。鋭く振り抜いた当たりはライト横を抜けるタイムリー2ベースとなり、待望の先制点を奪うことに成功する。
その後、お互いに1点を取り合うもこの点差を全員で守り切り、7回裏、右中間に上がった最後のバッターの打球をライトユウマがランニングキャッチしてゲームセット。見事、準決勝進出を決めた。

今日も全員野球で勝利をもぎ取ったぞ。相変わらずもったいないミスもあったけれども、昨日と違ってだいぶ集中して丁寧なプレーができていたんじゃないのかな。さあ、次もイーグルスらしさを出して、全力でぶつかっていこう!まだ終わらないよ。(by Sコーチ)

<新Aチーム>あじさいリーグ(2017.2.26)

2月25日(土) 於:荏田西グラウンド
●0−6 vs 川和シャークス

好調ユウタAチームとして、公式戦の初戦は川和シャークス。

先発はハル、ランナーを出すもバックの好捕もあり、3回までは1失点の好投したが、痛恨のバント処理ミスで、追加点を与え、勝負がついてしまった。打線は実践不足を露呈する凡打の山となり、ヒットはユウタの1本だけであった。

ちょっとバットの振りが鈍いので、これより毎日100回 いや、1000回目指して頑張ろう。とはいえ、シーズンは始まったばかり、最後の1年、精一杯やり抜きましょう。(by Yコーチ)

<Aチーム>第5回スポーツオーソリティ ベイエリア杯 選抜少年野球大会二回戦(2017.2.26)

2月25日(土) 於:うさぎ山公園
〇5x−4 vs 鴨居選抜

先週の卒団式で盛大に送り出された6年生たち。でもまだこの12人で野球を続けたいよね。
さあ、負ければ終わりのトーナメント戦。みんなで力を合わせて、行けるところまで行きましょう!

初回、先発ユウマが危なげない立ち上がりで相手打線を抑えると、その裏、ユウトを起点に幸先よく先制に成功する。しかしながら攻撃面でのつまらないミスが重なって追加点が取れない中、ついにエラー絡みで同点を許してしまう。その後両チームが1点ずつ取り合うも勝負がつかず、ついに1アウト1,3塁でバッター3番から始まる特別延長戦に突入。表の守備、なんとか最少失点で切り抜けたかったが、これもミスがらみで2点を失って苦しい展開に。

その裏のイーグルス最後の攻撃。まずシュウダイが犠牲フライで1点を返すも、2アウト1塁の絶体絶命のピンチの状況。しかしながらここでカンタが盗塁を決めると、タイヨウ敬遠で2アウト1,2塁となり、打席に立つのはシュウ。ファールで粘って最後に打ち上げた打球はポーンと外野に上がり、そしてレフト脇のフェアゾーンにポトリ。そのまま転々と外野にボールが転がる間に、2人のランナーが生還してゲームセット。苦しみながらも、何とか勝利をものにすることができました。

さあ、何とかつながった最後の大会。どんな内容でも勝ちは勝ち。でもこの先勝ち進むためには、各自が今日の反省点を活かし、一つひとつのプレーにもっと集中していきましょう。(by Sコーチ)

荏田南イーグルス 2017年度卒団式(2017.2.20)

優勝3回、準優勝2回と輝かしい成績を残した6年生が旅立つ日。

胸には大量のメダルをジャラジャラと音を立てながら、12名の選手たちは満面の笑みで入場。
吉本代表、コーチ、お母さん、下級生のメンバーは盛大な拍手で出迎えた。
県小連、あじさいリーグ、区大会の優勝の中、県小連でのダブルヘッダーでの勝ち取った優勝を一番に思い出に挙げる選手が多かった。

6年生の挨拶で、仲間との別れ、思い出に感極まり涙を誘う場面もあったが、鬼コーチの下、練習では多くの涙を流した選手たちは一段の成長を見せ、胸を張って、終始笑顔で、下級生を応援歌で激励して卒団式を締めくくった。

6年生の皆さん、中学生になっても、夢と目標をもって、頑張ってください。
イーグルスの後輩の応援も宜しくお願いします。(by Yコーチ)

<Aチーム>第5回スポーツオーソリティ ベイエリア杯 選抜少年野球大会(2017.2.19)

ユウト、久々の公式戦で大暴れ2月18日(土) 於:新井小学校
〇7−0 vs 横浜ワンステップス

12月で一度は引退したはずの6年生たち。
縁あってベイエリア杯に単独チームで出場させていただけることになり、再び12人が集結。さあ、これが本当に最後の大会。せっかくの機会を無駄にせず、一試合でも多くこのメンバーでの野球が続けられるよう、一戦一戦を大事に戦っていきたい。

ユウマ、圧巻のピッチング先攻はイーグルス。先頭のユウトが目の覚めるような2ベースを放つと、シュウダイの内野ゴロの間にホームを陥れて鮮やかに先制する。しかしながら、みんな久しぶりの公式戦で思うように体が動かないのか、精彩を欠いたバッティングが続いて追加点を奪えない。
それでも先発のユウマが相手打線をねじ伏せて流れを引き寄せると、中盤からようやく打線がつながり始めて徐々に得点を重ねていく。
気づけば7得点で5回コールド勝ち。

まだまだ全盛期の調子には及ばないけど、随所にリョウスケやリュウヘイの好プレーも出せたし、このまま調子を上げて勝ち進んでいこう!(by Sコーチ)

