<Aチーム> さわやかカップ送別大会1回戦

11月14日(日) 於: 牛ケ谷グランド 

〇6-5 vs 汐見台ラッキー(磯子区)

毎年参加してきた大会も、とうとう最後の送別大会が始まった。横浜市広域から20チームが参加して行われる。1回戦の相手は磯子区の汐見台ラッキーさん。久しぶりにホームグランドの牛ケ谷での試合となった。

一回表裏、共に1点ずつ取って迎えた三回表の守り、走者を二人背負い二死からセンター前に運ばれ2点のリードを許す。何とか追いつきたい四回裏の攻撃、ここまでタイミングの合わなかった打線に火が点く。ユウト、ユウセイ、ユウキの三連打で同点にした後、リノがきっちりスクイズを決めて逆転に成功する。

2本の2塁打を打つユウセイ
逆転のスクイズを決めるリノ

しかし五回、六回と先頭打者の出塁を許しタイムリーヒットなどで1点ずつ追加点を奪われ4対5と追う展開になる。

回も押し迫って迎えた6回裏、ユウトがヒットで出て、続くユウセイが今日二本目の右中間二塁打を放つ。どうしても1点が欲しい緊迫した場面でリノがスクイズを投前に転がし同点、なおも二死三塁のチャンス。ここまで主将としてチームをまとめてきたコウヘイに一打逆転の打席が回る。その三球目を振り抜くとベンチと応援席の願いを乗せたライナーがレフト前に落ちる。6対5と逆転しそのまま逃げ切って、これが決勝点となった。

この日2本目のヒットを打つユウト
決勝のタイムリーヒットを打つコウヘイ
しっかりと四球を選ぶミクモ

追いつ追われつの展開の中で、目立たないがリリーフのリクトが得点されながらも試合を作り、ユウタが相手のスクイズと送りバント、二度の小飛球に飛び付いてピンチを防ぐなど、チームとして気持ち切らさずに相手に食らい付いて、最後は全員で勝利をもぎ取った。

リリーフで力投をするリクト
守備でも貢献するユウタ

さらに複数の大会、トーナメントと、今日の試合のようにゲームセットまで息の抜けない展開が続く。その中で皆で準備を整え、声を掛け合い、『勝ち』にこだわり、粘り強く戦っていく姿勢が上位進出につながっていく。

〈byMコーチ〉

カテゴリー: コラム パーマリンク