<OB情報>都筑区中学校一年生大会(2017.2.6)

2月5日、中学一年生都筑区大会の決勝戦が行われました。
今年も8名のイーグルスOBが所属する荏田南中が決勝戦まで駒を進め、当日は父兄の方も大勢いらっしゃり、久しぶりの会話を楽しみつつ応援しました。
試合は、南中が先制し優位に試合を進めましたが、最後は二死満塁、一打同点、長打が出れば逆転サヨナラ負けの大ピンチ。ここをなんとかしのいでゲームセット。最後までヒヤヒヤ のゲームでしたが、イーグルスで身につけた技術やチームワーク、気持ちの強さなども随所に見られ、また、選手達の飛躍的な成長にも多々驚かされました。さらに、こちらもイーグルスOBが多く存在する二年生の先輩方の熱い応援も非常に印象的でした。
これからも努力を重ねてさらに格好良くなってくれることを期待しています。(by 2015年Aチームの親父)

本年もよろしくお願いいたします(2017.1.10)

2017年1月7日(土)

本日より、本年の練習を開始しました。それぞれ新A、新B、新C、新Tと各チームが繰り上がり、気持ちを新たに、それぞれ元気に白球を追いかけました。

練習後、6年生のお母さんたちに準備していただいたお汁粉を、みんなでいただきました。あんこに使われている小豆には邪気を払う効用があるとか。この1年、大きなケガをすることなく、充実した野球生活を送ってほしいですね。

今年もチーム一丸となって、目標に向かって頑張りましょう。(by 2016年度Aチーム Sコーチ)

今日から5年生が新Aチーム  みんなでおいしくお汁粉をいただきました

荏田南イーグルス納会(2017.1.10)

2016年12月25日(日)

クリスマスとは思えないポカポカ陽気に恵まれ、イーグルス全チームが集まり納会が行われました。

A・B・Cチームは、それぞれ一つ上の学年と戦いました。
同じイーグルスでも、一つ上の学年のチームと真剣勝負は滅多にない機会。
この一年の締めくくりとして個々の選手達の成長と、来年へ向けての課題をチームとして共有できたのではないでしょうか。

Tチームは人数も増えて、親子対決も大盛り上がりでした。

試合の後は、恒例の豚汁です。
今年も家庭の味の豚汁鍋がずらりと並び、みんな何回もお替りして食べ比べを楽しみました。

午後はAチームvsコーチ・母連合チームでガチンコ対決。
珍プレー好プレーに沸いた一日となりました。

準備してくださったイベント係りの皆さま・会場設営など協力してくださったコーチの皆さま。
本当にありがとうございました。(by 2016年度Aチーム Sコーチ)

更新記録

2017.5.21
トピックス更新(Bチーム 関東学童新人戦都筑区予選)
2017.5.16
トピックス更新(Tチーム 区大会決勝トーナメント)
2017.5.15
トピックス更新(Bチーム 都田リーグ)
2017.5.8
トピックス更新(Aチーム 春季区大会)
2017.5.7
トピックス更新(A・B・Cチーム 5月5, 6日試合結果 3件更新)
2017.5.5
トピックス更新(Bチーム 区大会・小泉杯)
2017.5.3
トピックス更新(A・B・Tチーム 5月3日試合結果 4件更新)
2017.5.1
トピックス更新(A・B・Cチーム 4月30日試合結果 4件更新)
2017.4.30
トピックス更新(Bチーム 教育親善)
2017.4.25
トピックス更新(Cチーム わかばJr.)
2017.4.24
トピックス更新(Aチーム 春季区大会ブロック戦)
2017.4.23
トピックス更新(Bチーム あじさいL、Aチーム YBBL)
2017.4.18
トピックス更新(Cチーム わかばJr.)
2017.4.17
トピックス更新(Aチーム あじさいL・区大会・YBBL)
チーム紹介ページ 2016年度Aチーム成績更新
2017.4.16
トピックス更新(Tチーム 都筑区春季大会)
2017.4.15
トピックス更新(Bチーム あじさいリーグ)
2017.4.12
トピックス更新(Cチーム 区大会ブロック第1戦)
2017.4.10
トピックス更新(Aチーム あじさいリーグ)
2017.4.3
トピックス更新(Aチーム 全国共済旗争奪)
2017.4.2
トピックス更新(Bチーム あじさいリーグ、体験会のお知らせ)
2017.3.28
トピックス更新(新Aチーム あじさいリーグ)
2017.3.21
トピックス更新(新Aチーム 全国共済旗争奪)
2017.3.20
トピックス更新(新Aチーム さわやかカップ決勝T)
2017.3.16
トピックス更新(体験会のお知らせ)
2017.3.13
トピックス更新(新Aチーム 春季区大会ブロック戦)
2017.3.6
トピックス更新(Aチーム ベイエリア杯準決勝)
2017.2.26
トピックス更新(新Aチーム あじさいL・練習試合、Aチーム ベイエリア杯)
2017.2.20
トピックス更新(荏田南イーグルス 2017年度卒団式)
2017.2.19
トピックス更新(Aチーム スポーツオーソリティ ベイエリア杯)
2017.2.6
トピックス更新(OB情報 都筑区中学校一年生大会)
2017.1.10
トピックス更新(2016年納会、2017年賀詞会)